【色付きなのに乾燥知らず】かわいいリップクリームランキング2019(カラーリップ)

メイク

「口紅いらず?!最近のリップクリームがすごい!」

1乾燥する季節の唇ケアには悩まされますよね。ひどいときには、笑うだけで唇にヒビが入ってしまうことも・・・。

そんなときにはリップクリームが欠かせないですよね。しかし、リップクリームを塗った後に口紅とグロスをたっぷり塗っている人はいませんか?もしそうなのであれば「待った」をかけたいのです。

今回は、色付きリップクリームの魅力についてご紹介したいと思います。

これを読めば、あなたも口紅いらずになるかも♪

リップクリームと口紅の違い

口紅とリップクリームは、現在様々なメーカーから販売されています。口紅やリップクリームは女性なら必ず持っている、最もポピュラーな化粧品の1つです。

口紅とリップクリームは、それぞれ特徴が違います。

  • まず口紅の特徴は、唇の発色を良くして綺麗な色の唇に仕上げて、唇を保護することが出来ます。
  • そしてリップクリームの特徴は、唇の保護をすることが出来て、荒れた唇を治すことが出来ます。

口紅は一般的には、唇の発色を良くする為に使うことが多いです。一方でリップクリームは、乾燥したり荒れてしまった唇を治したり保護する為に使うことが多いです。

なので、口紅を使って乾燥したり荒れてしまった唇を治すということは、ほとんどありません。

そして口紅とリップクリームは、それぞれ種類があります。

口紅

まず口紅の種類は、国内の化粧品メーカーのものと海外の化粧品メーカーのものの2通りあります。

一般的には海外の化粧品メーカーの口紅よりも国内の化粧品メーカーの口紅のほうが、成分的に優しくて唇が荒れづらいと言われています。そして国内の化粧品メーカーや海外の化粧品メーカーのものでも、

  1. 低刺激処方では無い一般的な口紅の成分で作られている口紅と
  2. 唇に優しい天然の成分で作られているものや、唇の荒れの原因になってしまう成分を配合していない低刺激処方の口紅

の2通りがあります。

国内の化粧品メーカーでは、一般的な口紅の成分で作られている口紅の方が多いです。なので、普段から唇が荒れやすかったり、国内の化粧品メーカーの低刺激処方では無い普通の口紅を使って唇が荒れてしまう方は、唇に優しい天然の成分で作られているオーガニック系の化粧品メーカーの口紅や、低刺激処方の化粧品メーカーの口紅を使うようにすると良いです。

そうすれば、口紅を使っても唇が荒れることが無くなりますし、口紅選びで悩むことも無くなります。

海外の化粧品メーカーでもオーガニック系の化粧品メーカーがあり、唇に優しい天然の成分で作られている口紅はあります。海外の化粧品メーカーの口紅に憧れていて使いたいけど、海外の化粧品メーカーの口紅の成分の刺激が強くて口紅を使うと唇が荒れてしまうという方は、オーガニック系の海外の化粧品メーカーの口紅は使うようにすると良いです。

オーガニック系の海外の化粧品メーカーの口紅は、 国内のコスメのネットショップやデパートや百貨店などのコスメ売り場でも販売しているので、意外と簡単に購入出来ます。

リップクリーム

それから同じようにリップクリームの種類も、国内の化粧品メーカーのものや海外の化粧品メーカーのものの2通りがあります。

リップクリームは、国内の化粧品メーカーのものも海外の化粧品メーカーのものも、どちらも安く手に入りますし、使い勝手が良いので人気があります。

そして国内の化粧品メーカーや海外の化粧品メーカーのものでも、

  1. ワセリンなどの一般的なリップの成分で作られているリップクリームと
  2. 唇に優しい植物性のオイルや蜜蝋などの天然の成分で作られているリップクリームや、唇の荒れの原因になってしまう成分を配合していない低刺激処方のリップクリーム

の2通りあります。

リップクリームは一般的に唇の荒れを治したり唇を保護する為に使う化粧品なので、やはり唇に優しい植物性のオイルや蜜蝋などの天然の成分で作られているリップクリームの方が、唇に優しくて唇の荒れをしっかりと治すことが出来ます

