【白湯で朝デトックス!】美容やダイエット効果もある白湯(お湯)の作り方

近年、美容や健康に効果的といわれ、注目を集めている『白湯』。

「ただのお湯では?」と思う方もいるかもしれませんが、白湯は女性に嬉しい様々な効果を与えてくれます。美肌を目指したり、ダイエットを考えたりしている方で、お金をかけたくないという方は、是非白湯の効能や作り方を知り、実践してみてください。

以下、白湯に関するお役立ち情報をご説明します。

白湯とは、普通のお湯の事です。一度、沸騰させたお湯を人肌程度に冷ましたものを指します。基本的には、薬を飲む際に飲んでいる人も多い白湯ですが、そんな白湯を飲む事で、様々な効果を得る事ができると言う評判が広がり、最近では、好んで白湯を飲む人が増えてきています。

 

美容や健康に良いホットドリンク

女性 冷え

気温が高いと、冷たいものを飲みたくなってしまいます。しかし冷え性になりやすい女性にとっては、そのようなものは禁物です。

暑いからと冷たいものばかり飲んでいませんか?

冷たいジュースや、スムージー、フラペチーノなどばかり飲んでいては、胃腸が疲れ切ってしまい、だるくなってしまいます。

特におなかがヒンヤリしていたら要注意です。女性の下腹部には子宮があります。そこが冷えてしまうことで、様々な病気を引き起こす原因となってしまうのです。あなたの生理痛やイライラ、むくみ、慢性疲労などはおなかの冷えが原因かも知れません。その冷えは婦人科疾患だけではなく、ダイエットの大敵でもあります。

また暑い日にはどうしても薄着になりますよね。そのためお腹や足先は常に外気にさらされていることになります。暑い場所なら良いのですが、クーラーの効いた場所に長くいると体は冷えてしまい、血行が悪くなってしまいます。

そんな日は本当は体の奥から温めることが必要です。しかし、夏場はお風呂ではなくシャワーで済ませてしまいがちの人も多いのではないでしょうか。

白湯の効果

お腹 冷える

白湯を飲む事で得られる効果は、「体を温める」効果です。冷えは万病のもととも言われているように体が冷える事は、体にとって良い事など何もありません。その為、白湯を飲む事で体の中から温めると言う事は、とても体に良い事だと言えるのです。

そして、白湯を飲む事で体を温めことで得られる効果は、冷えの解消だけではなく、脂肪燃焼効果をアップさせるほか、デトックス効果も期待する事が可能です。

このように、白湯を飲む事で様々な効果を期待する事が可能なのです。

①冷え性、生理痛を改善します。

生理痛 症状

生理期間中は多量の血液が排出されるため、体はその分通常より多くの血液を必要としています。もし血液が不足すれば、たちまちに冷え性の状態になってしまいます。

冷えで骨盤内の血行が悪化してうっ血が起こり、生理のときの経血も流れにくくなります。そのため、経血を押し出そうと子宮が強く収縮し、痛みを感じるようになります。夏より冬のほうが生理痛がつらい、温めると生理痛がらくになるという場合は、冷えで生理痛が起きていると考えていいでしょう。

さらに、お腹が冷えた状態でいると卵巣が正常に働かなくなり、生理周期が遅れたり、生理期間が長引いたりなどの生理不順の原因となります。

ホルモンを分泌して生理のリズムを整えるという本来の機能が果たせなくなり、生理の周期が乱れてしまいます。

②肌トラブルを改善します。

お腹の冷え 症状 対策

前述したように、卵巣はホルモンと関連しており、体の健康にも影響を及ぼします。お腹の冷えにより、卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンのバランスが崩れ、肌が乾燥しがちになり、肌トラブル(肌荒れ、ニキビなど)の原因にも繋がります。

また、血行が悪く、胃腸も弱ってしまうと、便秘ぎみになり、肌のハリは無くなり、クマもできてゲッソリした顔になってしまいますよ。そんな状態では快適な日常を送ることはできませんよね。

③ダイエット効果をもたらします。

白湯は体を温める効果があり、体温を上昇させます。体温が上がることによって、まず基礎代謝が上がり、普通に過ごしているだけで消費されるカロリーがアップしたり、運動をすると更に消費エネルギーもアップします。

