【簡単!小顔リンパマッサージのやり方】即効で顔が小さくなる方法

肌ケア

年を重ねると顔のたるみ、シミやシワなどを感じるようになります。メイクをするにも今までとは違う、落ち着きあるメイクにするなど、色々と工夫が必要になりますが、素肌のたるみやシミなどはメイクでカバーできないため、年齢肌にあったケアで対処することが必要になります。

ここではリフトアップ効果があるフェイシャルマッサージのセルフケアの方法を紹介します。

顔を上へ上げていくようにするだけでリフトアップ効果があり、かなり顔の印象が変化してきます。さらにハリが出てくるので手触り感も大きく変化してきます。リンパの流れに沿ってマッサージするだけで違いが出るのです!

むくみでどんよりした顔では、せっかくメイクを頑張っても、いまいちの仕上がりになってしまいます。疲れやストレス、ずっとパソコンやスマホを見ているなどの習慣も加わって、顔のコリもけっこう気になるものですね。

フェイスラインがたるんでくると、老け込んだ印象に見られてしまいますよね。毎日の習慣として顔のマッサージを取り入れると、小顔になれるうえに、気分もリフレッシュさせることができますよ。

マッサージの方法を知って、いつでもすっきりした顔立ちで過ごせるように、習慣にしてみましょう。

簡単&即効で効果を得られる小顔リンパマッサージの方法

肌のたるみやシワが気になる30代は、メイクをする前に一工夫しなくてはいけません。

若い頃よりも代謝が落ちて、頬や顎のたるみが目立つようになるので、まずはマッサージをします。朝起きて洗顔後に行うと、寝ている間に停滞していた老廃物が、マッサージによって流れやすくなります。小鼻の横からこめかみに向けて、指先で何度か押し上げるようにすると、顔の中心から外側に向かってハリがでて、むくみがちな目元もスッキリします。

小顔リンパマッサージとは

%e7%9b%ae%e3%81%8c%e7%96%b2%e3%82%8c%e3%81%9f%e9%a3%9f%e3%81%b9%e7%89%a9

季節によって変化する肌の調子に悩まされたり、アンチエイジングに興味があるが、高い化粧品やエステは避けたいという方へ、顔の肌の調子を整えるためのマッサージ方法について少しお話します。

この小顔リンパマッサージをすることで、肌の血行が良くなり、小じわやくすみを防ぎ、健康な肌状態へと導くことができます。まず、顔のマッサージの前に肩周りの筋肉をほぐすことで、マッサージ効果は一段とアップします。首筋と顎下から耳下にかけてのマッサージで、リンパの流れを良くし、老廃物を排出させます。

そして頬、小鼻のマッサージでほうれい線の除去を、目の周りをほぐすことでくまや小じわを予防することが出来ます。最後には頭皮マッサージを行い、頭皮の血行促進と毛根の活性化を促します。一連のマッサージには小顔効果も期待出来ます。

文字だけでは、分かりずらいと思いますので、以下動画付きでマッサージ方法を解説します。

小顔マッサージの具体的な方法(動画付き)

顔のマッサージを始める前に、腕の付け根を肩甲骨がしっかりと回るようにぐるぐると後ろ向きに回し、肩より上の血の巡りを良くします。

ステップ1(上の動画で20秒から~)

そして顔のマッサージを始めます。

  1. あご→こめかみ
  2. 口角→こめかみ
  3. 目の下→こめかみ

の順に、それぞれ5回行います。

動画では手の指の平全体で行っていますが、私の場合、顎下→こめかみのラインは、人差し指を耳下、親指を顎下に持っていき、親指の腹でなぞるように滑らせています。口角→こめかみ・目の下→こめかみのラインは、手の形を握り拳にし、第二関節の出っ張りで頬骨の最も高い位置を内から外へ円を描くようにマッサージしています。

どちらのやり方でも大丈夫です。痛気持ち良いくらいの強さがちょうど良いです。

ステップ2 (上の動画で58秒から~)

続いて、目元と鼻筋のリンパを流します。

中指で小鼻からこめかみまで滑らせます。私は両手の人差し指を曲げた第二関節の出っ張りで、軽く挟むようにし、上下に滑らせています。

目の周りは、外周りに中指で滑らせます。

私の場合、中指と薬指の先で目の周りを円を描くように滑らせます(眼球の周りをなぞるイメージです)。この時、目の周りの皮膚はとても薄いので、あまり力を込めないように気を付けましょう。手の指で最も力が入りにくい中指と薬指を使うことで、肌への摩擦を最小限にします。ここまでのマッサージは10回ずつ左右やるようにしてください。

