【目が重い、目の奥が凝る】目のクマ、シワ、乾燥を治す解消方法5選

それって眼精疲労かも!

目を長時間使い続けると、痛くなったり、重くなったりする事があります。そのような症状を「眼精疲労」と言います。眼精疲労は目の疲れだけにとどまらず、肩凝りや頭痛、吐き気といった辛い身体の不調を引き起こしてしまいます。目が疲れやすいと感じたら、それは眼精疲労から来ているかもしれませんので、早めに対処することが必要になります。

もし眼精疲労でお悩みでしたら、参考にして頂ければと思います。

眼精疲労の症状としては、”目が疲れやすくなります”。また目や目の奥が痛かったり、重いような感じもあります。さらに目が充血したり、瞼がピクピクする痙攣、乾燥も起こります。目が疲れてくると、かすんできたり、酷くなると肩凝り、頭痛、吐き気などといった症状も起きます。

視力の低下が進む場合もありますので、目が疲れただけと放っておくのは危険です。しかし、眼精疲労を改善する事で、普段から目の疲れも改善されるので、目の不快な症状が軽減されるだけでなく、肩凝りや頭痛のような辛い体の不調もなくなります。

目のケアについて

皆さんは目のケアを毎日していますか?

おそらく顔のケアは毎日してる人は多いと思います。顔のケアをしているとどんどん結果が現れて楽しいですよね。

ですが、意外と忘れがちなのが目のケアなのです。今ではほとんどの方がお持ちのスマートフォン、仕事ではパソコンを使い、家ではゲームやテレビ、1日中目は働いているんです。これでは目の疲れは1日中取れないままです。1日の疲れに肌をいたわるのと同じくらい目にも十分なケアが必要なのです。

とても簡単ですが効果がすぐに現れ、印象さえ変わって見える目、瞳のケア方法をお伝え出来たらと思います。

私が目のケア、特に白目に対するケアを心がけたのは、始めたばかりの仕事にようやく慣れてきて、プライベートも仕事も頑張りすぎていた頃でした。今では考えられないくらい忙しい日々を送っていました。ある日先輩から言われた言葉で目のケアに力を入れるようになったのです。

それは、

「正気がないような目をしてる」

と、言われた事。

つまり本気さや、熱意という目から伝わるものが失われているというものでした。

疲れているからだと思ってみた自分の顔には正直いつもと変わらない顔がありましたが、先輩が言った意味だけは分かりました。あまりに疲れすぎていたのか私には目の輝きがなかったのです。それは子供達が持つ目の輝きと同じで白目の美しい白さや、目で訴えてくる輝きが私には感じられなかったのです。

慌ててその日から白目の美しさ、目の輝きを保つケアを始めました。数年経つ今も変わらず続けています。始めに見た時に目に入るパーツが輝いていると、自分自信もとても明るくなりました。また目が大きく見えると言われるように。化粧方法などはもちろん変えていないのですが、目のケアは人に与える印象もガラッと変えてしまうのです。

是非簡単なので、お疲れの皆様の目にもケアをしてあげてください。

  1. 目に負担を与えないケア方法
  2. 目のクマやたるみのケア方法
  3. 目の周りの乾燥を改善するケア方法
  4. 目の疲れを取る食べ物

の順に紹介します。

1.目のケアの方法

①目薬

%e7%9b%ae%e3%81%8c%e9%87%8d%e3%81%84

目のケア実践方法は、まず朝一から始まります。

朝一番で眠っていた際に溜まった目ヤニや、ホコリなどを落とす目的で市販の目薬を差してください。1.2滴でOK。私は眼精疲労用やドライアイ用を使っています。

目薬とは病気の際に使うものだけではなく、予防のためにも使うものなので今はいろんな種類の目薬があります。

その後、朝の洗顔を終えたらまた、1.2滴目薬を差します。意外と顔を洗った後なのに、目ヤニが出てくるという事が多いのでビックリしますよ。その後は、スマートフォンを使いすぎた後や仕事の後に目薬で目を労ってあげてください。こちらは自分のペースで大丈夫です。

