【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

メイク

私は夏は勿論、冬でもアイメイクをすると必ずパンダ目になってしまうのですが、いろんな商品を試した結果、パンダ目にならない最強アイメイクコスメを見つけました!

今回は、私と同じ様に何を使ってもパンダ目になってしまうという方へオススメしたい商品の紹介です。

私はオイリー肌の持ち主なので、年中パンダ目になりやすいのですが・・・四六時中鏡を見るわけにもいかないし、化粧直しに行く時間もあまり取れない日だってありますよね。

ですが私の場合はこれらのコスメに出会ってからアイメイクに関しては化粧直しする事がなくなりました。同じ様に悩んでいる女性へ、是非参考になればと思います。

では、商品の紹介です。

アイシャドウ

まずはアイシャドウです。これは、どのメーカーでもいいのですが、一つだけ注意することは上まぶたのキワに載せた色と同色もしくはワントーン低めの色を下まぶた目尻から1/3にも入れる事です。

こうすることで、アイシャドウの下まぶたへの色移りが、ほとんど気にならなくなります。

おすすめは、キャンメイクのウェンググロウアイズの01テラコッタブラウン

シアーな発色ですがちゃんとまぶたに陰影がつき、リキッドタイプのアイシャドウですがサラサラとしていてすぐに乾くので時間が経っても二重のシワにアイシャドウが溜まりません。

目を閉じたときのパール感もギラギラではなく上品でとても綺麗です。

指につけてささっと塗るだけで軽いアイメイクが完成してしまいますよ。

濃いめにしたい時は重ね付けで調節でき、グラデーションもつけられます。

もともとお手頃な値段ですが、伸びがとても良いので一生使い切れないのでは?と思ってしまうコスパの良さです。

 

アイライナー

朝に引いたアイライン、気がつけば落ちてしまいパンダ目になってしまう。そんな経験ありませんか?

そんな方におすすめするのが、赤系のアイラインです。

アイライナーといえば黒やブラウンが定番。赤のようなカラーはモード感が強すぎる。そんな風に思って敬遠している方も多いはず。

確かに発色がよすぎるカラーラインは普段使いに向きません。でも色によってはとても使い勝手がいいのです。

特に赤系のアイラインは、うっかり落ちても肌になじんでくれます。朝のメイクが崩れ、夕方にパンダになってしまうことはありません。よく目もとを触ってしまう人や目薬をさしてしまう人も安心です。

また、目もとに赤があると、とても色っぽい印象になります。仕事後に予定がある時のメイク直しにもぴったりです。

赤系のアイラインの使い方はとても簡単。今までのアイライナーと同じように使うだけです。目尻まで長めに引いて、アイシャドウと馴染ませてもいいでしょう。

うまくアイラインを引けないという不器用さんも、黒より失敗が目立たないので気軽にチャレンジできます。左右の目のラインの太さが違っても、赤系だとばれにくいです。慣れてきたら、目尻だけに引くなど、アレンジしてもかわいいですね。

でも赤系と言ってもどんな色がいいのか分からないという方は、まず自分のアイシャドウを見ましょう。この中で周りに似合うと言われた色の中で一番赤い色と同じ色を選ぶと確実です。

赤は似合わない、ピンクならいいかもという方は、ピンクがかった赤を選びましょう。目もとのかわいい印象がアップします。

仕事にあまり派手な色はちょっと、と言う方はワインレッドを試してみましょう。大人っぽく仕上がります。

最初は派手だと思っていた色も、つけてみれば肌に馴染むかも?

赤系のアイラインだと目が大きく見えないのでは? と思う方もいるでしょう。でも実際に引いてみると、目力は控えめですが、とても柔らかく自然に目が大きく見えるのです。

個人的な経験としては、赤系のアイラインにしてから、どこのアイライナー?と聞かれることが増えました。他のメイクは変えていないのに、とても印象が変わってみえるようです。優しく見えるようになったとも言われて嬉しくなりました。

メイク直しせずに帰宅しても、家族に「目がパンダになってない」と驚かれました。鏡を見るとところどころアイラインが落ちていたのですが、あまり目立たないようです。

急いでいる朝、目尻のラインに失敗したことがありました。その時は指でこすって肌に馴染ませたら目立たなくなりました。そのまま家を出られました。黒や茶色だとこうはいきません。

周りの評判がよく、落ちても目立たない、失敗してもリカバリー可能。これは便利だなと思って赤系のアイラインに目覚めてしまい、今ではすっかり赤系アイラインが手離せなくなっています。

友人知人にもメリットをうるさいくらい喋ったら、何人かが買って試してくれました。すると全員が便利さに目覚め、愛用してくれているようです。友人はアイラインに合わせてチークも赤にした微熱っぽいメイクをしたら、周囲の男性に大好評だったそうです。赤みをまとうと色っぽさがあがるのでしょうか?

アイライナー単体で見たら派手に見えてしまう赤系の色。ですがパンダ目にならず、失敗してもリカバリー可能というメリットがあります。まだ挑戦したことがない方はぜひ赤系アイラインに挑戦してみてください!

赤が苦手な人はブラウン系でもOK

アイラインは、ラブライナーのリキッドを使用します。

ヒロインメイク、デジャヴ、Fasio…etc.色々試してもパンダ目になってしまっていたのに、ラブライナーにしてからは1度もならなくなりました。現在までに10本以上はリピートしています。発色も良し、筆も細くとても描きやすい商品です。

 

 

 

マスカラ

まつ毛はアイライナー同様、デジャヴ、Fasio…よく落ちないと言われている商品はいくつも試しましたがやはりダメで…。私が出会った最強マスカラはL’OREALの「ダブルエクステンション セラムベース&マスカラ」です!

これは下地もついているのでコスパも良いですし、商品名の通りまつエクしたかのように自まつげが長くなるので、まつ毛が短くて悩んでいる方にもオススメしたいです。

 

 

ビューラー

私は最後にホットビューラーを使っています。

普通のビューラーだとすぐにまつ毛が下がってしまいパンダ目の原因にもなっていたのですが、ホットビューラーにしてからは化粧を落とすまでずっとまつ毛が上がったままの状態になってくれるので、これも長く愛用しています。

ビューラーをライターで熱する方法も試したのですが、不器用すぎてまぶたが火傷寸前になってしまったので…。ホットビューラーの場合、勿論火傷の心配はありませんので不器用な方にも安心して使用する事ができます。

私はPanasonicのものを使用していて、品番はEH_SE50のものを使用しています。他の品番もあるので、デザインのもので選ぶのをオススメします。

 

私の中のアイメイクの最強アイテムは以上になります!勿論、個人差もありますが私の場合はこのアイテム、使用方法で5年以上はパンダ目知らずになりました。

私が使用するコスメは全て楽天ネットや大手薬局で揃えることが可能ですのでまずはテスターで試して頂くのをオススメします。

同じ悩みで困っている女性の方々へ、是非参考になれば幸いです。

関連記事:

渡辺直美のアイシャドウ!ルナソルのスターシャワーアイズ人気色05の口コミ

2017.08.11

目元を大きく可愛く印象を変える!チェンジできるアイメイクの方法(仕方)

2017.08.09

2018年人気の愛されうざぎ目メイク(目の下アイシャドウ)やり方と口コミ

2017.06.27

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

【2018年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

【2018年おすすめのカラーアイライナー】人気の色、使い方や引き方のコツも

2017.01.10

スポンサーリンク