ステップ3(上の動画で1分52秒~)

耳の後ろから鎖骨にかけて、人差し指・中指・薬指の3本の手の平を使い、滑らせます。ポイントとしては、鎖骨の上で10秒ほど軽くプッシュすることです。

私の場合、手を握り拳の形にし、指の第二関節部分を使って首筋の耳たぶの下から、鎖骨までを痛気持ち良いくらいの強さで上下に滑らせます。そして、同じ手の形のまま、顎下から鎖骨にかけても同じように上下に撫でます。この時、あまり強く押し過ぎるとリンパ線を痛めてしまうので注意しましょう。

ステップ4

動画にはないのですが、最後に、頭皮の血行を促進させるのがおすすめです。上の画像の3点に指を立て、頭皮を耳の上から頭の天辺までゆっくりと上へ押し上げていきます。

マッサージクリームを使うと一層効果的です!

小顔や美肌のために顔のマッサージをしている方もいると思いますが、マッサージをするときにはマッサージクリームを使用することがおすすめです。

マッサージクリームを使用すれば、肌の乾燥やくすみのケア、リラックス作用などが期待できます。

何もつけずにマッサージをすると、肌と手の間に摩擦が生まれて肌がダメージを受けます。摩擦の刺激でメラニンが生成されて、シミやくすみの原因になることもあります。また、肌をこすってシワになる心配もあります。

マッサージクリームを使用すると、クリームの油分が摩擦を軽減してくれて、肌の負担が減ります。手が滑りやすくなるので、マッサージもしやすくなります。

クリームには美容成分が配合されています。製品によって配合されている美容成分は違いますが、保湿、美白、シワ予防などの働きが期待できます。

マッサージをすると血流がよくなり、肌代謝が活発になります。丁寧にマッサージをすればリラックス作用を得ることもできて、リラックスをすることでホルモンのバランスが整います。

マッサージクリームの選び方

クリームを選ぶ際には、伸びのいいタイプを選ぶことがおすすめです。伸びの良いクリームを使うことで皮膚への摩擦を減らして、気持ちよくマッサージができます。また、セラミドやヒアルロン酸などの潤い成分が多めのアイテムかどうか、もチェックしておきましょう。

通常、洗顔後やローションの後にマッサージクリームを使います。目安としてはサクランボ大のクリームを指に取ったら、両手にはさんで温めておくと、より肌になじみやすくなりますよ。そのうえで、顔の上にクリームを置いていきます。置く位置は、おでこと鼻先、両頬、あごの5つです。

マッサージのポイントは、中指と薬指の腹を使うことです。皮膚をこするような力をいれずに、優しく肌のうえを滑らせるようにしましょうね。

マッサージクリームの使い方

①マッサージの前には洗顔をして肌を清潔にします。手には雑菌が付着していて、その手で顔に触れると肌のダメージになるので、手も洗っておきましょう。

②手のひらにクリームを適量取ります。製品によって適量が違うので、製品に記載されている量を確認してください。そのクリームを額、頬、あご、こめかみと顔全体に広げます。

③クリームを全体に広げたら、あごからこめかみに向かって優しくなでるようにマッサージをします。これを3回繰り返します。

④次に顔の内側から外側に向かって、くるくると円を描きます。額も内側から外側に向かって円を描いてマッサージをしましょう。これを3回繰り返します。

目の周りはデリケートなので特に優しくするように気をつけてください。目頭から目尻まで優しく指を滑らせます。3回行います。

マッサージが終わったら、ぬるま湯ですすぐか軽くティッシュペーパーで拭き取ってください。

マッサージを行うときは、強い力を加えないように気をつけましょう。

※マッサージクリームは適量使うことがポイントです。少なすぎると手を滑らせにくく、多すぎると肌がべたついてしまい指をうまく動かせません。製品の使い方をよく読んで、適量を守って使ってください。

マッサージクリームには美容成分が配合されています。乾燥肌にはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、美白にはビタミンC誘導体、プラセンタなど、シワにはセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分、コラーゲン生成を促すビタミンC誘導体などがおすすめです。肌の悩みに合った美容成分を選んでみてください。

