【彼氏が欲しい!】でも恋愛に積極的になれない女性へ

恋愛に積極的になれない女性について

草食男子、肉食女子という言葉が巷では一般的になっていますがあくまでもこれは一般論。いつの時代も恋愛に積極的になれない女性は多いものです。そんな女性が恋愛をどうすれば、楽しくそして前向きに感じることができるのかちょっとしたコツやきっかけ、考え方についてご紹介していきたいと思います。

恋愛を積極的に考え、そしてとらえられるようになると女性の笑顔は、それまで以上に輝きを増します。もちろん、それは学生時代、部活動や習い事に打ち込んでいた時の女性の同級生や先輩、後輩の笑顔を思い出してみてください。恋愛も同じです。自分が打ち込めるものや情熱を注げるものがあれば、だれだって素敵な笑顔を持つこともでき、輝くのです。それが恋愛であれば、笑顔も女性としての素晴らしい笑顔として輝くことが出来るようになります。

恋愛

恋愛を前向きに、積極的にとらえられるようになるのはどうしたらいいのでしょうか?

いくつかの事例をあげてご紹介したいと思います。

まずは、なんといっても恋愛をして本当に笑顔が素敵になった友人と話してみましょう。もしかするとその経験談を聞くだけで自分も恋愛に前向きになれるかもしれません。または、自分自身の中で彼氏ができたらどんな楽しいことがあるのかな、そして自分自身がどんな成長をすることができるのかな、そして素敵な女性になることができるのかなというイメージをしてみてください。

そうすれば、恋愛に前向きでなかった自分が恋愛に対して前向きになっているかもしれません。

そして、恋愛に前向きになれない女性は自分自身に自信がないことも多いのですがこれもちょっとしたイメージを持つだけでも自分自身を大きく変わることができるわけです。

女性は皆、恋愛によって今まで以上に輝くことができます!

私のまわりでも、一切男性に興味がなく、同性としか付き合いがなかった女性が、恋愛をすることによって非常に輝くことになった事例がいくつもあります。自分自身の容姿に自信がなく、恋愛に後ろ向きだった女性が男性に良いところを見出されたことによって、自分自身の魅力に気づき、恋愛に対して感謝するようになったという事例もあります。または、恋愛に対して懐疑的であった女性が友人の恋愛経験とともに、恋愛に対してあこがれを持つようになり、自分自身も恋愛をしようと意を決したパターンも見てきました。

人生の中で何かに打ち込めるものがあるのは非常に素晴らしいことです。恋愛に対して積極的になれない女性も何かに打ち込めて入ればそれもいいかもしれません。しかし、恋愛もそれと同様に素晴らしい経験であることをまずは知ってほしいと思います。まずは自分自身が積極的な姿勢になって、恋愛と向かい合いましょう。きっと、素敵な男性も現れて、過去にない素敵な自分に出会えることになるでしょう。

顔が可愛くないからモテないと思っている女性!それは違います

彼氏 欲しい

「自分って顔も性格も中の下だな・・・良く言って、中の中かな・・・」

「周りのモテる子を見ればみんな顔が可愛い子ばかり・・・どうせ私なんて・・・」

などと思っている女性の方は勘違いをしています。

そんなあなたほど、男性から気に入られる要素を持っています。

“中の下〜中の中は強いのです!”

あなたが求めているのは何ですか?

可愛い女性

アイドルのような顔であるがゆえに、年齢、容姿、人柄において様々な男性からチヤホヤされることですか?

⇒いいえ、自分が気に入った人と良い関係になることができれば、それが一番良いはずです。

【男性には元カノと母親の面影が心の中にある】

では、なぜ中の下〜中の中の女性は強いのか説明します。

女性と付き合ったことのない男性も世の中にはいますが、大抵の成人男性は女性と一回はお付き合いをしたことがあります。

では、その女性とお付き合いをしたことのある男性の元カノが、全てアイドルのように可愛い容姿をした女性だと思いますか?