その後寝る前にも、最後に目薬で目ヤニやホコリを流してから就寝します。つまり朝起きてからと、夜寝る前には目の状態をフラットに保つ事がとっても大事なのです。

効果が現れるのは早くて次の日の朝、いつもより視界が広く見えたり、スマートフォンと自分の距離が遠くなったり、パソコンでの目の疲れが軽減したりと、自分の生活がしやすくなるのを実感出来ます。見た目で言えば白目に濁りがなく、白さが経ち、目が大きく見えますよ。目の疲れから見える生活への疲れはもう見えません。

また、目が乾燥した状態(ドライアイ)は目の疲れや目のかすみとった症状を引き起こしやすくなります。そのために目薬の使用は有効です。さらに乾燥を防ぐという意味で、加湿器を使うのも良い方法です。エアコンが効いている部屋にずっといる人も目の乾燥が進み、眼精疲労を引き起こす場合があります。

※ライオンのスマイルホワイティエ

皆さんはご自分の目の色(白目の部分)に対して日々鏡を見てチェックしていますか?女性であればほぼ毎日鏡を見ますし、お化粧もしますよね?いつも肌を気にして、目を大きく見せたくて、可愛くチークをつけたりと人それぞれこだわりを持ってお化粧をしているかと思うのですが、何より人は「見た目が100パーセント!」という言葉が流行ったように見た目が大事です。

ここでいう見た目とは、容姿が素晴らしく良くパーツパーツが美しく、みんなが憧れるスラリとした体型ではなく、その方が本来持っているピュアさや清潔感を出すという事です。

そのピュアさや清潔感に大事なのは、お化粧で自分を飾ることではなく、本来顔のパーツで白い所は白くあるべきということです。

私の場合、アラサーになり改めて自分の顔を見て、気付きました。その頃はというとはっきり言えば情緒不安定で、なかなか恋愛もうまくいかず、仕事は相変わらず忙しく、人間関係がグチャグチャ・・・と今でも思い出すだけでかなりの苦笑いをしてしまう日々でした。

そして、ふと小さい時の写真を見て、今と昔の一番の違いが目の輝きにあると気づき、それは”白目の青さ”とも言える白さにあることに気づきました。疲れ、やつれていた私の白目はかなり濁っているように見えて、常に赤く充血していて、心なしか目自体が小さく暗く見えました。

目薬などほぼ使ったことない私が薬剤師さんに相談して、PC用と目のホワイトニング用として目にとって必要な栄養がたっぷり入った目薬を使い始めてから、大げさな話視界が広がりかなりクリアになり目が生き生きして見えて朝のお化粧時間が楽しく感じました。長年の悩みだったドライアイ対策の1つにもなりました。

スマイルホワイトアイ

私が今現在使用している「スマイルホワイトアイ」という目薬はなかなか清涼感があるのでひんやりと冷たく朝の目覚めにもピッタリですし、大切な商談や会議、またデートにも目に輝きが欲しい時にはいつも頼って使用しています。

使い方としては、寝起きに目を覚ますためにまずは使用します。

すると洗顔後であっても目の奥にあった目やになどが出てきて、汚いものが排出されているような爽快な気持ちになります。

日中はスマホやパソコンを使用することが多いので(テレビも含めて)PC後に使用する専用の目薬を使用しています。どうしても視界が狭くなりがちな目に栄養が行き渡る感じがして習慣として目薬タイムを設けています。

お風呂上がりは目が充血しがちですので、朝と同じように目薬をして目の充血を取り同時に眠りに向けて目を休めます。

自分の顔が老けたな?と思い始めてからすぐ目の色に重点を置き白目に対してケアしてきたおかげで同年代の方より変な言い方ですが目の白さに関しては自信があります。だから何?と言われればそれまでですが、今一度会社の同僚、友人、家族の白目の色を間近で見てほしいです。白さは若さに繋がりますし、完全なる清潔感の塊に見えてきますよ。白くあるべき場所は徹底的に白くしたもの勝ちです。

私が目の白さにこだわり初めてから今日までさまざまな目薬を試してきました。化粧水のようにマスカラのように自分を作り上げてくれる立派なアイテムの一つとして今では生活に欠かすことが出来ません。あまり注目したことのない目の白さを今一度鏡で確認してみることをオススメいたします。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

