【汗で化粧が崩れないヨレない夏のメイク方法】おすすめファンデーションやアイシャドウベース

メイク

夏になるとメイクがドロドロに崩れる、頻繁にお直しが必要で大変、そんな悩みがありませんか。でも、どうしてメイクが崩れてしまうのでしょうか。

メイク崩れの原因は汗と皮脂です。汗や皮脂が多く分泌されると、メイクと肌との密着力が低下をして崩れてしまいます。夏場は汗や皮脂の分泌量が多くなるので、メイクがドロドロに崩れやすい季節です。

汗で化粧が崩れない、ヨレない、夏のメイク

気温35度を超すような、うだる日が続く毎日。朝しっかりベースメイクを仕上げても駅のトイレでふと顔を見ると汗がダラダラ、せっかくのメイクも台無しになっていることはありませんか?

今回ご紹介するのは、崩れにくいメイクのポイント。コツを抑えることで太陽が眩しい季節でも、すっきり透明感のある素肌を手に入れることができます。

ファンデーションは元来、ハードな熱に弱いもの。そのまま素肌にのせると、皮脂や汗などの日中の汚れと混じり、ドロドロに溶けてしまうことがあります。

ショッピングや花火・海などお出かけのシーンも増える夏の季節こそ、メイクは清潔感を心がけたいもの。崩れないメイクをオンすることで、周囲の女性に差をつけることができますよ。

夏メイクのポイント!

夏メイクで重要なのは、皮脂対策と夏空に映える明るいメイクです。

この夏は猛暑以上の暑さで汗もそれ以上にかきやすく、汗で化粧崩れを起こす方が多くいます。また、夏になるとはっきり明るいカラーの洋服を着る方が多い中、メイクも夏用に明るくしないと顔立ちがぼんやりするため、夏空に映える明るいメイクがおすすめです。

この2つのポイントを気を付ければ、皮脂で化粧が崩れることもなく、また夏空に映える明るいメイクは周りの方に埋もれることなく、周りの人から一歩先を行ったメイクになります!

まず実践方法として初めに日焼け止め乳液を顔にムラのないように塗り込んでいきます。

化粧下地

次に皮脂を抑えるプチプラアイテムの代表のセザンヌ皮脂テカリ防止下地のピンクベージュを日焼け止めの上にこれもムラのないように塗っていきます。

この商品は皮脂を抑えてくれるのはもちろんのこと、ベースメイクの役割も果たしてくれます。またピンクベージュにすることで明るい印象にしてくれます。顔が赤ら顔で気になる方は、ライトブルーをおすすめです。

パウダーファンデーション

次にパウダーファンデーションで肌をきめ細やかく整えていきます。プチプラで高品質なちふれのUVバイケーキのピンクオークル系を使用します。

こちらの商品は、汗や水に強く皮脂対策したい方にはおすすめです。カラーも4色あるので自分の肌に合わせて使用することをおすすめします。

アイカラー

皮脂対策を終えたら夏空に映える明るいメイクに移ります。

まず、アイカラーは暖色系をおすすめです。なかでもピンクは王道であり万人受けします。また必ずパールが入ったものをおすすめします。なぜなら、夏は太陽の出ている時間が長い季節でもあるため、常にライトを浴びているような感じです。そのため、目もとがキラキラと輝くパール入りのアイカラーがおすすめです。

オルビスのアイカラーピンク系は発色もよく、色もちも大変良いものです。

リップ

リップはオルビスのUV対策用のリップサンスクリーンを使用すると紫外線対策に良いです。

アイブロウ

眉は皮脂に強く自然な書き心地を実現する資生堂のアイブロウペンシルを使用すると良いです。

パウダー

最後に顔全体にパールの入ったパウダーで仕上げます。

使用するのは、無印良品のルースパウダープレストタイプのパールナチュラルです。こちらはラメが大変細かく、夏の明るい日差しにパールがキラキラと輝き、顔を明るく見せてくれます。私もこの一連の流れの通りに夏はメイクをしています。

このやり方で皮脂でメイクが崩れることもなく、夏に合うぴったりのメイクに仕上げられ、周りからも好印象を得ています。夏は皮脂でメイクが崩れやすく明るい洋服にお顔が負けがちですが、この一連の通りにされれば夏にぴったりのメイクになります。

外せない3つのポイント!

