【片思いの好きな男性、女性へのアプローチ方法】成功するアピール,サインとは?

好きな人と両思いになりたいあなたへ

現在、気になる男性や女性がいるけどどうやってアプローチしたらいいのか、それに彼は私をどう思っているのだろう。

恋する女性はみんな同じことを考えて悩むもの。

いつも一緒に過ごせる間柄ではなく、例えば、取引先の方で1カ月に1度会えるか会えないか、職場で1日1回顔を合わせるだけ、もしくは学校や駅でよく見かけるだけで話す暇もない・・・・そんな時はまずは自分自身を相手にどうやって印象づけるか、まずはそこから始まります。

片思いで切ない、彼の気持ちをどうして振り向かせられるの?

片思い アプローチ

顔を合わせれば挨拶程度はできる間柄の関係性の前提で話を進めていきますね。男性にまず自分は「あなたに好意があります」ということを知ってもらう必要があります。

「ここで勘違いなさらずに!」

何も告白しましょうっていうことではありません。最終的な告白、お誘いは男性のお仕事です。あなたがすべきことは、意中の男性が「ああ、この子は自分のことが好きなんだな」とわかってもらうことです。

これはハッキリ言えます。

『多くの男性は女性からのアプローチに非常に弱いです。』

もちろんその男性に彼女がいるとか、片思い中の女性がいる、男性がすごいモテ男だとか、面食いで美女しか眼中にないと決めているなど、例外はあるかもしれませんが、それらはかなりレアなケースです。

ほとんどの男性は女性から好意を持たれることに悪い気はしません。

これは私の旦那や旦那の友人たちに聞いてみても、上記のことに賛同してくれました。

そして「会う回数を増やす」!

女性も同じだと思いますが、男性は「微妙な関係性」である女性に対して恋愛感情を持ちやすいものです。

具体的に言うと、相手が自分のことをどう思っているのか分からない遠すぎる関係性、もしくは仲良しになりすぎて近すぎる関係性の場合、恋愛感情が生まれにくくなるということです。出会い始めの期間、たまに出会って話をする関係性の方が心がトキメキやすくなるものです。

そのため、あなたがもし意中の男性と親しい関係でなければ、まずは出会う回数を増やそうとすることから始めてください。注意点は「あなたに会いに来た」という意図をこの段階ではまだ出さないことです。あくまで偶然を装いましょう。

「最近良く会うな♪」と相手に印象付けてください。

勇気を出して!目を合わせるだけでOK

好きな人 アプローチ

勇気を出しましょう!

とりあえず、彼をじっと見つめることです。人間というのは見られていると気がつくもの、視線というのは思っている以上に相手に伝わるものなのです。そこで1秒、2秒でもかまいません。ぱちっと目が合えばいいんです。そんなことを繰り返していれば、どんな鈍感な男性でも「あれ、なんか見られている?」と意識し始めます。

ある心理学の論文で「見知らぬ人の目を見つめると恋に落ちる」という実験の検証結果が書いてありました。

“知らない間柄でも、互いに見つめ合うことでロマンティックな恋愛感情を与える”

視線は相手の心を湧き立てさせる武器となるのです。

恥ずかしくて赤くなっても大丈夫、むしろそれは好意として伝わります。

じっと見つめて目が合いました。

は…恥ずかしいと目を思わずそらしてしまいましたか?

いいんです、それで。それで男性は気がつきますから。

「自分を見て恥ずかしそうに目をそらした、ははーん自分に好意があるんだな」と大体察してくれるはずですよ。そこで、男性が嫌な気分になるはずもありません。そもそも嫌な気分になるような女性でしたら、挨拶もそこそこ目が合うようなことはよっぽど仕事で接触しない限りはありません。目が合って挨拶をしてくれるというのは嫌いではない・・・とポジティブに考えて大丈夫です。