“そんなわけないですよね⁉︎”

ですが、恋愛をしてお付き合いをしたということは、その男性は相手の女性を好きだったということになります。愛していたというわけです。

となると、想いを断ち切れている・いないに関わらず、その男性の記憶の中には元カノの面影が残っているのです。つまり、きっかけとしてその面影にリンクする女性を好きになる可能性が高いということです。

そして、男性の頭の中に潜在的にある女性像が母親です。知らず知らずのうちに母親と同じタイプの女性に安心感を抱き、好きになっていくといった例は多いです。

特に母親に似た女性を選ぶことという例は多くの研究結果があるように、影響は大きいのは確かです。

●人間の脳には、「自分と同じ種族の子孫を残すための本能」が組み込まれているそうです。そして、この世に生を受けて一番最初に接するのが「母親」です。

●ニューヨークのとある大学の研究者によると、男性と母親との関係は容姿の好みだけではなく、その男性が大きくなってから女性と付き合う時の関係にも影響を与えると発表しました。母親と親しく接していた人は、その後妻にも同様に接する傾向があり、一方で不仲であったり、距離があったり、放任主義の母親であったならば、そのような女性を探すようになるそうです。

では、その男性の母親は皆アイドルや女優さんのような容姿をしていると思いますか?そんなわけありませんね。

つまり、みんながみんな戦える土俵に立っているということです。

自分の価値と魅力を捨てるな!

恋愛

私が女性を見るとき、時々思ってしまう事があります。それは本当の「自分の価値」を、女性は知らないんじゃないかということです。

可愛い人がいたとします。そんな時あなたは、どうせ自分は可愛くないからとか、どうせ太ってるしとか、どうせ年だしとか、例えばその全てが当てはまっていても、それはあなたの女性としての「魅力」とは何の関係もないのです。そんな自分の価値や魅力についてお話させて頂く前に、ちょっとゾウさんの話を聞いてください。あのお鼻の長いゾウさんです。

『子供のゾウさんは、足輪をつけられ木に繋がれて育てられました。やがて大人になったゾウさん。大人のゾウさんには足輪はもう要らないだろうと外してあげる事になりました。しかしぞうさんはその木の下から出ることはありませんでした…』

このお話を皆さんはどう思いますか?

感じ方は人それぞれ違うと思いますが、ちょっと悲しい話に聞こえませんか?そしてなぜ、このお話が自分の価値や魅力と関係があるのかを、次の章でお話させて頂きますね。

自分の価値と魅力の本当の意味を知る

女性 恋

このゾウさんのお話は、自分が生きてきたエリアしか知らないので外の世界へ出られないというお話でしたが、あなたはどうでしょうか。

もしあなたが自分自身の事を考える時に、あなたの判断で自分の価値と魅力を決めていないと断言して言えるでしょうか?

自分は可愛くないと思い込んでるあなたを好きになる人がいる事を知ってますか?

自分は太ってるからダメなんだと思い込んでいるあなたに魅力を感じ惹かれる人がいる事を知ってますか?

年齢的にもう若くないから恋なんてと思っているあなたに、恋する人がいる事を知ってますか?

そしてご自身がどれだけ周囲から観られているかを本当に知っていますでしょうか?

そうなんです。そもそも自分の価値や魅力なんて自分で決めるものではないんです。

自分の価値と魅力に気づいたら

恋

玄関を開けて下さい。これはかなり唐突な話ですが、閉まっていたら入れません。

あなたの事を好きになった男性が10人いるとします。その男性10人がみんなあなたに告白出来ると思っているなら、それは大間違いです。それはあなたの玄関が開いているのか閉まっているのかを、男性はまず確認するからです。そしてこの玄関からは入れないとなれば、あなたの事がどんなに好きでも去って行ってしまうのです。

どうでしょうか。どうせ自分には魅力がないと思い込んで玄関を閉めてしまってはいませんか?

玄関とはあなたの雰囲気のことです。

ほんのちょっとだけでも、あなたに入りやすい雰囲気を作ってあげて下さい。

自分の価値と魅力を最大限に発揮出来る場所

これは実際の話です。

ある女性は元々病気がちで、人と話すと手が震えてしまうくらいの対人恐怖症を抱いていました。

それでも食べていくためにキャバクラの仕事に就きますが、やはりストレスが多く、長くは続きませんでした。そんなある日の事、お金持ちしか行けないような、いわゆる高級クラブに勤めたらどうかというお話があって、その仕事に就くことになりました。そしてその何ヵ月後には天職とさえ思うほど生き生きとされたそうです。

これは、自分の価値を最大限に発揮出来る場所に勤める事が出来た良い例です。基本的に静かに接待出来た事や、彼女のように病気がちな雰囲気に魅力を感じる人が集まったり、対人恐怖症さえ逆に可愛らしいと思う人がいるという事の表れです。いわゆる接待商売はもうダメだなんて思って、違う場所へいくことをためらっていたら、この結果はなかった事でしょう。

あるがままに生きても受け入れられる場所があること、そして前述したゾウさんの狭い場所が全てではないことがわかると思います。

当たり前を極めることが大きな武器になる!