気温がとても高くなる夏の季節、この期間だけのスペシャルメイクを実践することが大切です。

①氷で素肌をクールダウン

朝塗ったファンデーションが溶けてしまうのは、室内のエアコンで素肌が乾燥し、いつもより皮脂の分泌が多くなってしまうから。開いた毛穴の上にそのままファンデーションを重ねてしまうと、化粧がヨレやすくなります。

開いた毛穴をきゅっと閉じさせてくれるのが、冷蔵庫にある氷。洗顔後の素肌にくるくる円を描くように載せることで、開いた毛穴が閉じやすくなります。伸びきった皮膚を戻す収れん作用もあるため、素肌がキメの整った印象になります。

②メイク下地は必ず使う

暑い夏の朝は、メイクは短時間で終わらせたくなるもの。素肌の上にファンデーションを重ねてしまうと、時間が経ったときの崩れる原因になります。面倒であっても化粧下地は必ず用いることが、メイク美人の鉄則。

下地をつかうことで素肌の上にもう一枚ベースが作られるため、エアコンの風や紫外線に負けない透明感のある肌を手に入れることができます。下地はしっとりタイプより、さらさらタイプの方がこの季節はおすすめです。

③ルースパウダーをつかう

ファンデーションの仕上げには、ルースパウダーをはたいてツヤを与えてあげます。ファンデ―ションの上に軽いルースパウダーを塗ることで、カバー力もアップ。汗や皮脂に負けない、艶やかな素肌と出会えます。ルースパウダーにはお肌を保湿してくれる嬉しい効果もあるため、真夏でもくすみにくい潤い肌と出会えます。

リキッドファンデのみだと夏場は崩れてしまうので、上にルースパウダーを載せてしのいでいます。ベタベタ脂ぎっていた素肌がパウダーを載せることで、透明感のある優しい表情へ。ラメの入ったパウダーを使っていますが、キラキラ光って浴衣にも似合います。

暑い季節は水ありタイプのファンデーションにかえています。スポンジに水を含ませてファンデーションを塗ると、朝から爽やかにみずみずしく使えます。水なしで使うとマットな印象になるのですが、水ありで使うとうるっとした艶やかな表情へ。女っぽいメイクが楽しめるので気に入っています。

気温が急上昇する季節こそ、普段のメイクとは異なる技アリメイクを試してみたいもの。ほんのひと手間加えるだけで、崩れやすいメイクが崩れにくいメイクにかわります。涼し気に魅せるテクニックを知って、快適な夏をお迎えくださいね。

ベースメイクアイテム

メイク崩れを防ぐためには、ベースメイクアイテムの選び方と使い方がポイントになります。

まずはベースメイクアイテムの選び方です。

メイク崩れの原因は汗と皮脂なので、汗と皮脂を抑えるようなベースメイクアイテムを使うと崩れにくくなります。

皮脂吸着パウダーや皮脂固化パウダーなどを配合しているものだと、皮脂を吸着したり固めたりしてくれるので崩れにくくなります。化粧下地は肌に直接触れるもので、これをしっかりとしておくと崩れにくくなるので、皮脂吸着パウダーなどが配合されている化粧下地がおすすめです。

リキッドファンデーションは油分が多いので、皮脂分泌量が多い方はリキッドを使うと崩れやすくなります。そのため、脂性肌はパウダーファンデーションがおすすめです。

乾燥肌でもメイクが崩れることがあると思いますが、これは不足している潤いを補うために皮脂が分泌されるからです。乾燥肌がパウダーファンデーションを使うと肌がカサカサになることがあるので、保湿成分を配合しているクリームファンデーションを選ぶとよいでしょう。

崩れにくくするためには、メイクの仕方にもコツがあります。

まずはしっかり保湿ケアを行いましょう。化粧水で水分を与えたら、乳液やクリームで肌をカバーします。

夏は化粧水だけでケアをしている方もいるかもしれませんが、化粧水だけでは潤いが足りないので、乳液またはクリームを使ってください。しっかり保湿をしておくと、乾燥を補うために過剰に皮脂が分泌されるということを防げます。

関連記事:メイク下地・化粧下地は化粧水(ローション)と乳液だけ!肌に優しい負担を減らす

スキンケア化粧品がよく乾いたらメイクをします。乾いていない状態でメイクをすると、メイクと肌との密着力が低下をして崩れやすくなります。

厚塗りは崩れの原因になるので、化粧下地は薄めに塗ります

化粧下地を塗ったら軽くティッシュオフをして余分な油分を取り除き、それからファンデーションを塗ります。ファンデーションを塗るときには、顔の内側から外側に向かってブラシやスポンジを動かします。少し足りないかな?というくらい薄つきにしましょう。崩れにくくするためには薄つきがポイントです。

最後にフェイスパウダーを使用します。フェイスパウダーは余分な皮脂や汗を吸着して、肌表面をサラサラな状態に保ってくれます。

夏場はメイク崩れしやすい季節ですが、ベースメイクアイテムの選び方に気をつけたり、メイクの仕方のコツをつかめば、汚く崩れることを防げます。お気に入りのアイテムを見つけて上手にメイクをしてみましょう。

化粧崩れしにくいメイク方法とメイクアイテム

夏になると、化粧崩れや毛穴落ちが気になりますよね。特にTゾーンの脂浮きから崩れることが多くなります。

そんな化粧崩れを防ぐためには、肌の状態から見直すことが大切です。

続いて、化粧崩れしないための肌のケア方法やメイク方法、オススメのメイクアイテムなどについて紹介します。

デートや面接など、大切な時に化粧が崩れてしまうと印象が悪くなってしまうことが多いです。疲れた印象に見え爽やかさや、美しさが半減してしまいます。そして、毛穴の開きやファンデーションのムラは清潔感を失う結果に繋がりかねません。

そのため、エチケットを守るためにも化粧崩れを防ぐことが大切なのです。自分の肌質を理解して、適切なケアをすることが重要です。

スキンケア

化粧崩れを防止するために必要なことは、まず素肌のケアや管理をしっかりすることです。

素肌に余計な油分が残っていると、毛穴浮きやファンデーションの崩れの原因になってしまいます。

夏の暑い時期は、寝起きでも肌がべたべたである場合が多いので、しっかりと洗顔するように心がけましょう。

ただし、ゴシゴシと負担をかけてしまうとかえって肌が傷付いたり、石鹸の成分が肌の皮脂を奪いすぎて、保護のために皮脂の分泌が過剰に促されることもあるので、丁寧にすばやく行うことが大切です。

石鹸は油をとりすぎない、自分に合った物を選ぶと良いでしょう。

そして大切なのは保湿と毛穴の引き締めです。たっぷりと化粧水を肌に浸透させたのち、保冷剤などをハンカチにくるんで毛穴を引き締めると化粧が崩れにくくなります。

メイクスタート!

化粧下地

肌のコンデションが整ったら、いよいよメイクですが、ここで大切なのは、下地を二種類使うことです。

まずは、毛穴の開きをブロックする毛穴専用の下地を使うようにしましょう。

毛穴に埋め込むように肌を引きのばしながら塗り込むことが大切です。

おすすめのアイテムは「エテュセのオイルブロックベース」や「マジックプロのポアカバー」です。

⇒参考記事:【毛穴が隠れるカバー力!】人気でおすすめプチプラ化粧下地ランキング

毛穴用の下地がさらさらと乾いてきたら、肌全体に化粧下地を塗るようにしましょう。

化粧崩れしにくい人気の下地は「プリマヴィスタの皮脂崩れ防止下地」や「マキアージュのドラマティックスキンセンサーベース」です。

ファンデーション

下地が肌になじんだファンデーションを塗るのですが、化粧崩れを防止するためには、リキッドファンデーションよりも、パウダーファンデーションの方が無難です。
リキッドファンデーションはカバー力がありますが、その分油分も強めなので、オイリー肌の人には向いていないこともあります。

どの形態のファンデーションが自分に合うのかチェックすることも大切です。

オススメのパウダーファンデーションは、「エスプリークのピュアスキンパクトUV」や「マキアージュのドラマティックパウダリーUV」です。

⇒参考記事:毛穴シミを隠すと人気!おすすめファンデーションランキング

ポイントは、重ねすぎないこと!

