【二重の幅が違うガチャ目の人のためのアイメイク】アイテープを使用します

メイク

これは片方が奥二重であったり、一重まぶたといういわゆるガチャ目の人に向けたアイメイクのハウトゥ記事です。アイメイクがワンパターンになってしまうお悩みを解決します。

バランスが取れないアイメイクでチグハグ感を日常的に感じている人や、敏感肌でアイプチやつけまつげが使えない人が簡単なポイントを抑えるだけでストレスなくアイメイクを楽しめるようになります。

ワンパターンになりがちなアイメイク。特にアイシャドーやアイラインは自分のいつものやり方を貫いてしまいがちです。

違う雰囲気になりたくて新しいアイシャドーを買ったけど結局変わらない気がする。そんな事ありませんか?

でも、いつもの化粧品を使って(新しい物を買い足す必要もなく)、塗り方一つでなりたい目になれるのです。

①まず、自分のなりたい目をイメージしましょう。

②それから自分の目の形を観察します。

  • 横長ですか?縦長ですか?
  • 丸い目に仕上げたいですか?横長ラインを強調したいですか?
  • イメージはクール?それとも愛らしい目?

私の場合は敏感肌のガチャ目でした。二重と奥二重で非常にバランスが悪くてアイメイクはワンパターン。つけまつげは勿論つけられず、アイライナーもリキッドは使えません。

奥二重を気にして、アイラインをペンシルで太めに入れたりしていました。

それだけで、とりあえずバランスはとれるもののいつもゴールドやブラウンメイクばかりでアーモンドアイ(丸い目)を作ってばかりでした。CMで黒木メイサさんを見る度に切れ長のアイメイクをしてみたかったのですが、同じアイシャドーを使っても似ても似つかぬ目に仕上がっていました。

そんな時に、コスメブログで見つけたのが「アイテープ」です。なんとダイソー商品でした。

両面テープタイプは埋没式で瞼をおさえてくれます。片面タイプは癖付け程度で二重になる奥二重向きに感じます。

私は両方買ってみました。急いで帰宅し早速つけてみると何度か失敗しましたがきっちり二重になりました。一日つけていてもかぶれない理由は医療用テープだったからです。

そのままアイメイクをすることも出来ます。

私の横長目アイメイクの方法

横長目のアイメイク方法ですが、まずベースになる薄い色を瞼全体に塗ります。私は人差し指で伸ばしています。同じ色でもいいのですが、私の場合はベースよりワントーン濃い色でアイシャドーを目頭の部分と目尻の部分に入れます。目の真ん中部分には入れません。

その後のアイラインも同じく目頭と目尻メインに描いていきます。

下まぶたの目尻部分にもアイシャドーを引き締め色で入れると横長アイの完成です。

クールに仕上げたい時はチークの入れる場所も耳側から頬骨の下に入れるだけでいつもの化粧品を使ったままで全然雰囲気の違うメイクが出来ますよ。

違うメイクをしたくなった時につい買い足してしまうメイク道具や化粧品。しかし、お金もかかるし結局いつものメイクになってしまうと悩んでいませんか?

自分の顔を観察すると意外なヒントが隠れているかもしれませんよ。なりたい顔、やってみたいメイクを自分に似合うようにするヒントは意外な所にあります。

新しい自分を発見できるメイク方法を試してみませんか?敏感肌だから、不器用だからと諦めるには早いですよ。メイクひとつで気分が上がるのでトライあるのみです。

関連記事:

【パンダ目にならないアイメイク】おすすめのアイライナー,マスカラ,アイシャドウ,ビューラー

2017.10.05

目元を大きく可愛く印象を変える!チェンジできるアイメイクの方法(仕方)

2017.08.09

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

スポンサーリンク