【更年期障害が治るまで上手に向き合う】対策、対処法、治療法まとめ

個人差はありますが、女性の40代から忍び寄ってくる「更年期」。

私も30代前半で卵巣の病を患い摘出を余儀なくされ、突然更年期障害が訪れ心も体もパニックになりました。

ここでは更年期がどうして起こるのか?突然訪れた更年期を私がどのように乗り切ったかをご紹介したいと思います。

更年期(更年期障害)とは?

更年期とは閉経をはさんだ前後約10年間のことをさします。日本人女性の場合、40代に入ると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳くらいから閉経する人が出始めます。日本人の平均閉経年齢は50歳ですから、45歳~55歳あたりが更年期にあたるといえるでしょう。閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの量が急激に減少します。それにともなって身体に出てくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびます。

わけもなく涙が出たり、イライラして落ち着かない気持ちになるなら、女性の更年期症状のサインかもしれません。ここでは、更年期症状が起る原因と対処法について紹介します。誰にでも起こりうる更年期ですが、何となく不安になりますよね。しかし理由と対応法を知っておくと安心です!今まさに不安な気持ちを抱えているあなたが笑顔になるヒントにして頂ければと思います。

更年期のメカニズム

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%94%b9%e5%96%84

女性は思春期に入ると、いつでも妊娠・出産しても良い状態を作るためにホルモンが準備して、時を待っています。このホルモンがプロゲステロンです。

一方、女性に女性らしい柔らかい外観や、体の臓器などにも働きかけ、円滑に穏やかな精神で過ごせる様にしている役割のホルモンもあります。このホルモンがエストロゲンです。

この2つのホルモンを「女性ホルモン」呼び、脳より指令が出て卵巣より分泌されています。

更年期に影響を及ぼすのは後者のエストロゲンです。

女性の40代頃からは、徐々に卵巣機能が低下するために、エストロゲンの分泌機能が低下し始めます。そして平均年齢50歳で生理が終了する閉経を迎えますが、その前後10年間ほどが、更年期と呼ばれるホルモンバランスが乱れる時期があります。

更年期障害

40歳から60歳くらいで、閉経を挟む前後10年間を更年期といい、この間の身体的不調を更年期障害といいます。この時期は卵巣機能が低下して、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌が減ります。エストロゲンは卵巣で作られています。脳(視床下部)がエストロゲンを分泌するよう卵巣に命令をしますが、卵巣機能が低下している状態ではエストロゲンを十分に分泌することができません。すると脳(視床下部)がコントロールしている自律神経機能が乱れ、ストレスや他の体調不良などの症状が表れます。

更年期 症状

外見的や内面的にも悪影響を及ぼすのです。

この時期に現れた症状を更年期症状、更年期症状により日常生活に支障が出てしまう事を更年期障害といいます。

このように更年期症状は、女性ホルモンの分泌減少が原因となります。卵巣の働きが徐々に衰えてきて、ホルモンバランスが崩れます。脳はエストロゲンを出そうと体に指示をしますが身体がついていかない。このような「アンバランス」状態になると、身体に異変が出てきます。

更年期症状とはどのような感じ?

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%94%b9%e5%96%84%e6%96%b9%e6%b3%95

更年期症状は体全身に及びます。

主な症状として、ほてり、発汗、冷え、めまい、うつ症状などです。他にも不安・イライラなどの情緒不安定まで様々あります。これらの症状は個人差が激しく、重い人、軽い人、ある人、ない人がいます。更年期は女性の喪失感や、こどもの自律、夫の定年、親の介護、など社会的環境の変化が大きい時期と重なることから、精神的に負荷がかかり、症状が重くなる人が目立つのではないかと考えられます。

  • 身体の面では、ほてり・発汗・のぼせなど様々な症状が発生します。私の場合は突然顔がほてり、多量の汗が噴き出るといった症状がありました。
  • 精神的な面もあり、ホルモン分泌が無いために自律神経を乱されてしまい、イライラが止まらなくて怒りっぽくなる、睡眠不足・うつなど精神的にも大きな打撃を受けやすくなってしまいます。

更年期症状への対策・治療法

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%b2%bb%e3%81%99%e6%96%b9%e6%b3%95