モテない

誰もが戦える土俵にいることは理解していただけたかと思いますが、問題はどうやったら男性に好意を持ってもらえるかです。

積極的に話しかけるだとか、恋の駆け引きをする、ぶりっ子をする等の男性を落とす戦略みたいなものは、雑誌の特集やコラムなどに載っているかもしれませんが、そんなことより大切なことがあります。

それは、当たり前のことを極めるということです。

当たり前にこととは、「あいさつ」です。

しかし、当たり前であるがゆえにおろそかになってしまうのも「あいさつ」です。

いつもしっかりとあいさつをしているだけで、男性からの印象はかなり違います。

体調が悪い時も、嫌なことがあった時もしっかりとあいさつをすることを徹底してください。

もちろん、元気に笑顔でできれば良いですが、おとなしい性格の人にはハードルが高いかもしれませんので、そういった人は丁寧にしっかりとあいさつをすることを心がけてください。

積極的に話しかけるにしても、何を話して良いかわからない・きっかけがつかめないという人は多いです。しかし、あいさつならばきっかけは自然とやってきますし、朝なら「おはようございます」といった具合にタイミングもセリフもわかっているので、毎日誰でもチャンスは回ってきます。

ちょっとしたプラスαがあるとさらに良し♪

モテる

丁寧にしっかりとあいさつを毎回するだけでもかなり好印象ですが、余裕が出てきたら一言加えてみると良いでしょう。

一言加えるタイミングが合えばで良いです。雨の日の出勤で傘を閉じるために足を止めているタイミングに「おはようございます。結構、雨強かったですね。」とか、そんな程度で良いのです。

人間は単純ですので、一声あるだけで好きとまではいかなくても「あ〜、いい人だな」ぐらいには思われ好印象を与えることができます。

あとはその積み重ねです。

恋愛に限らず、どの分野でも当たり前のことをしっかりとこなしている人は強いです。

そして、その当たり前のことを毎日こなしていくことが、大きな武器となるのです。

自分が関わるどの分野でも、当たり前を極めることを意識してみてください。

恋をすると女性は綺麗になります!

彼氏 素直になる

女性は恋愛をするとキレイになる、色っぽくなるとよく耳にしますね。

その理由は恋をすることで女性ホルモンがたくさん分泌されるからです。

女性は男性に比べて年を重ねると、体型が丸みを帯びてきます。この女性らしい体型になるのは女性ホルモンが原因と言われています。ダイエットをしていくうちに体が細くなるだけではなく、女性らしい丸みがかった体型じゃなくなるということがありますが、これはダイエットにより女性ホルモンの分泌が少なくなることで、丸い体つきを作らなくなっているということも原因だとされています。

それほど女性ホルモンは女性の体に関係深く、大切なホルモンなのです。

また美容外科医によると、

●ダイエットをしたりストレスを感じると生理周期が乱れたり肌や髪の毛がカサカサになるということがあります。これは女性ホルモンの分泌が減ったことで起こる現象です。

●女性ホルモンというと多くの人は生理周期などに関わるものと思ってしまいますが、女性が気になる美肌・美髪にも欠かせないホルモンです。

女性ホルモンの分泌が良くなると、肌はしっとりすべすべ、目はウルウルと潤んで同性から見ても「はぁ~キレイ」と思ってしまうほど効果が出るものなのです。
好きな人ができて、恋をして、愛し合うことで心身が満たされることにより、幸せや優しい気持ちがあふれ、それが容姿にも表れるのでしょう。

女性ホルモンが出るような恋愛とは?

単にパートナーがいれば、女性ホルモンが出るのかと言われればそれはちょっと違います。例えば、長年お付き合いしている彼、もしくは旦那様がいる女性すべてがイキイキとしているかと言われると・・・うーん、ちょっと違うなと思いますよね。

⇒そうなんです、惰性や不満があったり、妥協して仕方ない相手の場合、女性ホルモンの分泌量は少なく、きれいになるには不十分なのです。

女性ホルモンが沢山出るような恋愛というのは「ときめき」が大事です。もしくは切なくて胸がきゅーっと苦しくなるようなおもいがあるかどうかが大切なのです!

片思いでも大丈夫なのです!

と、ここまでお話ししてきましたので、もうおわかりですよね。良い恋愛は別に彼氏がいなくてもできるということなんです。

私はどちらかと言うと、片思いの方がときめきや切なさを沢山感じるので、女性ホルモンがばんばん出ている実感があります。

好きな人や憧れの人に振り向いてほしい!気がついてほしい!好きになってもらいたい!その気持ちが自分磨きの原動力となってどんどんあか抜けていく、美しくなっていくのです。

そういう意味では、これまで地味だった女性が恋に落ちることで大変身してしまうという話には一理あります。

韓流スターに夢中になったことで若返った!?

