【歯間ブラシにマスカラを付ける塗り方が良い!】まつ毛を簡単に上手に塗ることができます

まつ毛を長く、魅力的に見せる方法について。

皆さんは、普段どんなアイメイクをしていますか?自分流が確率していたら、すでにお気に入りのアイライナーやマスカラが決まっているかもしれませんね。一度良いと思ったらなかなか他の商品へと挑戦しがたくなるので、ここではちょっとした工夫でまつ毛をキレイに見せる方法をご紹介します。これで目元が明るく、魅力的な女性になりましょう!

第一印象が良くなる効果があります。

メイクをする時には、アイメイクだけでなく、頬や唇など、色んなパーツを気にするでしょう。しかし、人があなたを最初に見た時、最も注目する場所は目なのです。人と話す時に必ず見るところですから、アイメイクの重要さがわかりますね。

特に人と初めて会う時にはそれが第一印象になります。メイクに詳しい女性が思うことと男性が思うことはまた違い、それぞれの印象になるでしょう。「まつ毛バシバシで風が来そうだなあ」とか、「この人くっきり一重だなぁ」と思っているかもしれませんね。

まつ毛には歯間ブラシ!?

アイメイクで重要なのは、まつ毛をいかにキレイに見せられるかです。上向きの長いまつ毛って悩ましいと思う男性も多いんですよ?そこで、ダマにならずキレイに見せるための極秘テクニックを持ってきました!

まずは、未使用の「歯間ブラシ」を用意してください。

マスカラで直接まつ毛に液を付けるのではなく、歯間ブラシにマスカラの液を取り、それでまつ毛に塗ります。これ、とてもキレイについてダマにならず、伸びが良いのです。マスカラもまつ毛に塗りやすいようにできていますが、その先は歯間ブラシと比べると細かさが違いますよね。歯間ブラシは歯と歯の間にまで入り込むほどの作りですから、これによってまつ毛もマスカラでは塗れないようなところまでキレイに入り込んでくれるのです。

歯間ブラシを使いやすいように曲げてみよう!

もし、まっすぐな歯間ブラシが使いにくいようなら、くいっと30度くらい曲げてみてください。先は柔らかいのでちょっとの力ですぐに曲がります。歯間ブラシのその小ささから、目頭の細くて小さいまつ毛にまでちゃんとマスカラが安全に塗れるのが気持ちいいです。下まつ毛も小さいので下瞼に液がついてしまうという方もいますが、それを防ぐこともできるのでキレイに仕上がります。

塗り方は動画が参考になります!

お気に入りのマスカラがある場合、それを手放さずにまつ毛をキレイにする技でしたが、いかがでしたか?次々と新しい商品が発売されますし、お金を出せばキレイなまつ毛になるマスカラが手に入るのかもしれません。でも、ちょっとした工夫を施せばそれにも負けないまつ毛が出来上がるかも・・・!女性は常にキレイでいたいものですが、それにはお金がかかるので、これは予算を抑えられるという面でも優秀なメイク方法でしょう。マスカラを根元から付けていき、天然まつ毛と見間違えるようなマスカラ使いになりましょう!

スポンサーリンク