【モデルみたいに可愛く盛れた自撮りを撮る方法】美肌になる写メ小技

インスタグラムやツイッター、フェイスブックなどのSNSツールを使う時、自撮り写メを投稿して共有するのは日常的になりました。でも、毎日のように自撮りしていても、モデルや女優みたいにイマイチ可愛く盛れないという悩みも多いはずです。

今回は、いつもとはちょっと違った小技テクニックを使って、可愛く自撮りをする方法を紹介します。

セピア風フィルター使いですっぴん美人を演出!

ヘアメイクをばっちりキメて写メを撮る人は多いですが、実は濃いメイクで写メを撮ると老け顔に見えてしまうことがあります。首と顔の色差が激しいと、顔全体が浮き出るような違和感も出ます。むしろ薄いメイクやすっぴんのほうが、フィルター加工もやりやすく、自然な印象を受けるのです。

美肌効果を狙ってフィルターをかけるなら、ほんの少しセピア風になるものを選びましょう

柔らかな色合いが背景とマッチングさせやすいので、表情もキレイに見えるのです。

写メ全体が落ち着いた印象になり、大人っぽくなるので、クールな表情で映し込んでみると普段とは違うイメージになります。すっぴん美人風に撮れますから、厚塗りメイクで写メを撮らず、ナチュラル肌で撮影してみると良いですね。

視線を逸らせてお気に入りをフォーカス

敢えて背景にピントを合わせ、カメラから視線を逸らせた撮影方法も、プロが使うテクニックです。

お気に入りの服やバッグなどを主役にするなら、フォーカスしたい物にピントを合わせると、雑誌やカタログ写真のように仕上がるので注目度が高まります。

バッグや靴などの写メを撮る時も、部屋の中だけでなく、外で自然光を取り入れた撮影をすると、ノンフィルターでもキレイに撮れます。また、お気に入りの物が主役でも、持っている手や指を映すと、こなれ感がアップするので要チェックです。

普段からイメージに合った場所を探して撮影する習慣をつけると、写メを撮るテクニックが上達しやすいのでお勧めです。

写メを反転させて鏡に映った自分を再現

反転↓↓

ご存知だとは思いますが、写メを撮ると、実際とは反対に自分の顔が映ります。

つまり、普段見慣れている鏡に映った自分というのは、撮影した写メを反転させることで再現できるのです。

自分の顔パーツで際立たせたいところがあるなら、フォーカスして撮影し、写メを反転させてみるとより印象的な1枚になります。アプリを使えばすぐに出来ますし、反転させた写メを並べて加工すると、いつもとは違ったイメージの写真が出来上がります。これまで反転させたことがなければ、一度は試しておきたいテクニックです。

毎日のように自撮り写メを投稿して、コミュニケーションをとっている人なら、あらゆる撮影テクニックを駆使していますよね。でも、いつも同じ撮り方ではパターンが決まってしまうので、少し物足りなさを感じることもあります。

ご紹介した可愛く見える小技テクニックを使って、多くの人に注目される写メを撮影できるようにしてください。

スポンサーリンク