【全身に使え保湿効能のあるシアバター】乾燥肌やアトピーにおすすめの理由は?

キレイを目指す女性ならいろいろなスキンケア用品を使っているとは思いますが、合成成分が入ったものよりもナチュラルなケア用品を好む人もいますよね。今回は女性なら一度は使ってみたい、保湿成分たっぷりのシアバターについてご紹介します。

シアバターという言葉を聞いたことがありますか。シアバターとは、中央アフリカから西アフリカに生息するシアの木の実から得られる植物性の油脂です。

シアの木が生息している地域の周辺では、やけどの治療、日焼け止め、かゆみ止めなどに使用されていました。

シアバターには保湿作用があるので乾燥肌の方におすすめです。では、シアバターのどのような成分が乾燥肌によいのでしょうか。また、どのように使用をしたらいいのでしょうか。

シアバターについて

シアバター 効能

シアバターとは、アフリカ原産の「シアバターの木」の種子から取れる、植物性のオイルです。オイルと言っても液体ではなく、私たちが使う段階ではこっくりとした固めのバターのようになっています。色も白~ベージュのようなシンプルな感じなので、余計なものが入らないケア用品を探している人にはおすすめです。

シアバターはアフリカでは万能薬として使われており、女性のスキンケアだけではなく医療用としても古くから使用されていました。実際やけどやすり傷などにも良く効くので、持っておいて損はないものなのです。また、シアバターと名打ってないスキンケア商品にも保湿の成分として使われていることも多いですよ。

シアバターの成分と使用方法

シアバター アトピー

シアバターの主成分はステアリン酸、オレイン酸で、その他にリノール酸やパルミチン酸などの脂肪酸が含まれています。これらの脂肪酸は、人の皮脂と似た成分ですので、肌にとても馴染みやすく長時間、保湿が持続します。「ステアリン酸」は、非常に酸化しにくく、抗酸化作用があります。また、乾燥からしっかりと肌を守ってくれます。

もう1つの主成分である「オレイン酸」も肌にとても馴染みやすく長時間、保湿が持続します。

シアバターの主成分は、ステアリン酸、オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸などです。ステアリン酸やオレイン酸は酸化しにくい性質があります。肌を長時間保湿してくれます。シアバターに含まれる脂肪酸は人の皮脂と構造が似ているので、肌なじみがよい特徴があります。

その他にも美容が期待できる成分が含まれています↓

  • トリテンペンアルコールは、保湿力が高い成分で、肌を柔らかくする働きが期待できます。
  • アラントインは、自然治癒力を高めて肌のダメージを抑える働きが期待できる成分です。保湿をしながら肌荒れ改善が期待できます。
  • カロテノイドは、カサカサ肌を改善する成分です。
  • トコフェロールは、ビタミンEのことです。抗酸化作用や血行促進作用があり、アンチエイジングや乾燥肌改善が期待できます。

これらの成分が含まれているシアバターを使用することで、乾燥肌に潤いを与えたり、肌荒れの改善が期待できます。

シアバターの使用方法

シアバターは、全身に使えます。塗り心地は、まったりとしています。そのため冬場などはそのまま使うのは少し難しいでしょう。おすすめの使い方はいつも使っている化粧水や乳液に混ぜて使うこと。手の平でゆっくりシアバターを溶かしながら、とろみのある化粧水を作るつもりで混ぜ合わせましょう。

これは顔にはもちろん、ボディケアにも最適です。特にひじやひざなどの乾燥が気になる部分には効果てきめん。また、多めの水分で伸ばしてマッサージオイルのように使うことも可能です。首筋やふくらはぎなど、リンパが通っている部分に優しくマッサージすることで、血行も良くなりお肌がイキイキとしてきます。

ケアの後で手の平に残ったシアバターは、そのまま髪の毛に。ほんの少しでも、ツヤのあるキレイな髪になりますよ。植物性の油脂なので、刺激も少なく傷んだ髪には最適です。今までいろいろな人工成分が入ったトリートメントを使っていた人も、「これだけでこんなに効果が!」と驚くことと思います。

シアバターは、リップケアにも使えます。ハンドメイドが好きな人はミツロウやアロマオイルと混ぜて小さな容器へ。冷蔵庫で固めると、自作のリップバームがあっという間に完成です。いろいろな香りを付けたり、手持ちの使わない口紅を溶かして混ぜて好きな色にしてもいいですね!

