【別れるタイミングを模索中?】別れたいのに別れられない男の話

私には付き合って2年半、同棲して2年の30代の彼女がいます。

そろそろ結婚について真剣に考えないといけない時期だと感じていますが、私自身

「頭では結婚できないと感じつつ、心では結婚したい」

と、少しやっかないな状況に陥っています。

まず、なぜ頭では結婚できないと感じているのか?を説明します。

1.子持ち

別れるタイミング

彼女はバツ1の子持ちです。彼女の地元は田舎のため、子供は彼女の両親に預け、彼女は出稼ぎで都会に出て、私と2人で同棲生活を送っているという特殊なケースです。

私はこれまで8回、彼女の実家におじゃまさせてもらい、彼女の子供と接したことがあります。

短時間でありますが、何度か接しているうちに判明しました。

「彼女の子供は愛せない」

ただでさえ、”他人の物は他人、自分の物は自分”と自分と他人のものを境界線で区別し、愛着度や親密度の温度が激しく変わる私にとって、他人の子を愛すことは難しく、彼女の子も同様に「この子は他人の子だから愛せない。可愛いとも思わない」と実感しています。それと同時に生理的に合わないタイプかもと感じ始めてもいます。

愛を持って子供に接するのが親の務めであるのに、自分のことを愛してくれない父親なんて最低ですよね。そのため彼女とは結婚できないと頭で感じているのです。

2.両親を養っている

別れたいけど別れられない

両親を非常に愛している彼女は、昔貧乏で質素な生活をしていた両親に今は贅沢させてあげたいと毎月10万円も仕送りしています。それに甘え、現在彼女の両親は畑で食材を育てるだけのセミリタイア生活に・・・。彼女は毎月大金を仕送りしているため、彼女の貯金額はほとんどありません。つまりもし彼女が妊娠をして仕事をしなくなれば、その毎月の負担が私に降りかかってくるというわけです。

3.気性が荒い

気性が荒い女

彼女は怒りやすい性格というわけではないのですが、怒ると気性が荒くなり。考えるよりも本能的な行動を取ります。

例えば、まくらや物を投げてきて、「もう別れよ!」と簡単に口走ってしまったり、平気で私をののしったりします。

そのような行動を取る人間のため、理性に欠けています。興奮状態では論理的な口論は通じず、論破されると怒り始めたり、話しを逸らしたりします。

さらにタチが悪く、負けず嫌いなので、どうにかして勝ちたいと、あがきます。私は勝ち負けよりも、今後のためにお互いどうすれば良いのか考えて、一緒に答えを出して共に歩んでいきたいのに、それが不可能なため、いつもかみ合いません。

以上が頭では別れるべきだと感じている理由です。

続いて、「心は結婚したいと感じている」理由について1つ説明します。

愛している

彼女 彼氏 別れたいけど別れ

とはいえ、上記以外のことに関してはビックリするほど相性が良いのです。これまで付き合ってきた女性の中で断トツで1番といって良いほど、

  • 価値観が合い
  • 一緒にいて楽しく
  • 100%自然に入られます

これ以上に相性の良い女性なんて、今後出会うことがあるのか…?と真剣に考えてしまうほどです。

本能的に心が彼女を愛し、欲している感覚です。

・・・

・・・

さて、どうすれば良いのでしょうか?

私が出した答えは?

今年ベストセラー本「嫌われる勇気」で一気に日本中にその名が知れ渡った有名心理学者「アドラー」の思想を基に考えてみたいと思います。

アドラーが<<こんな人なら結婚すべき6つの資質>>という考えを提唱しています。

  1. 知的な適合性
  2. 身体的な魅力
  3. 友情を維持する能力
  4. 自分よりパートナーに大きな関心を持っている
  5. 職業をうまくやっていく能力
  6. お互いに協力し合う姿勢

以上の6つのことが当てはまる女性ならば、幸せな結婚生活が待っている、この人と結婚すべきだというものです。詳しい解説は以下の記事が参考になります。

アドラー流の幸せになれる結婚相手とは?

私の彼女の場合・・・、

“これがすべて当てはまっていたのであれば、悩みはしません!!”

1の知的な適合性が当てはまらない点があります。それにより我々の生活に支障をきたすことは先ほど頭では別れるべきだと感じている理由③であげたのもののみですが。

さらにその他、彼女の子供の問題は?彼女の両親の仕送り金の問題は?

・・・

「どうすれば良いのでしょう・・・。」

答えを出すため、再びいろいろ模索してみます。

随時、追記予定。

スポンサーリンク