化粧崩れを防止するためには、あれこれメイクを重ねすぎないことが大切です。

下地でしっかりと皮脂を抑え、ファンデーションは薄づきにするように心がけると、化粧崩れがしにくく、崩れても目立ちにくくなります。

また、化粧を重ねすぎるとメイクオフの時に肌に負担をかけ、それが皮脂の過剰分泌という結果になってしまうのです。つまりメイクはナチュラルに、メイクオフと肌のケアをしっかりと行うことが、夏の美肌と美メイクのための鉄則なのです。

出かけて間もないのに、化粧のくずれた自分の顔を見てしまうと気持ちも萎えてしまうものです。

また、相手に会う時に恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

夏のオシャレを快適かつ爽やかにするためには、化粧崩れを防止することが大切なのです。

汗ばむ夏に崩れないファンデーションのやり方

汗ばむ季節にはファンデーションが崩れやすくなるという声を良く聞きます。実際、そういう人を目にする機会も増えます。

いくらスキンケアを頑張って美肌を維持していたとしても、ファンデーションがムラになってしまったり崩れてしまっては元も子もありませんよね。

ファンデーションが崩れやすいと言う人は、お肌が汗ばんだ状態でメイクをしていませんか?お肌の汗が完全に引いた状態でファンデーションを付けるようにすれば、ファンデの密着度が上がり、綺麗に付いて崩れなくなります。

夏場にメイクをする時は、部屋の温度を低めにしておきましょう。少し肌寒いくらいが丁度良いです。スキンケアを行う時も冷えた部屋で行います。特にクリーム類は、汗が引いた状態でないとムラになってしまいます。そのクリームのムラも、ファンデのノリに影響してしまいます。

下地には、化粧下地にもなる日焼け止めがおススメです。日焼け止めは、汗や皮脂に強い処方になっていますので、夏場のメイクには最適です。日焼け止めは、美容液成分が入っていて保湿効果のあるものをセレクトしましょう。冷房で夏のお肌も意外と乾燥しやすくなっているんですよ。

ファンデーションには色々なタイプがあり、汗に強いとか、崩れにくいというのをセールスポイントにしているものが各メーカーから色々と発売されています。

どのタイプのファンデを使うかは好みが分かれるところですが、どのファンデを使うにしても、少し薄めに付けるのが、崩れないポイントです。

薄めに付けることを考えて、ある程度のカバー力があるものをセレクトするのが良いですね。

下地に使う日焼け止めも、多少色の付いたものを使うと綺麗に仕上がります。

一番おススメなのは、クリームファンデーションにフェイスパウダーを薄く付けて仕上げるという方法です。是非一度試してみてほしいです。

お肌にピタっと密着して、夜まで崩れませんよ。お化粧直しは、脂取り紙で余分な皮脂を取って、プレストパウダーを軽く付けるだけでOKです。夕方になると顔色がくすんでくるという人は、顔色を明るく見せてくれるプレストパウダーを使ってみましょう。顔色が明るくなって、お顔の印象が変わりますよ。

私は夏場にメイクをする時には、ご紹介したような方法でメイクをしています。

ファンデーションは、ディオールプレステージのクリームファンデーション「ラ クレーム ドゥ タン」を使用していますが、温泉に入っても崩れません。通常の量を付けると厚塗り感があるので少量しか付けていませんが、少量でもよく伸びて綺麗に付くので、コスパの大変良いファンデです。

<<クリスチャンディオールのAmazon公式ショップ>>

ファンデ―ションを付ける前の下準備でファンデが綺麗にノリやすい状態にすることと、自分の肌質にあったファンデーションを上手に使うことで、夏場のファンデ崩れとさよならすることができます。

夏場は崩れても仕方ないと諦めていた人も、いつものメイク方法を少し変えるだけで、一日中崩れ知らずになりますよ。お化粧直しが楽になるというのも、忙しい人にとっては嬉しいポイントなのではないでしょうか。

この機会に、アンテナを張り巡らして自分に最適なファンデーションを見つけてみましょう。

リキッドファンデーション+パウダーファンデーションという人もいます!

