【コラーゲンを効果的に摂取できる種類】おすすめサプリ、食品、美容マシン

肌に存在するコラーゲンは、肌の弾力やハリを保つ働きをしています。しかし、加齢にともないコラーゲンが減少をして、次第に肌のハリも低下。たるみやシワが気になるようになります。

肌のハリを維持するためには、コラーゲンを摂取するとよいでしょう。食事やサプリメントなどからコラーゲンを摂取することができますが、せっかく摂取をするのならコラーゲンの効果を高める摂り方をしたいと思いませんか。

では、どのような摂り方をすると効果的なのでしょうか。

コラーゲンを摂取してもアミノ酸に分解されてしまい、肌のコラーゲンにはならないといわれていましたが、コラーゲンを口から摂取して美肌効果があるという研究報告がされています。

30歳以上の被験者にコラーゲンペプチドを1日5g、4週間摂取をしてもらって、肌の角質層の水分量が上昇しました。

45~60歳の被験者にコラーゲンペプチドを1日5gまたは2.5gを4週間摂取してもらって、シワが改善しました。

このような報告がされていて、コラーゲンを口から摂取することで美肌効果が期待できます。

1日に摂りたいコラーゲンの量は5~10g(5000~10000mg)です。肌の水分量が上昇したり、シワの改善が見られた試験では、1日5gのコラーゲンペプチドを摂取しています。ある程度の量を摂取しないと美肌効果が期待できないので、1日5g以上は摂取をしてみましょう。

コラーゲンはタンパク質なので、人によってはアレルギーを起こす可能性があります。アレルギーが心配な方は医師に相談をしてください。

コラーゲンを効率的に摂取したり働きを高めるためにはコツがあります。コラーゲンをサポートする成分を一緒に摂取して、コラーゲンの働きを高めてみましょう。肌の水分量アップやシワの改善などが期待できます。

コラーゲンを多く含む食品

コラーゲンというとぷるぷるな肌をイメージしませんか。コラーゲンたっぷりの食事をして、翌日に肌がぷるぷるになった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。

コラーゲンは食事で摂取できます。では、どんな食品にコラーゲンが豊富に含まれているのでしょうか?

コラーゲンの働き

コラーゲンはタンパク質の一種で、細胞と細胞を結びつける働きがあります。体に存在するコラーゲンのうち40%が皮膚に存在していて、皮膚においては70%が真皮層に存在しています。皮膚以外にも骨、軟骨、血管、内臓などにも存在しています。

真皮層にはコラーゲンが網の目のように張り巡らされていて、バネのように肌に弾力を与えています。真皮層にはエラスチンやヒアルロン酸も存在していて、エラスチンはコラーゲンとともに肌に弾力を与え、ヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンの間を埋める用に存在していて水分を保持しています。

コラーゲンは加齢や紫外線の影響で減少をします。コラーゲンが減少をすることで、肌の弾力が低下をします。そのため、ハリのある肌を維持するにはコラーゲンを摂取することが大切です。

コラーゲンを多く含む食品

コラーゲンが多く含まれている食品は、

  • 鶏軟骨
  • 手羽先
  • 牛筋
  • フカヒレ

などです。特に多くのコラーゲンを含んでいる食べ物がフカヒレで、100gあたりに9920mgものコラーゲンを含有しています。

しかし、フカヒレを毎日食べることはないですよね。もっと身近な食品では、

  • 皮つきの鮭
  • マイワシ
  • 皮つきのサバ

などがあります。その他には、手羽先、牛すじ、鶏軟骨、マイワシ、真アジの開き、サンマの開き(皮つき)、鰻の蒲焼などに多く含まれています。

食品から摂取しにくい場合は、後に紹介するサプリメントを活用するのもよいでしょう。

食品からコーラゲンを摂取る際のポイント!

