【元気が出るアロマテラピー】効果的なおすすめアロマオイルの種類や使い方

元気が出ないときはアロマがおすすめ!

元気がないときにどのように元気を出すかは人それぞれだと思います。元気が出ないのに、元気を出せといわれても難しいですし、雨が降っている場合は、気分転換に外に出る気にもなりません。

そこで、「アロマ」なのです!

また1日中ずっとデスクに張り付きパソコンとにらめっこ。肩はガチガチで目も疲れてしまった。今日はしっかり疲れをとってまた明日頑張ろう。なんて思っている女性も多いことでしょう。私も疲れて帰ってきた時、どのようにリセットすれば良いか、毎日思考錯誤したものです。疲れた体と心をリセットする方法としても「アロマ」はおすすめです。

1日の疲れをリセットできないまままた翌日の疲れがどんどん重なっていくとなかなか回復できません。代謝が落ちて太りやすくなりますし、普段の仕事の効率も下がってしまいます。笑顔でキラキラと女性は過ごしたいものです

アロマを使えば気分がリフレッシュし、モチベーションを高めることができます。

そもそもアロマの効果とは何でしょう?

ニオイは人間の脳に影響を与えるとされています。良いにおいをかげば気分が良くなりますし、くさいニオイは反対に身体に悪い影響を与えます。また、アロマは気分をリフレッシュする効果があるだけでなく、免疫力の促進や認知症の予防などにも効果的と言われています。そのため、医療施設や仕事場などにもアロマテラピーを導入しているところが増えているのです。良いにおいがすれば人は安らぎますし、やる気が出ます。

アロマテラピーとは

元気&笑顔でいるために生活に取り入れたいこと。それがアロマテラピーです。

アロマテラピーと言う言葉は今では多くの人に知られていますが、興味はあっても使い方がわからない等で、手を出せずにいる方も多いと思います。最近では私達が普段使う日用品などにも癒しの香りとしてアロマ効果のある商品が多く売り出されているように、実は私達の身近にアロマの存在はあったのです。

日々の生活はどんなライフスタイルでも忙しく過ぎていきます。毎日しなくてはならない家事、忙しくなっていく仕事の業務、子供の成長が気がかりだったり、付き合っている彼氏との今後のこと等、女性の数だけ悩みや葛藤があるものです。そんな中で自分の事は一番後回しにしている方が多いと思います。そうなれば休まる時間も、充実した時間も少なって、ストレスや疲れが溜まる一方です。そんな、お疲れな方に是非試してほしいのがアロマテラピーです!

アロマテラピーとは、アロマ(芳香)とテラピー(療法)を合わせた造語です。アロマテラピーの精油は植物が持つ香り、有効成分が凝縮されたもので、植物の力で人間に本来備わっている『自然治療力を高めてくれるのです』。私達の日々溜まってしまった心身の不調を癒してくれ、健康を維持できる体質作りの効果が期待できちゃうんですよ♪

アロマオイルのリラックス効果

現代に生きる女性は、仕事や家庭、また子供が居れば育児、そして介護、諸々の大変な生活を送っていると思います。色々な事が積み重なってストレスが溜まりすぎて限界が来てしまう事もしばしばあるのではないでしょうか。

最近何だかいつも疲れが抜けない、ストレスが掛かりすぎて身体が凝り固まっている、眠りが浅い、そんなお疲れな日々に少しの間でも癒される時間、リラックスする時間があることはとても私たち女性の助けになるはずです。

「アロマオイルを使用する事で女性にどんな変化が起こるのでしょうか?」

アロマオイルのイメージと言えば、香りを嗅いで、その香りでリラックスするというイメージをお持ちの方が多いと思います。実際、自然の植物などから抽出されて作られているアロマオイルを嗅ぐだけで何とも言えないリラックス効果がありますよね。実際に脳に香りが届きリラックスするように脳からの指令が出るようになっているので思い込みだけでなく実際身体が癒されているのです。

直接香りをかぐだけでなく、アロマオイルによっては既に希釈されていてそのまま肌に付けてマッサージが出来るものもあります。濃度によっては肌荒れを起こしてしまうので必ず注意事項を読んでから行う事が大原則ですが、希釈して使用する用のオイルも一緒に売られている事があるので一緒に購入しておくと便利ですよ。

実際の効果としては驚くほど多くの効能があります。

女性は自分の好みの良い香りをかぐことで女性ホルモンを安定させ、リラックスさせることが出来るのです。女性用の化粧品や洗剤などに良い香りがついているのはこのためです。もちろん。男性も良い香りをかぐとリラックスしたり出来ますが、ホルモンバランスに直接香りが作用するのは女性だけなのです。

