【若々しく見えるナチュラルメイクの仕方】簡単なやり方で自然な美女に

メイクをやりすぎたくない女性たちへ

メイクと一言で言っても、ほとんどすっぴんのようなものもあれば、誰なのか分からないくらい変わってしまうものもあります。

この内容は、前者のためのものです。

“メイクはしたい、でもやりすぎたくない、でもすっぴん風の手抜きメイクとは思われたくない!”

と思っている人は多いと思います。

この記事はそんな人に読んでみてほしい内容です。

自然だけどメイクはちゃんとしている

この方法を実践すれば、自然に見えるけどすっぴんではない、いわゆるナチュラルメイクになるでしょう。

以下のナチュラルメイク法に、自分なりのアレンジをプラスして、自分流のオリジナルのメイクの仕方を作り上げていくのもありだと思います。

ナチュラルメイクの基本的なやり方

ナチュラルメイク

実年齢より少し若く見られると、女性は嬉しく感じるものです。

若く見られたい、けれど痛々しく見える若作りは嫌、そんな女性のための、若々しく見えるナチュラルメイクについてご紹介します。

◎肌づくり編

基本的に、マットな肌よりもツヤ肌のほうが、若々しい印象を与えてくれます。テカテカに見えるほどハイライトを入れるのは×ですが、自然なツヤ肌で、若々しい印象を目指しましょう。

◎クッションファンデーション編

ファンデーションに関してですが、ちゃんと自分の肌の色に合うものを選びましょう。たまに白すぎるものを選んでしまう人がいますが、そうすると顔を首の色が全く違って不自然なんてことになりかねません。

クッションファンデはツヤ肌を作るのにとても便利です。スポンジに適量を含ませ、ポンポンと叩き込むように肌にのせましょう。通常のファンデーションのように、すべらせるように肌にのせるのは、クッションファンデの場合×。その塗り方ではきれいに仕上がりません。スタンプのようにポンポン、肌にのせればきれいなツヤ肌に。

◎CCクリーム編

CCクリームを肌全体にのばし、少しだけルースパウダーをのせると、きれいなツヤ肌に仕上がります。
濃いシミ等は消えませんが、少し地の肌が透けて見える仕上がりのほうが、自然な「若さ」が見えます。厚塗りは絶対避けましょう。

◎口紅編

唇に関してですが、TPOによっては色つきリップでも良いくらいかもしれません。もともと唇の血色がが良い人は塗りすぎると下品になってしまう可能性があるので、乗せるくらいが丁度良いでしょう。

TPOとは、

Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。 Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語。

また口紅は多少流行りにのったほうが、若々しい仕上がりになります。今の時代の流行に合った色を取り入れてみましょう。唇がしぼみはじめたかもしれない、と感じている方は、リップグロスを重ねて。ぷるんとした印象の唇を作るのもおすすめです。

◎頬編

まずは自分に似合う色を見つけましょう。その色を濃すぎない程度につけたら、チークの上半分から目の下にかけてハイライトを重ねます。そうすることでパッと明るい印象に。

◎目元編

アイメイクは、やりすぎると目が重苦しい印象になってしまうので注意してください。

<アイシャドウ>

好みの色、似合う色を丁寧につけましょう。上からほんの少しキラキラを重ねると目元が輝き若々しい印象に。

<まつ毛>

付けまつ毛は大人の女性としてNG。若作りな印象を与えてしまいます。ビューラーでまつ毛にカールをつける場合も、上げすぎないほうが好印象ですね。丁寧なカールをつけ、束にならないようにマスカラをつけましょう。

<眉毛>

眉毛に関してですが、メイクのために抜いてしまう人もいるかと思います。自然なメイクをしたいのなら、本当はあまりやらないほうが良いでしょう。眉毛がない所に眉毛を描くというのは、どう考えても自然ではありません。その人の眉毛にもよるのですが、上に少し色を乗せるかんじが丁度良いでしょう。やりすぎると、物凄く濃くて太い眉毛になってしまいます。

私のナチュラルメイク

ナチュラルメイク 仕方

私は、眉毛に関しては、もちろん整えてはいますがやりすぎないように気をつけています。

また、描くときはかなり慎重です。私は眉毛が太いので、主張しすぎないようにやっています。唇は、色つきリップを少し重ねるという感じです。リップは色がそこまで濃いわけではないので、失敗しにくいと思います。メイク初心者の人でも使いやすいのではないでしょうか。もちろん口紅を使うこともありますが、そこまで濃くない色にするよう心がけています。

ファンデーションを買うときは、自分の肌の色に合うかちゃんと試して買っています。白いのにしたいという気持ちはありましたが、首の色と全然違うほうがよほど恥ずかしいと思ったので、気はかなり使いました。これらを踏まえて化粧をした結果、すっぴんとは確かに違いましたし、だからといって濃くはなりませんでした。

あとは微調整という感じです♪

私はナチュラルメイク方法に小顔に見せる簡単な技をプラスしています

ナチュラルメイク 30代

1.チーク

笑ったときに一番高くなる場所にチークを入れると言われていましたが、実は小顔に見せるためにはこの場所は間違いなのです。

では、どこに入れれば小顔になれるのでしょうか?

まず、頬の上からチークをのせていきます。頬の外側から入れると濃いチークの印象が強くなるためNG。

チーク 小顔

次に、こめかみ辺りから斜めに流すようにチークを下におろします。このチークの使い方をするとフェイスラインがシャープに見えるようになります。

チーク 場所

また、色選びも重要でオレンジやブラウン系の大人っぽい色の方が小顔メイクには向いています。ピンクは膨張してしまうので小顔メイクには合いません。また、大人っぽい印象になるのでママ世代にはピッタリです!