このように、口紅やリップクリームにはそれぞれに特徴や種類があるので、自分に合った口紅やリップを見つけて使うようにすると良いです。

色付きリップクリームの特徴

色付きリップクリームと口紅の違いは、その使用目的にあります。

口紅は口に色を付けることを目的としたコスメアイテムですが、リップクリームは唇の角質ケアを目的としているコスメアイテムです。

でも女性としては唇の保湿と唇の色付けはどちらも必要ですよね。そこで登場するのが色付きリップクリームです。

色付きリップクリームの魅力は以下の点にあります。

①保湿力に優れている

口紅の成分とリップクリームの成分を見比べるとわかります。口紅は、合成着色料に酸化防止剤とワックスなどの油分を溶かして作られています。一方でリップクリームにはワセリン、ラノリン、アロエベラといった保湿成分がたっぷり含まれているんです。

②使いやすい

デートや人前で口紅とグロスを塗りなおすのは躊躇しますよね。しかしリップクリームならサッとひと塗りするだけで良いので、学校やオフィス、デートでも楽に使えます。

続いて、かわいくておすすめの色付きリップクリームをいくつかご紹介します。

色付きリップクリーム(カラーリップ)

筆者はリップが大好きで、プチプラからデパコスまで幅広い種類のリップを持っているのですが、最近ナチュラルメイクをすることが多くなってきたので、今、改めて色付きリップの魅力を感じる様になりました。

ということで続いて、筆者が実際に使って良かった、大人にもおすすめの色付きリップをご紹介していきます。

資生堂インテグレートのサクラドロップエッセンス

資生堂から新発売されたサクラドロップシリーズのリップエッセンスです。

ほのかなピンクの「さくら」と、大人レッドな「さくらんぼ」の2色がラインナップされています。

嬉しいのはSPF18で紫外線・くすみ予防ができる点。

そしてヒアルロン酸がたっぷり入っている点です。

淡いピンクのぷるるん唇が春メイクに大活躍しそうです!

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

メイベリンニューヨークのカラーリップクリーム

言わずもがな、色付きリップクリームの金字塔とも言えるこちらの商品。はじめてCMで見たときは「リップクリームなのに色がつくってどういうこと?」と衝撃を受けました。職場でもほとんどの女子が1本忍ばせていました。

現在はさらに改良され、カラーも9色と幅広いラインナップが実現。

おすすめなのは新色の「パッションレッド」です。

私はモード系が好きなので、マットな唇を演出したく、口紅をずっと使用してきました。しかし最近は口紅の成分が問題視されているのもあり、色付きリップをいろいろと模索しました。

結果は大満足。もちろん口紅ほどマットな質感を出すのは難しいですが、想像以上に色がつきました。

また化粧品会社が積極的にカラーリップクリームを販売しているのを見ると、世の多くの女性が潤いと色付けの両方が欲しいと考えているのがわかりますね。

<<日本ロレアルのAmazon公式ショップ>>

 

ロート製薬メンソレータムのウォーターリップ トーンアップCCピュアレッド

激安のプチプラでありながらクオリティの高さに驚くリップクリームがロート製薬のメンソレータムです。皆さんお馴染みのメンソレータムシリーズの”ウォーターリップ トーンアップCCピュアレッド”です。

もう何年も前からメンソレータムシリーズに色付きのリップクリームが出ていますがここまで保湿力を保ちながら、UVカットまでされていて、鮮明な色味を(ピュアレッドとなっていますがピュアという表現よりも赤みは高く、ですが決して下品にならない上品な色合いのレッドカラーです)出せるリップクリームはなかなかありません。

そして驚く点はプチプラの定価は280円です。

ご存知の通り激安ドラックストアでは10パーセント引きになっていたりと更にお安くなることがある私達の味方のリップクリーム。

メンソレータムの良い点はとにかく保湿力がで、ガサガサとした割れた唇に潤いが蘇りツルツルします。さっさと塗れる点も男女問わず人気です。女性はその後にお化粧をしないといけません。リップクリームの後は口紅、場合によってはグロスと薄い薄い唇に朝から何重も重ねるのです。 それが一回で全て終わったら楽ですよね?

保湿もされて、鮮度の良いレッドカラーが出せて、おまけにUVカットまでしてくれる。この嬉しい効果がプチプラ一本のリップクリームで叶います。

口コミ

リップクリーム一本でどこでもお化粧直しができるので、従来のように重ねて色味を出すこともないですし、保湿力も一日中バッチリ。ポーチに入れるというよりはポケットに入れておけばいつ何時も大丈夫という自信にも繋がります。

更に使い続けると嬉しい事が、唇に出来る縦の線は老けて見える原因の1つですが気になり始めた私のようなアラサーにもしっかりとリップクリーム一本でカバー出来ていて縦にできていた深い線がふっくらとしているんです。

まさにツルっとした感覚。使い続けると唇の年齢が若返って見えました。

リップクリームと言えども今はもうリップクリーム一本で下地、口紅、UVカットまでいとも簡単に出来てしまいます。

お値段が高いのもあれば、安い商品もたくさんあります。効果が高い商品にはお値段以上の喜びがあります。安ければ全ていいわけではありませんが、これだけ安価でありながら抜群の効果が得られるリップクリーム。手放すわけにはいかないそんな一本です。

<<ロート製薬のAmazon公式ショップ>>

ロート製薬のリップザカラー

口紅よりもカジュアルで、リップクリームよりも色がつく。そんなコスメが「リップザカラー」です。程よい発色とてきどな透け感、潤いが続くリップカラーです。口紅は色がきついと感じる方や潤いが欲しい方におすすめです。

3つのポイント

①透け感のある発色

リップザカラーは3色展開です。プレシャスレッド、ピンクコーラル、フォギーローズが用意されています。

繰り出すとレッドは「色がきついのでは?」と思うような色なのですが、唇に塗ってみると程よい透け感があり、素の唇が染まったような柔らかい仕上がりです。華やかな印象になりますが、派手ではありません。

②とろけるような潤い

スクワラン・アルガンオイル・アボカド油・ホホバ油・シアバターの5つの保湿成分を配合しています。高保湿リップクリームをつけているようなプレミアムな保湿感です。カサついた唇に潤いを与えて縦ジワをカバー。

③きれいな発色が続く

食事をしたり、おしゃべりをしていると、口紅が落ちてしまうことがありませんか。頻繁にお直しをするのも大変ですよね、

リップザカラーは色落ちしにくく、つけたてのような発色が続くリップカラーです。色をのせるのではなく、唇を染めるティント処方なので、つけたてのような発色が続きます。

SPF26/PA+++で紫外線をカット。無香料です。

使い方

口角にリップカラーを当てて、唇の中央に向かって塗ります。左右、上下の唇に塗り終わったら、軽く唇を合わせてなじませます。2~3回重ね塗りをしてください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 繰り出してみると想像していたよりも赤い色で驚きました。でも、色つきリップよりも色がでているのに透け感のある赤色で、いろいろなメイクに合わせやすいと思います。驚くほど柔らかくて、するすると塗ることができます。唇に血色感を与えてくれて、かわいく仕上がりました。また、高保湿でしっとり感が続き、空調が効いた室内でも気持ちよく使用できました。
  • 迷いに迷ってプレシャスレッドを購入しました。塗り心地はするする滑らかです。付けてみると透け感がある発色で、発色が長時間続きます。唇が乾燥しやすい方なのですが、こちらは潤います。ティントタイプを使って時間が経つと色がくすんでしまうこともあるのですが、こちらならほどよい発色が続きました。
  • ちょっと出かけるときにちゃんとしていますよ、と見せたいときに重宝しています。塗り方によってはしっかりとメイクもできるし、ナチュラルにも仕上がります。滑らかな塗り心地で、唇の荒れをカバー。落ちにくいので何度も塗り直さなくてよいので助かります。
  • 口紅が苦手で、カップに色がついてしまうのが嫌でした。いろいろ試しても色がついてしまって、こんなものなのかと思っていたのですが、リップザカラーは「待ってました」というような商品です。程よいツヤで発色は申し分なく、保湿もしてくれます。しっかり保湿されるから唇がふっくらです。

口紅の発色はきつすぎる、でもリップでは物足りない。そんな方におすすめがリップザカラーです。素の唇のような透け感を残しつつ程よく発色をし、潤いを与えてくれて、発色は長持ちします。3色展開でメイクにあわせて選べます。

<<Amazon>>

レブロンのバームステイン

鮮やかな発色と潤いを兼ね備えてリップカラーが「レブロンのバームステイン」です。クレヨン型のリップスティックなので塗りやすく、鮮やかに発色をして唇に潤いを与えます。
カラーバリエーションが豊富なのでいろいろな色を楽しみたい方や、唇に潤いが欲しい方におすすめです。