マッサージには血行を促進したりリラックス作用があります。何もつけずにマッサージをすると肌の負担になるので、マッサージクリームを使用して行ってください。マッサージクリームに含まれる成分による美肌効果も期待できます。

楽天で人気のフェイスマッサージクリームランキングを見てみる

Amazonで人気のフェイスマッサージクリームランキングを見てみる

小顔マッサージの注意点と実際に得た私の小顔効果

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a6%e3%80%80%e5%8a%b9%e8%83%bd

私はこのマッサージを寝る前に毎晩続けていると、1週間程で「痩せた?」と言われ、小顔効果を実感出来ました。また、毛穴が小さくなって、くすみが減り、肌のハリが増したようにも感じました。

肌への刺激、摩擦が強すぎると肌荒れの原因となってしまうので、強さの加減には注意して行ってください。また、マッサージ用のクリーム、あるいは乳液や保湿クリーム等を塗り、滑りを良くしてから行うのも、肌荒れを防いでくれるのでお勧めです。

このマッサージ自体は5分程で最後まで出来、お金もかかりません。高価な化粧品やエステに行かなくても、自宅で好きな時に美顔を目指すことが出来ます。お財布に優しく、簡単な方法で綺麗を目指したいという方に、是非試していただきたいマッサージです。

私の友人にも勧めたら「小顔リンパマッサージの効果」に驚いていました!

私は40代から肌質が大きく変化し始めたことに悩んでいました。そこで小顔リンパマッサージを実践してみました。すると肌が変化していくのを1週間ほどで体感できるようになりました。

ハリが出て血色がよくなるので肌色がワントーン明るくなり、定期的にできていた吹き出物も改善されるので肌が綺麗になるのを実感できるようになったのです。更年期の症状もで始める時期なので、アラフォーからは何かしら対策が必要になります。こうしたセルフマッサージをするこで肌が綺麗になるのは自分への自信につながります!

『小顔リンパマッサージすることで笑顔になります♪』

アラフォーになると今までとは違う体の変化を感じるようになり、セルフマッサージを行うなど、ケアが必要になります。マッサージを行うことで肌質が改善され、毛穴の汚れも落ち、肌色がワントーン明るくなるなど顔色が変化したり、保湿を十分に行うので肌がツルツルになるのはとても気持ち良く感じます。アラフォーだからといって諦めず、毎日ケアすることで肌が自然と変化してきますし、色々と変化するのを実感できるようになることで笑顔が自然と増えるようになります。

元エステシャンが教えるフェイシャルケアの方法

お肌をキレイに保つには、エステサロンのようにプロに任せてキレイにしてもらうのが一番です。でも毎回サロンに行ける余裕がない…という方がほとんどだと思います。

そんな時は、自宅でできる!サロン級のおすすめケアを試してみてください。

「実は、高いお金を払わなくても自分でできるケアがあるのです!」

元エステティシャンだった私がおすすめのケア方法をご紹介致します。

まずエステサロンで行うフェイシャルエステですが、こちらは大まかな流れとして、

  1. 洗顔
  2. 保湿
  3. マッサージ
  4. パック

という流れになっています。

ステップ①:洗顔

毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とす洗顔は、実はとても重要です。洗顔料を使っている方も水でささっと洗っている方もいるかと思いますが、実はお肌にはぬるま湯で洗うのが一番です。ぬるま湯だと皮脂や汚れが浮きやすく毛穴の奥までしっかりとれるからです。今まで水で洗っていた方は、是非ぬるま湯で洗ってみてください。

参考記事:毛穴の黒ずみを解消!口コミが人気でおすすめの洗顔料ランキング

ステップ②:保湿

そして汚れが取れたら次は、保湿です。

わざわざ高い化粧水や乳液を購入しなくてもお持ちの化粧水で十分です。ポイントは、汚れを落としたお肌にたっぷりとつけて乾燥を防ぎ保湿します。乾燥は大人ニキビをまねいたり吹き出物が出来やすくなる原因になるので注意しましょう。

参考記事:【安いのに保湿効果抜群でコスパ最高!?】人気化粧水ランキング

ステップ③:マッサージ

そしてここからは、あまりやったことがない方も多いと思いますがエステサロンで行っているマッサージがポイントになります。

このマッサージを行うことで、お肌の内側から老廃物を流し綺麗にしてくれる効果があります。やり方は先ほど紹介したように、とても簡単です。

首筋から顎にかけてリンパを流すように優しくマッサージしていきます。オイルや乳液があれば塗ってからマッサージすると指の流れがよくなるのでおすすめです。無い場合は、そのまま行ってください。力を入れすぎないことがポイントです。リンパを流すことで血流が良くなり溜まっている老廃物が身体の外へと排出されます。