ポイント!

シアバターは安全性が高いので、普段のスキンケアに使用できます。

常温では固体で気温が低いときには固く、少し使いにくいかもしれません。固まっているときは、使用する量を手のひらにとって、両手で温めて伸びをよくしてください。

目元は乾燥をしやすいですよね。目元をケアしても乾燥が気になるときには、シアバターを使ってみてください。少量を手に取って、こすらないように優しくなじませます。

保湿力に優れているので、リップクリームとして使用するのもおすすめです。唇に厚めにシアバターを塗って、ラップをかぶせてパックをすると、ふっくら潤いのある唇に近づきます。

また気温が低いときはシアバターは固く使いにくいので、温めて伸びをよくしてから使用することがポイントです。固いまま肌に伸ばそうとすると、強い力を加えてしまいます。すると、肌に摩擦が生じて肌を保護するバリア機能が低下をしてしまい、紫外線の影響を受けやすくなったり、肌内部の水分が蒸発をしやすくなります。スキンケアはこすらないように行いましょう。

市販のシアバターの中には、添加物が加えられているものがあります。こういったものは柔らく使用しやすいかもしれませんが、添加物は肌に刺激を与えるので、無添加シアバターが望ましいです。

現在、シアバター成分を含んでいる商品がたくさん登場しています。例えば、

  • ボディクリーム
  • ハンドクリーム
  • 石鹸
  • リップ
  • トリートメント
  • 入浴剤

など。

このように万能なシアバターですが、購入の際はなるべくオーガニックで防腐剤などの入っていないナチュラルなものを選びましょう。

ドラッグストアで買うことができますが、人気なのは「ママバター」の製品。いろいろなタイプが出ていて、選ぶのも楽しいですよ。また「ロクシタン」もシアバターの商品が豊富です。こちらはいい香りも欲しい女性にはピッタリです。化粧ポーチに入っていると気分も上がりますよね!スパヒノキのシアバターも人気です!

ママバターの公式ホームページ:ママバター

ロクシタンの公式ホームページ:ロクシタン

スパヒノキの公式ホームページ:スパヒノキ

シアバターはお肌の弱い人、敏感肌の人でも使える保湿の強い味方です。またアトピー肌の女性でも使うことができた!という評判も。まだ使ってみたことが無い人は、ぜひ一度試してみてくださいね。

シアバターがアトピーにも効く理由

シアバター 使い方

ここでいうアトピーは、かゆみや赤みを伴うアトピー性皮膚炎のことを示します。

アトピー性皮膚炎が発症する原因は、肌バリア機能の低下によることが多いです。通常、人の肌は皮脂により有害物質から守っていますが、ストレスや体調不良から肌のバリア機能が衰えることによって、炎症が発生してしまいます。

シバターの主成分であるオイレン酸は、人の皮脂に本来ある成分で、肌のバリア機能の働きをしてくれます。肌馴染みが良いのも嬉しいポイントです。

またトコフェロールという成分は抗炎症作用があるため、炎症を抑える働きがあります。またトコフェロールは天然のビタミンEなので抗酸化作用があり、肌の老化を防いでくれる美肌効果も期待ができます。

さらにシアバターは100%天然成分です。そのため化学物質が苦手な敏感肌の人にも有効に働きます。

とは言え、シアバターは医薬品ではないため、アトピーに効果的な医薬品「ワセリン」と比較するとアトピーの鎮静作用は劣るでしょう。しかしシアバターはワセリン特有の臭いやテカリがなく、天然素材で美容効果も期待できるため、アトピー以外の効果も取り入れたい人におすすめです!

以上、シアバターには保湿成分や美容をサポートする成分が含まれていて、乾燥肌に潤いを与えてくれます。安全性が高く目元や唇などにも使用できるので、さまざまな部位に活用してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク