【秋冬のカラーメイクにおすすめ】人気のフェイスカラー2020

気温の変化が大きい季節になってきました。これからどんどん厳しい冬に向かっていきます。冬になると、どうしてもモノトーンなどダークトーンの洋服が多くなりますよね。それにメイクをブラウン系でまとめてももちろんクールでカッコイイですが、カラーメイクで少し遊び心をプラスしてみませんか。

最近はブラウンシャドウで有名なルナソルも、カラー豊富なアイシャドウパレットを展開して話題になりました。カラーマスカラにカラーライナー、アイシャドウにリップと遊べる要素はたくさんあります。ファッションがダークトーンになりがちな冬にカラーメイクで、ぜひ遊び心とこなれ感を演出してみましょう。

リップ

まず、取り入れやすいのがリップです。最近は時間が経っても落ちにくいビビットなティントタイプやラメがザクザクに入っているものなど、リップでも遊べるアイテムがグンと増えました。

アイメイクを今までと同じにしても、リップを変えるだけで顔の印象をガラッと変えることができます。モノトーンの服に赤リップはモードでカッコいいですし、白ニットにピンクリップでとことん女の子らしくできます。

シャネルの新作ではメタリックで色落ちしにくいアイテムが登場しました。ナーズやボビーブラウンでもメタリックなパッと目を引くアイテムが多数登場しています。プチプラならレブロンやオペラが最近SNSでもよく見かけトレンドだと感じます。

アイシャドウ

また、今期はアイシャドウもラメやグリッターなどでメタリックなキラキラしたものが多く展開されています。プチプラはマジョリカマジョルカやキャンメイクでもしっかりとそういったカラーが登場しました。ケイトはラメ使いがとても得意なブランドなのでチェックしてみてください。

冬の凛とした寒い空気にキラッとした目元が今年の流行でもあります。ラメで目元を囲んでしまっても良いですが、ハードルが高く感じるならば下まぶたにしれっと仕込むだけでも雰囲気が変わりますよ。デパコスならスックやルナソルがラメがしっかりと感じられますが上品でオススメです。

マスカラやアイライナー

普段のメイクは気に入ってるからそんなに変えたくない、でも少しカラーメイクに挑戦してみたい。そんな方にはカラーマスカラやカラーライナーがオススメです。

全体のメイクに対しライン部分を変えることになるので、そこまでガラッと変わりません。でも、いつもと違う雰囲気をじゅわっと醸し出せるアイテムなんです。例えば、アイライナーをブラウンに変えるのは柔らかい印象になる定番ですよね。ここを紫やくすみピンクに変えてみます。そうすると一気に色気を含んだ目元に変わります。またカーキやネイビーなどに変えるとニュアンスのあるクールな目元になりますよ。マスカラとアイライナーを合わせて変えると変化が大きく表れ、どちらかを変えると雰囲気が少し違うかなくらいになります。そのあたりはぜひお好みで調節してみてください。イガリシノブさんのブランド、フー

ーのカラーアイテムが取り入れやすくかわいいと話題になり、入手困難になっています。見つけたらラッキーなのでぜひとも試してみてくださいね。

ちょっと冒険であるカラーアイテムはデパコスはもちろんですが、プチプラで挑戦してみるのがハードルが下がりオススメです。またカラーやアイテムが豊富で何を選んだらわからないという方は、ご自身の好きな色やパーツを入り口にしてみてください。いつもと同じメイクは安心感がありますが、少し刺激的なカラーメイクも休日のチャレンジにいかがでしょう。ファッションのトーンが下がる冬にぜひカラーメイクに挑戦してみてくださいね。

美肌に見えて10歳若返るイプサのフェイスカラーパレット

10年ぶりにデパートの化粧品売場に行きました。

若くて肌が綺麗な時ほど高級な化粧品を使い、年齢を重ねて手入れしないと肌が綺麗にならないときほど、ドラッグストアで適当に購入したものを使っていませんか。
子育てに追われていると、時間もお金もないですよね。

どうせ頑張ってお化粧しても、若い頃のようにはならないし。

そんな風に諦めきっていた私でしたが、久しぶりに化粧品売場のカウンターでお姉さんにお化粧してもらい、びっくりしました。高いファンデーションを使うと、肌が綺麗に見えるんです。年齢のせいだけではなく、ファンデーションの質だったんです。

きっとプロの方の技術があるから綺麗に見えるんだ、自分じゃとても出来ないだろうと思っていましたが、違いました。本当に違いました。これだけあれば、誰でも綺麗に肌に透明感と立体感が出せるんです。

イプサのデザイニングフェイスカラーパレット

4色が1つのパレットになっていて、チーク(ピンク)、ハイライト(白)、シェード(濃いファンデーション)、仕上げのおしろい(明るめのファンデーション)が全部これ一つで出来るんです。

やり方も簡単で、付属のブラシでまず頬骨にチークから塗っていきます。さっとパウダーを払うだけで、そのまま同じブラシを使います。ハイライトをTゾーンに入れたら、そのまま同じブラシでシェイドで影を作ります。仕上げに、おしろいでチークとシェードの境目を目立たなくしたら終わりです。技術いらずで、3分程で作業できます。

この4色の色の組み合わせ方が絶妙で、さすがはイプサ、という感じなんです。自分でチークとシェードを購入して、失敗した経験はありませんか。私は濃すぎるシェードを使用していて、「顔が汚れてるよ。」と指摘された恥ずかしい経験があります。自分では感覚が麻痺してしまい気づきにくいんですよね。

口コミ

日本メーカーのチークとシェードの色なので、外資系のように派手すぎて日本人の色味に合わない、という事がないんですね。抑え目の色合いで、チークもシェードもたくさん付けても全く違和感はありません。ちょっと付けすぎたかな、と思っても仕上げのおしろいでちゃんとカバーしてくれるんです。でもしっかりと、その役目は果たしてくれて肌に奥行きと透明感が表れるんです。

付属のブラシには、大きいブラシと小さいブラシが付いています。頬など顔全体をメイクする時は大きいブラシを使います。実はもう片方の小さいブラシが優れもので、とても便利なんです。

目の下にハイライトを入れて涙袋を作ったり、眉間の両脇にシェイドで影を作り鼻を高く見せたりするのに丁度いいんです。しかも、顔全体に使用しているのと同じカラーを使う事によって、自然に仕上がるんです。鼻を高く見せようとしている感も出ません。

また、私は小鼻の両脇に脂が浮いてくる事が多いのですが、そこに小さい方のブラシでシェイドを塗り込んでいます。そうする事によって、化粧崩れもしずらいし、鼻をシュッと細く高く見せる事が出来ます。

このパレットは4色入っていますが、無くなった色だけ購入して取り替える事が出来ます。色によって使う頻度が違うので、これは嬉しいですよね。早速私もハイライトとシェードだけ通販で購入しました。

イプサは、店頭販売というイメージがありますが、ネットショップもあり、楽天でも購入する事が出来ます。私は楽天ポイントのために楽天で購入しました。

<<Amazon>>

関連記事:

アイシャドウ,リップ,チークとして使えるブロンズカラーメイクのやり方

今年カラーメイクの色はピンクとオレンジ!アイシャドウ、チーク、アイブロウ、リップ

色気をプラス!おすすめプチプラとデパコス赤アイシャドウ11選

30代40代女性も上品に見える!プチプラでおすすめパールアイシャドウ新作

垢抜ける大人メイクにおすすめ秋チーク!色(カラー)や塗り方やブランド

冬メイクは赤色系メイクがおすすめ!レッドカラーのアイシャドウ,アイメイク,チーク,リップ

おしゃれで可愛いメイクはカラーマスカラ!おすすめブランドと人気色

スポンサーリンク