精神的な落ち込みなどの他、肉体的な疲労や凝り等に効果があるもの、更には痛み、女性に多い生理痛や更年期障害、などにも効果があるものがあります。それぞれ、オイルは違うのですが様々な種類のアロマオイルをブレンドして使用する事もあります。アロマの種類は数百種類と言われているのでその効能もまた膨大なものになるのです。

アロマオイルの具体的な使用方法

アロマオイルを使ったリラックス方法をご紹介します。

まず、アロマオイルを用意します。特別な機械は必要ありません。好みの香りを選ぶと良いです。もちろん、アロマオイルにはリラックス効果の高いものもあります。ラベンダー、オレンジ、ゼラニウム、イランイランやカモミールなどはよく知られた香りです。くんくんと嗅いで不快にならない匂いが今の疲れたあなたに必要な香りであることを意味しています。

一番多い方法としては、揮発させたものを吸う方法です。アロマの精油をコットンやティッシュなどに数滴落として近くに置いておくだけで香りが漂いリラックス効果が期待できます。

 

また、アロマランプというものが売っています。電気の力でアロマオイルを温めて部屋に拡散させてくれます。良い香りも漂いリラックス効果も出来てとても便利ですし、そのまま眠る時にもランプの薄明かりがまたリラックス効果を倍増させてくれます。

 

最近はアロマを入れて香りも楽しめる加湿器も人気があります。大きさやデザインも様々で種類も豊富です。加湿器と一緒に専用のアロマも揃えれば手軽に毎日アロマテラピーが出来ますね。ご自分に合ったものを選んでおくと、とても使えますよ。

また、温かいお湯で足湯をする時にアロマオイルを数滴たらして浸かると大変リラックス効果がありますし、直接皮膚から吸収されるのでその効果が内側からも発揮され疲れもとってくれます。

直接肌をマッサージする場合は先に申し上げた通り既に希釈されているアロマオイル以外は基本的には、希釈用のオイルに混ぜて使用します。希釈オイルに数滴たらしてからマッサージすると香りとオイルの気持ち良さで芯からリラックス効果が期待できます。

加湿器を置く場所が無いという方や、1日の疲れをゆっくりとるための入浴時間にも湯船に数滴のアロマオイルを垂らし、アロマ温浴を楽しむのも良いです。熱すぎない温かなお湯で体の疲れもとると同時に、心もリラックス出来るでしょう。シャワー時に、お風呂場で洗面器の中に湯を入れて精油を数滴たらせばシャワールームにアロマの香りが広がって普段以上にバスタイムが贅沢な時間になりますよ。お風呂場は密室で狭い空間でもあるので香りが強く広がりやすいので適度な換気を心がけてください。

その他にもお湯を入れたマグカップなどにアロマオイルを数滴垂らして湯気を吸い込みます。間違ってお湯を飲んでしまわないようにしてください。これはマグカップとお湯さえあれば出来る簡単なリラックス方法なのでオフィスなんかでも休憩時間に試してみてはいかがでしょうか?

また、眠る時にコットンにアロマオイルを垂らしたものをマスクに忍ばせ、良い香りを嗅ぎながら眠るというのもオススメです。私は先ほど紹介した「アロマディフューザー」という機械を購入し、アロマの香りを部屋中に漂わせています。

アロマディフューザーとは水の中にアロマオイルを垂らし、香りのついた水を超音波で拡散させて良い香りの蒸気を出す機械です。1000円から5000円ほどで購入でき、ルームランプが付いていたりタイマー機能があったりと便利です。

アロマテラピーという言葉もあるように、アロマの香りは心身ともにリラックスと回復をさせてくれるツールとして女子は備えておいても良いですね。

いかがでしたでしょうか?今回はアロマの香りを色々な方法で楽しめることをご紹介しました。仕事にプライベートに忙しい女性もしっかりと疲れをリセットしてバランス良く生き生きと過ごせるようにしたいものです。

あなたがアロマの力を味方にして、いつも輝いていると嬉しいです。

アロマを使い時の注意点!

精油を使う時の注意点は高密度で凝縮されていて肌に刺激が強いのでマッサージで肌に塗る場合には、そのままでは使わないようにしましょう。キャリアオイル(植物油)で薄めて使います。妊娠中や授乳中の方、持病をお持ちの方、お肌が敏感な方には使えない精油の種類も中にはあるので初めての精油選びでは、売られている店舗や医師に相談してから使うようにしましょう。

私も自宅でのデスク作業が多いので最近、小型のアロマ加湿器を見つけてアロマ生活を楽しんでいますが自分の好きな香りが漂う空間というのは予想以上に充実した気持ちになれます。アロマを生活に取りいれてから以前より気持ちに少し余裕を持てるようになり今から次はどんな香りのアロマを試そうか考える事も楽しいものです。

このようにアロマは人の癒し・リラックス効果を与え、それが身体にも好影響を与えてくれる万能薬とも言えます。では、元気になりたいときにピッタリの香りとはいったい何でしょう?