魚の場合は皮と身の間にコラーゲンが多く含まれているので、皮も一緒に食べましょう。

1日に必要なコラーゲンの量は5000~10000mg(5g~10g)です。一つの食品だけでこの量を摂取するのは難しいので、1日を通していろいろな食品からコラーゲンを摂取することがおすすめです。

皮つきの鮭100gには2410mgのコラーゲンが含まれているので、鮭なら200gほども食べる必要があります。たくさんのコラーゲンを取りにくいときは、サプリメントを利用するとよいでしょう。

コラーゲンは分子が大きく吸収されにくい成分なので吸収されやすいものを選んでください。コラーゲンよりも分子が小さく吸収がよいコラーゲンペプチドを選ぶことがおすすめです。

動物由来のコラーゲンと海洋性コラーゲンがありますが、海洋性の方が吸収がよいといわれています。どのような原料を使用しているのかにも注目しましょう。

ぷるぷるでハリのある肌に欠かせない成分がコラーゲンです。コラーゲンは加齢にともない減少をするので、食事やサプリメントなどで摂取してぷるぷるの肌を目指しましょう。

また、せっかくコラーゲンを摂取しても、コラーゲンを固くしたりコラーゲンの生成を妨げるような食品を摂取していると、コラーゲン摂取の効果が期待できません。避けたい食品は、高脂肪食品と甘いものです。脂肪分を多く摂取すると、抗酸化物質を多く消費してしまいます。抗酸化物質が少ないと、活性酸素によって肌が傷つけられてしまいます。甘いものは糖質が多く、糖質の過剰摂取は糖化を招いてコラーゲンを固くさせます。

コラーゲンが多い食品というとフカヒレをイメージするかもしれませんが、身近な食品にもコラーゲンを多く含むものがあります。身近な食品なら毎日摂取をし安いと思います。コラーゲンは年齢とともに減少をして肌の老化が進行をするので、コラーゲンを摂取してハリのある肌維持を目指しましょう。

コラーゲンボールもおすすめです!

コラーゲンボールとは、牛すじや豚足などの動物、カレイやうなぎなどの魚なから抽出したコラーゲンを、ボール状に固めたもののことです。無味無臭なので料理の味を損なわず、さまざまな料理に活用できます。

体内のコラーゲンは加齢にともない減少をするので、コラーゲンボールを活用してコラーゲンを補ってみてはどうでしょうか。

コラーゲンボールの作り方・食べ方

コラーゲンボールは市販されていますが、自分で作ることもできます。ゼラチンをお湯に溶かして、容器に入れて冷蔵庫で冷やして固めるだけです。

ゼラチンは水に溶けやすいので、飲み物、鍋、味噌汁などの料理にコラーゲンボールを入れて摂取をするとよいでしょう。

おすすめは鍋です。コラーゲンの合成には、鉄分とビタミンCが必要です。カツオ、アサリなどは鉄分が多い食品、春菊、ブロッコリーなどはビタミンCが多い食品で、こういった食材を鍋にすれば、コラーゲン合成に必要な栄養素を効率的に摂取することができます。

食材によっては含まれるビタミンCが熱によって壊れてしまいます。鍋など加熱料理にすると、ビタミンCを十分な量摂取できない可能性があるのです。しかし、ジャガイモやサツマイモなどに含まれるビタミンCはデンプンに包まれて守られているので、熱を加えても壊れにくいです。鍋など加熱料理には、熱に強いビタミンCを含む食材を加えるとよいでしょう。

生野菜を食べることもおすすめです。生ならビタミンCが壊れにくいです。コラーゲンボールを加えた料理と生野菜を食べれば、ビタミンCを同時に摂取できます。

市販のコラーゲンボールには、動物性コラーゲン、海洋性コラーゲンなどさまざまなものあります。動物性よりも海洋性の方が吸収率が高いといわれているので、どのような原料を使用しているのか確認をしてください。

 

また、コラーゲンにはタンパク質が含まれているので、人によってはアレルギー症状を起こすことがあります。アレルギーの方は摂取を控えた方がよいでしょう。

コラーゲンボールを活用すると、手軽にコラーゲンを摂取できます。料理に加えて摂取をするのが定番なので、コラーゲン合成に必要な鉄分やビタミンCも一緒に摂れます。

エラスチンも一緒に摂取すると肌の弾力がアップします。

エラスチンとは、肌の弾力を支えている成分です。皮膚は表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。エラスチンは真皮層に存在していて、コラーゲンとともに肌のハリと弾力を与えています。