まずリキットファンデーションは、粉浮きや粉吹きが悩みの人におすすめのファンデーションです。肌にピタッと密着し、うるおいを与えて乾燥を防ぐことが期待できるファンデーションとなります。

一方、パウダーファンデーションは、さっと手軽に塗る事ができる点となります。また、素肌のような透明感を出す事ができるうえ、くすみにくく、メイク崩れしにくくなるのもパウダーファンデーションのメリットとなります。

そして、この2つのファンデーションのメリットをうまく活用する事が、夏のファンデーション選びには重要なポイントだと言えるのです。

リキッド+パウダーを使う事の効果

多くの場合、リキットファンデーション、パウダーファンデーションのどちらかを愛用しているかと思います。しかし、どうしても、メイクが落ちやすい夏こそ、この両方のメリットを生かし、リキッド+パウダーを使用する事が重要になると言えるのです。

皮脂や汗に強いタイプのリキッドファンデーションを使用する事で、汗によるメイク崩れを防ぐ効果を得る事が可能です。

そして、仕上げにパウダーファンデーションを使用する事で、べたつきを抑え、サラッとした肌を演出することが可能になります。

リキッド+パウダーの使い方

基本の順番は、化粧下地・リキットファンデーション・パウダーファンデーションとなります。

①まず、メイク前には、化粧水や乳液などのスキンケアアイテムでたっぷりとうるおいを与え肌の調子を整えます。ここで手を抜いてしまうと、メイク崩れの原因になってしまうほか、ファンデーションのノリも非常に悪くなる為、必ず手を抜かず進めてください。

②その後、リキットファンデーションは、出来るだけ薄く塗っていきます。夏の肌にファンデーションの厚塗りは厳禁です。その為、必ず、薄く丁寧に伸ばしてリキットファンデーションを塗っていきます。

③そして、その後、仕上げにパウダーファンデーションを塗る事で、暑い夏でもメイク崩れを抑え、ファンデーションの効果を持続させる事が可能になります。

とは言っても、汗をかくとどうしても、メイク崩れが起こってしまいます。その為、こまめにメイク直しを行う事をお勧めします。その際は、パウダーファンデーションを利用します。そうする事で、手軽にメイク直しを行う事が可能です。

夏のメイクの場合、汗や皮脂の事ばかり気にしてしまいがちですが、見落としがちな乾燥にも注意が必要です。その乾燥を防ぐためには、日頃の肌ケアが重要となる為、その点にも手を抜かず手入れしておく事をお勧めします。

以上が夏のファンデーションについてです。

夏の暑い季節に少しでもメイク崩れを防ぎたいと思う際は、リキッド+パウダーの重ね付けをする事でメイクの仕上がりもよく、尚且つ、メイク崩れを防ぐ事が可能になります。

ただし、その際は、どちらも厚塗りになる事に注意し、出来るだけ薄く重ね塗りをしておく事をお勧めします。また、こまめにパウダーファンデーションを利用し、メイク直しを行う事も重要となる為、その点においても、お勧めします。

私の夏のメイクのコツ!

梅雨明けも間近、真夏も目前ですが、気になるのが紫外線と汗によるメイク崩れですよね。

朝のスキンケアで基本のスキンケアを夜よりも濃厚なものは避けて、気持ち夜よりもさっぱり目にして、崩れにくい下地を使います。

最近、ウォータープルーフなのに石鹼で落とせる日焼け止めが多いですが、顔用で下地効果のあるものがおすすめです。その中でもBBクリームのようなものがありますので、私はそちらをおススメします。

または、ラベンダー色のものは顔色がトーンアップするので、こちらもおすすめです。

次に使うファンデーションですが、崩れてしまっては意味がないので付属のスポンジを使わずに、ファンデーション用のブラシを使うとムラが無く均一に仕上がるのでおススメです。

関連記事:

汗をかく暑い夏におすすめ!化粧下地とBBクリームの人気プチプラブランド

【日焼け止め効果のあるUVカット化粧下地】おすすめプチプラランキング

下地にカバー力のあるものを使うので、なるべく薄く伸ばすことでメイク崩れを防いだり、目立たなくすることが出来ます。

ファンデーションは汗水に強いタイプが真夏の必須アイテムです。

そしてファンデーションの上からオシロイのような色のつかないフェイスパウダーを仕上げに使います。メイク崩れをグッと抑えてくれる効果があります。

下地に紫外線対策ばっちりのカバー力のある物を使うので、ファンデーション無しで、下地にフェイスパウダーのみでも、十分お肌が綺麗に見えます。

何度も申し上げますが、真夏のメイク崩れは見た目にも醜いですので、薄く仕上げるのが崩れを目立たせないですし、スキンケアと下地をしっかりとしていればフェイスパウダーだけでもしっかりメイクした感があるので、一度お試しいただきたいです。

