【ダイエットが続かない女性へ】芸能人に学ぶ続くダイエット方法とは?

ダイエットをして痩せたいと願っている女性は多く、実際に実践した事がある人も多いと思います。しかし、たいていの女性は続かず、失敗に終わってしまいます。ダイエットは多かれ少なかれ我慢が必要だったり、忍耐が必要で、それがつらいために続かず失敗に終わってしまう人が多いのです。楽で楽しいダイエットがあれば良いのですが、そんな都合が良いものはありません。

しかし、ダイエットを続けやすくなるコツはあります。ここではその方法を紹介していきます♪

多くの女性の方は自分がより美しくなりたいという願望を持っていますよね。そのために美容室に行って髪を綺麗にしたり、ネイルサロンで爪のお洒落をしたり、洋服に流行を取り入れてみるなどの努力をされているでしょう。それと同時にダイエットにも挑戦して、体型のコンプレックスを無くしたい方や、もっと身体を引き締めて女性らしくなりたいという方もいるはずです。

女性はファッションやメイク同様に自分のスタイルを常に気にします。ダイエットをすることで、こうしたスタイルを改善することができます。例えば二の腕を細くすることでノースリーブの服も躊躇なく着れるようになりますし、お腹を引き締めることが出来ればプールや海で自信を持って水着を着ることができます。

また、くびれが出来れば、よりスタイルが女性らしいものになり、より魅力的な女性に生まれ変わることだってできます。

女性はいくつになっても美しくありたい

ダイエット 続かない 原因

このように女性は年齢に関係なくダイエットに関心のある人が多いです。その理由は、洋服をきれいに着こなしたいから、魅力的になりたいからなど、人それぞれですが前向きな理由であることは共通しています。

いくつになってもダイエットをして美しい自分でいたいと思うことは素敵なことですし、そうなることは自分のためだけではありません。美しく健康的な体型でいることは自分自身に自信が持てるだけでなく、周りの人もあなたを見ると幸せな気持ちになり、また愛されるのです。

例えば、家族や友人が太っていたら見た目のことだけでなく、健康面など心配になりませんか?食生活が乱れているのではないか・・・、不健康な生活を送っているのではないか・・・と思うはずです。

しかし、このように様々な理由からダイエットを始めたのは良いものの、

“長続きしない”

という問題にぶちあたる方が多いですよ。

「なぜダイエットが続かないのか?」

以下、

  1. 効果的で正しいダイエットの方法
  2. ダイエットを続けるためのコツ

の2つの題材を説明していきます。

1.食事と運動のバランスを整えるだけ!我慢はしないこと

ダイエット 我慢は

日本でダイエットと言うと、「痩せるための方法」と意味づけられていますが、もともとの意味は違うのです。

ダイエットはもともと「規定食」という意味で、美容や健康保持のために食事の量や種類を制限することを意味します。先進国は世界的に食事過多の傾向にあり、肥満に陥っている人の割合が多いのが現状で、そういう人たちは腎臓病や糖尿病などの病気になってしまいやすいのです。そこで、そういう人たちの健康を守るために痩せて肥満を解消しようするのがダイエットなのです。

効果的なダイエットの方法

ダイエットは女性の永遠の目標ですね。太っている女性より痩せている方が魅力的に見えますし、おしゃれだってたくさん楽しめます。そのため多くの女性がダイエット実践していますが、今の日本では体に負担のかかる無理なダイエットを実践している人が多くみられます。

無理のあるダイエットは拒食症や過食症といった疾患につながってしまう恐れがあります。しかも無理のあるダイエットをすると、肌荒れや体調不良を引き起こしたりして、人としての魅力が半減してしまいます。人間の生存本能からいっても、『健康的な人を魅力的に感じやすい』というデータがあります。

健康的なダイエットを行うことで、体調を保ちながら、魅力的な体系になれるのです。さらには健康的なダイエットはリバウンドしにくいというメリットもあります。

①基礎代謝を上げる

健康的なダイエットのポイントは、まず基礎代謝をあげるということです。

そのためには、運動をして筋肉量をあげることが重要です。毎日少しずつでいいので腹筋などの筋肉トレーニングを行うだけで、基礎代謝は上がります。筋トレが苦手なら、駅などでエスカレーターではなく階段を利用するだけでも違います。また、お風呂はシャワーだけでなく、しっかり湯船につかって体の芯から温めることも基礎代謝の向上につながります。基礎代謝をあげられれば、日常生活で使うエネルギー量が増え、痩せやすい体になるのです。