色長持ち・滑らかな使い心地・潤い感

レブロンのバームステインは、まず見た目がかわいいです。クレヨン型のリップカラーで、ころんとしたパッケージをしています。クレヨン型なので唇に直接当てて簡単に塗ることができます。細かいところもきれいに塗れる形状です。

リップカラーには、うるおい成分のシア、マンゴー、ココナツバターが配合されています。軽い使い心地なのに潤いを守ります。空気が乾燥してくると、唇が乾いて荒れることがありませんか。そんなとき、潤い効果のあるリップカラーを使っておくと、乾燥による荒れの防止になります。

スムースジェル処方なので滑らかに唇に伸び広がります。ペパーミントの爽やかな香りがします。

全8色で75トワイライトと90スタリーナイトにはラメが入っています。繊細なラメがキラキラと輝き、唇のpHにあわせて発色が変わります。どの色も鮮やかな発色です。

使い方

唇に直接当てて塗ります。口角から唇の中央に向かって塗りましょう。もう片方もう塗り、下唇も同じように塗ります。最後に上下の唇をあわせてなじませます。つけすぎた場合は軽くティッシュで拭き取ってから塗り直します。

うるおい成分が配合されていますが、唇が荒れやすい方はトリートメント効果が高いリップクリームを塗ってからリップカラーを使うとよいでしょう。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 55のアドアーを使用しています。ブラウンよりのレッドです。きつめに発色をするかなと思ったら、普段使いにちょうどよい色でした。そして色持ちがよいです。ミントの香りがしてスースーするのですが、この香りが好きです。発色がよく潤いもあります。
  • 高校生のときから愛用をしています。お小遣いでも買える値段で、なおかつ発色がよくてお気に入りです。レブロンはドラッグストアやプラザなどで購入できて、1200円くらいとプチプラです。ミントの香りでスースーとして、甘い香りよりも心地よくスッキリします。とにかくもちがよくて、食事をしても落ちることなく、ティントのような感覚です。
  • パープルピンクが気に入っています。繰り出し式なので削る手間がありません。クレヨン型でリップライナーなど使用せずに、するすると塗れます。スースーとミントの香りがします。もちがよく、パッキリとした発色で仕上がりもよいです。荒れることなく使えるところも気に入っています。
  • ハニーは主張しすぎないのに唇をきれいに見せてくれる色です。ブルべさんは、この色が1本あると重宝すると思います。ラバブルはオレンジよりのピンクです。ナチュラルで使いやすい色です。

レブロンのバームステインはカラーバリエーションが豊富なので、色選びが楽しくなると思います。いろいろな色を集めるのも楽しいですね。どの色も高発色でもちがよいです。

また、クレヨン型で削る必要がないので塗るのが簡単です。滑らかな使い心地でするするっと塗ることができます。色が長持ちして欲しい、いろいろなカラーを楽しみたい、クレヨン型のリップカラーが好き、といった方におすすめです。

<<Amazon>>

ママバターのカラーリップトリートメント

唇は顔の中でも乾燥をしやすい部位です。刺激に対しても敏感でカラーリップをつけると唇が荒れてしまう方もいるのではないでしょうか。

潤いや肌への優しさを考えたコスメが「ママバターのカラーリップトリートメント」です。シアバターを配合したリップが潤いを守りながらナチュラルな血色感を与えます。

特徴

唇の皮膚は顔の中でも特に薄くなっています。皮膚が薄いため、わずかな刺激にも敏感に反応をします。食べものが唇に触れたり、口紅で唇が荒れてしまう方もいると思います。それだけデリケートな部分なのです。

デリケートな部分だからこそ、優しいものを使いたいですね。

ママバターカラーリップトリートメントは、カルミン・合成着色料・シリコン・合成香料・鉱物油・パラベンは不使用です。カルミンとはカイガラムシから抽出した動物性の色素で口紅やチークに配合されることが多くあります。ママバターはカルミンは使用せず、色素は紅花やパプリカなど天然のものを100%使用しています。

保湿成分として3種類のオーガニック成分、シアバター・ホホバ種子油・オリーブ果実油を配合しています。唇の縦ジワが目立ってしまうのは唇の乾燥が関係しています。目元なども乾燥をするとシワが目立ちますよね。保湿をすることで唇がふっくらと潤い、縦ジワの目立たない状態に近づくことが期待できます。メイクをしている間は潤いが持続します。

全3色展開。透明感を引き出す上品なカシスレッド、ナチュラルで女性らしい印象のあるピーチピンク、明るくヘルシーな印象のあるアプリコットオレンジが用意されています。

使い方

直接唇につけても、指やブラシなどを使っても使うことができます。軽いタッチでなじませてください。

直接唇につける場合、リップを出し過ぎると折れてしまう恐れがあるので出し過ぎに気をつけてください。使い終わったらスティックを容器の口まで押し下げてキャップをして保管をします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 何を使っても唇が荒れてしまっていたのですが、ママバターのリップトリートメントは唇が荒れることがありません。オーガニックリップトリートメントは色付きが悪い印象でしたが、こちらはほどよい発色です。重ね塗りをするとよく発色をします。リップクリームなのでしっかり潤いを与えてくれます。
  • 口紅でもリップグロスでも皮がむけてしまい、無添加なものを探していました。やっとも付けたのがこちらです。カルミンまで不使用です。リップは発色がよく、個人的にはかわいい色だと思います。固さがあるので指でぽんぽんと量を調節しながら使うことができます。リピする予定です。
  • 何を使っても荒れてしまう唇ですが、こちらは荒れることなく安心して使えています。テクスチャーはやや固め、色もちはよいです。ぽんぽんと指でつけると自然な発色になります。シアバター配合なのでしっとりとします。

唇はデリケートな部位なので、口紅の使用で唇が荒れて皮がむけてしまう方もいると思います。そんな方におすすめが、ママバターのカラーリップトリートメントです。唇が荒れないという口コミが寄せられています。デリケートな部位だからこそ、肌に優しいものを使いたいですね。

いかがでしたでしょうか。リップケアとリップメイクが同時にできてしまうカラーリップクリーム。ぜひ試してみてくださいね。

<<Amazon>>

アクアアクアのオーガニックスイーツリップ

何をつけても唇の皮がむけてしまう、口紅を使うとヒリヒリする、こんな悩みがありませんか。唇は皮膚が薄くデリケートな部位なので、荒れたりヒリヒリしたりしやすいですよね。

唇が荒れやすい方におすすめが「アクアアクアのオーガニックスイーツリップ」です。食べられる成分にこだわって作ったカラーリップです。

潤い&ルージュの発色

リップクリームは無意識のうちに口の中に入ってしまっているといわれています。

毎日リップクリームを塗っている人は、毎日リップクリームを食べているのです。リップクリームには唇の状態をよく保つ成分も配合されていれば、防腐剤など食べない方がよい成分も含まれています。口に入る量は微量でも毎日のことなので体への影響が心配です。

また、配合されている成分によって唇が荒れることもあります。いろいろなものを試したけれど唇が荒れて皮がむけてしまう、という方もいるのではないでしょうか。

アクアアクアのオーガニックスイーツリップは、食べられる成分にこだわって作られています。

食品グレードのコメヌカ油、オリーブ果実油の他、キャンデリラロウ、ミツロウ、オレンジ油などの成分を配合しています。高保湿成分をベースにしているので唇に潤いを与えます。

高保湿リップクリームに色を付けたものだけれど、ルージュのような高い発色。全6色展開で、ちょっとお出かけのときやしっかりメイクしたいときなどシーンにあわせて使えます。

使い方

乾燥が気になったときにリップクリームの代わりとして使ったり、メイクの際に使ったりしてください。リップクリームとして使う際には、縦ジワを埋めるように縦方向に使うことがポイントです。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 体温でとろけてするすると伸びて肌なじみがよいです。ピンクコーラルはかわいらしい色です。色調を調整できるのでシーンやファッションにあわせて色味を変えられます。ツヤもでるのでおしゃれになります。
  • 唇がとても敏感で、今までどんなものを使っても数分後には唇がヒリヒリしてしまいました。ひどいときには唇にぷつぷつができることも。今回もダメだろうなとは思いながら使ってみたのですが、1時間経っても何でもない。唇がヒリヒリしないことに感動しました。何年も悩んでいきたので使えることがうれしいです。
  • 唇が弱くて皮膚科でリップの使用を止められていましたが、ちょこちょこと使ってはかゆくなることの繰り返し。しかし、人と会うときにはリップメイクをしていないのもなと思い、オーガニックコスメなら使えるかなと思ってこちらを購入しました。結果はよかったです。発色はよく、もちもよいです。
  • ほんわかとした程よい発色です。つけていないよりもつけた方が顔色をよく見せてくれます。ツヤもきちんと出るので大満足です。ピーチコーラルを使ったのですが、他の色も集めたくなりました。