結果、お肌の調子がよくなりお肌全体の血色が良くなります。もしスキンケアをちゃんとやっているのに、お肌の調子がよくない…とお悩みの方は、是非試してみましょう。外側からのケアだけでなく、こうした内側からもケアしていくことでお肌は肌本来の持っている美しさを取り戻すことができるからです。

ステップ④:パック

そして最後にパックをして水分補給と美容成分でお肌に潤いを与えましょう。パックは市販のもので構いません。ポイントはリラックスした状態で行うことです。汚れを落としマッサージをしたお肌を最後に引き締めながら潤いを閉じ込めていきます。リラックスした状態で行うことでお肌も本来の肌に戻りやすくなります。

参考記事:毛穴効果抜群!プチプラで人気のシートマスク(フェイスマスク)ランキング

この洗顔、保湿、マッサージ、パックという流れを行うことでまるでサロンに行ったみたいな潤いのある美しいお肌に生まれ変わります。

高い化粧水や乳液を塗ることだけがスキンケアではなく、内側からもケアしてあげることが大切です。疲れた時はゆっくり休むこと、マッサージをして老廃物を外へ出すことを心がけましょう。これを何度か繰り返すうちにくすみやシミが消え、肌本来の美しさを取り戻すことができます。是非なかなか綺麗にならないな…とお悩みの方は試してみてくださいね。

週末やお仕事が終わった日は是非、自分へのご褒美としてケアしてみましょう。

余談:おすすめの小顔メイクのやり方

現在の日本の若い女性は小顔の方が多いですが、中には顔が大きくて悩んでいる女性もいます。顔が大きい女性は、小顔の女性と並んだ時に自分の顔の大きさにがっくりしてしまうことが多いですよね。

そのためメイクテクニックを使って、小顔に見せるように努力します。

やはり女性は、顔が大きい女性よりも小顔の女性の方が男性からモテますし、同性の女性からも憧れの的になってより好感を持って貰えるようになります。

なので今回は、小顔に見せるメイク方法について紹介します。

スキンケアと化粧下地

まずは最初に化粧する前に、化粧水や乳液や保湿クリームを使って顔の肌を整えます。

そして次に、化粧下地を顔全体に塗ります。

化粧下地は、なるべく保湿力の高い物を選んで使うようにします。なぜ化粧下地が保湿力の高いものを使った方が良いかと言うと、肌をツヤっぽく見せた方が顔を小顔に見せることが出来るからです。なので、化粧下地はなるべく保湿力の高いものを選んで使います。

関連記事:保湿力が人気!乾燥肌におすすめのプチプラ化粧下地ランキング2018

ファンデーション

そして次に、ファンデーションを顔全体に塗ります。

ファンデーションは、リキッドファンデーションかクリームファンデーションを使うようにします。リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、パウダーファンデーションよりも保湿力があるので肌をツヤっぽく見せることが出来ます。

逆にパウダーファンデーションは、肌がマットな質感に仕上がってしまい肌の艶っぽさがほとんどない状態になってしまうので、顔が大きい方は使わない方が良いです。

関連記事:【乾燥肌に人気でおすすめのファンデーション】安いブランドランキング2018

ハイライト

そして次に、ハイライトを塗ります。ハイライトは、ホワイトやオフホワイトのパールやラメが入っているツヤっぽくて輝きのある物を使うようにします。

パールやラメが入っていないマットなタイプのハイライトよりも、パールやラメが入っているハイライトを使った方がより肌がツヤっぽく仕上がり、顔に立体感を出てるので小顔効果があります。

ハイライトは、額・まぶた・目の下・頬の内側・鼻筋・顎の6ヶ所に塗るようにします。

関連記事:簡単に印象チェンジ!2018年おすすめのハイライトメイクのやり方

アイシャドウとアイラインとマスカラとチーク

それから次に、アイシャドウを塗ります。アイシャドウは、明るい色だと目元の雰囲気が柔らかくなりますが、メイクの仕上がりが少しぼやけてしまうので顔が大きい人にはあまり向いてません。