参考記事:【効果的に綺麗に痩せる】ランニングと筋トレで基礎代謝を上げる方法

②食事の栄養バランス

二つ目のポイントとしては、食事の栄養バランスを気にすることです。体はお肉のタンパク質だけでも野菜のビタミンだけでも不調をきたします。バランスよく食べることが大事です。そして、現代人の普段の食生活は脂質が多い傾向にあります。栄養バランスを意識すると余分な脂質を摂取しにくくなり、痩せにつながるのです。

参考記事:食事制限ダイエットは続かないし非効率だからこそ!理由とダイエット方法

③我慢しない

痩せるためのポイントは先ほど述べたとおりですが、一番大事なポイントがあります。それは、我慢をしないということです。痩せようと思うと頑張るポイントはたくさんあります。ある一定の我慢をしなければいけないこともあります。

しかし、ダイエットしているからと言って自分の本当に食べたいものまで我慢してしまうとおおきなストレスになってしまいます。このストレスはダイエットに対するモチベーションを下げてしまいます。つまり、食べるのを我慢してダイエットが続かないくらいなら、食べて運動した方がよっぽど体のためになるのです。なので、我慢しすぎないということが大事なのです。

健康的なダイエットは、栄養バランスと運動が大事です。なにいよりも無理をしないことが重要です。無理をせず、健康的に魅力的な体型を目指しましょう。

2.ダイエットを続けるためのコツ

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%8a%b9%e6%9e%9c

ダイエットに成功し、美しく理想的な体を得れば見た目が良くなることはもちろんですが、体調が良くなったり精神的にも自信が出てくる効果も期待できます。

「健康的に痩せることで、魅力的に変身できるのです!」

そのためには食事と運動のバランスを整えてあげることが最も効果的で簡単なダイエット方法です。食事の栄養バランスが悪いなと思えばそこを改善する、お酒や甘いものを摂りすぎているなということであれば減らす等と調整をかけるのです。

また基礎代謝を上げるためにも運動の習慣を何かしらつけることも必要です。運動といっても、スポーツジムに行って鍛えるなどそこまですることはありません。1駅分ウォーキングするとか、拭き掃除をこまめにするとか階段を使うとか、朝起きてストレッチやエクササイズをするとか、今まで楽をしていた部分を少しだけ変えてみるだけでも十分有酸素運動になります。

つまりここで言いたいのは、

『心地よい方法を続けることでダイエットは続く!』

続けられない女性が多く行っているダイエットは、食べないで痩せようとすることです。食事は人が活動するために欠かせない行為で、しっかりと栄養を取る必要があるので食べないで痩せようとすると体調を崩してしまう原因になってしまいます。

不健康に痩せてしまうと、お肌がボロボロになってしまったり、栄養が足りていなくて、すぐに体調が悪くなってしまいます。すると体調の悪さが容姿に表れ、美しいとは言えない状態になりますよね。周りから見ても無理してると思われてしまいます。そのため本当にダイエットに成功したといえるのは、身体も細くなりつつ、健康になる事です。

また、間違ったダイエット方法をしてしまうと、胸など欲しい部分の脂肪がなくなってしまいます。反対に、健康的に正しい方法で痩せると胸の脂肪は残り、ウエストや太ももなどなくなって欲しい脂肪が残ります。

正しいダイエット方法とは、有酸素運動と適度な食事制限を同時に行うことです。有酸素運動はランニングなどの軽い運動を20分以上行うようにしましょう。水泳なども効果的な有酸素運動です。ここで注意することは、激しい運動をする必要はないという事です。それよりも長時間の有酸素運動を継続して行うことで脂肪が燃焼されていくのでダイエットには効果的なのです。

食事制限に関してはきちんと栄養を摂りつつ摂取カロリーを少なくしましょう。例えば、白米などの炭水化物食品の代わりに豆腐やこんにゃくなど低カロリーのものを食べるようにするだけでも効果があります。また、あまり脂っこいもの食べないようにしたり、サラダを食べる際もドレッシングのかけ過ぎに気をつけるようにしましょう。出来れば毎食のカロリーを計算して記録しておくとより効率的にダイエットを進めることが出来ます。

★①ダイエットに成功した後の自分の欲望を明確にする★

女性 綺麗に痩せる

ダイエットをして痩せたいのは、綺麗になりたいからですよね?