体温が1度上がる毎に約13パーセント基礎代謝が上がるといわれており、白湯によって内側から温められた体は、よりエネルギーを消費し易くなります。つまり、痩せ易い体質に近づくというわけです。

④デトックス効果があります。

内臓が温まると内臓の動きが良くなり、消化器官の機能が向上します。そのため、腸の動きも活発になって便秘が改善されるという効果を得られます。利尿作用もあるので、体から老廃物を排出させる効果が高まり、白湯を飲むことで自然とデトックス効果が生まれます。また、老廃物が出て行けば栄養の吸収も上手く出来るようになり、全身に栄養が渡り、肌質が良くなります。

⑤その他体の不具合も改善します。

さらにクーラーの効いた場所と暑い場所を行き来することで、自律神経も狂ってしまいます。そうなると、血液が体全体に十分に行きとどかなくなることで、以下のような悪影響を及ぼします。

  • 便秘
  • 肩こり
  • 関節痛
  • 頭痛
  • だるさ

免疫力も下がり、病気にかかりやすくなります。

体温が1度下がると免疫力は30%、代謝は12~20%低下すると言われ、さまざまな不調を引き起こしてしまいます。

これらの症状を避けるためにも、体の中は暖かくして、血行を良くしてあげましょう。

血行を良くするためには、体を動かすことが大切です。猛暑の日に屋外でスポーツをすることはおすすめできませんが、朝と夜にヨガのポーズを取ったり、音楽に合わせてダンスをすること等、簡単なエクササイズであれば部屋の中でもできますよね。クーラーでこり固まった筋肉をほぐすためにも、簡単な運動を毎日のスケジュールの中に組み込んでおきましょう。

また、ホットドリンクでも体全体を温め、血行を良くすることができます。

白湯の効果をまとめると・・・

%e3%81%8a%e6%b9%af%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7%e5%8a%b9%e6%9e%9c

白湯が健康に効果的な理由は、その温かさにあります。白湯が体を温めることによって、血行が良くなります。血行が良くなると新陳代謝が上がり、消費出来る熱量が増え痩せやすい体になっていきます。肌の血行も良くなるので、顔色が良くなると同時に、肌に栄養が効率的におくられるので美肌を目指すことが出来ます。

また、内臓が温まると自然と内臓の動きも良くなり、お酒や脂っこい食事、ストレス等でダメージを受けた内臓の疲労を回復させてくれ、体調を良くするはたらきもあります。

さらに白湯に期待出来る効果として、デトックス効果も挙げられます。白湯は冷たい水より体に吸収され易いものです。そのため、水分補給はもちろん、体から老廃物を排出させる効果も高いのです。白湯を飲むと尿が出易くなり、それによってデトックスと同時に浮腫み改善の効果も得ることが出来ます。

白湯によって温められた胃腸の動きも良くなるので、消化を良くし、便秘改善にも役立ちます。そして他にも、白湯で体が内側から温まることで、体温が上がり、免疫力がアップしたり、冷え性が改善される等の健康に嬉しい効果も期待出来るのです。

白湯の作り方

%e7%99%bd%e6%b9%af%e5%8a%b9%e6%9e%9c

ここで、白湯の正しい作り方をご紹介します。

まず、やかんに水を入れて火にかけ、沸騰させます。その際、湯気とともに水のなかのカルキ等も飛ぶように、やかんの蓋は開けておきます。沸騰したら弱火でそのまま10分程度火にかけ続けます。火から降ろすと、飲める温度に下がるまで放置し、完成です。多忙な人向けには、マグカップに入れた水(250ミリリットル程度)をレンジで2分弱(500ワット)で温めたものを、冷ましてから飲むという方法もあります。白湯の温度は体温よりやや高めが理想です。

