【白砂糖は害あって危険!?】白砂糖を減らした方が良い理由と代わりの砂糖の種類を紹介

 白砂糖は危険なの!?

みなさん、甘いものは好きですか?

「疲れた時には甘いもの」とよく言いますが、甘いものを食べると気持ちがホッとしたり、疲労が取れたりする気がしますね。しかし、お菓子などの甘いものは主に砂糖が原料として作られています。特に、砂糖の中でも白砂糖は私たちの体にとってとても悪いと言われているのです。

「砂糖の摂りすぎが体に良くないのは分かっているけれど、どうして良くないのかと言われると良く分からない」という方が多くいらっしゃることと思います。

そこで、今回は白砂糖が私たちの体に及ぼす悪影響について、さらに白砂糖の代わりに何を用いれば良いのかをご紹介したいと思います。

白砂糖絶ちをすることで得られる効果とは

そもそも、白砂糖とはどのような砂糖を言うのでしょうか。

白砂糖とは、主にサトウキビを原料としています。サトウキビのしぼり汁から得た結晶は本来ならば茶色をしているはずなのですが、その白さを出すために、人工的に加工し、精製するのです。その精製の過程で、サトウキビが本来持っているビタミンやミネラルなどの私たちにとって体に良い成分を根こそぎ取り除いてしまうのです。

つまり、白砂糖とは、栄養の無い甘みのある添加物なのです。

『その白砂糖を食べると私たちの体にどんな害が及ぼされるのでしょうか?』

①体を冷やす

まず、白砂糖は体を冷やすと言われています。

これはサトウキビが沖縄など気温の高い地域で育つため、体を冷やす作用を持っているのです。

②血糖値を上げる

また、白砂糖は、体内へ吸収されるスピードがとても速いのが特徴です。そのため血糖値が急激に上昇し、また下降するのもとても速いのです。
血糖値の激しい上昇は、血糖値をコントロールする膵臓を酷使し、ダメージを与えます。そのため、ダメージを受けた膵臓は血糖値の調節を上手くできず、その結果、低血糖症や糖尿病になりやすくなってしまうのです。

③ビタミンB1の消費

そして、私たちの体において白砂糖を分解する際には、大量のビタミンB1が消費されてしまいます。ビタミンB1が欠乏すると、肌荒れや口内炎、更には貧血、脚気などの原因となります。また、イライラしやすくなったりもします。

このため、白砂糖の摂取量を減らすことによって、私たちの様々な不調や病気の原因を取り除くことができるのです。

白砂糖絶ちの実践方法

では、どうやって白砂糖の摂取量を減らせばよいのでしょうか。

以下、白砂糖の代替品をご紹介します。

一番手軽なものは、「甜菜糖(てんさいとう)」を使うことです。

甜菜糖は白砂糖とは異なり、「甜菜(てんさい)」を原料として作られています。

甜菜は体を温める作用があります。また、甜菜糖にはオリゴ糖が含まれており、お腹の調子も整えてくれます。

次に、「黒砂糖」もミネラルが豊富に含まれており、白砂糖よりも良いとされています。

それ以外にも、メープルシロップや蜂蜜なども白砂糖の代わりとして用いられます。原料が米である米飴というものもあります。

蜂蜜であれば「マヌカハニー」がおすすめです!

%e5%96%89%e9%a3%9f%e3%81%b9%e7%89%a9

ニュージーランドに生息するマヌカの木の花から採取されたマヌカハニーは、非常に高い殺菌力を持っていて、炎症を和らげたりする効果があります。そんなマヌカハニーはインフルエンザのウイルスの増殖を抑えてくれる働きがあるのです。

またマヌカハニーはピロリ菌に対し効果的というのは有名ですね。体がピロリ菌を持つと、胃や十二指腸などの病気の原因になり、ピロリ菌感染が続くと慢性胃炎が引き起こされます。また、胃潰瘍などの疾患をはじめ、最悪は胃がんになる恐れもあると言われています。日本人の半数以上がピロリ菌に感染していると言われていますが、マヌカハニーはピロリ菌の撃退にも効果的です。

また、マヌカハニーは虫歯や歯周病にも効果があります。歯周病は細菌の感染によって起こる炎症性の疾患ですが、口内に歯垢や歯石が残っていると細菌が増え、歯肉に炎症が起きると赤くなったり腫れてきます。さらに、歯槽骨が溶けて歯が動くようになると、最悪抜歯の恐れもあります。

マヌカハニーは虫歯菌の抑制に効果的で、歯垢を減らし、歯肉炎を防いでくれます。マヌカハニーについての詳細は下の関連記事をチェックしてみてください。

【インフルエンザや喉風邪に効果的な食べ物】免疫力を上げ、殺菌作用があります

2016.10.25

このようにたくさんの代用品はありますが、自分が使いこなせそうなものを選び、普段の料理に取り入れていけば、白砂糖の摂取量を減らすことができますよ。

白砂糖絶ちのポイント

白砂糖の代替品を知ったからと言って、それらを過剰に摂取していては元も子もありません。

白砂糖よりは体に良いのは間違いありませんが、砂糖は砂糖。摂りすぎは体に良くないので気を付けましょう。また、完全に白砂糖を絶とうとすると、かなりストイックにならなければいけません。あまり根を詰め過ぎると、かえってストレスが溜まってしまうこともあります。無理はし過ぎず、できることから始めていくのが成功のポイントです。

以上、白砂糖を摂りすぎると私たちにどんな害があるのか、白砂糖の摂取量をへらすことで得られるメリットをご紹介しました。健康や美容のためにも、白砂糖の摂りすぎは避けたいものですね。

是非この機会に、少しずつ白砂糖の摂取量を減らし、私たちの体に及ぼされる危険を減らしていって頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク