【ヘナとは?使い方と効果】ヘナはタトゥー以外にも白髪染めで使えるのです

ヘナと言えば、

「タトゥー?白髪染め?」

皆さんはどちらの使い道を知っていましたか?

私はタトゥーの使い道しか知りませんでした。

ヘナタトゥー 女性

昔は夏になると楽天で簡単ヘナタトゥーセットを注文して腕に描いたものです。初めてやった際は上手くいかず、3つのうち2つをボツにしてしまった経験もあります。初めてやる方は多めに頼んでおくか、友達や家族にやってもらうと良いでしょう♪

最近ではタイに旅行に行った際、ビーチでヘナタトゥーを腕に入れてもらいました。お風呂で体を洗う時にヘナタトゥーの箇所をゴシゴシ洗わない限り、1週間は綺麗に保ちます。その後は徐々に薄くなっていきます。

 

 

 

ヘナは髪に優しい白髪染めとしての役割もある

ヘナ 白髪染め

年齢とともに増えていく一方の白髪。皆さんはどう対策されていますか?

まだまだ数の少ない方は1本1本根元からカットしている…なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。ただ、ある程度増えてくると、とてもそれでは追いつきません。その作業自体がストレスで白髪が増えるんじゃないかと思ってしまうくらい時間と手間がかかってきてしまいます。加齢による白髪は増えることはあっても減ることはありませんので、結局多くの方は、定期的に美容院で、もしくは市販の白髪染めでケアされているいのではないでしょうか。

ですが、一般的な白髪染めはジアミンという化学成分を使っていて、それは皮膚炎の原因物質としてよく知られています。そういった症状がでない方でも、染めるメカニズムからいってどうしても、当初は綺麗に染まっていたという髪も、何度も染めているうちに髪が乾燥してキシキシしてしまいます。実際耳にされたり経験されている方も多いのではないでしょうか?

美しく健やかな髪を保ちたい…そんな方に是非試していただきたいのがヘナです。

そもそもヘナとは?

ヘナとは、

ヘナ(ヘンナ)は、ミソハギ科の植物で学名はLawsonia inermis。日本では「指甲花(シコウカ)」または「ツマクレナイノキ」と呼ばれてきました。インドでは古来から薬草として親しまれて、アーユルヴェーダ(伝承医学)の代表的なハーブとされてきました。またマニキュアやヘナタトゥーなどの染料として古代から使用されてきたハーブでもあります。インド、北アフリカなどの乾燥した地域に育ち、木は高さ3~6メートルほどにまで成長します。芳香のある白や薄紅色の花を咲かせるのも特徴です。

つまりヘナとは、インドや北アフリカなどで古来より薬や染料として栽培されてきた天然のハーブ(植物)です。もちろん、天然だから絶対安心というわけではありませんが、低刺激なのです。それが、ヘナが白髪染めや頭皮ケア、トリートメントとして歴史のある所以でもあります。ヘナはオレンジ色に髪を染めますので、茶色から黒色に染めたい場合は、ヘナに合わせてインディゴ(木藍)というハーブを用います。

ヘナを選ぶコツは?どんな風に使うの?

ひとえにヘナといっても色々な製品があります。通常は、乾燥させたヘナの葉を挽いたパウダー状のものになりますが、ペースト状に加工されたものや、ヘナとインディゴが既に混ぜ合わされたものもあります。ご自身の使いやすさで選んでいただければOKですが、その際可能であれば、ヘナの純度がより高く、生産や加工の過程がわかる製品を選ぶようすると安心です。

パウダー状のものはお湯でペースト状に溶き、白髪が気になる部分から載せていきます。すべて髪に馴染ませたらキャップをかぶって2~3時間置き、いつもの様に洗髪します。作業としては、粉を調合してお湯で溶く作業以外は、自宅で染める一般の白髪染めとあまり大きな違いはありません。

ただ、ヘナの場合、染まったことを実感するまでに、3~5回ほど染める必要があります。はじめのうちは毎週染めるなど、短期間に連続して作業するとよいでしょう。

仕上がりと髪質の変化は?

個人差はありますが、3~5回程度染めていくと、ダークブラウンから黒色にしっかり染まってきます(ヘナだけでしたらオレンジから赤色)。その後は3週間から1か月間隔で染めていくことになり、半年ほどすると、髪質がハリとツヤのある、しかも素直なものになっていることに気が付かれると思います。

コストは?デメリットは?

ヘナとインディゴにかかるコストは、使用する製品にもよりますが、セミロングでノーマルな毛量なら年間15,000円くらいでしょうか。

デメリットは、ヘナ特有のにおいが挙げられると思います。洗髪の度に薄まりますが、気になる方はスケジュールを予め調整しておくと良いかもしれませんね。

髪はずっと大切にしていきたいもの。年齢とともに白髪だけでなくその量や質、頭皮環境など色々なことを考えて長い目で対策をしていくことが重要だと思います。ヘナは白髪染めだけでなく、トリートメントや頭皮ケアも同時に行ってくれますから、今だけでなく将来のトラブルを未然に防いでくれるアイテムといえるかもしれません。

スポンサーリンク