<<Before>>

小顔小顔小顔 化粧

<<After>>

小顔メイク メイク術

2.パーツを大きく見せる

顔の各パーツを大きくすることで、見栄えのバランスが変わり、小顔効果になります。

ここでは女性が最も大きく見せたいパーツ「目」を大きくするメイク方法を紹介します。

小顔になる化粧

まずは、目の縦の幅のラインを強調します。アイシャドウを普段より少し縦長に入れることがポイント!

そして、次に横幅を大きく見せる方法ですが、アイラインをいつもより少し長めに引きます。

この二つだけでも目がぐっと大きく見せることができ、小顔効果があるのです。

1と2だけでもママ友たちの間で好評!

ナチュラルメイク 仕方

私だけでなく、ママ友たちにも実際にこのメイクをやってもらうと、本当に簡単に小顔になることが出来ると評判です。一番評判が良いのは、自分が使っているメイク道具ですぐにできちゃうところです。特別なメイク道具は必要ありませんし、難しいテクニックも必要ありません。いつも行っているメイクを少し工夫すれば出来るのが好評価につながっていると思います。また、チークは大人っぽい色を使うのがコツなのでそれが苦手な人はアイシャドウをかわいらしくするなどメリハリをつけると良いです。是非、実践してください♪

3.気合いを入れたい日に!顔にメリハリをつけるナチュラル小顔メイク術

小顔メイク メリハリ

顔にメリハリ(立体感)をつけることは小顔メイクの重要なポイントです。メイクでメリハリを付けるには、2つのメイク術があります。それは「シェーディング」と「ハイライト」。

シェーディングとは?

●シェーディングは、影によって立体感を出します。

●シェーディングは顔のサイド、フェイスラインに入れるもの。自然なシェーディングを入れられれば、顔にメリハリが出来て小顔効果はバツグン!

●輪郭にシェーディングカラーをプラスすると、美肌はキープしながらも引き締まった仕上がりに。立体感も出て、美人顔に見えます。

●シェーディングはいわゆる”影”です。お肌のカラーよりも暗めカラーを使用する事が大切になります。但し、黒すぎるカラーは不自然になってしまうのでNGですよ。パールが入っていると光ってしまい小顔には逆効果になるためNGと言われています。そして何よりもシェーディングの基本は塗っている事を気づかれてはいけないのです。

ハイライトとは?

●ハイライトは光によって立体感を出します。

●ハイライトはTゾーンや頬などの顔の正面に入れます。

●ハイライトはその名の通りに明るく見せたい箇所に使用するのでカラーは”白”や”白に近いカラー”を使用します。

シューティングとハイライトの効果は?

下の女性の写真を見て頂けると分かると思いますが、シューティングとハイライトのメイク術でメイクアップするだけで、こんなにも印象が変わります!

小顔メイク 方法

ハイライト&シェーディングのメイク方法

下の画像のピンク色の箇所にハイライトを入れ、青く囲っている箇所がシェーディングのポイントです。ハイライトはシェーディングカラーよりも先に塗ります。

メイク術 小顔

<<ハイライトをのせる際の注意>>

「逆三角形」を描くように塗るのがポイントです!ハイライトは膨張色でもあるため、広げるように丸くのせると顔を大きく見せてしまいます。

<<シェーディングをのせる際の注意>>

フェイスライン際から塗っていき、内側に向けて薄くぼかしていきます。まず頬骨の一番くぼんだ箇所から塗ります。頬骨に影を入れるだけでも、スッキリとした顔立ちで小顔を演出します。シェーディングは暗めのファンデーションを使ってもOKです。

顔の輪郭によって、シェーディングの位置を少しずらしてやるとより効果的です♪

小顔メイク おすすめ 小顔メイク 立体感

以上、簡単に出来る「若々しく見えるナチュラルメイク」と「小顔に見えるナチュラルメイク」のやり方を紹介しました。

ナチュラルメイクは、最低限の足し算でどう変化するというのがポイントです。同じ程度のメイクをしても人によって印象は全く違うので、まずは色々試してみましょう。やっていくうちに、コツがつかめていくと思います。

関連記事:

【2017年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

【自分に似合う色やメイクは?】どの季節の肌色かパーソナルカラーを知ることが大事!

立体感メイクにおすすめ「ケイトアイブロウ&ノーズシャドウ」の口コミと使い方

花王オーブクチュールのブラシひと塗りアイシャドウの人気色を塗ってみた

【アイラインがうまく 引けない時のスプーン】アイライン、マスカラのやり方

【プロが教えるコントゥアリングのメイク方法】2017年海外で大流行!大人気!

【2017年おすすめのカラーアイライナー】人気の使い方や引き方のコツも

【Laudi(ラウディ)のBB&CCクリームの口コミ 】ダレノガレ朋美さんも愛用

【資生堂ファンデーションブラシ131の使い方と口コミ】スポンジより良い!

ファンデーションブラシの使い方とパウダーファンデーションに合うブラシ

【憧れの二重まぶたにする!】二重矯正アイキュレの口コミと効果

【忙しいママや主婦でも簡単♪】小顔メイク、時短メイクの方法

【30代40代女性が若く見える方法】若い見た目になる髪型,食べ物,運動,化粧,服装

スポンサーリンク