【女性ホルモンを増やす方法】冷たい飲み物NG、睡眠時間、軽い運動やストレッチをすること

女性ホルモンをたくさん増やす方法

更年期は女性ホルモンの乱れから来るといわれています。更年期といえば40代後半から50代に向けてだけだと思っていませんか?

実はアラサーでもプチ更年期と呼ばれる体調不良が問題になっています。理由は女性の社会進出により、ストレス、不規則な生活などが原因で女性ホルモンが乱れるからです。では、女性ホルモンをたくさん分泌する方法を紹介したいと思います。

女性ホルモンと更年期のメカニズム

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%94%b9%e5%96%84

女性は思春期に入ると、いつでも妊娠・出産しても良い状態を作るために女性ホルモンが準備して、時を待っています。この女性ホルモンのことをプロゲステロンと言います。一方、女性に女性らしい柔らかい外観や、体の臓器などにも働きかけ、円滑に穏やかな精神で過ごせる様にしている役割の女性ホルモンもあります。このホルモンのことをエストロゲンと言います。

この2つのホルモンを「女性ホルモン」と呼び、脳より指令が出て卵巣より分泌されています。

更年期に影響を及ぼすのは後者のエストロゲンの女性ホルモンです。

女性の40代頃からは、徐々に卵巣機能が低下するために、エストロゲンの分泌機能が低下し始めます。そして平均年齢50歳で生理が終了する閉経を迎えますが、その前後10年間ほどが、更年期と呼ばれるホルモンバランスが乱れる時期があります。

更年期障害

40歳から60歳くらいで、閉経を挟む前後10年間を更年期といい、この間の身体的不調を更年期障害といいます。この時期は卵巣機能が低下して、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が減ります。エストロゲンは卵巣で作られています。脳(視床下部)がエストロゲンを分泌するよう卵巣に命令をしますが、卵巣機能が低下している状態ではエストロゲンを十分に分泌することができません。すると脳(視床下部)がコントロールしている自律神経機能が乱れ、ストレスや他の体調不良などの症状が表れます。

更年期 症状

外見的や内面的にも悪影響を及ぼすのです。

この時期に現れた症状を更年期症状、更年期症状により日常生活に支障が出てしまう事を更年期障害といいます。

このように更年期症状は、女性ホルモンの分泌減少が原因となります。卵巣の働きが徐々に衰えてきて、ホルモンバランスが崩れます。脳はエストロゲンを出そうと体に指示をしますが身体がついていかない。このような「アンバランス」状態になると、身体に異変が出てきます。

女性ホルモンを増やす方法

女性ホルモンがたくさん分泌する事でお肌がキレイになったり、体調が良くなるなど様々な美容や健康に良い効果があります。また、更年期などの症状の改善にもなるので女性ホルモンを減らさないように生活習慣を変えていきましょう。

①冷たい飲み物NG

まず、冷たいものを飲むのは体に良くありません。特に夏は部屋は冷房で体が冷えやすいので注意が必要です。部屋が冷房で冷えているのにさらに冷たいものを飲めばホルモンバランスはますます乱れてしまいます。そうならないためにも夏でも冷たいものばかり飲まないで温かいものを飲むと良いでしょう。

関連記事:

【冷え性や生理痛に効果的な市販の漢方】ツムラの23番がおすすめです!

生姜紅茶はダイエット以外に喉風邪や冷え性にも効果がある!作り方や効能

【甘酒の美肌,ダイエット効果,飲み方,種類とは】飲む量200ccがおすすめの理由

ごぼう茶の嬉しい効果とは?便秘やむくみが改善する最強の作り方

マヌカハニーの食べ方で虫歯、喉風邪、ピロリ菌撃退に効果がある理由まとめ

【白湯で朝デトックス!】美容やダイエット効果もある白湯(お湯)の作り方

②質の良い睡眠

また、睡眠は非常に重要なので、寝る前に軽くストレッチをしたり、本を読んだり、好きな音楽などを聴くと体がリラックスして良い睡眠を摂る事が出来ます。また、夜はどれだけ遅くても夜0時までには寝ると良いでしょう。そして、朝起きたら太陽の光を浴びて深呼吸を何度か繰り返しましょう。深い呼吸は自律神経を整え、ホルモンバランスのケアもできるのでおすすめです。

