【若く見えるおすすめベースメイク】20代後半30代40代でも崩れないコツ

メイク

初めまして。わたしは29歳になる乾燥敏感肌で、混合肌も入っているのでやや面倒くさい肌質なのですが、

そんなわたしも若干お肌の曲がり角を迎え、10歳の頃はオイリー肌で毎日肌の脂に悩んでいたのですが、それももう懐かしく、もはや羨ましく思えるほど乾燥肌になってしまい、それに伴い敏感肌にもなってしまいました。

夏にはあごと頬だけ乾燥し、Tゾーンだけテカるという典型的な混合肌タイプになります。こんな困ったお肌なので、これからの季節はとにかく化粧崩れが怖いんです。

そんな困ったわたしのお肌でも、これをすると崩れない!というものを研究して、見つけることができたので、紹介します。

ベースメイク

ベースメイクのアイテムってどのくらいあるでしょうか?また、ベースの前にいくつのアイテムを使うのでしょうか?

洗顔後に導入美容液・化粧水・保湿美容液・乳液・目元美容液・日中用クリームや日焼け止め…などなど。そして土台が出来たら、メイクベース・毛穴隠し・目元のクマ隠し・シミ隠し・ファンデーション・フェースパウダーなどを付けるでしょう。

すべてを使う人もいれば、日焼け止めだけの人やBBやCCクリームで過ごす人もいますね。

普段ネットで欲しいアイテムを探して、少しでも安く化粧品を買っている私ですが、久々に化粧品コーナーに立ち寄ると驚きます。

“ベースメイクの種類がなんと多いこと!”

フェースカラーもとっても多い。ずっと国産ブランドの化粧品ばかりを使っていましたが、ここ数年は外資系のアイテムが増えてきました。フェースパウダーは一年に1個使い切るかどうかというところ。使っていたのが切れてしまったので、先日、あちこち店舗を歩いてみました。

フェースパウダーで6種類?4種類?あれこれあって驚きました。私の場合は、ルーセント(透明感のある)パウダーで美白効果まであるというもの。美白効果まであるってどんだけ機能的なのかしらと思いました。

私は普段から、メイクは薄付き。「そういう人に限って結構使ってるんでしょ」と笑われそうですが。シミ・そばかすはある。でも、もうアラサーに近いんだし。隠さずとも、隠せばバレる。そうなると逆に恥ずかしい思いをする。

そろそろ老眼も入り、拡大の鏡を見ると、ベースメイクのヨレやムラがあることに驚いたりします。眼鏡でわからなかった、目尻や頬の高いところなど。フェースラインもそう。

この体験は、まず知り合いのメイクを見て思い、そして家に帰って鏡を見たら自分もそうだったというがっかり体験からです。

ベースメイクの基本は土台作り

ベースメイクに必要なのは、土台つくり。普段のケアだったりします。守るだけじゃやっぱりダメなんだなと。肌の乾燥・ゴワゴワ・ピリピリ・ざらざら。いろんなストレスに応えていかないと、隠せない肌年齢は美しくイケた肌にはなりません。

イケた肌とは?生気のある肌。つるんとした肌は美しい。でも、そこに生気がないと、陶器の様な冷たい肌になってしまいます。

シワが目立つ。カサカサしていれば、なお目立ってより深いシワになります。でも潤ってイキイキとしたシワであったら。それは、その人の美しい表情となって魅力的になります。

私は、ベースメイクの量がどのくらいが一番均一にキレイに伸びるのか、ムラにならないのか。叩くのか、馴染ませるのか。いろんな方法を試しています。でも、土台の日中用クリームをつけ過ぎちゃったのかなと失敗する日もあります。

土台のスキンケアが失敗すると、今日はなんだかかさつくなとか、おでこがムズムズするなとか、気になって結局メイクのヨレにつながっていく。

そのため、土台つくりは真面目に取り組んでいます。

一番はつけ過ぎが一番老けて見えます。アイライン・マスカラはもうちょっと表情がぼやけて来た時の秘密兵器として。ベースメイクを見直して、厚塗り卒業をして、似合う口紅を探しましょう。

