【お米のとぎ汁の手作り洗顔】毛穴&美肌効果と米ぬかパックの作り方

肌ケア

お米のとぎ汁洗顔でツヤツヤ肌に

普段お米を食べていますか?お米を食べている方なら、お米をとぐときにとぎ汁がでますよね。いつもはとぎ汁を捨ててしまっていると思いますが、このとぎ汁が美容に役立つのです。

普段はお米を食べていない方も、お米を食べる習慣を作って美容に役立ててみてはどうですか。とぎ汁を使って洗顔をすると、肌がしっとりツヤツヤに近づきます。

とぎ汁の美肌効果

お米のとぎ汁には、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、セラミドなどが含まれています。

美白に良いと言われる成分が、ビタミンCやビタミンEです。

ビタミンCとビタミンEには、活性酸素を除去してメラニンの生成を抑制する働きがあります。

保湿作用がある成分がセラミドです。セラミドは肌に存在する潤いを保持する成分です。乾燥肌の方は肌のセラミドが不足をしています。

肌のターンオーバーを促す成分がビタミンEやビタミンB群です。ビタミンEには血行を促進する働きがあり、血行がよくなり肌の隅々に酸素や栄養が行きわたることで肌代謝がよくなります。それにより、メラニンの排泄が促されてシミの予防が期待できます。

お米のとぎ汁パックのやり方

まずはお米のとぎ汁を用意します。

最初に使った水は捨てます。最初はサッとお米をとぎましょう。ゆっくりといでいると汚れた水をお米が吸収をして、炊いたご飯がおいしくなくなります。

その後に新しい水でお米をとぎます。お米3合に対し水1カップがとぐときの目安量です。ポイントは優しく揉むように洗うことです。力を入れるとお米が割れてしまい、お米がおいしく炊きあがりません。乳白色のとぎ汁がでてくるので、これを容器にとっておきましょう。使用をするときは1.5倍に薄めます。

お米のとぎ汁で洗顔をする前には、クレンジングと洗顔をしてメイクを落としておきます。

とぎ汁はひと肌くらいになるように温めておきます。その水を両手ですくって顔にバシャバシャとかけて洗顔をします。終わったら清潔なタオルで水分を引き取りましょう。

口コミ

若い頃、一時仕事にあぶれ本当にお金に不自由した時期がありました。食費や衣服代を切り詰めたのですが、それでもままならず化粧品も安い物に変えましたが、これは結果的に肌に良い影響を及ぼしませんでした。

しかし、面接に汚い肌で行くよりは張りのあるお肌で行くのは当然のこと。いろいろ考えた結果昔の人の知恵を借りて「米のとぎ汁を使うこと」を思いつき即実行しました。

インターネットで調べてみると米のとぎ汁というのはその人の肌の必要な脂分を取り除き必要な水分を与えてくれるそうです。

市販の化粧水のように一貫したものでなく、一人一人に応じてその効果を与えてくれるという、いわばオーダーメイド化粧水といったところでしょうか?

こんな素晴らしい効果のあるものを私は今まで見向きもしないで捨てていたというわけです。

早速洗顔の後、米のとぎ汁を顔にかけて洗い始めました。その効果は抜群でおもちのようなもちもちの肌を作り出してくれたのです。しっとりもちもちの肌に大満足した私は、職を得て、収入が安定した今でもこの方法を実施しています。

こうして自然の物を利用した美容法を見つけた私は次から次へと新しい美容法を見つけ出したのです。

ヨーグルトも!

そしてもう一つ見つけたお気に入りの美容法はヨーグルトトリートメントです。

シャンプーの後、リンスよりもトリートメントの方がより髪の毛に良い効果をもたらしてくれるということはよく承知しているのですが、どうしてもお財布がついてこない部分というのがあります。そして見つけたのがこのヨーグルトです。

これもインターネットからの情報なのですが、ヨーグルトに含まれている乳酸菌というのは髪の毛にとても良質のたんぱく質を与えてくれるそうです。実際使ってみると本当につるつるの髪の毛ができあがります。

そしてヨーグルトの価格は1パック100円。毎日使ったとしても一週間程は使えます。1ヶ月400円のトリートメントなら私にも購入できると即実行。もう市販のトリートメントを使うことはできません。

ヨーグルトに1ヶ月400円、米のとぎ汁の化粧水は実質0円。目からうろこがおちるこの天然化粧品はもっと世間に広まり見直されるべきだと思います。

大々的に宣伝されている化粧品が必ずしも良い物なのでしょうか?

自分の肌に直接つけるものなのだからもっと見解を広げるべきだと思います。「日本製だから安全」という時代はもう終わりました。現在いろんな化粧品が出回っていますが、どれを使えばいいのか迷った時には一度原点に戻ってみるのもいいのではないでしょうか?

