【レモン水を飲むタイミング(時間)】レモン水の効果や効能も

夜眠る前にレモン水を飲むと肌に良い

皆さんは、夜眠る前に何を飲まれますか?特に意識しなければ何も飲まないで眠ってしまう事が多いですよね。私は今、日本を離れて常夏と言われる国で生活をしていますが、困ったことに、ここでの生活は当たり前ですが毎日が真夏で、紫外線との戦い。

日本には四季があり季節に合わせた美容法など実践出来ますが、毎日が真夏となると、肌は衰えるばかりで、スキンケアを楽しむというよりはとにかく必死で現状維持といった形です。お金もかかりますからね。

そんな生活の中、家計簿とにらめっこしながらもお金をかけずに内側からキレイになる方法、それも夜眠る前の一杯で翌朝の体調まで良くしてくれる「レモン水」をご紹介致します。

レモン水の効果

レモン水 効能

私が得たレモン水の効果は次の日の朝の「顔色」でした。

元々冷え性でありながら、あまりに毎日暑いためエアコンは必須で、常時つけていますが、気づけば暑い中でも体の末端は冷えている状態。当然血の巡りが悪くなり、顔色が冴えない日が続いていました。青いような、紫がかった色といいますか、朝から見よう見まねで顔面マッサージをしてもなかなか成果がありませんでした。

そこで朝から顔色を決めようとするのではなく、前の日から準備が必要だと思い立ち、とにかく透明感と前日に浴びた紫外線をなんとかなかった事にしてくれる強烈なビタミンCが必要で、それにはレモンが1番適していると思い、夜眠る前にレモン水を一杯飲むようになりました。

効果はバツグンすぎてニヤニヤしてしまうほどです!(*´∀`*)

あれだけ顔色が悪かったのに、頬あたりからだんだんと透明感が出てきました。その後は鼻の周りがスッキリするほどベタベタしなくなりました。以前はかなりのベタベタでとにかく顔を頻繁にバシャバシャと洗っていたのですが、なんだか体も楽で朝の目覚めが特に良いです。日本の気候であればもっと成果は見られると思います。

なぜ私がこのような効果を得られたのかと言うと、レモンには以下の効能があるからです。

①美容効果

ナチュラルメイク

レモンはビタミンCを豊富に含んでいます。レモン1個で1日のビタミンC必要量である100mgを補給できるほどです。ビタミンCには強い抗酸化力があり、お肌の老化を防いでくれます。紫外線の刺激でシミやくすみの元になるメラニンを抑制する効果もあり、それが肌の美白につながります。

②代謝を上げる

ラクタシード ソープ 石鹸

クエン酸の血液サラサラ効果に加えてレモンのポリフェノール、エリオシトリンには血管を広げてくれる作用があるといわれています。レモンの2つの成分、クエン酸とポリフェノールの相乗効果によって血流がアップすることで代謝をよくすることができます。

③エネルギーを作り出す

ランニング

レモンの酸っぱい成分クエン酸の継続的な摂取によって、糖からエネルギーを作り出す「クエン酸サイクル(TCA回路)」を活性化することができ効率的にエネルギーに変換できます。食事から摂った糖をどんどんエネルギーに変えて糖を使い果たしたら体脂肪を分解して燃やします!

レモン水の作り方と、飲む際の注意点

では、どのようにレモン水を作れば良いのか?

私は普段レモン半分を絞って200mlの水と一緒に飲んでいます。今日は一日外にいたなぁとか、疲労が蓄積した日にはレモン1個使う事もあります。酸っぱさが私には合っているので大丈夫ですが、ご自身の体調に合わせて、レモンの割合を決めてあげて下さい。当然ですが、レモン1個を使うとかなり酸っぱいので、飲みきれなくなる可能性があります。レモンの量ではなく、ご自分が毎日続けていける量を摂るのが大事です。

注意点として、夜眠る前に飲むことが大前提なのですが、夜飲み忘れたからといって、朝飲むのは絶対に避けて下さい。レモンにはソラレンという物資が含まれていてソラレンを摂取したあとに、紫外線に肌が触れると異常に反応し、紫外線を受ける感受性が高まります。つまりレモン水を朝飲む事によって紫外線をより吸収してしまい、シミやシワを更に作りやすくしてしまうのです。ですから必ず日の出ていない夜眠る前に飲む事をオススメ致します。

ビタミンCがとにかく多いレモン。正しい摂り方さえ守ればあなたの体をしっかりと紫外線から守ってくれます。夜眠る前に一杯だけでいいですので未来の美しい自分への投資として飲まれてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク