【介護士が教える重い荷物の持ち方】重いものを運ぶときに腰痛を防ぐ運び方

日常からできる腰痛予防

重い荷物を持つ際に、

「足を広げて腰を落とす姿勢」

これは買い物や大掃除、引っ越し、仕事などの日常生活で少し重たい物を持たなければいけない時に活用していただきたい方法です。

重たい物を持つことによる腰痛の発生を予防します。また、既に腰痛をお持ちの方や腰痛になりやすい体質の方も腰の負担を軽くすることができます。

重い荷物を持つ際に腰痛にならない持ち方

重い物を持つ時に背中を曲げた姿勢で持つのではなく、足を肩幅の広さに広げ膝を軽く曲げた状態で腰を落として持ちます。腰は対象物付近の高さまで落とすことがポイントです。

%e9%87%8d%e3%81%84%e3%82%82%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%96%b9

しゃがんだ状態で対象物を持ちあげる姿勢をつくります。そして持ち上げる時は腰だけを使って立ち上がると腰を痛めてしまうため、全身の筋肉使うことを意識して膝をのばして立ち上がるようにします。重たい物を持ち上げるというより全身の筋肉を使って立ち上がることを意識して行うことが大切です。

介護の仕事をしていた私もこの方法を採用していた

私は以前介護の仕事をしていてこの歩幅を広げて腰を落とす方法を腰痛予防として行っていました。

しゃがんだ状態で立ち上がりながら物を持ちあげることで腰に負担をかけずに持ち上げることができました。

介護の仕事は利用者様を移動介助するとこが多いため、この方法を資格取得の時に勉強します。ボディメカニクスという身体の負担を最小限にする方法の一つになります。これを意識して行っている職員は腰痛が見られませんが、残念ながら意識していない職員、やり方を理解していない職員は腰痛を起こしています。介護職は日常的に利用者様を移動介助するため、介護時の姿勢には特に気を付けなければいけませんでした。

重たい物を持つときにこの方法を守っていれば腰痛が発生する可能性はほとんどありません。腰痛は一度引き起こしてしまうと慢性化してしまう可能性もあるためぜひ取り入れていただきたいです

ポイントは「持ち上げる」というよりしゃがんだ状態から「立ち上がる」ことを意識して行うことです。その他にも重い荷物を持ったまま方向を変えたり、階段を上がるときも、持ち方のコツがあります。下の図が参考になります。

%e8%8d%b7%e7%89%a9%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%96%b9

重たい物を持つ機会は日常生活でたくさんあります。また身近には腰痛持ちの方や腰痛で悩む人も多くいます。現在腰痛を持たない方も、いつ腰痛を引き起こしてしまうか分かりません。それだけ腰痛は日常でも身近な問題になっています。

腰痛の大きな原因は本人の姿勢が大きく影響しています。少し重たい物を持つ機会があれば「このくらい大丈夫」と甘く見ず、足を歩幅に広げて腰を落とし、持ち上げるという感覚でなく立ち上がる感覚で行っていただきたいです。

腰痛は遠いようでも実は身近に起こります。まだ腰痛になったことがない方も、腰痛をお持ちの方も腰痛の悪化を予防するためにぜひ取り入れてみてください。将来出産を希望する方も腰痛は出産に大きく影響するため腰の健康は大切なことに一つになります。

たかが腰でも腰痛を持つと日常生活を送るのに不便をきたすため、今日から腰痛予防を意識した生活をしていきましょう。

スポンサーリンク