「綺麗になって男性に注目されたい!モテたい!」などの自分が痩せた後に待っている欲望を明らかにしましょう。

誰しも欲望があるからダイエットを始めます。

例えば、体重45㎏になって、ミニスカートを履いて皆から注目されるようになった、あの人をデートに誘って楽しいひと時を過ごしたなどの欲望を書き出します。ここでのポイントは、そのときになったらいいな(未来形)ではなく、~した(過去形)で書きましょう。そうすることで脳に暗示をかけることができます。

そして、次はビジョンマップを作ります。例えば、理想の体型の芸能人と自分の写真を並べて「必ずこうなる!」と書いて芸能人の写真から自分の写真に向かって矢印マークで結びます。何故このような事をするかというと、人間は脳から目に入る情報を現実化しようと強く欲します。ですので、いつでも見えるように、写真を手帳に挟んだり、携帯の待ち受け画面にしたり、毎日対面するトイレなどに貼っておけば、脳は現実化に向けて動いていきます。

★②ダイエットを生活習慣にする★

ダイエット 続ける

最後にダイエットというのは我慢するもの、苦しいものと認識してしまうと続きませんし効果も出にくくなります。

私たちはお風呂やごはんは生活の中で当たり前のようにするものだと思っていますよね。ダイエットもそんな風に生活の一部であると脳に教えてあげてほしいのです。習慣化してしまうことが何でも成功するためには必要です。勉強でも運動でも、何度も同じことを繰り返しすることで身についていきます。

ダイエットも同じことで食事のバランスを考えて食べること、暴飲暴食の癖を止めること、運動をすること、全て特別のことと思わず当たり前のことにしてしまうのです。簡単にはいかないかもしれませんが、できることから始めてみませんか。駅でエスカレーターを使わずに階段を利用するなど、小さなことからでいいのです。

またダイエットが辛くなった場合は、もし目標体重まで減量できたら「私はどうなるのか?どうしたいのか?」という自分の目標や欲求を明らかにしてみましょう。メモだけに書き留めておくのではでなく、写真などのイメージを用意し、毎日黙認できるところに置いておくと効果的です。

ダイエット例 6選

1.友人Aのダイエット例

ダイエット続かない 理由

有酸素運動と適度な食事制限によるダイエットはとても効果的です。実際に私の友人にもこうしたダイエットをすることで減量に成功し、綺麗なくびれを手に入れることが出来たという女性がいます。彼女は週に4日のランニングと毎日の摂取カロリーを1200カロリーに抑えることで3ヵ月で8キロのダイエットに成功しました。お腹周りの肉もすっきりとして、今までは無かったくびれがはっきりとわかるくらいに出来たのです。その為、タイトな服を着た場合もその美しい身体のラインがはっきりと出てより女性として魅力的になり、自分に自信がついたそうです。

2.友人Bのダイエット例

ダイエット 継続 コツ

私は日々の生活の中で、ちょっとした工夫で無理なく痩せようと心掛けていました。

まず白湯を飲む習慣をつけました。白湯を飲むと新陳代謝が上がりやせやすい身体を作ることが出来ます。次に運動は、テレビを見ながら軽く筋トレしていただけです。自分がやりやすい環境と内容のダイエットのため継続できたと思えます。また、普段エスカレーターを使うところを階段を使ったりとちょっとした工夫もしていました。とにかく自分が容易に出来る範囲内でダイエットを始めました。

健康的に痩せるには食事はしっかりと摂ったほうが良いので、食事の内容を見直すことも大切です。例えば白米を食べている人は玄米に変えるのがお勧めです。野菜はキノコ類がオススメ!なぜなら、キノコ類はかさがあるうえ、低カロリーなのでお腹が一杯になりやすいのです。お肉と一緒にキノコ類を一緒に食べるのがオススメです。さらに、腸内の老廃物や余分な脂肪を排出して、コレステロールを下げる働きがあるので、ダイエット食品にはピッタリです。どうしてもお腹が空いたときはお菓子ではなく、フルーツがオススメです。同じ量をとっても食事内容で痩せる事が出来るので是非、試してくだ

このように私はちょっとした工夫で痩せる、無理のないダイエットを行いました。

3.私のダイエット例

ダイエット ボディ

私の場合も、食事制限のみのダイエットで成功したことはありません。ウォーキングダイエットで歩くことが楽しくなって初めてダイエットに成功しました。ウォーキングという新しい趣味ができたと嬉しくて、可愛いウェアを買ったりとワクワク楽しかったのです。もしもウォーキングなんて嫌いなのに痩せるために仕方なく歩いていたとしたらきっと挫折していたでしょう。

⇒自分にとって楽しい、心地よいと思えることでないと長続きはしないものです。

次に、年を重ねても美しく輝いている女優さんやモデルのダイエットに関する考えや方法を参考にしてみましょう。

4.永作博美さんのダイエット例

永作 美しく

生年月日:1970年10月14日(45歳)
出生地:日本・茨城県
身長:156 cm

美容や健康を『楽しむ』!