②メガネやコンタクトの度数

メガネやコンタクトレンズを使っているなら、目にあったものなのか調べます。長時間パソコンと向き合う人の場合は、強い度数の眼鏡やコンタクトレンズは目を酷使しやすく眼精疲労の原因になります。そのため度数を落とした眼鏡に変えるのも効果的です。

③パソコンの画面の位置

パソコンなどの画面を長時間見続けている人の場合は、適度に休憩を取り、目を休めるようにしなくてはなりません。パソコンの画面は自分の目よりも下の位置に来るように置いたり、目が疲れにくい照明を選びます。

ディスプレイの上端が目の位置より下になるように高さを調節し、ディスプレイと目の距離を40cm以上確保します。

④目を温める

蒸気 ホットアイマスク 良い

眼精疲労という言葉を聞いたことがありますか?

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血・ドライアイなどの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいいます。

このように眼精疲労は、様々な体の不調を引き起こします。

これらの症状の中でホットアイマスクを使用して最も効果を得られる症状は、「頭痛(緊張型頭痛)」です。

緊張型頭痛とは、肩や首はもちろん頭全体の筋肉の緊張によって起こる頭痛のことです。頭全体が締め付けられているような感じや、キリキリとした痛みがあります。緊張型頭痛を訴える人の多くは、肩や首が非常に凝っている場合があります。日常生活への影響がない程度の軽い痛みから、全身のだるさやめまいを感じたり、症状は人によって異なります。

また頭痛の症状までいかないにせよ、目の下にクマができたり、目元が疲れたようにドヨンとした印象になって困っている人にも効果的です。

めぐリズムの蒸気でホットアイマスクは、目を温め、凝り固まった目の周りの筋肉をほぐすことで、緊張型頭痛の原因である血行不良を改善するアイテムです。約40度の温度が10分間持続して、しっかりと目を休息させることができ、リラックス効果も得ることができます。

【めぐリズムの蒸気でホットアイマスクが良い理由】効果と口コミまとめ

2016.08.11

実はとっても大事な目のケア。大事とは分かっていてもなかなかケアする方が少ないのが現状。印象までもいとも簡単に変えてくれる目のケア。今日から取り入れてみてはいかがでしょうか?

⑤目の下のクマやたるみを無くすマッサージ

目の下のクマは、年齢的なものもありますが、若くても疲れ、睡眠不足、栄養の偏りや運動不足でもクマやむくみは出来ます。

40代に入るとそろそろ目の下が気になってきますが、若い頃から目の下のクマがある場合は、早目に手当てをしないと、クマが色素沈着を起こして定着してしまいます。

そうならないように、クマを見つけたら血行を良くするマッサージやツボ押しをして早目に対応する事をお薦めします。

2.目のクマやたるみは、以下4つの要因を解消しましょう。

メイクをしたのに何となく表情に明るさがなくぼんやりしてしまう原因になるのが目の下のクマです。

ある程度まではコンシーラーで消すことができますが、酷くなっていくとメイクだけでは隠し切れずに、無理に消そうとして厚塗りになってしまいます。

目の下のクマには様々な種類があり、年齢問わずに悩んでいる方が非常に多いのです。

ハイライトなどでも誤魔化せなくなった目の下のクマを解消する方法をお教えします。

どんなメイクでも最終的に力を入れるのはアイメイクです。

ハッキリとした印象を与えたい時や、目を大きく見せたい時ももちろんアイメイクが重要になるのですが、いくらアイライナーやアイシャドウで目の周りを囲っても、目の下に深いクマがあってはイメージは半減してしまいます。

20代の間は寝不足?くらいで済むこともありますが、年齢が上がるにつれて疲れている印象を与えてしまい、最悪の場合は老けたようなイメージになってしまうのです。

目の下のクマを解消するだけで印象はパッと明るくなり、普段のメイクもランクアップします。

クマは大きく分けて三種類あります。

①年齢問わずよくできるのが青いクマです。

下まぶたをグイっと引っ張った時に一瞬クマが薄くなるのが青クマの特徴といえます。色白な方や皮膚が薄い女性にできやすいのですが、大きな原因は疲れ目や血行不良なので、寝不足が続くと酷くなるのです。