白湯を飲むタイミングやアレンジ方法

%e7%99%bd%e6%b9%af%e5%8a%b9%e8%83%bd

白湯は一日の始まりで体が最も水分を欲している朝(目覚めてすぐ)に飲むのがお勧めです。

朝は体内に何も入っていないので、体が白湯をよく吸収し、白湯の美容と健康効果を得やすいためです。私は白湯を朝一番に飲むという生活を1年続けていますが、これを始めてから様々な効果を実感しています。例えば、慢性的に便秘症で悩んでいましたが、白湯を飲むと、朝食を摂るとすぐにトイレに行きたくなるようになりました。

また、夏でも冷え性で手足が冷たい程でしたが、白湯を飲むようにしてからは、それもかなり軽減されました。夏でもクーラーで体は冷えてしまうため、朝に白湯を飲み体温を上げるのはお勧めです。私はビタミン補給のためにレモンのしぼり汁を白湯に入れて飲むこともありますが、これによって普通の白湯を飲んでいた時よりも、更に肌が綺麗になったと感じたので、レモン白湯も美肌を求める人にはお勧めです。

たかがお湯といっても、体の調子を整え、美容にも役立つ白湯は、簡単に作ることが出来るしお金もかからないので、忙しい人にお勧めです。一日に何度飲んでも良いので、朝はもちろん、外出先にも水筒等で持って行き飲むのも良いでしょう。体を内側から綺麗にしたいと考えている方に、ぜひ試していただきたい美容法です。

その他のおすすめホットドリンク!

①レモンティー

ホットレモンドリンク 冷え

口当たりがサッパリしたレモンティーは夏に飲みやすく夏バテにも効果的なのでピッタリです!

レモンにはクエン酸が豊富に含まれており、代謝を上げて、血流の改善・免疫力向上・老廃物の排出が期待できます。体力が無い時や、運動をして疲れた日にぜひレモンは取りたいですね。

またビタミンCも豊富で、肝臓の解毒効果や美容効果も期待できます。

レモンホットドリンクと言えば、紅茶にスライスレモンを浮かべることが多いと思いますが、他のお茶でも良く合います。

②ルイボスティ

私のおすすめはお茶は「ルイボスティー」です。カフェインレスで美容を気にする女性に人気なルイボスティーですが、夏には特におすすめ。レモンを入れて楽しんでください。

夏 冷え性 飲み物

ルイボスティとは、

現地の言葉で「赤い茂み(Red Bush)」を意味します。ルイボスティーは紅茶や緑茶、中国茶等の「お茶」とは全く種類の異なる飲み物です。ルイボスティーは豆科の低木(いわゆる“しげみ”)の松の葉のような針状の葉の部分で、学名をアスパラサス・リネアリスといいます。古くより南アフリカの先住民の間で日常的な飲み物として親しまれる一方で、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、日々の健康のために飲まれ続けてきました。

体がサビる(老化する)原因の活性酵素の働きを抑える「SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素」や、抗酸化作用のある「フラボノイド」と「ミネラル」などの成分が豊富に含まれています。

楽天の人気のルイボスティーを探す

Amazonの人気のルイボスティーを探す

その他にも冷え性を改善にピッタリの飲み物があります。

③ジャスミンティー

冷え性 飲み物 夏

花のいい香りのするジャスミンティーは夏にも最適です。香りもいいですが、清涼感もしっかりあるため暑い日にも飲みやすいです。飲み会の次の日や食べ過ぎた日なども、胃がさっぱりするためおすすめです。

楽天の人気のジャスミンティーを探す

Amazonの人気のジャスミンティーを探す

④梅干しの入ったホットドリンク

夏に是非飲みたいのが梅干しの入ったホットドリンクです。白湯に入れるだけでも十分効果はありますが、ほうじ茶や玄米茶など好きな味のお茶に入れても大丈夫です。

梅干しには塩分とクエン酸がたっぷり含まれているため、汗をかいた後や熱中症を予防するためにも良い食べ物です。屋内でも熱中症になる危険性はありますので、水分と塩分補給のために積極的に飲みましょう。お子さんやお年寄りにもおすすめです。

もし暑くて毎日体力が心配なら、「梅醤番茶」というもの良く効きます。

冷え性 夏 飲み物

これは、三年番茶に梅干しと醤油を入れた日本古来の健康ドリンクです。これは万能薬とも言われ、冷え性や婦人科の病気にてきめんで非常に効果があるのです。自分で作ることもできますが、オーガニックショップなどにはビン詰になったお湯に溶かすタイプも売っています。冷蔵庫に入れておき、ほっとしたい時に飲むことをおすすめします!