女性が勇気を出して目線を合わせていれば、あとはその好意に気がついた男性がリードしてくれるはずですよ。

年上で積極的な性格な方ならば優しく見つめて笑顔で返してくれるでしょうし、草食系タイプ、シャイな方でもぎこちなくても笑顔か、もしくは同じように恥ずかしそうにうつむいてしまうかもしれませんが、話しかけてくれる回数が増えたり、目が合う回数が増えたりと変化は起こるでしょう。

恋愛の始まりはそんなことの繰り返しです。だんだんと話す時間や見つめ合う時間が多くなっていくものです。
焦って早く結果を出す必要はありません。大人の恋愛はゆっくりペースで静かに燃え上がるもの。

もしも、じっと見つめていてもそっけなく目をそらされたり、近くに寄らなくなった、避けられているようだと感じるのであれば今はその気は彼にはないのだと一旦引くことですね。でも好意を寄せられて嬉しくないという男性はそうそういないと思いますから、あきらめず待つという選択もありですよ。

“男って好きな女性に対してどういうアプローチをとるのでしょうか?”

こういう言葉を言ってくれたから、ああいう態度をとったから。そんな杓子定規なものではありません。あるひとつの行動をあげつらって、「だから好かれてる」とは断定できない。好きだ好きだと連発する男もいるが、あえて素っ気ないそぶりをとってしまう男もいます。

百人百様です。

ただ、ひとつだけ共通点があります。

とにかくあなたの近くにいようとする。好きな人のほうに寄っていく。

最後に、目が合う、笑顔をくれる、近づいてくれる。仕事でも義務でもない場合なら、これは好意です。大切に温めていきたいですね。

気になる女性へのアプローチ方法

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e6%81%8b%e6%84%9b

世の中には何億のカップルが存在しています。

しかしカップルとして成立するには、男女どちらかが気持ちを相手に伝える事によって成り立ちますが、その思いをなかなか相手に伝える事が出来ずに苦しんでいる方も多いかと思われます。

このように、なかなか相手に勇気を持って告白出来ない人へ、私が経験した事をご紹介します。

まず言葉に出来ないのなら、「さり気ない行動でアピールする」事です。

まず相手が身近にいるのであれば、ちょっとした事で心配してあげる事も一つの手段です。

例えば、相手が少し体調な状態であれば「具合悪そうだけど大丈夫?」と一言掛けてあげるような言葉です。もしその相手が同じ職場の同僚であるならば「俺が代わるから少しやすんで居なよ」と声を掛けるのもいいかと思います。

さらに天気が悪い日も都合が良くなる事もあります。急な雨で意中の人が傘を忘れてきた時なんか好都合となってきます。気がある女性に「俺もう1本傘持っているからこれ使いなよ」と渡すのです。

勿論、自分は今持っている傘1本しかない状況となっているのですが、例え雨に濡れたとしても男らしく濡れて帰るのです。そんなズブ濡れになりながら帰っていく姿に女性は心惹かれてしまうものです。

次に友達関係いなる異性に好意を持っている場合です。

二人っきりで遊ぶという事はなかなか出来ないかと思われますので、何人かのグループで遊びに行ったり、BBQなんかを行う場合がチャンスとなります。

まず率先して飲み物を買いに行く事です。そろそろ喉が渇いたなと思ったら何も言わずにドリンクを買いに行き「良かったら飲みなよ」とさり気なく渡してあげる事で意中の人は「凄い気遣いが出来る人」と感じます。また色んな事にも自分から率先して行動する事で「頼れる人」のイメージを与える事も可能となってきます。

女性にとっては顔がイケメンよりも心がイケメンな人に惹かれていくものなので、自分をよりアピールする事で彼女をゲットする事が出来るのです。

自信の無さや不安な気持ちによって正しい行動を取れなくなっていませんか?