そして、一番美しいのは、表情のある顔です。笑顔です。笑顔こそ七難隠す技です。

ベースメイクの方法は手軽に使えるコンシーラーとプレストパウダー

若い女性のお肌は想像以上に新陳代謝が活発です。朝晩きちんとクリーニングしていてもどうしても活発なお肌には色々な悩みが起きがち。メイクのマニュアルにあるように下地とかファンデーションとか、きちんと塗布したいなと思っていてもままならないこともあります。

そういう20代後半から30代,40代の女性のお肌に手軽で効果的なベースメイクのご提案をいたします。

洗顔

まず、朝起きたとき、お肌はともするとオイリーな状態にあります。ですから、朝の洗顔はソープか洗顔料を使ってきちんと洗いしましょう。そして化粧水、乳液、下地クリームとお手入れする流れになります。

ここで、ポイントなのは、”私のお肌はまだ若い!”と新陳代謝が活発なお肌はダメージを受けても感じにくい。だから「忙しい朝は、何もしなくていい」というのは、おすすめできません。

とはいえ、化粧水→乳液→下地クリームとちゃんと塗る必要があるとも限りません。大切なことは、朝のお肌の状態にあわせて、洗顔後の保湿だけは必ずしなくてはならないということです。

下地

そして、お肌の保護も大切です。

下地クリームよりも日焼け止めクリームがよい場合もあります。太陽の光が強い環境はお肌にストレスになるので、UVケアは大切です。その他、毎日の生活にはあまり気がつかなくても肌ストレスになる刺激はたくさんあります。そのため、油分が少ないものなどを選んで下地クリーム(ローション)か下地兼用の日焼け止めクリーム(ローション)は必ず塗布しましょう。

40代でも、生き生きお肌に見せる下地テク!

いつまでも若々しくありたいのに、40代になると、どうしてもシミやシワの悩みが出てきますよね。そこで、私が日々お世話になっている、誰でもできる簡単な下地テクを紹介します!

生き生きしたお肌の女性は、年齢よりもずっと若く見られますし、何より鏡に映った自分に自信が持てます。

外出先でお手洗いに行って大きな鏡に映るとき、照明が暗かったりすると、なおのこと自分の顔色が悪く見えたり、シミやシワが目立って感じることがあります。その悩みが、下地テクによって大きく解消されるとしたら。しかもお金をかけずに、誰でも簡単にできるとしたら。これは、やらずにはいられませんよね!

具体的にどのように行うか。本当に簡単です。

必要な道具は、クリーム下地と粉ファンデーション。おしろいや、フィニッシュパウダー。シミかくし用のコンシーラー。あと自分の指。以上です。どれもドラッグストアで安価で入手できますよね。

  • クリーム下地は、くすみが気になる方はピンク系かほんのりパールを選択して下さい。
  • ファンデーションは無理して明るい色を選ばず、正直に、自分の肌に合った色を選ぶのが良いです。白めを選ぶと、かえって老けて見えるという悲劇が。おそろしや。
  • おしろいも同じですが、こちらは逆に濃すぎる色だと、今回のテクでは使いにくいので、おしろいは多少白め、明るめでも大丈夫です。
  • コンシーラーはピンキリで、どれを買うか迷うところですが、数百円から千円程度のもので十分使えます。買ったことのない方は、自分の手首あたりで店頭試し塗りをしてみて下さい。手の甲だと日焼けしていて、顔の色と全然合ってないという事態になりかねませんのでご注意を。完全にシミを隠す目的ではありませんので、白過ぎず濃すぎない、肌に合ったものを選びましょう。スティックタイプが使いやすいです。
  • それと、指です。

これで準備万端!

洗面台が暗い場所にある方は、リビングなどの明るい場所で行いましょう。

まず、下地です。クリーム下地は塗りすぎないよう、薄く顔全体に塗り広げます。クマがあっても、シミがあっても、冷静に薄く均等にのばします。

次に、コンシーラーで気になるところを隠します。

頬の高い部分は日焼けしやすく、シミになりやすいですよね。顎に近い部分も、ファンデーションの塗り残しがあったりするせいか、シミの群生が見られることが多いです。面で塗るというよりは、ピンポイントにスティックをぐりぐりして、周りの下地に指でぼかしていくのが、仕上がりキレイのコツです。

さてここで、常識をくつがえす、おしろい登場!

普通おしろいやフィニッシングパウダーは、最後の仕上げにはたくものですよね。名前からして、フィニッシングと公言しているわけですから。
でも、これをファンデーションの前に使うのが今回のテクの重要なところです。

ここまで下地とコンシーラーで色々隠してきましたが、このおしろいで、全てをマイルドに包み込みます。ごしごし塗らずに、優しく、顔全体にトントンとはたいて下さい。あとは、その上から、それらをそぎ落とさないように、ふんわりとファンデーションを乗せます。

これで完了。

このテクに目覚めてからというもの、似合う洋服の幅が広がりました。くすみもシミも、もう怖くありません。高い化粧品なんて必要なかったんだ!大切なのは、塗り方と順番だったんだと、毎日納得しています。

下地がきまらないと、アイメイクも口紅も映えません。ぜひ、生き生きお肌下地テクを実践してみて下さい。まさかと思うような、ぱっと明るい自分に出会えますよ!

関連記事:すごく良い!プチプラなおしろいファンデーションランキングと使い方

ファンデーション

そしてファンデーションでも、ちょっと待ってください!

20代~30代の若いあなたは日焼けしていてもニキビがあってもちょっと乾燥していても、お肌そのものは輝いていますよね。実は肌の輝きというのは血行が良いこととも関係があるので、若くて運動量が多いひとの肌は、トラブルのひとつやふたつはあってもベースが輝いているのです。ですから、ミドルエイジ以降の女性には欠かせないファンデーションも、実は日常生活では不可欠ともいえないのです。

もちろんTPOというものがあるので、フォーマルな席などではファンデーションはかかせません。

でも、日常生活では、トラブルのあるところ、ちょっとここだけカバーしたいなというところをコンシーラーで隠すだけで、あとはたとえばチークなども下地クリームの上に直に伸ばすことも可能だということです。

コンシーラーというといかにもミドルエイジから使うアイテムというイメージがありますが、最近のものは薄くのびるのにカバー力が強いものがあり、かつ刺激も少ないものがほとんどなので、とても使いやすいのです。また、コンシーラーは容器が小さいので、化粧品のポシェットが小さいひとにもとても便利です。

そして、ベースを下地とコンシーラーで作って、チークも入れてもなんだか落ちつかないというかたもいるでしょう。

そこで大活躍するのがプレストパウダーです。プレスとパウダーというのはおしろいをプレスして固形にしてコンパクトなどにおさめたものです。豪華なものもありますが、プチプラでもみつかりますよ。

おおむね容器が大きくなく、これも小さなポシェットにおさまりやすいです。その効果は、顔全体に軽くタッチするだけで、コンシーラーやチークを塗布したお肌全体の印象を、ベールをまとったようなやさしいイメージに仕上げるのです。またパウダーが浮いてくる皮脂を吸収してメイクを長持ちさせる効果もあります。

もうひとつ、プレストパウダーはポイントメイクをソフトフォーカスする効果もあります。たとえばアイラインを少し太く塗り過ぎてしまった場合、最初からやり直すのは大変ですよね。こんな時はアイラインの上にプレストパウダーでタッチして、その上から必要に応じてアイラインを引き直すのです。これはアイシャドウやチークをフォーカスさせるときにも応用できますよ。

私も20代の頃はワンルームマンションに住んでいてメイクをするスペースが広くとることはできませんでした。ですから、小さなスペースで手早くメイクをする方法を考えて、コンシーラーとプレストパウダーにたどりついたのです。

いかがでしたか。女性も若い時は新陳代謝が多く、マニュアルにあるようなしっかりメイクではなかなかタッチアップが追い付かなくてストレスになることがあります。そんな時、本当に必要なものはどんなアイテムなのか、いちど愛用のメイク用品を見直してみるのもいいかもしれませんね。内側から輝く若い肌には軽やかで手軽でメイク直しがしやすい、ライトなアイテムが必須です。コンシーラーとプレストパウダーは若いあなたのきれいの味方なのです。