楽天の人気の梅醤番茶を探す

Amazonの人気の梅醤番茶を探す

お腹が冷えると、痩せにくい体質になってしまいますし病気にもなりやすくなります。クーラーで冷えた体を温めるためにも、夏だからこそホットドリンクを飲むようにしましょう。ついついビールを飲み過ぎてしまう人にも習慣にして欲しいですね。秋が来た時にもキレイな自分でいるようにしましょう!

芸能人やタレントも白湯を朝飲んでいるのです!

私の白湯効果「ダイエットのために飲み始めました」

近年、白湯による健康効果が注目されています。白湯とは、お湯を一度温めて少し冷まし、飲める温度になったもののことで、平たく言うとただのお湯なのですが、それを飲むだけで女性の体に嬉しいメリットが多数得られます。白湯は、特にダイエットや浮腫み、冷え性に悩んでいる女性にお勧めで、それらを改善させる効果を持っています。

白湯の作り方は、水(水道水でもミネラルウォーターでも、清潔な水なら大丈夫です)をやかんやポットで温め、沸騰させます。沸騰させることで水に含まれる不純物や薬品を飛ばします。次に、温めたお湯を放置し、50から60度の飲める温度になるまで冷まします。これで白湯の完成です。このくらいの温度が最も体への吸収が良いとされています。

飲むタイミングとしては、朝の起床後一番がお勧めです。眠っている間に失われる水分量は約200ミリリットルといわれており、朝は最も体が乾いている時間帯です。そこへコップ1杯の白湯をおくることによって、水分は効率良く吸収され、白湯の美容効果も得やすくなります。

私は、朝一番に白湯を飲む生活を始めてから、1ヵ月で2キロの減量に成功しました。便通が毎朝来るようになったり、それまではかきにくかった汗をよくかくようにもなり、代謝のアップを実感しました。また、私の場合はダイエットのために白湯を飲んでいたので、暴飲暴食を防ぐため空腹時に白湯を飲むようにすると、食欲が抑えられて間食をしないで済むようになりました。胃が温まることで空腹感がまぎれたようです。

また、普通の白湯に飽きてしまった時、私は白湯にレモンか生姜を一片ちょい足しし、香りをつけて飲むようにしました。レモンのビタミンや生姜の体を温める効果が、体を更に芯から温め綺麗な体に導いてくれるので、お勧めの方法です。

このように、白湯には美容効果が沢山詰まっています。しかも無料で簡単に出来る美容法なので、忙しい人やお金をかけたくない人に大変お勧めです。体型や冷え・浮腫み等の体質に悩みを感じているという人は、是非白湯のある生活を試してみてください♪

友人の白湯効果「冷え性が改善され、寝つきが良くなった」

白湯 冷え性 女性

いつからか人よりも寒がりになってしまい、年を重ねていくうちに、年中寒さ対策を日本でとっていた私でしたが、結婚して住むようになったのがバンコクでした。

世界中から休暇を楽しみにくる観光王国。雪が降ることが当たり前の都市で育った私には寒さから抜け出すチャンスとさえ考えていました。ところが移住して早々買ったものといえば、カーディガンにストールと寒さ対策に必要なものばかり…。常夏のバンコクですが室内はとんでもなく寒かったのです!

バンコクに住むタイ人は暑さに強いと勝手に思っていましたがどうやら感覚は、私以上に暑さを感じるらしく、室内ではこれでもか!という位に温度を下げてしまっています。

そういうわけで、ここでも冷えとの戦いが待っていました。これから冬がくる日本ですが、常夏の国なのに日本よりも寒さ対策が必要な今の私の生活で、万全な冷え性対策をお伝えさせていただきます。