人を好きになったとき、多くの人は幸せな気分になる反面で臆病になったり不安になったりとデリケートで不安定な気分になると思います。

そのせいで好きな人と積極的に話せなくなったり、好きな人と近づきたいのに距離を取ってしまったりすることも多いのではないでしょうか。

私自身も以前は好きな人ができたときは必ずと言っていいほど自分が望む行動とは逆の行動をしてしまい、好きになった人と距離ができてしまうことがよくありました。でも、そういった事象が自分のことではなく客観的に他人の行動として見たときあなたはどう思うでしょうか。

例えば恋愛ドラマを観ているときに、主人公が恋愛対象に消極的で積極的なアピールをできなかったり、恋を成就させるものとは真逆な行動をとったりしていたら「もっと素直になって行動しなさい」とやきもきすると思います。そう、多くの人は客観的な視点で見れば恋を成就させるための正しい行動はわかっているのです。でも、それが自分のことになると自信の無さや不安な気持ちによって正しい行動を取れなくなっているだけなのです。

自信の無さや不安な気持ちはなぜ生まれてくるのか。それは結果を気にし過ぎるためです。相手に気持ちを上手く伝える自信がない。相手に恋心が知られてしまったら嫌われるかもしれない。そういう気持ちが正しい行動を取れなくさせてしまいます。それでは正しい行動をとるためにはどうしたら良いのでしょうか。

私は誰かを好きになったとき行動と結論を分けて考えるようにしました。いわゆる「人事を尽くして天命を待つ」という思考です。不安な気持ちというのは言ってみれば自分が傷つきたくないという自己本位な考えですが、相手に好かれるため、または相手に気持ちを伝えるためにはどうしたら良いのだろうかと思って行動することは相手本位の考えになります。相手本位に行動する方が、より相手に気持ちが届くというのは当然のことです。実際に私は結果を恐れて自己本位になり相手に気持ちが届かないことを止め、結果を気にせず相手本位になって気持ちを伝えるようにして恋を成就しました。

①経験者が語る!女性の体験談とアドバイス

%e7%89%87%e6%80%9d%e3%81%84%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81

『片思いの彼がいるあなたは色々と考えた上で、アプローチをした方が良いですよ!』

私は好きな人がいると、自分から積極的にアプローチをしていく方でした。とは言っても相手が全く脈なしだったり、どう考えているのかわからないという相手にアタックしていく勇気まではありませんでしたし、相手がどう思っているのかを探りながらでした。

そんな私がまず相手にアプローチする上で心がけていたこととしては、相手の恋愛について最低限の情報を得るということでした。相手に彼女はいるのか、好きな人はいるのかなど、直接的にもしくは間接的に情報を得た上で攻めるということにしていました。

一度私が恋人がいる状態で、他の男性から告白されたことがあったのですが、その人は情報を得ようと思えばいくらでも得られるような関係だったので、そこを調べないままで告白するのかとビックリしたことがありました。

また片思いをしていて告白して振られてしまうと、今までの関係もぎこちなくなるのではないかという心配をする人もいますが、そこは心配しすぎると行動をすることができなくなってしまいます。私の経験上では振られたりすると、しばらくはショックを受けることもありますし、お付き合いをして別れた後もしばらくは前と同じようにはできなくても、一歩踏み出すまでにあきらめてしまうという後悔よりもよっぽどましかと思うのです。

片思いをしていて得られるドキドキも幸せではあるのですが、やはり一歩踏み出してこその恋愛、それを叶えてこその幸せというのがあります。

アプローチをして結果的にカップルになるためには、相手とたくさん話して距離を縮めたり、連絡先を交換して連絡をして仲良くなったりということが大事になってきます。人間は自分のことを好きになってくれた相手のことは意識しやすくなるので、好意を持っているということを繰り返し伝えていくことで、徐々に相手がその気になり、告白をした時に受け入れてもらいやすい状況を作っていくこともできます。

私も男性の方から好意を持たれているかなという行動をされると一気に相手のことを意識して、それが恋愛につながることもあったので、好きな人がいる場合には、そういった気持ちを表現するのが恥ずかしいとは思わずに、好意を持っている気持ちを隠さずに振舞った方が良いです。

②経験者が語る!男性の体験談とアドバイス

%e5%a5%bd%e3%81%8d%e3%81%aa%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81