人間も自然の産物です。そのお肌を手入れするのなら同じ自然の産物を使うのは理にかなったことです。

ヨーグルトをトリートメントに、米のとぎ汁を化粧水に、野菜や果物をパックに、日本酒やミルクを入浴剤に等探せば本当にたくさんの美容法がみつかります。

お金をかけずにきれいになる方法ならみんなが進んで試してみることでしょう。昔は現在市販されている化粧品のようなものはありませんでした。だから生活用品を使って女性は自分の肌の手入れをしたのです。

一度人間の原点に戻った美容法をとりいれてみるのもいいかもしれませんね。私達は自然の産物なのだというところから始めてみてください。

Youtubeで紹介されています↓

<<注意点!>>

お米のとぎ汁はなるべく早く使い切ってください。すぐに使いきれない場合は冷蔵庫で保管を行い、半日以内に使いきるようにしてください。時間が経つとお米のとぎ汁に雑菌が繁殖をして、不衛生なものを使うことで肌トラブルを起こす可能性があります。

とぎ汁は必ず薄めて使用をしましょう。薄めないと肌への刺激が強いです。

洗顔をする際は、顔をこすらないように気をつけてください。顔をこすると肌がダメージを受けて、肌トラブルの原因になります。

また、肌の状態によっては肌トラブルを起こす心配があります。必ずパッチテストを行ってから使用をしましょう。アレルギーがある方は、お米のとぎ汁で洗顔をしないでください。

お米のとぎ汁は普段捨ててしまうものですが、これを使用して美容に役立てることができます。普段は捨ててしまうものなので費用はゼロ円です。

お米のとぎ汁で洗顔をすることで、肌がしっとりとしたりツヤツヤに近づきます。

米ぬかの方が毛穴&美肌効果が高い!?

米ぬかとは、玄米を精米したときにでるものです。この米ぬかを利用したパックがネット上で話題を呼んでいます。また、米ぬかは化粧品にも配合されています。

では、米ぬかパックにはどのような効果が期待できるのでしょうか。

米ぬかパックに期待できる効果

玄米を精米した際にでる外皮や胚には、美容に役立つ成分が含まれています。美容に役立つ主な成分は、セラミド、γオリザノール、ビタミンB群です。

セラミドは肌に存在する水分保持をする成分です。米ぬかには植物性のセラミドが含まれています。パックをすることで肌の潤いアップが期待できます。

γオリザノールとはポリフェノールの一種で、抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できます。

ビタミンB2は皮膚の健康を保つ、ビタミンB6は肌荒れを防ぐなどの働きがあります。また、皮脂分泌の抑制にもかかわっています。

米ぬかの方が美容効果がある!?米ぬかパックの効果とやり方

米ぬかは、お米屋さんやスーパーなどで手に入れることができます。

玄米を精米した際に出るので、お米屋さんで玄米を精米してもらえば米ぬかをもらえます。もちろん、米ぬかのみを購入することもできます。

スーパーで売られているものは食べられるように、もみ殻などを取り除いた炒りぬかです。漬物用のぬかは鷹の爪や塩などが加えられているので、何も加えられていないものを選んでください。

パックのつくり方にはいくつか方法がありますが、おすすめの方法を2つ紹介します。

①1つめは米ぬかとヨーグルトのパックです。

保湿効果が期待できます。米ぬか大さじ2とヨーグルト大さじ2をよく混ぜます。ヨーグルトによって水分量が違うので、水分の量を確認しながら混ぜてください。

②もう一つ米ぬか・ヨーグルト・はちみつのパックです。

第6位で紹介する「はちみつ」を加えることで、よりしっとり潤います。米ぬか大さじ2、ヨーグルト大さじ1、はちみつ大さじ1をよく混ぜます。
次は作ったパックの使い方を紹介します。

まずは洗顔をして肌の汚れを落とします。そして、米ぬかパックを肌に塗ります。米ぬかはザラザラしていてこすると肌を傷つけるので、こすらないように肌に乗せてください。5~10分パックをしたら、ぬるま湯で洗い流します。その後は普段と同じように化粧品でスキンケアをします。

<<注意点!>>

お米のぬかには農薬が含まれていて、農薬が肌に付着をすると肌荒れを起こす心配があるので、無農薬の米ぬかを使用してください。

米ぬかは酸化しやすいく、また作ったものを放置していると水分が抜けてパサパサになるので、作ったらすぐに使用をしてください。

使用前にはパッチテストをしましょう。二の腕の内側など目立たない部位に塗って、肌に異常が出ないことを確かめてください。異常が出たら使用を中止しましょう。

米ぬかパックは身近なものを利用した手軽なパック方法で、保湿効果やアンチエイジング効果などが期待できます。パックをする前にはパッチテストをして、肌に異常が出ないことを確認してください。

100均の人気スキンケアに「米ぬか化粧水」というものがあります!

【100均のおすすめ美容グッズ】人気の100円コスメランキング

スポンサーリンク