暗い色のアイシャドウだとアイメイクがはっきりと目立ち、それと同時に顔の大きさが目立たなくなるので良いです。なので、アイシャドウは暗い色を選んだほうが良いです。

そしてアイラインは、ブラックのアイラインを使います。そしてマスカラも、アイラインと同じようにブラックのマスカラを使います。

アイライナやマスカラは、ブラウンやブルーのものを使う目元が少しぼやけてしまうので、ブラックを使った方が良いです。

そしてチークは、少し濃いめの色のチークを使います。濃いめの色のチークの方が、顔の大きさを目立たなくさせることが出来ます。

関連記事:【2018年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

リップ

そして仕上げにリップメイクをする時に、リップグロスよりも口紅を使った方が良いです。

リップグロスを使うと唇が大きさが目立ってしまいます。逆に口紅を使うと、メイク全体の仕上がりが引き締まります。そして顔も小さくに見せることが出来るので、リップグロスよりも口紅を使った方が良いです。

関連記事:【大人気のリップ、口紅ランキング2018】おすすめ5選!色は

このような方法でメイクをすると、普通にメイクをした時よりも、顔を小さく見せることが出来ます。なので、小顔に見せたい方はこのようにメイクをすると良いです。

まとめ

顔のマッサージは難しいものではありません。でも、手順を覚えて、スキンケアの際に行うことが必要です。

顔のマッサージを習慣にすれば、滞りがちなリンパの流れを整えて、コリがたまった顔をやわらかくしてくれます。続けていくことで、シュッと引き締まった顔のままでいることができます。表情もイキイキしてくるので、より魅力的にみられるでしょう。

ただ、顔のマッサージには、なめらかなクリームが欠かせません!手ごろな値段でも、滑りのいいクリームがあるので、必ず使用しましょうね。

マッサージの順序は、

  1. おでこは中央かららせんを描いていきます。あごから頬は、下から上にらせんを描きながらマッサージします。一度に頬全体をマッサージしようとせずに、3段階に分けることがおすすめです。
  2. 眉間から鼻へかけて指を滑らせて、クリームをなじませます。口もとはほうれい線を引き上げるような気持ちで、口もとをなぞります。
  3. 目元はくるっと指で囲むようになぞります。目元の皮膚は特に薄いので、力を入れないように注意してくださいね。最後にこめかみを指圧しておきます。
  4. 首もエイジングサインが目立ちやすい箇所です。残っているクリームを使って、耳の後ろから首筋にかけて、上から下に指を滑らせておきましょう。

マッサージしたくても、朝など時間のないときもあるでしょう。気になる目元や口もとだけでもいいので、マッサージを続けることが大切です。もちろん、時間があるときは気分転換もかねて、ゆったりとした気持ちで行いましょうね。

実際に長年マッサージを行っていると、目元や口もとのハリが違ってきますよ。エイジングサインが目立ちやすいパーツほど、丁寧にマッサージしておくといいですね。

ハリのある小顔はすぐにはなれませんが、日々の習慣で美しさをキープしていくことはできますよ。普段の疲れを取ることにもなるので、気長にマッサージしていきましょう。

マッサージオイルやクリームをたっぷり塗ってリンパの流れに沿ってデコルテ部分からマッサージすると肌の血色が変わるのがわかり、肌がしっとりするのが実感できるようになります。アラフォー世代は乾燥肌になりがちですが、これが自然と改善されてくるので、セルフマッサージすることで肌がツルツルになりワントーン肌色が明るくなるのを実感できるようになります。

お風呂上がりにセルフマッサージを行うことで、毛穴も開いている状態ですし、たっぷりのクリームやオイルをつけてマッサージすることで肌がもっちりとして改善するのがよくわかります。

毛穴が開いた状態になっているので、肌の奥まで浸透していきますし、またリンパの流れも改善されるのでムクミも改善され、フェイスラインがスッキリします。

口元や目尻のシワもマッサージすると薄くなるのがわかります。シミ部分はマッサージ後に美白美容液を重ね塗りするなど、ケアすることでシミがだいぶ薄くなってくるのがわかります。

小顔に関する記事:

顔の美容鍼(びようはり)ってどんな感じ?小顔やたるみ効果と口コミを紹介

韓国式小顔フェイシャルエステ「コルギセラピー」の効果と口コミ

アユーラの顔マッサージ「ビッカサプレート」の効果と口コミ!顔のコリを解消して小顔に

スポンサーリンク