『相手が自分の事を好きか分からない場合もアタックし続けた方がいいですよ!』

はめまして。私の体験談をもとにアドバイスをしていきたいと思います。私は現在26歳の男性です。この当時は21歳に差し掛かる直前だったと思います。その時の事をベースに書いていきたいと思います。自分に自信がない、根が暗い、彼女がいた事がない人には参考になると思います。私が実際そうでしたので。

私が彼女と出会ったのは同じアルバイト先での事でした。彼女は私の後輩にあたる子でとても可愛いと噂になるような子でした。しかし、その時私は三人くらいの女子に話しをかけ、デートに誘って見たものの撃沈している最中でした。

ただ私はここで折れずに話しかけました。ここが1つ目のポイントなのですが、気軽に誘う練習をして、自分が誘う女の子を好きだと意識しない事が重要です。そして、いくら撃沈したとしてもくよくよせず、話しかけるようにした方が好きな子に振り向いて貰えるチャンスを作れると思います。

まず意識をしてしまうと声をかけるのも躊躇してしまうようになります。心情としては別にこの子が好きで話しかけている訳ではない、誘う訳ではないと割り切っていた方が話しかけやすくなります。

話しかける内容ですが私が話しかける時はできる限り共通の話題を振るようにしていました。その方が話は盛り上がりますし、好きなら今度一緒に行こうよと誘いやすくなるからです。

また話す姿勢ですが、目を見て話すようにするのが基本ですが、目を見つめ過ぎると意識してしまうので、視線を一旦逸らす時間を作るようにしましょう。自分で話し過ぎてしまうのも問題です。女の子は基本的には自分の話を聞いて欲しいっていう子の方が多いと思います。

なので話かけるという事とは別に聞き手に徹する事も大事です。ただ聞き手に徹するだけでなく、途中途中聞いてますよとアピールする事も大事になっていきます。私はこれらの事をした結果、アルバイト先の後輩と付き合える事になりました。皆さんも是非試して見てはいかがでしょうか。

③経験者が語る!女性目線でアドバイス!男性にされて良かったアプローチ方法

好きな子にどうやってアプローチしようと悩んでいる男性は少なくないと思います。今回は、女性の私が男性にされてぐっときたアプローチ方をご紹介しましょう。

簡潔に言うと、

『自分からどんどん積極的にアプローチするようにしましょう!』

傷つくのが怖い…、拒否されたらどうしよう…という不安はあると思いますが、自分が動かなければ現実は何も変わりません。積極的な女性も増えていますが、まだまだ女性は待つ側である場合が多いです。といっても、いきなりデートに誘うのはハードルが高いので、まずは挨拶し合える仲になれるように頑張ってみましょう。

日常的に挨拶し合える仲になれたら、次は挨拶に一言足してみましょう。「お仕事大変そうですね」「頑張ってください」などは女性としても嬉しい言葉です。「私のこと気にかけてくれているんだ」と思って、彼女があなたのことを意識するようになるかもしれません。

とりあえず軽い世間話ができるようになったら、もう一歩踏み込んでパーソナルな話をしてみましょう。趣味や好きな食べ物、ペットなどの話がおすすめです。この時注意したいのは、相手に質問ばかりしないことです。相手に話を聞いたら、自分のことも話すようにしましょう。

相手の好みなどがリサーチできたら、デートに誘ってみましょう。といっても、最初から雰囲気のいいバーなどに誘ってくる人は下心がありそうなので、初デートなら私は断ってしまいます。いきなり夜のデートだと警戒される可能性もあるため、一回目のデートは昼がおすすめです。女性の喜びそうな、雰囲気の良いランチができるお店を探してみましょう。

初デートでは、口説くことを考えるよりも、まずはもっとお互いのことを知るようにしましょう。いつの間にかお互い子供時代の話をしていた、なんて状況は理想的です。自分も適度に話しつつ、相手の話をどんどん引き出してあげましょう。そういう男性は女性から見てポイントが高いですよ。デートの回数を重ね、お互いに馴染んできたなと思った時が告白のタイミングです。

スポンサーリンク