【きれいな爪になる簡単お手入れ方法】オイルやクリームでネイルケア

肌や髪のお手入れはしても、意外と忘れがちなのが爪のケアです。

手や指先は年齢が出やすいと言いますし、ハンドケアと一緒に爪のケアもしておきましょう。

普段はネイルをしないナチュラル派でも、割れやすかったり、白く濁っているなら爪ケアをする必要があります。毎日でなくても、1週間に1度くらいのペースで行えば、見違えるほど健康的で美しい爪先になるのです。

乾燥予防とマッサージをするネイルトリートメントなら、自宅で簡単にできますので、美爪習慣を取り入れてみましょう。

ネイル映えしやすい輝きのある爪に!

お肌と同じように、爪もベースを整えるところからケアが始まります。

ベースが健康でなければ、マニキュアを塗っても綺麗に仕上がらないのです。特に、頻繁にネイルアートを楽しんでいるなら、そのぶん爪に負担がかかっています。

過剰なメイクが肌にダメージを与えるように、爪もまた、マニキュアを何度も塗り直すたびに傷みやすくなります。カラーが色落ちしたからといって重ね塗りせず、一旦すべて落として、3日程度は爪を休ませるようにしてください。

爪休めをする習慣をつけると、補修する作用が働きやすくなり、ネイル映えする美しい爪先へと変化します。

自宅で出来る爪ケア 4ステップ

爪が割れやすい、爪に溝ができている、こんな経験がありませんか。ツヤツヤな爪を目指したいですよね。爪がツヤツヤとしていると、ネイルもきれいにできるはずです。

爪が割れやすかったり溝ができてしまう原因の一つが「乾燥」です。肌も乾燥をすると調子が悪くなりますよね。爪も肌と同じようにタンパク質でできているので、乾燥をすると爪のトラブルを招いてしまいます。

爪も保湿をしてツヤツヤときれいな状態を目指しましょう。

爪の乾燥を招く原因が、除光液や洗剤の刺激、保湿の不足などです。

除光液は爪の潤いを奪ってしまうといわれています。頻繁にネイルを変えていると、除光液の影響で爪が乾燥して割れやすくなると考えられます。

洗剤も潤いを奪います。洗剤には合成界面活性剤が使用されていて、爪の刺激になるのです。

ハンドクリームで手を保湿している方はいますが、爪も保湿をしていますか?爪にも保湿ケアが必要です。保湿をすることで健やかな爪に近づきます。

以上のように、爪の健康の大切さが分かったところで、具体的にはどのようにケアをすれば良いのでしょうか。いちいちネイルサロンに行くのも大変ですから、自宅で簡単に出来る4ステップを説明しますね。

  1. 爪が乾燥しないように過ごす
  2. 指や爪のまわりにクリームを塗って整える
  3. ネイルオイルを爪に塗る(甘皮部分にたっぷりと)
  4. 手袋をして10分間放置する(洗い流すタイプはお湯でサッと流す)

上記のように、たった15~20分程度でネイルトリートメントは完了します。

①まずは爪が乾燥をしないように工夫する

食器用洗剤やお風呂用洗剤などは爪に刺激を与えて乾燥を進行させるので、洗剤を使用するときはゴム手袋をして直接触れないようにするとよいでしょう。ゴム手袋の素材で肌荒れを起こす方もいるので、使用している素材に気をつけてください。

頻繁に除光液を使用すると爪の負担になるので、ネイルを頻繁に変えるのは控えることが望ましいです。たまには爪を休める日を作ってあげましょう。

手を洗ったり食器を洗った後には、保湿クリームやネイルオイルを使って爪を保湿します。保湿クリームは手全体にクリームをなじませるついでに爪まで塗るとよいでしょう。どちらか一方だけでも爪の保湿になるので、保湿クリームまたはオイルだけの使用で構いません。保湿クリームとネイルオイルを一緒に使うなら、ネイルオイルを先に使用してください。

②ハンドクリームは爪までしっかり塗り込む

爪も肌と同じで「保湿」が非常に大切です。その為、ハンドクリームを塗る際は、手だけではなく、爪の先まで十分に使用していきます。その際、手と同じように軽くマッサージしていくとより効果的になります。

③ネイルオイルで保湿する

また、特に爪の傷みや爪の周囲の乾燥などがひどい場合は、爪専用のオイルを使ったケアもお勧めです。その他、爪専用のパックもある為、それらを使用する事で、爪や爪の周囲の乾燥なども一気に解消させる事が可能になります。

トリートメントに使うネイルオイルは、たくさん種類があって、含まれている成分も異なります。ヒアルロン酸やコラーゲン入りのものがお勧めで、爪と周辺の肌も美しくなります。

天然成分にこだわったオーガニック系であれば、皮膚が弱い人でも使えるので安心できますね。

また、エッセンスやオイルは伸びが良くて、テクスチャは軽めのタイプを選んでください。

そのほうが爪に負担がかかりにくいですし、よく伸びれば少量でケアできるので、コスパ面も良いでしょう。

●楽天で一番人気の爪オイル!口コミは1,000件以上。

 

 

伸びた爪などをケアする際は、出来るだけ爪切りを使わず、やすりで爪の形を整えます。その後、キューティクルプッシャーを使って優しく甘皮の処理をします。そうする事で、爪全体の形も良くなり、整えていく事が可能になります。そして、爪全体を爪磨きで磨けば、自宅でも簡単にピカピカの爪に仕上げる事ができます。