<<Amazonで一番人気のプレストパウダー>>

<<楽天で一番人気のプレストパウダー>>

 

私の友人の崩れないベースメイクのコツ

崩れないベースメイクをするには、まず洗顔をして、化粧水、保湿をします。

夏でも保湿はちゃんとしないと、汗が出ることによって乾燥が高まるので、保湿はとにかくちゃんとします。ただ、油分の多いものだと今度は汗と混ざり、皮脂のつまりのもととなるので、わたしはナリュリエから発売している

「ハトムギジェル」

 

を使用しています。ハトムギジェルは敏感肌のわたしでもトラブルなく使うことができ、これからの季節には重宝しています。ベタつかず、しっかりと保湿もしてくれるので優秀です。

そして、下地です。下地も重要です。

わたしは「マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベースUV」

 

を使用しています。こちらの商品はSPF25、PA+++なので、紫外線もカットしつつ、崩れ防止下地なので、とにかく崩れません。汗をかいても、一日中外にいてもこれを下地に塗っておけば崩れない、魔法の下地です。

これだけでも崩れという点ではいいのですが、この下地に毛穴カバー力はありません。毛穴もカバーしたい、そう思ったわたしはこれも同時に使っています。

「イヴサンローラン ラディアントタッチ ブラープライマー」

30mlで6300円と少々割高なのですが、一回に半プッシュで顔全体に伸ばすことができるので、かなりコスパがいいです。コスパがいいだけではなく、こちらの下地を使うと、まるで毛穴なんてなかったんじゃないか?と思うくらいつるんとした肌に見せてくれるんです。香りもいいですし、下地は透明なのですが、キラキラとした金色の粉が入っているので見ているだけでも気分も高まります。

そしてファンデーションは

「イヴサンローラン タン アンクル ド ポー」

です。こちらも25mlで6600円とお高めですが、とても伸びがいいのでコスパがいいです。こちらはさっと塗るだけで、まるでパウダーをつけたようにサラサラにしてくれ、カバー力もかなり高いファンデーションです。

柔らかめのテクスチャーでスッと肌に馴染んでくれます。

そして、パウダーは

「エレガンス ラ プードル オートニュアンス」

 

を使っています。これをつけると、さらに毛穴をなかったことにしてくれます。そして崩れません。最強のパウダーだと思っています。色はつかないのですが、毛穴を光で飛ばしてくれるので厚塗り感も出ず、肌にもキレイに密着してくれます。

そして仕上げに

「クラランス フィックス メイクアップ」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラランス フィックス メイクアップ 50ml(3380810040692)
価格:4320円(税込、送料別) (2018/4/4時点)

 

を3〜4回顔に吹きかけて終了です。

このミストをするのとしないのとでは雲泥の差があります。そのくらい崩れなくしてくれる、まさに魔法の水です。

下地やファンデーションは、今までドラッグストアで買えるいわゆるプチプラを使っていたのですが、やはりプチプラは値段程度というか、10代までは良かったのですが、20代も半ばになり、だんだんとお肌の質も変わってきたので思い切ってデパートで販売していものを使うようになったら、化粧のもちも全くといっていいほど変わったので、少々お高いものが多いですが、思い切ってデパートで試してみると、プチプラを買って色々なものを試すより、長い目で見てコスパもいいので、オススメです。

関連記事:

ファンデの代わりに!自分の肌色に調整できる人気コンシーラーの口コミ

一日中化粧崩れしない人気フェイスパウダーとおすすめの使い方

崩れない!と人気のプチプラファンデーションブランドランキング2018

ツヤとカバー力が完璧!乾燥肌も崩れないプチプラリキッドファンデーション

乾燥肌でも崩れないと人気!30代40代におすすめのBBクリーム2018

崩れない!化粧ノリが良くなる!おすすめの化粧下地の塗り方

 

 

スポンサーリンク