唇って荒れやすいですよね。どんなリップを使っても荒れて皮がむけたりヒリヒリしてしまう方もいると思います。唇がヒリヒリする人でも使えたと口コミされているのが、アクアアクアのオーガニックスイーツリップです。

食べられる成分にこだわって作られています。オーガニックは発色が悪かったりもちが悪い印象があるかもしれませんが、程よく発色もしてもちもよいです。デリケートな唇に悩んでいる方におすすめです。

<<Amazon>>

DHCのカラーリップクリーム

保湿しながらカラーを楽しめるリップクリームが「DHCの濃密うるみカラーリップクリーム」です。

口紅だけでは唇がかさつくことがありませんか。かさつくとシワが目立ってきてしまいますよね。カラータイプのリップクリームは保湿力があってもカラーがいまひとつ。でも、DHC 濃密うるみカラーリップクリームなら保湿力もあってカラーも楽しめます。

3つのポイント

①しっとりふっくら唇に

ハリケア成分とヒメマツバボタンエキス配合でふっくらした唇に。保湿成分のオリーブバージンオイル、ひまし油、スクワラン、プラセンタエキスも配合をしているので、しっとりした唇が持続。クレヨンのようなニオイがするかもしれませんが、これはひまし油を配合しているからです。

唇はすぐに乾燥しやすいですよね。そんなデリケートな唇に潤いを与えて乾燥から守ります。

②みずみずしい発色

透けるようにみずみすしい発色でくすみをナチュラルにカバーして、ほどよいツヤ感と血色感を与えます。重ね塗りをすれば濃いめの発色に。ナチュラルメイクをしたいときは軽く使って、しっかり発色したいときには重ね塗りをして、メイクにあわせて使い方を変えられます。

カラーは、レッド、アプリコット、ピンクの3種類です。

③するする滑らかな使い心地

するすると伸びる使い心地です。潤いを守るけれどべたつきは気になりません。ナチュラルにカバーする色なので、ちょっとしたお出かけのときにも使えます。

使い方

先端がとがっている唇に直接当てやすい形状です。唇に当てたら、口角から唇の中央に向かって塗ります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • レッドを購入しました。リップにしては発色がよいですが、赤すぎないレッドです。自然な仕上がりで化粧直しのときに重宝しています。今まで保湿するリップカラーは満足するものに出会えなかったのですが、これは本当によいです。
  • ほんのり色づくタイプで唇がふっくらとして透明感もでます。アプリコットを使っていて血色感がでます。唇で皮がむけてしまうタイプなのですが、これはおすすめです。色つきリップは保湿力が物足りないことがあるけれど、これは保湿力が持続しました。
  • オレンジのリップが欲しくてアプリコットを購入しました。下地なしで使ってヒリヒリしません。他の色つきリップと比べて色のつき方がよいと思います。いつもなら口紅を塗って唇がガサガサになってきてしまうのですが、これはそういったことがなく保湿力が続きます。色がつくもので唇が荒れないのは初めてです。
  • 発色はあまり期待していなかったのですが、口紅と変わらないくらいよく発色をします。赤い口紅を使うと人を食ってきたかのような唇になってしまっていたのですが、こちらはきれいな仕上がりです。保湿力に関しては程よく保湿してくれました。色味、価格、ツヤ感など満足しています。

保湿しながらかだーを楽しみたい方におすすめが、DHCの濃密うるみカラーリップクリームです。スクワランやオリーブバージンオイルなど複数の保湿成分を配合しているので潤いが持続。ほどよい発色でナチュラルにカバー。

色つきリップは発色が悪い、保湿力が足りない、そんなイメージを持っている方に使って欲しいです。

<<Amazon>>

ニベアのリッチケア&カラーリップ

定番、そして王道の色付きリップのニベアの色付きリップです。

ラズベリーピンク、シアーレッド、フレンチピンク、スモーキーローズ、ボルドーの5色があります。大人も使いやすい、落ち着いた色のラインナップでとても使いやすいんです。