ポイントは爪の先まで丁寧にオイルを馴染ませることです。肌と違って爪は硬くて乾燥が激しいので、下記で紹介する爪マッサージをしながら塗ると浸透しやすくなります。そして、トリートメント後は保湿効果を高めるため、手袋をしたまま寝ると、翌朝にはしっとりと潤いがでます。

爪だけでなく指や手の甲も乾燥を防げるので、定期的に行うとハンドケアとしても効果を発揮します。

※爪のマッサージ方法

爪マッサージ、通称爪もみ。

画像にあるように爪の生え際の横の部分を少し痛みを感じる程度に揉みます。揉む時間は1つの指につき約10秒を目安に行ってください。

これほど簡単であれば飽き性の方でも継続して出来るのではないのでしょうか。

<<ステップ1>>

爪の端をつまんで、揉みます。

<<ステップ2>>

爪の端と指の裏を抑えて、写真の矢印の方向へ力を入れます。

<<ステップ3>>

反対方面も行いましょう。

大まかな説明は以上です。

ですが実は、爪もみ健康法をするにあたって各指ごとに期待できる効果は全く違うんです。

爪もみ健康法の効果(それぞれの指の効果)

●親指・・・咳、喘息、アトピー、円形脱毛症 等

●人差し指・・・胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、胃弱 等

●中指・・・難聴、耳鳴り 等

●小指・・・肩こり、腰痛、鬱状態、更年期障害、顔面神経痛、脳梗塞、ボケ、動悸、頭痛、頻尿、痛風、生理痛、不眠、自律神経失調症、物忘れ、高血圧、糖尿病、尿漏れ 等

小指は特に多くの種類の身体の不調の改善が期待できます。

一つだけ注意点!

爪もみ健康法は非常の多くの身体の不調の改善が期待でき、なおかつダイエット効果もある素晴らしい健康法ですが、一つだけ注意点があります。

薬指は爪もみしないということです。薬指の爪もみをすると交感神経を刺激してしまいます。では交感神経を刺激するとどうなるのでしょうか?

交感神経が刺激されると私たちの身体は血圧上昇、心機能亢進、瞳孔散大、気管支拡張、血管収縮などの身体の変化が起こります。これらが必ずしも悪いというわけではありませんが、爪もみ健康法はマッサージでリラックス効果を促す側面もあるため、薬指の爪もみしてはリラックスできなくなってしまいます。

いくら肌が綺麗でも、爪がボロボロに傷んでいると残念な印象を与えてしまいます。ケアをしていればお洒落あネイルアートも安心して楽しめますし、輝きも格段に違います。これからは、爪も肌の一部と考えて、定期的に爪を休ませ、美容成分入りのオイルでケアを行ってみましょう。

爪を手入れする際のポイント!

爪の手入れを行う際は、初めに指先をぬるま湯に付け、柔らかくしておく事をポイントです。出来れば、入浴後に爪ケアを行う事で、十分に爪や爪付近を柔らかくさせる事が可能になります。

決して、爪が乾燥した状態でケアを始めるのではなく、十分に潤って柔らかくしてからケアを行う事で、爪への負担を軽減させる事ができ、また、爪が割れてしまうといった事もなくケアを行う事ができます。

保湿クリームやネイルオイルを使用するときは、爪の周りまでしっかりと塗り込みましょう。爪の左右の皮膚まで塗ってください。保湿をするときにマッサージをすると効果的です。マッサージをすると血流が促進され、爪に栄養が行き届きやすくなります。

以上がマネキュアなしでも爪を綺麗に見せる方法です。これらのケアはマネキュアを使用する人にもお勧めの方法となります。マネキュアを使用する場合、爪には大きな負担をかけます。その為、マネキュアを取った時だけでも、このようなケアを行う事で爪を元気にする事が可能なのです。

道具などは100円グッズでも良いものがたくさん販売されているので、それらを上手く活用する事で、お財布にも優しい爪ケアを行うもできます。

また保湿クリームやネイルオイルを使用するときは、爪の周りまでしっかりと塗り込みましょう。爪の左右の皮膚まで塗ってください。保湿をするときにマッサージをすると効果的です。マッサージをすると血流が促進され、爪に栄養が行き届きやすくなります。

手を洗ったり食器を洗ったりなどして、爪は乾燥をしやすくなっています。乾燥することで割れやすい爪になったり、爪にシワができてしまうこともあります。きれいな爪を作るために大切なことが保湿です。保湿クリームやオイルを使用して保湿をして、ツヤツヤな爪を目指しましょう。また、食事で内側から整えることも大切です。

まとめ

手元は、顔と同じぐらい、他人に見られているとも言われています。そして、そんな手元の中でも、特に女性に場合、注意しなければいけないのが「爪」です。その為、ネイルサロンなどで、爪の手入れを欠かさないといった人も少なくありません。

しかし、仕事などでネイルができないといった人も多くいます。特に医療関係者の仕事の場合は、ネイルは不可でしょうし、主婦の方でも、水仕事を行う中、「ネイルなんてやってられない!」と言う場合もあるでしょう。

そのような方でも、日々、爪ケアを行うだけで、ネイルなしでも十分、綺麗な爪を維持する事が可能です。

爪も肌の一つと思って手入れすれば、十分、美しい爪を維持させる事ができます。確かにネイルをしているような、きらびやかな爪と言う事にはいきませんが、爪自ら、光輝く事で、健康的で自然なピカピカした爪作りを行う事ができるのです。そうする事で、ネイルをしていなくても、十分に綺麗な爪になります。

スポンサーリンク