【男性や女性との会話のコツ】好意をもたれ仲良くなれる話し方

1.男性と仲良くなりたい女性へ

男性と仲良くなりたいと思っている人は、多いのではないでしょうか。だからといって、そんな上手くいく人はそんないないと思います。

この記事は、そんな女性に向けたものです。

男性と仲良くなれる方法=媚びるわけではないので安心してください。

この方法を実践することで、会話の雰囲気が良くなるというか、なごむといいますか、色んな話を聞けるようになるでしょうし、会話のきっかけもたくさん生まれると思います。

自分の中でも物凄い変化をしたつもりはないと思いますが、確実に変化は生まれるはずです!

男性と仲良くなる方法とは「話を聞いてあげること」

会話 男子

ではどうするのかというと、話を聞いてあげて、適当に相槌を打ってあげるのです。

もちろん、適当というのは適切にという意味です。

“なんとなくやるのではありません!!”

男性は異性と話す際に、自分のことを話したい人が多く、一方で女性が話しまくると機嫌を損ねてしまう人もいます。

もちろんそれに当てはまらない人もいますが、割合的に高いのは確実です。

聞いてあげることで男性側はたくさん話すことが出来ます。

もちろん、聞くだけではありません。たまに、自分の言葉も挟めてあげてください。何も話さないでいると、相手は話を聞いているのか不安になるでしょう。

必要なのは、相槌(あいづち)

男子 会話

話の内容にもよりますが、いくら男性の友人が欲しいからといって、聞きたくない話まで聞く必要はありません。そんな話をするような男性と仲良くなっても、今後長く付き合っていく関係にはならなりません。

きっと、自分が苦労するだけです。

ですが、面白い話や興味深い話はどんどん聞いてあげてください。相手も、話を聞いてくれるというのが分かれば、どんどん話しかけてくれるようになります。だからこそ、ろくでもない話をするような人の話は聞かないほうが良いのです。なんでもかんでも聞けばよいというわけではないので、注意してください。

私の体験談

私自身が実践してみた結果、どうなったのかというと、話しかけられることは増えましたし、話しかけても笑顔で返してくれる機会が増えました。

メールも気軽に出来るようになりました。

私の目標は彼氏を作ることではなく男性と仲良くなることだったので、これは大成功です。

高校が女子校ということもあり、最初は男性と話すのにかなり緊張し、それによりぎこちない会話になってしまい、なかなか上手く関係を保てませんでした。ですが、この方法で1度上手く会話ができると、慣れてきて、緊張しまくっていたのが信じられないくらいスムーズに会話を楽しむことができています。

単純に、話を聞くのはとても楽しいです。無理に話を聞こうとするのではなく、面白い話が聞けるかもと思うとあまり負担にならないと思います。

自分から話したい人という人にとっては、聞くというのはもしかしたら苦痛に感じる人もいるかもしれません。もちろん、少し仲良くなったら自分も話すのはありだと思いますが、相手の表情によって上手く調整しましょう。

促されたときは自分も少し話したほうが良いでしょう。注意して欲しいのは、相手の話を遮らないことです。

その他の女性の体験談

男性と親しくしたいと思っていても、あまり話したことがないから話を広げて仲良くできないという悩みを持っている人も多いと思います。

そうした人は、これから紹介することを実践した方がいいですよ。

男性と話す時は、まずはこちらが聞き役になってみるといいでしょう。

男女間の会話では、会話を引っ張るのは男性の方が多い傾向にあるというデータが出ています。もし女性側が年下か同年代なら、無理に話そうとせずに聞き役に回ってみるといいでしょう。自分の話を静かによく聞いてくれる女性は、男性から見ると好感度が高いです。

次に、男性をプラスに評価するリアクションを取るようにしましょう。

これは会話ベタな人でも男性と仲良くできる効果的な方法です。方法としては、男性の意見に基本的に同意する形で相槌などを打ちます。例えば「休みの前日は、帰宅してすぐ風呂じゃなくて晩酌しちゃうんだよね」と言われたら、「その気持ちわかるよ」「週末くらいゆっくりしたいもんね」というように男性の思考に理解を示すような反応をします。そうすると彼も、この人なら俺のことを理解してくれるんだなと思うようになるでしょう。

相手に理解を示すのは、相手を受け入れる証とも言えます。なので、受け入れている姿勢を示していれば彼もいつの間にか居心地の良さを感じてくれるようになります。私も仲良くなりたい男性がいましたが、人見知りが酷かったので自分からなかなか打ち解けることができませんでした。

そこで聞き役に回り、彼の話をしっかり聞いて彼に同調したり、些細な事でも褒めたりすることを心がけました。そうした結果、普段クールな印象だった彼は「○○ちゃんはわかってくれるんだ?」とにこやかに言い、私に対してより心を開いてくれるようになりました。そして、段々私も自然に話ができるようになっていったのです。

相手がこちらに好意を寄せているとわかれば、必要以上に緊張することはありません。なので好きな人がいるけど、うまく会話ができなくて困っているという悩みを持っている人は、こうしたコツを実践してみるといいですよ。

もしすでに片思いの男子がいる方は、下の記事をチェックしてみてください↓

【片思いの好きな男性にサイン、アピールをしよう】アプローチの方法とは?

2.女性と仲良くなりたい男性へ

手紙で思いを伝える

草食系男子という言葉がある様に恋愛に興味はあるけど消極的でネガティブに考えてしまい、なかなか行動が出せない人は多いと思います。

しかし気持ちを変える事で恋愛に対して向き合える事が出来ます。

気持ちを変えると言っても簡単な事ではないと思いますが、自分自身に問いかけてみて下さい。

「自分は恋愛をしたいのかどうか」

という事です。

基本的な事ですが自分を見つめ直す事が肝心です。

私も学生時代は女子と話す事すら出来ませんでした。私からは会話は出来ずに、向こうから話しかけられても同級生にも関わらず、敬語で返していました。このように私はコンプレックスから女性と上手く向き合う事が出来ませんでした。もちろん恋愛にも興味はありましたし、彼女が欲しいとも思いました。

そんな私を変えたのは他の誰でもなく私でした。ある時自分で考えました。周りの男友達は彼女ができ、青春を楽しんでいる事、私は何をしているのだろうと思い、自分を変えようと思いました。

まず私が始めた事は女の子になれる事でした。会話する事も出来ない上に目を見て話す事も出来ない私は、仲の良い友人の彼女にお願いをして会話の練習をしてもらいました。同年代の子はどんな事に興味があるのかなど流行りや話し方を教えてもらい、週に4回ほど話し相手になってもらいました。無我夢中で話す練習をし、二ヶ月で普通に誰とでも話せる様になりました。壁を一つ越え、私は自分に自信が付きました。

すると自分自身で感じていたコンプレックスも気にならない様になり、ポジティブな考えが出来るようになりました。そこから私は本当に自分の中でやりたい事は自分で変えれば上手くいくという事を実感できました。大学に進学し、私はすぐ始めての彼女が出来ました。話し方も自然にでき、昔の私とは比べものにならないくらいの成長をする事が出来ました。

恋愛に向き合えない人は、自分自身の心を閉ざしている傾向が強いと思います。私自身もそうでしたが、ネガティブに物事を捉え、前を向こうとしないという事です。自分を変えるのは自分自身です。まず自分と向き合い考える事が恋愛を始める一つの方法だと思います。

スポンサーリンク