永作さんは年を重ねるごとに出てくる体の変化を受け入れ、それをどのように対処しようか、何か新しいことを始めようかと、考えることを楽しんでいます。体のために何かをすると、体は必ず応えてくれます。

“やらなきゃ”や”きちんと”など、自分に負荷をかけることはやらない!それが楽しく美しくなるための基本的なコツです。

①早い時間(早くて20時)に寝て、睡眠を8時間以上しっかり取る

⇒22時から2時までの 4 時間はお肌のゴールデンタイムと言われ、肌が生まれ変わる「ターンオーバー」が最も活発になる時間帯です。また早寝と十分な就寝時間の確保は、肌のみならず、体の体調を左右する”血流”を改善することにも繋がります。生活リズムが良くなると体全体に良いことが起きるのです。

②野菜を取る

永作さんは野菜が大好きで、毎朝必ず生野菜ジュースを飲んでいます。大根、トマト、しょうが、玉ねぎ、セロリ、
キャベツ、白菜は常に家に備えているらしいです。

③代謝を良くする
  • 毎朝ラジオ体操をして体をほぐす。
  • メイク前に首のリンパマッサージをする。
  • 長風呂につかる。長い時は1時半半身浴をするそうな。
  • 8秒かけてゆっくり吸って吐いてを10分繰り返す。このように全身に酸素を取り込むと、血流が良くなり、顔色が良くなるのです。

⇒代謝を良くすることで、体の不要物が出ていきやすくなり、体が綺麗な状態を保ちやすくなります。体の成分を入れ替えることは美しくあるために最も重要な事項です。

<<歳を重ねることに対する永作さんの名言>>

  • 年を重ねる中で確信したのは“人の本質は変わらない”ということ。
  • 年齢がいくつであれ、今の自分の考えや何をしたいのか、どういう人に形成されていくのかが大事であって、年齢は付属品のようなもの。
  • “若くあらねば”というのは一種の社会的プレッシャーのような気がします。そこから解放されたら、もっと楽になる。
  • やっと能動的に動けるようになり出したのが、30代に入ってから。年をとるのがまた楽しくなってきた!

5.篠原涼子さんのダイエット例

篠原 美しく

生年月日:1973年8月13日 (42歳)
出生地:日本・群馬県
身長:162 cm

美の秘訣は、”愛されることじゃないでしょうか。私も愛します”。

美肌であり続けるために、帰宅後すぐメイクを落としたり、朝晩の肌のお手入れを欠かさないのは当たり前!それ以外で特に気を付けていることは「食事」と「睡眠」。

①和食中心の食生活

肉は少なめで、魚を中心にした食生活を送っています。食事を取る際は、はじめに生野菜を食べるようにし、1日に30種類の食物を取るように心がけているとのことです。ちなみに肉を取る場合は、鶏肉がおすすめです。なぜなら血を増やし、血流が良くなるからです。

参考記事:【鉄分が多い食材、食べ物は?】ほうれん草ではなく鶏肉が良い理由

②睡眠時間を多く確保する

ドラマの撮影などが始まると不規則な生活になってしまいますが、隙間時間があれば寝るようにしているとか。睡眠時間と時間帯は肌荒れやニキビなどの症状に大きく影響する要因です。

③くよくよ悩まない心でいる

いつまでもくよくよ悩まないで、論理的に結論を出してストレスを溜め込まないようにしています。悩みに関しては考え方ですごく左右される問題です。どう考えるか?こちらの2016年ベストセラーの本「嫌われる勇気」が非常に参考になります。

④とにかく全部楽しむように心掛けている

出産し、子育ての多忙さや大変さを通して、楽しく前向きでいることの重要性に気付いたようです。

子育て中だからといって、何かが『出来なくなった』と思うのは嫌なんです。だから料理しながら掃除したり、パックしながらセリフを覚えたり…。できることは全部、楽しみながら取り組めば、意外になんでもできちゃうもの。引用:美的10月号

