【精神的に疲れた時に役立つ!】自律神経を安定させる方法

精神的に疲れているのに頑張っているあなたへ

現代は何かと慌ただしく忙しい時代になってきました。

この10年程で、時間が経つのが早く感じるように思えてなりません。

しかし1日24時間であることには変わありませんね。おそらく人の感性が鋭くなっており、時間の経過を早く感じさせるようになっているのでしょう。日々の生活が充実している証拠でもありますが、心身ともにプレッシャーとなり、ストレスが溜まっていく環境にもつなかっているようにも思えるのです。

現代では女性も男性と同じ用に、社会に出てきて活躍されている方がたくさんいます。男性顔負けのレベルでキャリアアップを果たしている方もいることかと思います。しかし、ふと自分を振り返ってみると、毎日仕事に追われ、疲れて帰宅することで1日が終了・・・これが精一杯。

「本当にこれで自分は幸せなんだろうか?」

と感じることもあるのではないでしょうか?

自分が気づかないだけで、精神的に疲れている方は思いのほか多く、心身の不調だけでなく、病の原因ともなりえます。

自律神経を安定させる方法

近年、男性・女性問わず精神的に「病んでいる」人が増えています。これらの人々は、仕事に対する責任感が強いあまりに、どこかの時点で精神的にパンクし、活動不可能な状態に陥る恐れがあります。肉体的な疲れは睡眠や食べ物で解消されますが、精神的な疲れはリラックスできる環境を作らないと立ち直ることが難しいとされています。

そのためには、自分流の自律神経安定法を体得しておくと、とても便利です。

これをセルフトレーニングで行えるようになると、場所や時間の制約なしで行えて、あなた本来の明るさと笑顔を取り戻すことができるのです。

具体的にどのように実践すれば良いのか?

ここでは精神的なリラックスを与えるのに有効とされている2つの方法をご紹介します。

1.森林浴

心の疲れを取る 方法

皆さんはフィトンチッドという言葉をご存じでしょうか?

フィトンチッド (phytoncide) とは、 微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する化学物質。 植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことを指す。 森林浴はこれに接して健康を維持する方法だが、健康だけでなく癒しや安らぎを与える効果もある。(引用:Wikipedia)

・・・いまいちピンときませんね。

簡単に言うとフィットンチッドとは「木の香り」のことです。

木のお店や木造の建物内に入ると感じる香りが「木の香り」です。

「森林浴という言葉を知っていますか?」

木々の多い場所に出かけて、そこの空気に触れることを「森林浴」と言います。森林の空気を吸うと、ストレスをやわらげ、心身ともにリフレッシュして、爽快な気分になれる効果があります。休日になるとハイキングをしに、自然のある場所へ出かける方がいますよね。彼らは運動不足解消や景観を楽しむだけでなく、森林浴するために木々の多い場所に出かけているのです。

森林浴によるリフレッシュ効果には、きちんとした理由があります。それは様々な植物から発散されている「フィトンチッド」という化学物質です。

つまり、フィトンチッドには爽快感やリフレッシュ効果の作用があるのです。

自律神経が安定しやすく、肝機能の改善や快適な睡眠をもたらすとも言われています。

なぜかというと、フィトンチッドは人間の大脳皮質を活性化する作用があるからです。

それにより体の調整力が高まり、

  1. 快眠できるように自律神経が安定する
  2. 肝機能が向上する

など私たちにとって有益な作用をもたらします。

このように時間があれば緑が溢れる場所に行ってみるのが良いのですが、時間がない人は家でちょっとした花を育てたり野菜を育てたりするのでも十分効果があります。ちょっとした花壇で花に水遣りをしているだけでもフィトンチッドを浴びる事が出来るので時間がなくても大丈夫です。心が癒されると自然とプラス思考になるのでお勧めです。

2.腹式呼吸

精神的 疲れた

自律神経安定法とは、ある種のイメージトレーニング方法で精神を安定させることが目的です。

心を落ち着かせることで、自分本来の能力を引き出すことができます。

具体的には腹式呼吸を数分間、行うことで安定させます。

呼吸のパターンを調整し、気持ちを落ち着かせリラックス状態を作ります。

呼吸はその人の心理状態を表します。

例えば、神経質な人だと、胸のみを使った早い呼吸をする癖があり、ヒステリーの人は過呼吸のように高い頻度で呼吸をする傾向があります。

人間の呼吸は大きく2種類に分かれます。

胸で早く呼吸する①胸式呼吸と、お腹で深く呼吸する②腹式呼吸です。

あるカウンセラーが以下のことを言っていました。

胸での呼吸(胸式呼吸)を続けると、心理状態が不安定になりやすいといわれています。胸式呼吸は多くの空気を身体に循環させる呼吸ではないため、心が落ち着きにくいんです。逆に、お腹での呼吸(腹式呼吸)は、多くの空気を身体に循環させるため、心がリラックスしやすいといわれています。多くの空気を一度に吸えるので、呼吸の回数が減り、身体の負担も減るメリットもあります。

そのため心を落ち着かせリラックスしたい時は、腹式呼吸を実践することが大切なのです。

精神的に疲れた時
<<腹式呼吸のやり方は?>>
  1. まずは、目を閉じ、呼吸を整えます。(できるだけ静かな場所で、座るか、横になってください)
  2. 身体の力を徐々に抜き、呼吸に集中しましょう。
  3. 下腹を意識して、鼻からゆっくりと息を吸い込み、口から吐き出します。
  4. 頭をカラッポにして、何も考えず、ただ、自分の息づかいに注意を向け続けます。

腹式呼吸をして、心を落ち着かせると、心がリラックスするだけでなく、集中力もアップするそうです。また以下のようなゆったりと落ち着く場所に自分がいると想像して行うとより効果があります。

輝く川面

やり始める当初は、自宅の静かな空間で灯りを落とし、ゆったりと気持ちが悪い落ち着く環境を作ってから実行します。

この方法をマスターしてくると、場所や時間を選ばず自然にできるようになってきます♪

まとめ

精神 疲れた

腹式呼吸は、難しい方法ではありません。プロのスポーツ選手が試合前に精神を安定させて、集中力を高める時に持ちいている方法です。これをマスターすることで、何時でも何処でも自分の力を最大限に引き出すことができるようになっていきます。人の心は疲れていると、中々、次の行動を起こさなくなってしまいがちです。ストレスから来る疲れや苛立ちは、心の病とか同時に健康をもむしばんでいきます。そうなると、仕事はおろか私生活さえ苦しくなってしまいます。だからこそ、何時でも自分でできる回復法をマスターしておくことが大事なのです。

スポンサーリンク