しかし、年齢とともにエラスチンは減少します。そこで、エラスチンを摂取すると肌の弾力やハリアップが期待できそうですよね。エラスチンを食品やサプリメントで摂取をして効果が期待できるのでしょうか。

エラスチンは繊維状のタンパク質で、真皮にエラスチンが存在しているからこそ、肌の弾力やハリが生まれます。エラスチンは肌の真皮に存在するだけでなく、肺、血管、靭帯などにも欠かせない成分です。

エラスチンは線維芽細胞から作られています。そのため、活性酸素によって線維芽細胞が傷つけられてしまうと、肌の弾力が低下をします。また、20代をピークに加齢にともないエラスチンが減少をします。

エラスチンは食品やサプリメントから摂取できます。サプリメントなどからエラスチンを摂取した場合の効果は、はっきりとわかっていません。それよりも、エラスチンを生成する線維芽細を活性化させたり、線維芽細胞を活性酸素から守ることで、肌のハリや弾力アップが期待できます。

エラスチンを含む食品は、牛筋、鶏手羽先、モツ、軟骨、皮ごと食べられる魚などです。魚や鶏手羽先などは日常的に食べやすいと思います。
サプリメントでもエラスチンを摂取できます。

しかし、摂取したエラスチンがそのまま肌のエラスチンになるわけではありません。エラスチンはタンパク質の一種ですが、摂取したエラスチンはアミノ酸に分解されてから吸収されます。そのため、肌のエラスチンになるとは限らないのです。

エスラチンを効果的に摂取する方法

それよりも、線維芽細胞を活性化させたり、線維芽細胞を活性酸素から守りましょう。線維芽細胞を活性化させるには、バランスの良い食事をすることが大切です。ビタミン、ミネラルをしっかり摂りましょう。女性は鉄分が不足をしやすいので、特に鉄分の摂取を意識してください。

ポリフェノールは活性酸素からエラスチンを守ってくれます。ポリフェノールは野菜や果物に含まれています。

サプリメントでエラスチンを摂取した場合も食事で摂取した場合と同じで、肌のエラスチンになるとは限りません。しかし、サプリメントの場合はビタミン、ミネラル、その他の美容成分なども配合されています。これらの働きで美肌効果が期待できます。

 

食事などから摂取したエラスチンはアミノ酸に分解されてしまいますが、肌のエラスチンを生成するにはアミノ酸が必要です。その材料が不足しないように、食事やサプリメントでエラスチンを摂取するのもよいでしょう。

エラスチンは肌の弾力を支える大切な成分です。食事やサプリメントで摂取して肌のエラスチンになるとは限りませんが、エラスチンを作るための材料補給にはなります。そして、エラスチンの生成を促したりエラスチンを守るために、ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなども摂取をすることがおすすめです。

コラーゲンを摂取するためのおすすめサプリ

年齢とともに気になってくることがハリの低下です。たるみが目立って老けて見られる、ほうれい線が気になるといった悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。肌のハリを維持するために欠かせない成分がコラーゲンです。肌に存在するコラーゲンは年齢とともに減少をするので、食事から補ってぷるぷるの肌を目指しましょう。

コラーゲンと肌の関係性

昔はコラーゲンを食事やサプリメントなどから摂取しても肌のコラーゲンにはならないと言われていました。コラーゲンはアミノ酸でできており、摂取したコラーゲンは酵素の働きによってアミノ酸に分解されてしまいます。そのため、コラーゲンを摂取しても肌のコラーゲンにならないと言われていたのです。

しかし、コラーゲンを摂取することで肌のコラーゲン合成が促進されると言うことが発覚しました。

コラーゲンペプチドを摂取すると、コラーゲンやエラスチンなどを作り出す線維芽細胞が活性化します。そして、コラーゲン合成が促進されるのです。コラーゲンペプチドとは、コラーゲンを加水分解した成分です。コラーゲンの分子量は30~36万ですが、コラーゲンペプチドは数百~数千とコラーゲンに比べて小さな構造をしています。そのため、コラーゲンよりも吸収されやすいです。