解消できるケア方法は、冷えを改善するために冷たい飲み物や体を冷やす食事を控え、ハリを与えてくれるレチノールが配合されている化粧品で保湿します。

ターンオーバーを促す効果のあるピーリングをするのも効果的です。

②鏡をもって上を向くと少し薄くなるのは黒クマです。

黒クマは、下まぶたが薄くなっているので皮膚自体が弱くなり、コラーゲンの減りからまぶたがたるんでクマになっている状態をいいます。つまりは、たるみが影となってクマになっているので、週二回ほどのピーリングでターンオーバーを整えて、美顔器などで目元を中心にマッサージしてたるみを解消する必要があります。

③どうやっても消えないのは茶クマです。

クマに見えるのは、小さなシミが重なっているからで、クマというよりもシミとして捉える必要があるのです。

下まぶたの角質が厚くなっている状態なので、シミ対策と同じようなケアが必要になってきます。

美白効果のあるビタミンC誘導体配合の化粧品でケアし、ターンオーバーを整えるピーリングをします。

種類別でケア方法は少しずつ違いますが、どのクマにもピーリングは効果的なので、肌全体を整える意味でも、積極的にピーリングを取り入れると早く改善できます。

身近なものですと、フルーツ酸が配合されている石鹸やジェルなどが使いやすく手に入れやすいです。

実際に週一回のピーリングで悩んでいたクマが薄くなりました。

血行が悪くなるとクマは必ず悪化するので、クマをしっかりケアしたい場合は、生活リズムを崩さずに体を冷やさず、適度な運動をして血行を促進し、目の周りをこすったりせずなるべく刺激を与えないようにして、週一回のピーリングをすると、どんよりしたイメージを回復させることができますよ。

⇒参考になるおすすめ記事:ニキビ跡を治すのに効果抜群でおすすめビタミンC誘導体美容液ランキング

続いて、目のたるみを改善する4つのおすすめ方法を紹介します。

①目の周りの筋肉を鍛える

目の下がたるむのは、目の脂肪を支えている筋肉が弱って脂肪を支えられなくなり、目の脂肪が目の下に出て来てしまう状態です。これはストレッチで目の周りの筋肉を鍛える事で解消出来ます。

②血行不良を治す

睡眠不足の場合などに出来るクマは、血行を良くすることで肌に栄養を行きわたらせる事が効果的です。

③新陳代謝を活発にする

血行を良くすると同時に、お肌の新陳代謝を活発にする事でクマの原因であるメラニン色素を抑えることが出来ます。

④リンパの流れを活性化する

せっかくマッサージやツボ押しをしても、マッサージに依って出た老廃物をリンパ節から体外へ出さなければ、意味がありません。マッサージをしっぱなしにしないで、必ずリンパを刺激して老廃物をリンパ節へ流しましょう。

それぞれにストレッチやツボ押しといった方法があるので、次で見て行きましょう。

以上の4つの要因を解消するためのストレッチ・マッサージ・ツボ押しの方法

①ストレッチ

一番良く知られているのは、目をギューッと5秒間閉じます。次に、今度は目を思いっ切り5秒間大きく開けます。これを5回繰り返します。

これで、眼輪筋という目の周りの筋肉が鍛えられ、たるみを防いでくれます。まばたきも眼輪筋を鍛えるので、なるべく動かすようにしましょう。

②マッサージ

まずこめかみをよく揉みほぐします。こめかみは目のクマやたるみだけでなく、「美容のツボ」と言われる大切な場所です。

ここが凝っている事が無いように、気が付いた時には優しくマッサージしておきましょう。

又、目のクマを取るには、こめかみを片方の手の指で押さえたまま、もう片方の手の指で下まぶたを目尻から目頭に向かって押していきます。こめかみは少し上に引き上げ気味にしながら、目の下を押していきます。そして、目頭まで行ったら、今度は上まぶたの骨に沿って目尻へと押していきます。