関連記事:【眠りの質で肌が改善!】睡眠の質を上げるとアルツハイマー予防にもなる

睡眠と言うものは体の休息だけではなく、脳の休息にも重要な時間と言えます。また、これらの休息だけではなく成長にも大きな関わりを持つ睡眠。その為、決して安易に考えてはいけないと言えるのです。

“そんな睡眠は時間よりも中身が重要!”

中身が充実した睡眠を取る事で、これらの効果をより多く得る事ができると言えるのです。

正しい睡眠を取る事で得られる効果や睡眠方法

まずは、脳と体の疲れを取る事ができる睡眠。

特に脳の場合、起きている間は常に働いている働き者です。脳が唯一休む事ができるのが睡眠中のため、正しい睡眠を取ることで、十分に脳を休めてあげる事が大切になります。

その他、体の成長と共に老化防止にもつながる睡眠。22時から深夜2時の間に分泌される成長ホルモンは、成長効果と老化防止に大きな役割を示す事から、この時間帯は睡眠のゴールデンタイムとも言われ、非常に重要な時間と言われています。また、このゴールデンタイムに十分な睡眠を取る事で美肌効果、ダイエット効果など様々な効果を得る事ができると言われているのです。

正しい睡眠方法は、長時間の睡眠を確保する事ができれば良いと言う事ではありません。睡眠の場合、”量より質”だと言えるのです。その上で、ゴールデンタイムに睡眠時間を確保する事が大切となり、それらを考慮し日々の睡眠に注意する事が大切となります。

人の睡眠は、

  • 浅い眠りのレム睡眠
  • 熟睡したノンレム睡眠

に分かれ構成されています。そして、この周期から考え90の倍数で目覚めると良いと言われている睡眠。その為、6時間後、7時間半後、9時間後に目覚めのがベストな睡眠時間になっています。

<<正しい睡眠を取る際のポイント!>>

正しい睡眠を取るポイントは目覚めから始まります。目覚めと同時に朝日を浴びる事で、体に朝が来たと言う事を示し一日をスタートさせる事が可能になります。そうして、一日をスタートさせた後は、睡眠を妨げる原因になるカフェインやアルコールの摂取を控える事が大切。そうして、良い眠りにつく為の準備を行っておきます。

また、布団や枕は自分の体に合ったものを選びようにし、少し硬めのものを選ぶ事をお勧めします。また、寝る直前の入浴は避け、寝る1時間前から2時間前には入浴する事をお勧めします。また、出来るだけシャワーだけではなく湯船につかる事もお勧めです。

以上が日々の睡眠における重要性と正しい睡眠の取り方となります。誰でも行っている睡眠。しかし、そんな日々の睡眠こそ、正しく行っているかそうでないかとでは大きな違いがあると言えるのです。

ただ、眠くなれば眠れば良いと言うものではなく、睡眠の重要性を考えた上で、様々な事に注意し、正しい睡眠を取る事をお勧めします。そうする事で、体の至ると事に良い効果を得る事ができ、日々の生活が大きく変化していく事と言えるようになってきます。

③軽い運動やストレッチ

また、軽い運動も女性ホルモン分泌にすごくおすすめです。仕事帰りに軽いウォーキングでも構いません。少しの運動でホルモンバランスを整える事が出来るので是非、積極的に行なってください。また、いつも同じような生活をしていたら生活にときめきがありません。時には友人と話をしたり、感動する小説や映画を見たり、パートナーと可愛い格好でデートしたりしてときめきを与えましょう。ときめきはホルモンバランス活性に有効な方法なのでおすすめですよ。

関連記事:

