【化粧品売り場で肌チェック!】無料で肌の質やタイプを診断できました

年を重ねるにつれ、メイクも濃くなりがちですよね。それは、年齢とともにカバーをする部分が増えるからです。

シミやシワ、肌の乾燥などの肌トラブルが容赦なく押し寄せてきます。

そして、それを隠そうと濃いメイクをすると、肌トラブルをより一層大きく招いてしまう原因となります。

つまり、このやり方は一時的な美ということに関しては有効かもしれませんが、長期的に見ると悪循環を生むマイナス行為と言えます。

自分の肌質に合ったスキンケアをする

%e8%82%8c%e8%b3%aa%e8%a8%ba%e6%96%ad

メイクというのは、もともと肌にはよくないものですから、本来はスッピンが一番肌には良いとされています。しかし、そんなわけにはいきませんよね。少しでも可愛く綺麗に見せるため、女性にメイクは欠かせないものです。

そこで、メイクをする前にしっかり肌をケアすることが非常に重要なのです。

肌の老化を一番防ぐ効果がある方法、それがスキンケアです。

メイクにかかる時間の倍以上の時間を、スキンケアに要してください。そうすると、肌は見違えるようにハリとツヤを取り戻すはずです。肌にハリとツヤが生まれ、メイクのノリがとても良くなります。さらに、濃いメイクをしなくとも少量のファンデーションで綺麗に仕上ります。

関連記事:安い!30代乾燥肌女性の朝と夜のおすすめスキンケア方法

スキンケアをしっかりすることで、新しい肌をつくる作用(肌のターンオーバー)を正常の状態にキープすることができます。25歳は肌の曲がり角、30歳は肌の分かれ道と言われるように、スキンケアの大切さに気付いた方は曲がり角も穏やかに、分かれ道ではよい方向に肌を導いていけるのです。

肌年齢と見た目年齢は比例します。肌年齢が若ければ若い程、見た目も若返ります。

シワシワのたるんだ肌というのは、スキンケアの怠りの表れです。スキンケアに手間をかけず、メイクだけに力を注いでしまった結果なのです。

化粧品売り場の肌チェック

%e8%82%8c%e8%b3%aa%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

まず、自分に合ったスキンケアを使用することが大切です。

自分が敏感肌なのか、乾燥肌なのか、テカリが気になるのか、くすみが気になるのか。

持って生まれた肌の質というのは、皆一緒ではありません。乾燥肌だと思っていても、もしかすると敏感肌との混合肌かも知れません。

自分の肌質を知るために一番おすすめなのは、百貨店などの化粧品売り場などに行くことです。そこでは肌のチェックを行っています。そして店員さんがモニターを見ながら自分に足りないものは何かをアドバイザーが見てくれるのです。この方法はとても確実で、自分に合うスキンケアを見つけやすくなります。

ただ、忙しいなどで足を運べない方は、セルフチェックできるサイトなどもありますから、一度何らかの方法でチェックしてみてください。

そこからスキンケア選びが始まります。

私の体験談

%e8%82%8c%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

私は極度の乾燥肌です。年齢が若い時は乾燥肌でも少しケアさえすれば、そこまで目立ちませんでした。そのためスキンケアにそこまで力を入れていなかったのです。

しかしアラサーになると、肌は一変しました。

乾燥のキツかった目元・口元に小じわがたくさんできていたのです。メイクで隠せば良いやと軽く考えていましたが、小じわはメイクをどんなに濃くしても隠すことはできません・・・。時間が経つと、メイクがひび割れて小じわが顔を出しました。

鏡の前でニコッと笑ったときのあの無数の小じわを思い出すと、今でも鳥肌が立ちます。

私は化粧品売り場でモニターチェックをしてもらいました。

アドバイザーの方は、カラカラになった私の肌を見て心底驚いていました。そこでいくらメイクを濃くしても、カバー力の強いものを塗っても、基盤となる肌が弱っていれば何にもならないということを教えてもらったのです。

根のしっかりしていない植物は、どんなに水をやっても虫を駆除しても綺麗な花は咲かないと。まず根っこを太く強くするために、それに見合った肥料を用意するのだと分かりやすく教えていただけました。

さらに私は乾燥肌だけではなく敏感肌でもあるということが判明したので、その二つを兼ね備える基礎化粧品をそろえました。

それからは、メイクの時間よりスキンケアの時間をたっぷりとるようにしました。以前は化粧水だけなら30秒ほどで終了していましたが、今は2分以上かけて肌に揉み込んでいます。目元・口元の乾燥しやすい場所は、コットンにたっぷり化粧水を含ませ、しばらく貼り付けています。

これをするようになってから、肌は劇的に変わりました。

肌がプルプルして、小じわが目立たなくなってきたのです。メイクをしてから時間が経っても小じわは現れません。肌の調子が良いと必然的にメイクも薄くなります。すると周りからも若返ったと言われるようになり、肌がツルツルだと羨ましがられるようになりました。

まとめ

%e8%82%8c%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97%e8%a8%ba%e6%96%ad

たかがスキンケア、されどスキンケア。

本格的な肌の曲がり角は35歳だそうです。それまでに、しっかりした肌の基盤を作っておきたいですね。

いくら身なりを綺麗にしても、肌が汚ければ台無しです。高価なものはいくらでも替えがあります。でも、私たちの肌はたったひとつだけなのです。交換はできません。メイクもいわば、ブランド品と同じようなものですね。

いつまでも、若く綺麗な女性でいるために、今からでも遅くありません。気付いた時が肌の老化を防ぐスタートラインに立てた時なのです。
スキンケアの重要性を知っていただけたなら、今一度基礎化粧品の見直しをされて見てください。

関連記事:安い!30代乾燥肌女性の朝と夜のおすすめスキンケア方法

スポンサーリンク