恋 きれいになる

韓流スターに夢中になる中高年の女性は多いですが、私の周りの友人たちのお母さんたちがはまって、変わってしまったという話はちらほらと聞きます。

それまで、旦那と子どもたちのためだけにひたすら家事や育児をしてきた真面目でおとなしいタイプの女性(友人のお母さんです)が、韓流ドラマで俳優さんに恋をしてしまい、すっかりその世界にはまってしまったらしく、冷蔵庫に写真を貼ったり、上の空になっていることが増えたとか(笑)

それまでは家でじっとしているタイプだったのに、一人で街に買い物に行くことが増えたりして、旦那が「ついていく!」と言ったら「来ないで!」とさっさと出かけてしまったこともあったそうです。後日わかったことなのですが、韓流スターのDVD、CDなどゆっくり見て購入したかったからだそうです。

韓流アイドル以外にも、ゲームや妄想、恋愛番組などでも女性ホルモンを分泌させる効果がありますが、おとなしい女性も恋をすると積極的に行動するようになり、自己主張もするようになるということなんですね。友人の旦那には悪いのですが、お母さんのささやかな恋心は応援したいなと思ってしまいます。

女性ホルモンが出るようなときめき、恋心というのはもしかしたら、両思いになるよりも切ない片思い、叶わない人(芸能人など)への強い憧れの気持ちの方が効果があるのかもしれない、いやあると私は思います。誰かを好きと思う気持ち、元気でいてほしい、幸せでいてほしいと願う気持ちがある女性は心がキレイですから表情にもそれが現れてくるのですね。

積極的になれないなら、無理をしなくても良いという意見もあります

恋愛 消極的

皆さんは、恋愛に対してどんな意見を持っていますか?

「恋愛は良いよ」「楽しい!」「素敵な人に巡り合いたい」という肯定的意見が世の中には多いように思います。しかし、中には恋愛に対して消極的で、悩んでいる女性もいます。そんな女性に伝えたいのは、「そのままで良いよ」ということです。焦って周りと合わせて恋愛はするものではありません。無理しても楽しくないですからね。

自分自身と向き合える

恋愛について考えることは、自分と向き合う時間だと考えています。自分はどうして恋人が欲しいの?そもそも恋人が欲しいと思っているの?などと自問自答してみましょう。よく考えて、その答えが「周りが楽しそうにしているから」とか、「恋愛は楽しいものだから」という理由であれば、焦って今恋愛に踏み切るべきではないでしょう。

今は街コンやスマホのアプリなどで出会いの場が設けられていますが、自問自答した答えによっては自分が望まない恋愛に発展する可能性があります。それを避けるためにも、今の自分に恋愛は必要かと問いかけてみましょう。いらなければそれはそれで良いのです。

自分の大切なものを知ろう

自分についてわかったら、今度はそこから自分が今大事にしているもの、またはこれから大事にしていきたいものがわかってきます。これが大事だと思います。恋愛をして結婚することが大事な人、子どもを持つことが大事な人、仕事が大事な人などなど、色々いて当たり前です。恋愛に消極的だからといって、人と違うことに憶病にならないで良いのです。結婚しなければならない法律はありませんし、それが悪いことでもありません。周りの目を気にしてする結婚に愛はあるのでしょうか。大事なことに気付ければ大丈夫です。

焦って失敗した話

恋愛体験談には、結婚適齢期だからと焦って恋愛をしようとした人の話もたくさんあります。ですが、どれも良い結果ではありません。例えば、人見知りなのに出会い系のアプリで会う約束をしたものの、どうしても緊張してその日が来るのが憂鬱になってしまい、約束を取り消してしまったという話があります。この方は、自分が周りに流されて焦った結果こうなってしまったと後で気付き、今はこのままで楽しいことを再確認したそうです。どうしても周りに合わせないとという気持ちはありますが、そこで冷静になれるかどうかで本当に幸せが恋愛に限らないとわかるのですね。

恋愛に消極的だからと言って、積極的になれと言われると思いましたか?私の意見としてはその逆です。動物は子孫を残すために生きている本能的な部分が多いのでしょうけれど、人間は高度な文明を持っているので、結婚すること、出産することは自由です!周りからのプレッシャーなんてはねのけるくらい、今私はこんなに幸せなのよと、恋愛以外の幸せを知らない人に教えてあげましょう。幸せは恋愛だけが持っているものではないのです。

スポンサーリンク