【薬膳(やくぜん)の始め方】薬膳の効果と方法(やり方)を分かりやすく解説

薬膳(やくぜん)とは

「薬膳(やくぜん)って何?」と言葉は聞いたあるけど、その意味は知らないという方は多いかと思います。また薬膳をご存知でも、めんどうくさそう・・・とついつい敬遠してしまう方もいるでしょう。”古臭い、おばあさんのすること”、等のイメージが強い方もいるかもしれません。

ここでは薬膳がもたらす健康や美容の効果についてご紹介します。

薬膳とは、

薬膳料理は、病気の“治療”ではなく“予防”のための料理として発展した歴史があります。生薬を使ったものだけが薬膳料理と思われがちですが、日々の私たちが食べている穀物や野菜、肉、魚、乳製品などを材料にしたものも薬膳料理に含まれています。 普通の食材を使って作る料理が薬膳といわれても…あまりピンとこないですよね。肝心なところは料理に使われた材料ではなく、中医学理論に基づいているか否かが、薬膳料理なのかそうでないかの違いになってくるのです。

薬膳の例として、

体の冷えや疲労が気になるときは「ニラ」を食事に取り入れたり、風邪っぽいときや二日酔いのときには「はくさい」を取り入れたりと、自分の体調や体質、その時の季節によって取り入れるものをチョイスしていきます。

このように薬膳は、我々の身近な食材で実践可能でり、我々の体をサポートしてくれる食事方法なのです。

薬膳をするとどうなるの?効果

%e8%96%ac%e8%86%b3%e5%8a%b9%e6%9e%9c
  1. 美容
  2. 健康
  3. さらにちょっとした尊敬

が手に入ります。

薬膳の知識を活用してご飯を食べれば、まず痩せることができます。薬膳料理は、体の不調や辛さを感じやすい食事制限によって痩せるのではなく、食事の量は変えず、食べるものの内容や組み合わせを変えることで、健康的な体に導きます。肥満が気になる方は、薬膳の食生活を実践し、理想的な体を手に入れましょう♪

また薬膳料理は、内臓に良いものばかりなので、むくみや便秘、肌トラブル解消も期待できます。さらに二日酔いからの回復も早くなります。

さらに、好きな男性や友人の健康だって気遣ってあげられる素敵で「尊敬できる」女性に変身することもできます。

やってみたくなってきませんか♪

薬膳の始め方

%e8%96%ac%e8%86%b3%e6%96%99%e7%90%86

難しい勉強やレッスンを受けなくても薬膳を気軽に実践することができます。

なぜなら今では薬膳を分かりやすく、おもしろく紹介している本やコミック形式のものが出ているので、是非それを活用しましょう!

※Amazoの人気な薬膳の本⇒【Amazon】人気の薬膳の本を見てみる

もともと薬膳は民間の間で病気になる前に、予防として処方されていたとされています。一般庶民にも広く実践されていたため、そんなに難しくありません!基本だけ頭に入れれば、十分普段の食事に活用できます。

例えば食べ物には、冷やす食べ物と温める食べ物があります。それを体質と体の調子に合わせてチョイスしていくだけです。寒いときはショウガ紅茶を飲もう、夏はキュウリとトマトのサラダを食べてカラダを冷やそう等こういうものなんです。簡単でしょう?

薬膳のポイントと私の体験談

薬膳のポイントは「気・血・水」。

%e8%96%ac%e8%86%b3%e6%96%b9%e6%b3%95

これらの3つにエネルギーを吹き込むことが元々の理念です。

「気?」と疑問に思うことでしょう。

  • 気を使う
  • 気がかり
  • 大気
  • あのひと気丈ね

等の「気」で、気を使った漢字は日常にたくさんありふれてあるので想像しやすいかと思います。

  1. 「気」は生命エネルギー
  2. 「血」は文字通り流れてる血
  3. 「水」は体内の水

水は水太り体質とあるように、水が体内に溜まる量が多すぎても少なすぎてもいけません。多すぎればむくみ、冷え性になりやすく、少なければ便秘にはなるし、肌は荒れるし潤いません。適切な食事を通して、適度に気、血、水の3つを満たしていくことが薬膳の考え方です。

私の体験談ですが、”あれ、かぜかも?ぞくっと体が震える”というとき薬膳を取り入れています。

お水に昆布茶と顆粒コンソメを少し、そしてチューブショウガ多めとネギ多め、シソのきざんだのにあればニラや梅干し入れてレンジでチンします!それにお味噌を溶けば即席「風邪撃退お味噌汁」の完成です。飲んですぐ体を温めて布団に入れば治りは早いのですね。

薬膳を知ることで最も素晴らしいと思うことは、自分の子供や夫、両親の健康をこっそり管理してあげられることです。ちょっとくらいの病気は薬膳で治せてしまいます。ココロ豊かに、ゆとりを持って、薬に頼りきらず、自然に治療することが可能になります。す夢みたい、と思いませんか?

高い食材を買わず、あるものでなんとかできるなんて嬉しいですよね。是非、薬膳に挑戦してみてください♪

薬膳の例、料理(レシピ)

%e8%96%ac%e8%86%b3%e3%82%84%e3%82%8a%e6%96%b9

最後にTwitter上にあった薬膳の活用例をご紹介します。冬場は野菜を生ではなく、火を入れるのがポイント!

2016年は梨を使用した薬膳料理が流行っています。王道な薬膳料理は、鍋とカレーです。

スポンサーリンク