このような更年期症状は、複数の症状が重なり発生し、それらが一気に訪れると心も体もズタズタになります。また、この時期の女性の生活は、子供の独立や親の介護など、生活スタイルが変化する時期でもあります。新しい事のスタートはかなりのストレスを生じてしまいます。

更年期障害 年齢

具体的な対処法として簡単にできることを4つ紹介します。

①まずは、早起きして散歩することです。朝の太陽を浴びると、セロトニンが分泌されます。セロトニンは、心をリラックスさせて幸せな気持ちを促すホルモンです。イライラした心を落ち着け、わだかまりを解いてくれます。

②次に、大豆食品を食べることです。エストロゲンの分泌低下が原因なので、女性ホルモンを増やす食べ物を摂取しましょう。お豆腐・納豆・厚揚げなどを日々の食事に取り入れます。牛乳を豆乳に変えるだけでも、身体に良い変化が期待できます。

③そして、好きなことを思い切り楽しむことです。ヨガ・フラワーアレンジメント・書道など、趣味を楽しむ時間を作りましょう。人と合わせる必要がなく、一人で黙々と取り組むことができる趣味がおすすめです。嫌なことを忘れて、やりたいことだけやってください。

④最後に、自律神経を整えることです。更年期症状には、自律神経の乱れも大きく影響があります。自律神経の乱れを整えるには運動が効果的とされます。中でも有酸素運動は、自律神経のリラックスに働きかける副交感神経を上昇させのに有効です。有酸素運動は、軽めの運動を30分を目安に行うと良いでしょう。例えば、ウォーキング・会話が出来る程度のランニングなど。無理をしなくて続けられる事が大切です。私も朝に自宅周辺を30分ほど歩いています。効果はあるようで、ストレス軽減にもつながります。

その他医学的な治療方法もあります。

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e6%b2%bb%e3%81%99

ホルモン補充療法、漢方薬、自律神経調節剤など、個々に合ったものを選びましょう。最近では薬局などで更年期対策の薬が売られていますね。お医者さんに行くことがハードルとなるようなら、市販薬を使ってみるのも良いでしょう。

ホルモン補充療法は、婦人科などを受診し女性ホルモンの減少による更年期症状と診断されれば、子宮の有無によって異なりますが、エストロゲン・プロゲステロンのホルモンを薬によって補充する治療方法です。血液検査による血糖値なども下がり、私の場合更年期症状はかなり軽減されました。ただし服用には、乳がんリスク上昇などの副作用も懸念されます。主治医の注意をよく理解し守る事が重要です。

更年期への取り組み

%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f%e5%af%be%e5%87%a6%e6%96%b9%e6%b3%95

更年期症状を乗り切るためには、無理をしない心掛けが必要です。「何かしないといけない」と考えて心が焦ってしまっても、良い変化は出てきません。リラックスした状態で身体の不調に向き合うと、楽になることがあります。わけもなくイライラしたら、全てを投げ出して休みましょう!涙が出てくるなら、思い切り泣いてみましょう!

2、3日家事をお休みするのも悪いことではありません。一緒にいる家族も、きっと理解してくれます。更年期症状は、今まで頑張ってきた自分への休暇です。気を楽ににして、のんびりと休む時間を作ってください。

男性には理解しづらく、また女性としても話しづらいこともあるかもしれません。しかしパートナーに理解してもらえなければ日常生活も辛いものになってしまいますね。女性はデリケートな生き物です。是非自然体で暮らせるように、「気のせいだ」「なまけもの」など誤解による心無い発言を防ぐためにも、パートナーとじっくり話す機会を設けるのもいいと思います。

まとめ

誰でもが年齢を重ねます。特に女性はホルモンの影響を受けやすく、ホルモン分泌が無くなるとこんなに体に影響があるのかと私は実感しました。エストロゲンの分泌が無くなると、糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化・骨粗鬆症など、あらゆる病気の発症リスクが上がります。若い頃と同じような生活では、どこかにガタが生じてしまうので無理のない程度の食事改善や運動などの生活改善が必要となります。

辛い症状は無理をせずに専門家へご相談下さい。一人で不安を抱えていても、なかなか問題は解決しません。紹介した内容を試してもどうしても良くならないなら、お医者さんにかかるのも一つの手です。漢方・鍼治療などを試して、更年期症状を乗り越える女性もいます。人それぞれ、自分にあったケアが異なります。少しでも自分が楽になるようにいろいろ試してみてください。

スポンサーリンク