私がオススメする方法は白湯と常温のお水を飲むことです。

「かなりシンプルですが、抜群の効果がありますよ!」

本来血の巡りが悪く感じたり、浮腫みが激しい方に冷え性が多いのですが、私の場合は冷え性のとき体が常にダルく感じてしまいます。

そこにアルコールやジュースなど、砂糖がたくさん入った飲み物を飲むと体の中はますます循環が悪くなります。暑いと尚更甘さが欲しくなりますが、経験上、むくみを増す事に繋がります。体をフラットな状態に戻すまた、保つのに最適なのが、白湯と常温のお水です。

氷の入った冷たいお水は、体を更に冷やしてしまう為私は極力避けています。夏の日にキンキンに冷えたお水やお茶は尚一層美味しく感じますが、美容という面からは体を極端に一瞬にして冷やしてしまう恐れがあります。体には負担になります。ですので、白湯と常温のお水で常に体の中をキレイに巡りよくしてあげるのです。

効果には、冷え対策以外にも熟睡出来るようになった点と肌が明るくなった点があります。冷え症の時には、寝つきが悪く、顔色が悪いと常に言われていましたが、どうやらこれも今思えば冷え性からきていたものだったみたいで。今は熟睡し、翌朝の顔色も幾分明るいです。

白湯 冷え性

白湯と常温のお水の上手な飲み方は、

  1. 朝一は白湯で体を目覚めさせ、
  2. 日中の水分補給は全て常温のお水、出来るだけ小まめに飲み、
  3. 寝る前には白湯で体を温める。

本当は白湯がベストですが、お風呂上がりなど暑すぎと感じる際は常温でも全く大丈夫です。

本当にこれだけで改善します!まず寝つきが違うと実感できると思います。体も末端まで温かくなり、自分の持っている体温で温かくなる感覚です。

実は60歳を超えた母にも白湯と常温のお水での生活をオススメして実践してもらってます。なかなか寝つきが悪く、冷え性な為、寝る時も靴下が手放せなかった母が今は寝つきが大分いいみたいで、一度に長く眠る事が出来るようになったとか!

もちろん今は靴下など付けずにぐっすり眠れているそうです。

とっても些細な習慣で、人はキレイになるし、太ってしまったり、病気になったりするものです。自分の体にとって何が1番快適であり、過ごしやすいのかを改めて考えることも大事だなんだと思います。

まとめ

白湯の作り方は、基本的に水道水でOKです。水道水をやかんに入れ、沸騰させて作るのですが、ここでのポイントとして、やかんの蓋は取り、10分から15分ほど煮立たせると言った事が大切です。もし忙しくて、そんな時間がないと言う人は電子レンジがお勧めです。マグカップに水を入れ、1分半から2分ほど温めればOKです。

そのように作った白湯を朝起きて1杯。3食の食事の際に1杯飲むと効果的!また、白湯ばかりでは少しあきると言う場合は、白湯のアレンジがお勧めです。生姜を入れて、より体が温まるようにするほか、はちみつやコリアンダーとクミンを入れたスパイス白湯もお勧めです。白湯の場合、アレンジ方法は数多く、自分にあったものを作る事も可能です。そうする事で、少しは飽きることなく飲み続ける事が可能になります。

白湯を飲む際、1日の摂取量は800ml程度を目途に飲む事がポイントです。それ以上飲む事で、必要な栄養素までデトックス効果が流れ出てしまう可能性があります。

また、白湯がある過ぎるからと言って、水で冷ます方法は、お勧めできません。あくまでも、自然と冷めていくものを飲むようにする必要があります。その為、白湯を飲む際は、少し時間にゆとりをもって行動するといいかと思います。

以上のように白湯を飲む事で美容効果も健康効果も期待する事が可能です。中には、白湯を飲むだけで、ダイエットに成功したと言う人も多く、多くの女性の強い味方になっていると言えるのです。
その上で、白湯なら、お金もかけずに行う事ができ、しかも、手軽で言う事なしの方法となります。もちろん、暑い夏でも、エアコンなどの冷えから体を守るためにも、白湯を飲む事を続ける事は大切です。

【レモン水を飲むタイミング(時間)】レモン水の効果や効能も

2016.08.16

【食べるだけの新ダイエット!?】1日2粒の焼き梅干しの効果や食べ方

2016.06.09

スポンサーリンク