元気が出るオススメのアロマとは?

どのような種類のアロマオイルを選べば良いかというと、まずアロマオイル(精油)の種類は250~300種類とも言われているくらい多いのです。そして種類ごとに期待できる効果も違ってきます。期待できる効果と自分の好きな好みの香りの精油を見つけて使いましょう。

アロマ 元気

元気になるためには、「柑橘系」のニオイがオススメです。

柑橘系のアロマオイルは、柑橘系の果物や、それに似たにおいを持つハーブから抽出され作られています。

甘酸っぱい爽やかな香りで、子供から大人まで、男女問わず人気の種類です。においだけではんく、その効能にも注目されているため、人気の種類とも言えます。

柑橘系の効果は、主に気分転換やリフレッシュといった作用があるとされています。具体的にどのような効果があるのか、柑橘系の種類の中で代表されるにおいの効能について紹介します。

アロマ 柑橘

オレンジ

オレンジの香りは、気持ちや考えが晴れず、落ち込み気味なときに、ポジティブに明るくしてくれる香りといわれます。身体には主に消化器官系に働き、消化不良、食欲不振、下痢などの改善に効果を発揮します。その他には発汗作用もあります。

レモン

白血球を刺激する効果があることから、感染症や傷を抑制するのに有効といわれています。同時に、気管支炎や流感、腸内感染症の際には解熱にも期待できるとされています。また消化については、消化促進、食欲増進の効果もあり、心理面では、気分を明るくし頭の働きを活性化するといいます。集中力をアップさせたいときにも活躍する香りです。

グレープフルーツ

リンパ系のよい刺激剤になります。つまりリンパの流れを促進してむくみが解消しやすくなります。利尿作用もあるとされ体の中をキレイにする働きもあります。その香りを嗅いだだけで中性脂肪を燃焼する力があることもわかっており、ダイエットの味方になるアロマオイルです。さらに、グレープフルーツ精油の香りは、心に自信を与え、軽度のウツ状態であれば改善させる効果も期待できるのです!

上記以外の香りでも、気分転換にリフレッシュしたい人には、「ローズマリーやペパーミント」がオススメです。すっきりとしたニオイが多いので頭がリフレッシュしてすっきりします。頭や心のモヤモヤ感が解消することもあります。

また、元気になるためには睡眠が大切ですよね。夜ぐっすり眠るのにオススメのアロマは、「ラベンダー、カモミール」です。特にラベンダーはストレスにも効果があるのでストレス解消にピッタリです。

まずは、安いものから試してみましょう♪

このようにアロマの種類は、自分の状態に合わせて選ぶと効果的です。アロマでも安価なものから高価なものまであります。最初は安くて手に入りやすいものから始めてみると良いです。安価てお勧めなのは、現在楽天アロマオイル部門で第1位(一番人気)のショップが売っているものです。

6本でなんとたったの1,000円!開発から小売りまで中間業者を一切いれていないため、コスパ最高の値段と商品が可能になったそうです。

「安っぽいにおいじゃないのに、この価格!?」

が人気の秘訣!

様々な系統のものがありますが、柑橘系だけで11種類もの香りが取り揃えられており、種類豊富です。

個人的にはグレープフルーツホワイト、レモン、真正ラベンダーです。どれもすっきりとしたニオイで癒され、安らいだりと、疲れたりストレスが溜まっている人に本当にオススメです。

以下のページから詳細をご確認ください↓

 

まとめ

このように、アロマは疲れて元気がない人にとてもオススメです。

日々溜まってしまうストレスの発散方法は、買い物だったり、美味しい食事をする事だったり、色々ありますが、毎日忙しいから時間もかけられず結局ストレス発散できずじまいでは自分自身が窮屈になってしまいます。

また疲れて元気がないときに気分転換にどこかへ行く方法もありますが、そんな元気すらない場合もありますよね。そういう場合は、家でアロマを焚いてリフレッシュするのをおすすめしたいです。身体を休めながら、家で休んだり、睡眠を取ったりすると、次の日には回復しています。また、アロマはニオイで楽しむのも良いですが、アロママッサージも効果的なので時間があれば通ってみるのもオススメです。きっと疲れが一瞬で吹き飛びます。上手にアロマを生活に取り入れて元気を取り戻してください。そして、次の日も元気で仕事や育児に励んでくださいね♪

自分に優しくできる時間を多くの人が持てますように。

スポンサーリンク