つまり、コラーゲンペプチドを摂取することで肌のハリアップが期待できます。ハリのある肌は若々しい印象を与えます。

コラーゲンサプリの選び方

コラーゲンには、肌のハリアップ、水分保持力アップなどの働きが期待できます。フカヒレや手羽先といった食品から摂取できますが、サプリメントで摂取をした方がカロリーも気にならず簡単です。

近年様々なコラーゲンサプリメントが販売されているのですが、選び方にポイントがあります。コラーゲンの選び方に注意をすることで、より効率的にコラーゲンの力を得ることができます。

コラーゲンをサプリメントなどで経口摂取して肌の状態が改善したという報告がされています。1日5gのコラーゲンペプチドを4週間摂取して、肌の水分量が増えた、シワが改善されたという研究結果があります。

コラーゲンは肌にもともと存在している成分ですが、年齢を重ねることで減少をします。コラーゲンが減少をすると、肌の弾力やハリが失われたり、肌が乾燥をします。このような肌トラブルを防ぐためには、コラーゲンを摂取するとよいと考えられます。

コラーゲンサプリメントの選び方の3つのポイント

コラーゲンサプリメントの選び方のポイントは3つあります。

①1つめは、吸収率が高いことです。

コラーゲンは分子量が大きな成分で吸収されにくいので、できるだけ吸収されやすいコラーゲンを選びましょう。コラーゲンには動物由来や魚由来などの種類があります。動物由来と魚由来を比較すると魚由来のコラーゲンの方が吸収されやすいです。

②2つめは、安全性が確認されていることです。

サプリメントは口にするものなので安全性が気になります。たとえば、魚由来のコラーゲンの場合、養殖魚は添加物や抗生物質などが使用されている心配があります。どこで獲れたのか、どのような飼育方法をしているのか、どの部位を使用しているのか、加工方法は、といったことを明記しているかを参考にしてください。素材の入荷から出荷までがしっかり管理されていると安心できます。

③3つめは、検証実験データがあるものです。

サプリメントは薬ではないため、効果効能を謳うことができません。中には質が悪くて期待する効果が得られないサプリメントも存在する可能性があります。メーカー独自に検証実験をしていることがあるのですが、その実験が科学的根拠に基づくものなのか、信憑性があるものなのかなど、確認をしましょう。

気をつけてコラーゲンサプリメントを選んでも、飲み方によってはコラーゲンの効果を得られなくなることがあります。コラーゲンサプリメントは、コーヒーや緑茶などではなく水と一緒に飲むことが基本です。食後は体内への吸収が高まります。1日の摂取目安量は5~10gです。摂取量を守って摂ってください。

コラーゲンサプリメントの選び方に気をつけることで、コラーゲンの効果をしっかり得られることが期待できます。3つのポイントを押さえてコラーゲンサプリメントを選んでみてください。コラーゲンの摂取で、ハリのある肌に近づくことが期待できます。

不足していくコラーゲンを効率よく摂取できるニッピコラーゲン100

ニッピコラーゲン100は、純度100%の食べるコラーゲンとして有名です。

1日スプーン1杯で5000mgのコラーゲンが摂取できるので、加齢とともに減少していくコラーゲンを補給するのに効率的です。なぜなら同じコラーゲンでもニッピコラーゲン100のスプーン1杯分「5000mg」のコラーゲンを錠剤でとろうとしたら、なんと34粒も飲まなければなりません。

さらにニッピコラーゲン100は低カロリーなので、太る心配もなく、体に吸収されやすいコラーゲンペプチドだけを使っているので、低分子化されていて、体にとても吸収されやすいのです。

厳選されたコラーゲンを低分子化してコラーゲンペプチドにして、真っ白で水にでも解けるようにすることで、無味&無臭のコラーゲンを実現しています。

コラーゲンペプチドでなければいけない理由

%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%94%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90

コラーゲンペプチドとは、コラーゲンからアミノ酸に分解される過程でできる成分です。

コラーゲンペプチドはコラーゲンよりは分子が細かいので、消化液で分解されることなく体内に吸収されて、体中のコラーゲン生成場まで届きます。コラーゲンペプチドの本当の働きはそれだけでなく、コラーゲン生成場にコラーゲン製造のGOサインを出します。