これも5回繰り返します。

目の周りの皮膚は他の部位と違ってとても薄いので、押すのも強くし過ぎないようにしましょう。

③ツボ押し

目のクマ取りやたるみ取りのツボはこめかみ周辺に集中しています。そこで、ここではこめかみ以外のツボをご紹介しましょう。

下まぶたの真ん中辺り、指1本下の位置を押すと痛く感じる所があると思います。ここが「四白」と呼ばれるクマ、たるみのツボです。

指でゆっくり押します。あまり痛く無い様に押して下さい。目の周りの皮膚はとても繊細な事を忘れずに。四白はシワ予防にも効くツボです。

④リンパの活性化

折角マッサージやツボ押しをしても、そこに老廃物を溜めたままでは、何の意味にもならなくなってしまいます。そこで、耳の下にある骨を押し、耳の下から鎖骨の中のリンパ節へと老廃物を流していきます。

マッサージ→リンパへ流す、これは1つの流れとして捉えて下さいね。

以上4つのマッサージのポイントとして、目の周りはとに角皮膚が薄いので、他の部位と違って優しくマッサージして下さい。また目が痒い時強くこすると、メラニン色素が沈着してクマが濃くなる恐れがありますので、気を付けましょう。

目の下のクマやたるみは、気付いたらすぐにストレッチやツボ押しをしましょう。加齢に依るたるみも出るのを遅くすることが出来ます。

なるべく毎日、習慣にしてぱっちりした元気で明るい表情になりましょう!

3.目の周りの乾燥を防ぐケア方法

目の周りが乾燥をするとシワができて老けた印象を与えます。目の周りが乾燥して、かゆくて仕方がないという方もいると思います。でも、どうして目の周りは特に乾燥をしやすいのでしょうか。また、どのように改善をすればよいのでしょうか。

肌表面には角質層が存在していてバリア機能の役割を果たし、外部刺激から守ったり、肌の乾燥を防いでくれています。ところが、目の周りの皮膚は非常に薄くて、わずか0.5mmほどしかありません。わずかな刺激でもバリア機能が低下をしてしまい、バリア機能が低下をすることで肌内部の水分が蒸発しやすくなって乾燥をします。

それにもかかわらず、毎日のようにアイメイクをしたり、クレンジングでゴシゴシとこすったりして、目の周りの皮膚はダメージを受けています。このように皮膚が傷めつけられてしまう、目の周りが非常に乾燥をすることがあります。

肌が乾燥をすると小ジワができますが、丁寧にケアをすれば小ジワの予防になります。

目の周りのケア方法で、スキンケアを見直そう!

スキンケアをしっかりとすれば、目の周りの乾燥が改善しそうですよね。しかし、過剰なケアは反って乾燥を進行させます。

メイクをしっかりと落とさないと残った汚れが肌の刺激になるので、毎日きちんとメイクを落とすことは大切です。しかし、ゴシゴシこすってクレンジングをすると目の周りの皮膚が傷ついてしまいます。

関連記事:【芸能人愛用でメイク落としも】おすすめクレンジングランキング

クレンジング剤で顔全体のメイクを落とそうとすると、アイメイクだけしっかりと落とせません。アイメイクは落としにくいので、ポイントメイク落としを使用して落としましょう。コットンにリムーバーをしみ込ませて、コットンを軽く目に押し当てます。汚れが浮き上がるので、コットンで軽く拭いてください。

洗顔をする際にも、こすらないように気をつけましょう。乾燥をしやすいので、泡をのせる程度で構いません。

洗顔後は肌の水分が蒸発をするので、すぐに保湿ケアをします。しかし、いくつもの保湿化粧品をつければよいのではありません。いくつもの化粧品を使用すると、それだけ肌に触れる回数が増えて、肌の負担が増えます。乾燥対策用の目元専用美容液や、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分配合のクリームなどで、丁寧にケアをすれば十分です。

関連記事:【ヒト型セラミド化粧品だけ!】おすすめ化粧水,乳液クリームランキング

化粧品で丁寧にケアをしていても、肌を乾燥させる習慣を止めなければ、大きな変化は期待できません。

空気が乾燥をしていると肌が乾燥をします。目の周りは特に乾燥をしやすいので、加湿器を使用しましょう。バランスが悪い食事は、肌の生まれ変わりに必要な栄養素が不足してしまい、乾燥肌を招きます。無理なダイエットは乾燥肌の原因となるので、1日3食をバランスよく食べましょう。

目の周りは顔の中でも特に乾燥をしやすい部位で、乾燥をするとシワができて老けた印象を与えることもあります。目の周りの乾燥を防ぐには、スキンケアにポイントがあります。優しくケアをして乾燥を防ぎましょう。また、丁寧にスキンケアをしていても乾燥を招く習慣を止めなければ肌の乾燥改善は期待できません。生活習慣も見直してみましょう。