⑤代謝を良くする

こまめに水分を取り、運動して汗を流すことで、代謝を良くし健康維持をしているとのことです。ちなみに美しいボディラインの秘訣は「ヨガ」だとか。

6.ダレノガレ明美さんのダイエット例

ダレノガレ 痩せた

ダレノガレさ明美さんが、体重67キロから43キロになったダイエット方法が紹介されていました。

①ジムのプールで100m泳ぐ→歩くを繰り返す。1時間30分行う。

②毎日必ずウォーキング!最高6時間歩いたこともあるとか。ポイントは音楽聴いていれば楽しいとのこと。

③食事の取り方

朝:黒ゴマ豆乳バナナジュース、ミネラル酵素グリーンスムージーを飲む。

昼:和食(主に魚)中心に好きなものを食べる。

夜:炭水化物は取らず、野菜やおかずのみ。

食事を減らすダイエット方法は、ストレスになって、逆に食欲が抑えられなくなったり、肌荒れなど体調が悪くなったりするので、絶対にやってはいけない。ダレノガレさんはダイエット中でもチョコやお菓子など甘い物を週2回ほど食べていたそうです。自分へのご褒美として。

④マッサージ

入浴後に、ボディークリームをつけてリンパマッサージ。毎日やっていくと、腕や脚が細くなったそうな。

関連記事:ダレノガレ明美愛用のコスメ、メイク、ダイエット法の2017年一覧

まとめ

女性が美しくいたいと思うのはごく自然なこと。そして多くの人が実践しているのがダイエットです。色々な方法が模索されていますが、どんな方法でも大切なのは続けることです。一瞬で痩せられるのは高額な手術のみ。でも、自分の努力次第でできることなら、もっとお値打ちでやってみたいですよね。

ダイエットに続けるために必要なこと・・・、

まずは、ダイエットに成功したら、”まず何をしたいですか?”を考えましょう。夏になったら水着を着たい、おしゃれな服に挑戦してみたい、などなど、楽しい妄想が膨らみますね。身体のラインは服で隠せる場合もありますが、ダイエットができていないと日常生活でも困ることは出てきます。例えば、友達とランニングをした後、何気ない流れで温泉に行くことになったら?理想の彼氏がふいに現れたら?いつでも自分に自信が持てる自分でいられるためにも、ダイエットは成功させたいところです。

次に、“褒められる環境づくり”を作りましょう。

ダイエットの成功には、継続できるか否かがかかっています。もし途中で挫折してしまうのなら、何故そうなってしまうのかを考えてみましょう。きっと多くの人は辛いからと答えるでしょうけれど、実はその辛いメニューでもこなせるようになる継続方法があります。

それは、「誰かに褒めてもらうこと」。ダイエットって、最終的に効果があったらすごいと言ってもらえるかもしれませんが、その途中経過はいくら頑張ても誰も褒めてくれません。そうなるとやる気がそがれ、こんなに頑張っているのにという気持ちが生まれます。人は頑張った分だけ対価を求める生き物なので、その対価を褒めることによってもらいましょう。こうすることで続けられるようになります。

一つの方法としては、独自でダイエットをするのではなく、ジムでダイエットメニューを作ってもらうことがオススメです。マンツーマンのトレーニングジムもありますが、費用がかさむので一般のジムを訪ねてみましょう。お客さんに合わせた運動メニューを作ってくれるジムは各地にあります。メニューをこなせばトレーナーさんから褒められる、これが原動力になります。

「半強制的な環境が大事で、生活習慣にしてしまう!」

自分でやると三日坊主になってしまうというのなら、学校でいう宿題のように誰かの目があるとダイエットも成功します。ジムなら月額利用料が1万円以内というところもあるので、日常的に利用してみましょう。大人だって褒められたいですから、頑張った分だけ対価をくれる場所をお金と引き換えに持つことが大切です。

継続は力なり、わかってはいるけれどそれができたら何事も苦労しないって思う人も多いはず。ダイエットは最初のうちはなかなかそれらしい効果が出ずに諦めてしまう人もいますが、この「対価をもらう」という方法で挑戦してみるのも良いと思います。結果が出なくても頑張っているのですから、その頑張りを認めてくれる場所はあると良いでしょう。

<<当記事で紹介した参考記事一覧>>

【効果的に綺麗に痩せる】ランニングと筋トレで基礎代謝を上げる方法

食事制限ダイエットは続かないし非効率だからこそ!理由とダイエット方法

【鉄分が多い食材、食べ物は?】ほうれん草ではなく鶏肉が良い理由

ダレノガレ明美愛用のコスメ、メイク、ダイエット法の2017年一覧

スポンサーリンク