体の至るところにあるコラーゲンは日々徐々に壊れていき、新しいコラーゲンと入れ替わります。その新しいコラーゲンを作るのが、ここで言う「コラーゲン生成場」です。新しいコラーゲンが作られるには、まず古くなったコラーゲンが分解される過程でできる「コラーゲンペプチド」の働きが必要です。なぜならコラーゲンペプチドは、コラーゲン生成場に新しくコラーゲンを作るようにGOサインを出しているからです。

しかし加齢になるにつれて、古くなったコラーゲンを分解する能力が衰えることで、古いコラーゲンは壊れることなく、肌に残ったままになります。そうなるとコラーゲンペプチドができなくなり、コラーゲン生成場に新しいコラーゲンを作るGOサインが出せなくなってしまいます。

そのため、体の外からコラーゲンペプチドを取り入れることが大切なのです。そしてコラーゲン生成場に新しいコラーゲンを作るGOサインを出すことができるのです。

コラーゲンが不足することで体に及ぼす症状

%e6%af%9b%e7%a9%b4%e8%a9%b0%e3%81%be%e3%82%8b

コラーゲンは、皮膚や軟骨など体のいたる所にあるタンパク質で、人のタンパク質の30%を占めます。ゼラチンの主成分でもあり、健康食品だけでなく料理やコスメなどにも多用されています。

しかしコラーゲンは、年齢を重ねるごとに体内で作られる量が減っていきます。さらに体で生成されるコラーゲン自体も劣化すること、老けが進行してしまうのです。

*新陳代謝が高い人であればあるほど、古いコラーゲンはアミノ酸に分解されて、再び再生され、老化を遅らせるという研究結果もあります。

コラーゲン不足は、主に30代を過ぎてから要注意です!早い人では20代から不足して、肌や髪の毛の老けが進行してしまいます。

女性が最も気になるお肌に関して言うと、コラーゲンは肌成分の約80%も占めています

コラーゲンは、肌の真皮部分で生成されており、古くなると分解されていくのですが、加齢とともにこの分解能力も衰えていきます。またコラーゲンは弾力やスプリングの役目を果たしているので、減ってしまうことで、フェイスラインにたるみが出るなどの衰えを実感することになるでしょう。最近お肌にツヤやハリがない、お化粧のノリがいまいち……などの症状がみられたら、体内でのコラーゲンの摂取不足のサインと思ってよいのかもしれません。

<<コラーゲン不足のサインは寝起きの跡に注目!>>

朝、起きるとたまに付いていませんか?

「頬の寝跡」

頬についてしまった寝跡を鏡で見ると、なんだか恥ずかしいですよね。10代や20代の若いうちであれば、寝跡もすぐに取れますが、なかなか取れない場合は、コラーゲン生成が衰えてきたサインです。それと共に、ほうれい線も気になってくるはずです。

ニッピコラーゲン100の効果

肌をしっかりと支えるコラーゲンを摂取することで、健やかな肌をキープすることができます。また、お肌だけでなく、髪の毛にもとてもいいのです。髪の毛のボリューム不足やパサつきを抑える働きがあるので、綺麗な髪でいられます。

さらに、爪を作っている成分もコラーゲンです。コラーゲン不足になると爪が弱くなったり割れたりするようになります。コラーゲンをたっぷりと摂取することで、強い爪を持つことができるようになります。

%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%94%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%82%b2%e3%83%b3%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90

ニッピコラーゲン100は無味無臭なので、どんなものにでも混ぜて食べることができます。ヨーグルトに入れたり、コーヒーや紅茶といった飲み物に入れたり、料理の時に入れたり、ご飯を炊くときにご飯に入れたりできるのです。

さっと溶けるので、ダマになることもなくジュースなどに入れても大丈夫です。

たったスプーン1杯で良いのですから、ちょっと一息いれるときに、飲み物に入れて食べると、1日分のコラーゲンがとれてしまいます。難しいことは何もありません!食べ物にニッピコラーゲン100を溶かして食べるだけで良いのです。

味も匂いもしないので、気になることはありません♪いつもの食べ物や飲み物に混ぜて取るだけでコラーゲンが摂取できるという優れものなのです。

ニッピコラーゲン100の口コミ

%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%94%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3%e5%8a%b9%e6%9e%9c