また、SPF20・PA++と、紫外線対策もバッチリ。そして、さすがニベアと言えるほど、保湿力にも優れ、どんなときでもスルスルと引くことができます。

空気が乾燥してくると唇も乾燥してきませんか。リップを手放せない、口紅を塗るとかさつく、そんな悩みを抱えている方もいるはずです。

潤いを与えながらつや色発色を叶えるコスメが「ニベア リッチ ケア&カラーリップ」です。ケアしながら、ツヤとふっくら感のある唇を演出します。

おすすめポイント

肌表面の角質層には乾燥から守るバリア機能が備わっています。また、皮脂も乾燥から守ってくれています。

ところが、唇は角質層が非常に薄く、皮脂もほとんど分泌されていないに等しい状態なため、顔の他の部分に比べて乾燥しやすくなっています。

ニベア リッチ ケア&カラーリップは、マカデミアナッツオイル・ホホバオイル・アボカドオイルの3つのオイルで乾燥しやすい唇をケア。体温でとろけるような滑らかな使い心地のリップが唇を包み込み、乾燥から守ります。柔らかなテクスチャーなので乾燥してざらついた唇にもおすすめです。

唇はバリア機能が弱いので紫外線の影響を受けやすくなっているため、紫外線対策も忘れてはなりません。ニベア リッチ ケア&カラーリップはSPF20・PA++で紫外線から唇を守ります。

ラズベリーピンク・ボルドー・シアーレッド・フレンチピンク・スモーキーローズの5色展開です。どの色もツヤと透明感を演出します。

使い方

適量を繰り出し、唇に直接塗ります。繰り出し過ぎないように気をつけてください。横に滑らせるように塗ると唇の縦ジワまでリップが行きわたらないので、縦に塗ることがおすすめです。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • プチプラなのに唇が荒れず、さらにUVカットまでできるリップカラーです。お気に入りなので全色そろえました。その日の気分に合わせて色を選んだり、2色重ねたり、ティントリップのお直しに使っています。色付きは薄いのですがダマにならないので気軽に塗り直しています。
  • 唇の乾燥が気になったときとお直しのために購入をしました。乾燥しないことに驚いています。唇が荒れているときでも潤いを補給してくれるように感じました。普通のリップよりも重めのテクスチャーですが、滑らかにするすると塗れます。いきなり濃い発色になるのではないので使いやすいです。自然にほんのり発色してくれるのでお直しにはちょうどよい色です。
  • 初めて皮むけしないリップに出会いました。唇が荒れている時でも問題なく使えました。ツヤも理想的です。これまで落ちない口紅を使ってきましたが、このリップカラーは落ちてしまっても汚くならないし、塗り心地がよく直す手間が面倒でないので、気に入りました。
  • 年中皮むけする唇で、唇をケアしながら色つきするリップを探していました。こちらは問題なく使っています。保湿力があってうるツヤになります。素の唇に直接塗っても違和感はありませんでした。プチプラなことがうれしいです。

唇は乾燥しやすい部位です。カサカサしたり、皮がむけたりして悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

唇ケアとツヤ色発色を叶えてくれるリップカラーが、ニベア リッチケア&カラーリップです。とろけるテクスチャーのリップが乾燥しやすい唇を潤いで包み込み、ツヤ色発色をしてふっくらした見た目に仕上げます。

<<Amazon>>

アルジェランのカラーリップスティック

今年の10月に発売された、マツモトキヨシから出ているオーガニックブランド”アルジェラン”の色付きリップです。

100%自然由来・95%オーガニック原料で出来ており、”食べられる成分100%”といった、自然にも身体にも優しいリップです。もちろん石鹸でオフすることができます。

カラーはレッドとピンクの2色。どちらも肌馴染がよく、自然に色づいてくれます。香りもネロリとオレンジの精油の香りであまりキツくないのでとても癒されます。

メンソレータムのリップフォンデュ

こちらは色付きのグロスです。

8色あるうち、色付きのものは赤みピンク、コーラルピンク、オレンジ、バイオレットの4色があります。

ダイヤルロック式のリップスティックで、一度出した製剤を元に戻すことのできないほどとても柔らかいテクスチャーのものとなっています。

美容液オイルがたっぷりと入っているので、とにかく乾燥知らず!これから乾燥する冬にもおすすめです。

<<Amazon>>

ワンダーハニーの色づくジューシー蜜リップ

ワンダーハニーのリップはドラッグストアで購入は出来ないのですが、ロフトやハンズ、プラザなどで購入することができます。

こちらは上記の色付きリップと比べると、一番発色の良い色付きリップです。

野苺(レッド)、桃花(ピンク)、あんず(コーラルピンク)、すもも(ローズ)の4色があります。どちらもほんのりハチミツのいい香りがします。

低刺激のもので、しっかり潤いを感じるリップなので、唇が荒れやすい方にもおすすめです。

以上、筆者が実際に使って良かった、大人にもおすすめの色付きリップをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