関連記事:すごく良い!プチプラなおしろいファンデーションランキングと使い方

次に各パーツですが、最近はあまり眉毛を細くするのは流行っていません。

あまりカーブを付けずに、太めに真っ直ぐなアイブロウが今年の流行りで、可愛い印象に仕上がります。

チークはやりすぎると酔っ払いみたいになってしまいますので、自然にふんわり入れるようにしましょう。付属のブラシは使わずにチーク用のフェイスブラシを使うと、簡単にふんわりと自然に仕上がります。プチプラだと、百円ショップのブラシがいい仕事をしてくれますので、かなりおススメです!

関連記事:【20代30代のモテるナチュラルメイクの方法】ベース,アイメイク,チーク等のやり方

アイシャドウは夏らしくブルー系を薄っすら若しくは、ブラウン系を薄っすら入れて瞼に陰影を乗せると可愛いです。

またまつ毛は、ファンデーションを使う場合はウォータープルーフタイプのマスカラが真夏の必須アイテムです。フェイスパウダーで、ファンデーション抜きの場合は、クリアマスカラやまつ毛の美容液などで、まつ毛に付いた粉などを落としてナチュラルに仕上げてみるのも可愛いと感じます。クレンジングを使わずにすべて石鹼で落としてしまえるので、面倒くさがり屋さんには、超おススメですよ。

関連記事:まつ毛のメイク直しにおすすめ!化粧直し用リメイクマスカラ

真夏のメイク崩れ、対策はしても汗をかいて気持ちが悪い時は、一度ふき取りタイプのメイク落としでメイクオフして、メイクし直してしまいましょう。すっきりして、気持ちもさっぱりしますし汚く崩れてしまったメイクは一度、落としてメイクし直してしまうのが一番ですよね。

関連記事:【簡単!化粧直しやメイク直しのやり方】メイクアイテムやコスメも紹介

また真夏は想定外の事を考えて、スキンケア用品は重いので携帯用のオールインワンとふき取りメイク落としは化粧ポーチに入れて外出されることをおすすめします。

アイシャドウベースで崩れにくい夏アイメイク

汗をかいたり雨が降ると滲みがちなアイメイク。朝出かける前にはあんなにこだわってアイメイクを施したのにアイシャドウは取れて、アイライナーが下まぶたについている。時間が経った顔を鏡に映すのは憂鬱になってしまいますよね。

その上、崩れてしまうアイメイクに合わせてお直し用のコスメをいくつも持ち歩くことを考えると、バッグもどんどん重くなっていくばかり。ただでさえ重くなりがちな女性のバッグ、荷物はできるだけ減らしておきたいもの。

そんな時こそ強い味方になってくれるアイメイクアイテムといえば「アイシャドウベース」です。

ファンデーションをつける前には下地を塗るのと同じように、アイメイクを施す前にはアイシャドウベースがあると仕上がりは大きく違ってきます。

使い方は簡単ですが、上手に仕上げるためにもちょっとひと工夫。ベースメイクを済ませた後にアイシャドウベースを塗ったら、ベースメイク同様にパウダーを叩き込んでおくのが最大のポイント。これでヨレにくく丈夫なアイメイクの下地が出来上がります。

こちらのアイメイクのベースを仕込んでおくとアイシャドウの発色は良くなり、時間が経ってもお気に入りのアイシャドウの色が消えていたなんてことは無くなります。

他にも、まつ毛のキワに塗ったアイライナーはしっかりベースに密着してくれるので、目のまわりで滲んでしまいパンダ目になってしまうといった悩みも解消できるんです。

国内での「アイシャドウベース」は馴染みのないコスメ商品であり、まだまだ知られていないアイテムです。何年も前から海外では当たり前のように使われていましたが、最近では国内でもいくつかのコスメメーカーが発売するようになっており、ドラッグストアやバラエティショップなどのプチプララインでも手に入れることが可能となりました。