4.目の下のクマをすっきりさせる食べ物「カシス」

朝起きたときに目の下がどんより、こんな経験がありませんか。クマができる原因はいくつかありますが、血行不良によるクマの解消をサポートしてくれるものがカシスです。

カシスとはベリー類の一種で、ブルーベリーのような見た目をしています。しかし、ユキノシタ科スグリ属の植物で、ツツジ科スノキ属のブルーベリーとは違う分類の植物です。ビタミン、ミネラル、ポリフェノールを豊富に含んでいます。

目のクマには3種類があります。

  1. 青っぽいクマは血行不良が原因です。目の下の皮膚は薄く、血流が悪いと皮膚を通して血液が見えて、青いクマができます。
  2. 茶色っぽいクマは色素沈着が原因です。強い力でアイメイクをしたり、目をこすると、刺激でメラニンが生成されて色素沈着を起こします。
  3. 黒っぽいクマは影ができることが原因です。目の下の皮膚のたるみや脂肪が少なくて影ができると黒っぽく見えます。

カシスで解消が期待できるクマは「青クマ」です。カシスにはアントシアニンが含まれています。アントシアニンはブルーベリーにも含まれている成分ですが、カシスにはブルーベリーにはない2種類のアントシアニンを含有しています。カシスのアントシアニンは、摂取してから体に吸収されて作用するまでの時間が短いことが特徴です。アントシアニンには毛細血管の血流をよくする働きがあり、血流がよくなることでクマの解消が期待できます。

カシスの摂り方

カシスの実がそのまま売られていることはほとんどなく、ジュースやサプリメントなどで摂取することが一般的です。

カシス配合のジュースはコンビニやドラッグストアでも販売されています。購入をする際は、カシスの配合量を確かめてください。量が少ないと効果が期待できません。原材料名は原料の配合量が多い順に記載されています。原材料名のはじめの方に「カシス」と記載されていてば、配合量が多い可能性があります。アントシアニン量が記載されていれば、それを目安に選んでください。

カシスパウダーは水や豆乳などに溶かしたり、お菓子に混ぜるなどして、いろいろな摂り方ができて便利です。

カシスのアントシアニンはすぐに吸収されて体に作用をするので、朝にクマがひどいときにコンビニでカシス入りジュースを購入し飲むだけで、クマがすっきり明るい肌になることが期待できます。

<<楽天で一番人気!口コミ数の多いカシスサプリメント>>

 

<<注意点!>>

カシス入りのジュースを飲む場合は、糖分の摂りすぎにならないように気をつけてください。カシスには酸味があるため、飲みやすくするために果糖ぶどう糖液、果糖、異性化糖などが加えられていることがあります。これらは血糖値を急激に上昇させるので、摂取を控えたい糖分です。

クマができていると老けた印象や暗い印象を与えてしまいますよね。そんなクマをすぐに何とかしてくれるものがカシスです。血流を促進して青いクマの解消をサポートしてくれます。コンビニなどでもカシス入りジュースが販売されているので、朝にクマができて慌ててしまったときもすぐに対処できます。

まとめ

眼精疲労は40代を過ぎると増えてくるとも言われていますが、最近ではパソコンなどの画面を長時間見続ける事で起こるVDT症候群といった環境的要因からの眼精疲労も増えてきています。

眼精疲労を解消する方法として、目を酷使したら休憩を入れたり、目薬を差したりすることが大切です。放置しておくと、肩凝りや頭痛、吐き気といった辛い症状を引きおこし、視力の低下にも繋がります。ただ単に疲れているだけと思い込まずに、まずは原因を突き止め、疲れにくい環境作りを整えるようにしてみてください。

眼精疲労が改善しないと感じたら、放置しないで1度は眼科にかかる事をオススメします。白内障や緑内障など、なんらかの目の病気から眼精疲労を引き起こしている可能性もあり、そうであれば病気の治療が必要になります。さらには全身疾患が原因となっている場合もあります。

眼精疲労を改善して、健康な毎日を過ごせるといいですよね。

スポンサーリンク