【レストランデートの食事での注意!】何でもいいで、ぎくしゃくしないために

デートなのにぎくしゃくしてしまうという人へ

せっかくのデートなのに、彼氏とぎくしゃくしてしまう人は多いのではないでしょうか。

私もその1人でした。

以前まで、デートの度にとまでは言いませんし、喧嘩というほどでもないのですが、結構ぎくしゃくしていました。

ですが、あることを心がけたら、防ぐことができたのです。

この記事は、デート中のぎくしゃくをなんとか減らしたい、無くしたいという人のためのものです。

食事決めで、もめないために

デート 注意 ご飯

デートのぎくしゃくの原因やきっかけは色々ありますが、ここで以外と多い「食事をどうするか決める」ことに関してです。

食事でもめる人は、結構多いのです。

後で説明する方法を実践すれば、もめることは格段に少なくなるでしょう。

嫌なものや、何で迷っているか伝える!


彼氏の方から、「今日何を食べたいか」聞いてくれる場合が多いですね。

そのとき、「何でもいい」と答えている人はいませんか。

本当に何でも良いなら良いかもしれませんが、何でもいいと答えたくせに、彼氏が食べたいものに文句を言う人もいます。

これで、もめるなというほうが無理な話ですし、それなら何でもいいと言わなければ良いのです。

それならせめて、”麺類だけは嫌”という言い方をするとか、”ハンバーガーかラーメンを食べたい”と言うとか、方法はあります。

何でもいいというのは、本当に何でもいいときにしか使ってはいけません。

しかしその答えは彼氏によっては良いほうに受け取らないかもしれません。

「人に任せっきり、自分の考えはないのか?」と思う人がいたっておかしくはありません。

とは言っても、1つに絞ることは難しいでしょう。だからこそ、これだけは嫌というものがあるならちゃんと伝えるとか、選択肢が絞りきれないときは素直に迷っているものを伝えたりしたほうが良いですね。

そうすれば、案外あっさりとその中から決めてくれるかもしれません。

絶対これじゃなきゃ嫌だというのはわがままっぽいですが、嫌なものは正直に伝えておく、何かで迷っているならそれを伝えて、あとは決めてもらうというほうが、もめませんしスムーズに進みます。

私の経験談

デート 気を付ける

もちろん、私はこれをやっています。

嫌なものを伝えたときは、じゃあそれ以外にしようと言ってくれます。

そのときのデートでは、適当に近くにあるお店に入りました。

選択肢2つで悩んでいるときは、その中から彼氏が気分で決めてくれました。

それにより食事でもめるということはなくなりました。

他の人の体験談や意見

私はそれまで、ほとんど「何でもいい」と言ってきました。何でもいいというのがどれほど彼氏を困らせているのか、しばらくして分かり反省しました。

もちろん、「何でもいい」と言って許してくれる彼氏もいることでしょう。ですが、食事のときに、もめたり、上手くいかなかったりするのであれば、試してみてはいかがでしょうか。

私の場合、もめることはかなり減って楽になりました。食事について考えるのも楽しくなりました。ぎくしゃくすることが減ったのが、何より嬉しいですね。

食事デートで好印象を持たれるポイントまとめ

気になっている人と食事に行くことになったら、嬉しい半面、どう振る舞うべきか悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか。次に、食事デートで相手に好印象を持ってもらうコツをご紹介しましょう。

①服装はTPO!

まず、服装はTPOに合わせましょう。ランチなら気合いを入れ過ぎないカジュアルなファッション、ディナーならスーツとまではいかなくても、きれいめ系のファッションで臨みましょう。初デートの場合、あまり高級なお店だと余計に緊張してしまうので、カジュアルなレストランがおすすめです。高いレストランだと、奢られる側も恐縮してしまいますし。しかし騒がしいレストランだと会話を楽しめないので、事前にどんなお店かチェックしたり、元々知っているお店に誘うのが無難です。

②食事決めは双方の意見を!

お店を決めるときは、相手の希望もきちんと汲み取りましょう。あらかじめお店をいくつか選んでおいて、「和食とイタリアンとフレンチ、どれがいい?」など、2つか3つくらいの選択肢の中から選んでもらうのもおすすめです。いくら美味しいお店でも、なんの相談もなしに一人で勝手に決めてしまうのはNGです。

③最低限のマナーは心得よう!

食事中は、もちろんマナーを守るに越したことはありません。食べ方が汚いという自覚のある人は、日頃からきれいに食べられるように心がけましょう。食べ方についてあまり気にしない人もいますが、食べ方だけで幻滅されてさよならされてしまった知り合いもいます。また、なるべく「いただきます」と「ごちそうさま」を言うようにしましょう。

個人的には、にこにこ美味しそうに食べる人にきゅんとしてしまいます。

お会計の方法ですが、初回のデートならなるべく男性が出した方が好感が高いです。奢られた女性もそれが当然という顔をしていると印象が悪いので、きちんと感謝の言葉を述べましょう。「今度は私が出すね」と次回のデートを匂わせるのもありです。奢ってもらったお礼に、お菓子などちょっとしたプレゼントを渡すのも良いアイデアです。

もしあなたが女性の場合は、デート代の支払いに関して以下の記事が参考になります。

関連記事:

デートプランが退屈!彼女が彼氏とのデートをつまらない、マンネリと感じる理由

【恋愛下手な女性のデート術】好きな男性に好かれる成功方法やコツ

【やばい!彼女とのデートに遅刻】待ち合わせ時間に遅れる時の言い訳

【家デートがしたい!】部屋で恋人(彼氏彼女)とのんびり過ごしたい時の言い方

【彼女,彼氏の友達優先!】恋人の友人と会う、一緒に遊ぶデートが嫌い

【デートで出すお金の割合】デート代は男性が奢る?それとも割り勘?

【彼氏彼女の食い違い】買い物デートつまらない,食事合わない,服装うるさいカップルの体験談

【デートでの食事の注意!】何でもいいで、ぎくしゃくしないために

【初デートで緊張する女性必見!】自信を持ち成功させるための方法、服装、メイク

スポンサーリンク