国内で手に入るプチプラ商品であればキャンメイク、NYX Professional Makeup、海外メーカーの商品であればUrban DecayやNARSの製品も人気が高く、どうしても手に入れたいと思った時は大手ネット通販で気軽に購入できます。

<<キャンメイク>>

<<NYX Professional Makeup>>

<<Urban Decay>>

<<NARS>>

これでお直し用のアイメイクコスメをたくさん持ち歩く手間は省けます。雨が降ったり汗をかいても崩れの無い朝イチバンのアイメイク発色はそのままで、1日中鏡を見るのも楽しくなりますよ。アイシャドウベースでワンランク上のアイメイクを手に入れてみてはいかがでしょうか。

夏のメイク直しにはオイル美容液をプラス

気温と湿度が高い夏場はメイクが崩れやすい季節です。いつの間にかメイクがドロドロに、頻繁にお直しが必要で面倒、こんな悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

皮脂分泌量が多い脂性肌はメイク崩れしやすいイメージがありますが、乾燥肌も夏場はメイク崩れをしますよね。しかし、崩れを防ぐために乾燥肌が崩れ防止コスメを使うと肌が乾燥してしまうことに。

そんな乾燥肌も、湿度高めのツヤ肌を作っておけばきれいが続きます。

オイルをプラス!

夏場は汗や皮脂の分泌量が多くなりメイクと肌の密着力が低下をするため、メイク崩れをしやすくなります。普段はメイク崩れが気にならない乾燥肌も、夏場になると崩れが気になってくるのではないでしょうか。

そんな乾燥肌は、オイルをプラスしてお直しをすることがおすすめです。

皮脂を取り除くメイクをしていると、乾燥肌は肌の乾燥が進行をしてしまいます。すると、これ以上乾燥しないように肌を守るために皮脂が分泌されます。そして、メイク崩れを起こしやすい状態に。

また、乾燥が進行をして肌がシワシワ、カサカサになってしまうこともあります。だからこそ、オイルで潤いをプラスします。お直しの際にオイル系美容液を使うと、しっとりツヤ肌が復活します。

お直しのやり方

オイル美容液を綿棒に含ませます。下まぶたや口元など、崩れた部位を綿棒で拭うようにオフします。

皮脂が浮いている部分は、軽くティッシュで押さえます。あぶら取り紙は必要以上に皮脂を取り除いてしまい、必要な皮脂が不足することで過剰な皮脂分泌を招くことになるので、ティッシュを使ってください。

指の肌にオイル美容液を薄くとり、頬にトントンとおくようになじませます。

クッションファンデーションをスポンジの半分ほどとり、オイル美容液でメイクが薄くなっている部分に塗ります。目の周りや口元などは、スポンジの角を使って軽く押さえます。

ポイント!

オイル美容液を頬につける量は、ほんの少しで十分です。オイルを使いすぎると肌がベタベタになってしまいます。

崩れやすい部分はファンデーションを塗りすぎないようにしましょう。カバーするために厚塗りをしたくなりますが、厚塗りをすると不自然に目立ってしまったり、崩れやすくなります。

お直しにはクッションファンデーションを使うことがおすすめです。クッションファンデーションはリキッドファンデーションのようなツヤ感と潤いがあるのですが、リキッドのように手を汚すことなく使えます。外出先で使用するのに便利です。また、パウダーファンデーションと違って肌が乾燥しにくくなります。

メイクが崩れやすい夏場は、お直しが面倒に感じませんか。せっかくメイク直しをしたばかりなおに、すぐに崩れてしまって再度お直しが必要ということも。メイク崩れを防ぐために崩れ防止下地を使うことがあると思いますが、乾燥肌が使うと肌がカサカサになってしまうことがあります。

そのため、乾燥肌はオイルとクッションファンデーションを使ってお直しをすることがおすすめです。この2つを使うことでしっとりツヤ肌が完成します。きれいが長く続くし、潤いを与えることでエアコンなどによる乾燥を防ぐことにもなります。

オイルを使うなんて面倒と思うかもしれませんが、ひと手間で仕上がりが変わります。

スポンサーリンク