【100キロカロリー消費する運動とは】日常生活で取り入れられる痩せる方法のみ

家でも外でもできる!超簡単なおすすめ運動・エクササイズ方法まとめ2017

その他にも、女性ホルモンの増やすことは誰でも出来る

まずは、早起きして散歩することです。朝の太陽を浴びると、セロトニンが分泌されます。セロトニンは、心をリラックスさせて幸せな気持ちを促すホルモンです。イライラした心を落ち着け、わだかまりを解いてくれます。

次に、大豆食品を食べることです。エストロゲンの分泌低下が原因なので、女性ホルモンを増やす食べ物を摂取しましょう。お豆腐・納豆・厚揚げなどを日々の食事に取り入れます。牛乳を豆乳に変えるだけでも、身体に良い変化が期待できます。

そして、好きなことを思い切り楽しむことです。ヨガ・フラワーアレンジメント・書道など、趣味を楽しむ時間を作りましょう。人と合わせる必要がなく、一人で黙々と取り組むことができる趣味がおすすめです。嫌なことを忘れて、やりたいことだけやってください。

最後に、自律神経を整えることです。更年期症状には、自律神経の乱れも大きく影響があります。自律神経の乱れを整えるには運動が効果的とされます。中でも有酸素運動は、自律神経のリラックスに働きかける副交感神経を上昇させのに有効です。有酸素運動は、軽めの運動を30分を目安に行うと良いでしょう。例えば、ウォーキング・会話が出来る程度のランニングなど。無理をしなくて続けられる事が大切です。私も朝に自宅周辺を30分ほど歩いています。効果はあるようで、ストレス軽減にもつながります。

その他医学的な治療方法もあります。

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%b2%bb%e3%81%99

ホルモン補充療法、漢方薬、自律神経調節剤など、個々に合ったものを選びましょう。最近では薬局などで更年期対策の薬が売られていますね。お医者さんに行くことがハードルとなるようなら、市販薬を使ってみるのも良いでしょう。

ホルモン補充療法は、婦人科などを受診し女性ホルモンの減少による更年期症状と診断されれば、子宮の有無によって異なりますが、エストロゲン・プロゲステロンのホルモンを薬によって補充する治療方法です。血液検査による血糖値なども下がり、私の場合更年期症状はかなり軽減されました。ただし服用には、乳がんリスク上昇などの副作用も懸念されます。主治医の注意をよく理解し守る事が重要です。

まとめ

以上、女性ホルモンを低下させない方法を紹介しました。

女性ホルモンを増加させるといえば特別な事をしなければいけないと思いがちですよね。ですが、どれも生活の中に簡単に取り入れられるものばかりではないでしょうか。毎日少しでも良いので上記で紹介した事を取り入れて女性ホルモンをたくさん分泌させましょうね。そして、体調に気をつけて日々を生きていきましょう。

このような更年期症状は、複数の症状が重なり発生し、それらが一気に訪れると心も体もズタズタになります。また、この時期の女性の生活は、子供の独立や親の介護など、生活スタイルが変化する時期でもあります。新しい事のスタートはかなりのストレスを生じてしまいます。

女性は輝いていれば女性ホルモンが自然と出るものです。体調不良で悩んでいる人は是非、参考にしてくださいね。

当記事で紹介した関連記事まとめ:

【冷え性や生理痛に効果的な市販の漢方】ツムラの23番がおすすめです!

生姜紅茶はダイエット以外に喉風邪や冷え性にも効果がある!作り方や効能

【甘酒の美肌,ダイエット効果,飲み方,種類とは】飲む量200ccがおすすめの理由

ごぼう茶の嬉しい効果とは?便秘やむくみが改善する最強の作り方

マヌカハニーの食べ方で虫歯、喉風邪、ピロリ菌撃退に効果がある理由まとめ

【白湯で朝デトックス!】美容やダイエット効果もある白湯(お湯)の作り方

【眠りの質で肌が改善!】睡眠の質を上げるとアルツハイマー予防にもなる

【100キロカロリー消費する運動とは】日常生活で取り入れられる痩せる方法のみ

家でも外でもできる!超簡単なおすすめ運動・エクササイズ方法まとめ2017

スポンサーリンク