1本でほんのり色付いてくれる色付きリップは持っておいて損はありませんよ。ナチュラルメイクのときに大活躍してくれるのはもちろん、メイクのお直しの際に使用することも出来ますし、お手持ちのリップに重ね塗りをして使うことでまた一味違った雰囲気にしてくれること間違いなし。

彼とのお泊りの際にもこっそり色付きリップを忍ばせて、ほんのり色付いた唇にすることもおすすめですよ。皆さんも是非、色付きリップで頑張りすぎないリップメイクをしてみて下さいね。

手作り色づきリップクリームもおすすめです!

唇が荒れやすくて市販のリップクリームを使っても、なかなか唇の荒れが治らないという女性も多いです。

市販のリップクリームはワセリンという石油から作られている油を使って作られている物が意外と多いので、そのような市販のリップクリームを使っていてもなかなか唇の荒れは治りにくいです。そのため唇の荒れを治すには、肌に良い蜜蝋や植物から抽出した植物オイルを使って作ったリップクリームを使うようにするのがおすすめです。

そこで最後に、唇に優しくてカサカサが治る色付きリップの作り方を紹介します。

まず材料は、

  1. 蜜蝋・太白胡麻油やオリーブオイルなどの肌に付けても良い食用オイル
  2. ホホバオイルやシアバターなどの化粧用オイル
  3. 酸化鉄やマイカなどの色材
  4. 手作りリップクリームの容器

を用意します。

作り方は、鍋に水を少量入れてお湯を沸かします。そして小さい器に蜜蝋とオイルを入れて、その小さい器を鍋に入れて湯煎します。小さい器に入っている蜜蝋が完全に溶けたら鍋から出して、爪楊枝や割り箸などで溶けて合わさった蜜蝋とオイルを少し取って、手に付けて固さを見ます。

リップクリームとして使うのに丁度良い固さだと思ったら、その小さい器に自分の好みの色の酸化鉄やマイカなどの色材を入れて混ぜてから、もう1度爪楊枝や割り箸などでその蜜蝋とオイルと色材が混ざったものを少し取って、手に付けて色合いを見ます。自分の好みの色になったら、その蜜蝋とオイルと色材が混ざったものを空のリップクリーム容器に流し込みます。

そして室温でそのまま置いておいて、しっかりとリップクリーム容器が固まったら手作りの色付きリップクリームの出来上がりです。

この手作りの色付きリップクリームは、唇に塗るとカサカサしていて荒れていたり乾燥しがちな唇が、しっとりと潤って柔らかくて綺麗な唇になります。

蜜蝋は蜂が作った蜂の巣の原料で自然なものです。蜜蝋は黄色い色と白色があり、黄色い色は未精製のもので白色は精製しているものですが、どちらを使ってもそんなに保湿力の高さは変わらないです。

そして太白胡麻油やオリーブオイルの食用オイルは肌に付けても良いオイルなので、手作りの色付きリップクリームを使う時にオイルとして使うことが出来ます。

ホホバオイルやシアバターなどの化粧用オイルよりも、太白胡麻油やオリーブオイルの食用油を使った方が値段が安いので、安く色付きリップクリームを作ることが出来ます。

さらに酸化鉄やマイカも唇に付けても荒れないですし、値段も比較的安くてリップクリーム1本当たりに使う量も極少量で済みます。

手作りリップクリームの容器も、インターネットの手作り化粧品の商品を販売しているお店で1本100円くらいから売っているので、手作りの色付きリップクリームは安く作ることが出来ます。

ただ市販の普通の色付きリップクリームやリップグロスや口紅と比べると、こちらの手作りの色付きリップクリームのほうは色が落ちやすいです。色が落ちやすくても唇に優しくて荒れを綺麗に治せる色付きリップクリームを使いたい!という方には、今回紹介したこの手作りの色付きリップクリームを作って使ってみて欲しいです。きっと唇の荒れが治って綺麗な唇になるはずです。

関連記事:

マニア歴25年が厳選!おすすめリップクリームブランドランキング2018

2017.10.04

ぷるぷるな潤いある唇になれる!おすすめリップクリームとパック

2017.06.12

スポンサーリンク