口コミでもハリを実感するという声が多くあります。ご飯やおかず、飲み物やデザートなどに入れてとることができるので、とっても簡単にコラーゲンを摂取することができて、毎日お化粧をするのが楽しみになっているという人もいます。

実際に溶けやすく飲みやすいので、毎日続けるにはとてもいいものです。

ニッピコラーゲン100は無味無臭で低分子化された高性能のコラーゲンです。ハリや弾力を肌にもたらすコラーゲンを日々摂取していれば、いつまでも年齢上に美しくあることができるということは言うまでもありませんね。

公式ホームページからお試し20日分「999円」

ニッピコラーゲンの公式ホームページでは、現在お試し価格キャンペーンをおこなっています。20日分「999円」(送料無料)です!

%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%94%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%82%b2%e3%83%b3

気になった方は、是非チェックしてみてください↓

⇒公式ホームページ:ニッピコラーゲン100 トライアルセット



日焼けマシンのように寝ているだけで、次の日ツルツル肌になる「コラーゲンマシン」

コラーゲンは美肌効果のある成分としてよく知られていますよね。

そのためコラーゲン成分配合のコスメやサプリメントを、意識して取り入れている人も多いことでしょう。しかし期待しているほど効果が表れない・・・と感じている人も多いことでしょう。その原因は、年齢やストレスによる肌の劣化で吸収率が落ちている可能性もあります。

もっと効果的にコラーゲンの成分を吸収させるために開発されたのがコラーゲンマシンです。

エステサロンで受けられるコラーゲンマシンは、その絶大な美肌効果が好評で、ネットでも口コミ情報がたくさん寄せられています。

全身の肌や髪が潤ってツルツルになる効果に驚き!

コラーゲンマシンを体験した多くの人達が、翌日に全身の肌や髪に変化を実感しています。

肌がツルツルでハリや弾力がでたり、髪がサラサラで艶がでるなどの効果を得られます。

他にも、体のむくみがとれてスッキリしたとか、腰痛や肩こり、冷え性が緩和したという意見もあります。また、照射するとセロトニンの分泌量が増えるため、夜はぐっすりと眠れます。精神的なストレスも解消されやすいので、疲れによる不眠に悩む人にもお勧めです。

女性にとって嬉しい効果がたくさんありますから、定期的に通ってコンディションを整えている人も増えています。

コラーゲンマシンに横たわるだけで美容ケアができるなんてビックリ!

コラーゲンマシンは一見すると日焼けマシンに似た形をしています。

マシンの中で横たわり、特殊な可視光線を浴びることによって、細胞レベルから肌が活性化されるのです。赤外線で体を温めますので、汗が大量に出て、老廃物が出やすくなり、終わった後は肌がすべすべになります。

全身に照射されることによって、一度でコラーゲンが肌に浸透しますので、短時間で肌をキレイにしたい人に向いています。時間にして20~30分程度で、費用は1回あたり3,000~7,000円くらいが相場です。

エステサロンに通う手間が面倒という人は、家庭用コラーゲンライトも登場しているので、顔や手などを自宅でケアすることもできます。

<<パーティーやイベント前に駆け込んで即効美肌に!>>

コラーゲンマシンの効果は、だいたい3~4日間くらい持続します。結婚式前のブライダルエステとしても注目されており、美肌で挑みたいイベント前に駆け込む人も多いです。

短時間で即効美肌になるコラーゲンマシンは、忙しくてお手入れをする時間がない人にも最適です。数十分程度、マシンの中で寝そべっているだけで、全身ケアができますから、とても簡単でラクですよね。

続けているうちに、効果の持続期間も長くなっていきますから、できれば月に2、3回のペースで通うと良いでしょう。

美肌ケアは手間と時間がかかるもので、全身になると面倒に感じることもあります。しかしコラーゲンマシンは何もせずに寝ているだけでOKですし、美肌効果だけでなく汗をかきやすい体質改善にも役立ちます。

これからの時代は、必死でセルフケアを続けるだけでなく、エステサロンでラクしてキレイになることにも目を向けたいですね。

スポンサーリンク