【買い物をしすぎる・・・】衝動買い癖を直したい!

ついつい色んなもの衝動買いして困っている人へ

欲しいものがたくさんありすぎて、それを買わずにはいられず、

「買っちゃえ!」

と購入したものの、

「うわ・・・なんで買っちゃったんだろう」

と後日、後悔してしまう経験をしたことある人は多いかと思います。

後悔するということは買う必要が無かった、つまり無駄使いしたということです。

“なんとか必要なものだけ買えるようにしたい!”

ここではそのように感じている人へのアドバイスをご紹介します。

無駄な買い物を100%防ぐのは難しいかもしれませんが、かなりの確率で予防出来る方法です。欲しいものを買う前にちょっとした『考える時間』を設けることで無駄な買い物を防ぎやすくなります。

浮いたお金で、いつもよりちょっと高く良質なものを購入したり、貯金に回したり効率よくお金を消費しましょう♪

何より、罪悪感がかなり減ります!

長期的に使用可能がどうか考える!

衝動買い 失敗

方法というのは、たった1つ!

それは、

「自分が買いたいと思っているものが、数ヶ月から1年後も使っていたり、好きでいるだろうか」

と考え、想像する時間を設けることです。

買いたいものによって想像する内容は違います。

  • 洋服や装飾品であれば、1年後も着用しているだろうか?
  • マスコットだったら1年後もどこかに付けていたり、飾っているだろうか?
  • 本であればここ数週間は読む時間があるだろうか?
  • 調理器具であれば、長期的に使うために、その料理を食べる頻度はどうだろうか?手間がかかる料理ではないだろうか?洗浄やメンテナンスは楽だろうか?

などと、ほしい物を購入した後の先の姿を見据えます。

1年後に使っていないだろうなと思ったら、買うのはやめましょう。分からない場合は、1週間ほど期間を置いてみたり、そのものを代用できるのであれば、代用品を使ってみたりして新しい物が本当に必要か考えましょう。

もちろん、今必要としているものだったら話は別ですが。

それを考える時間を少しでも設けるだけで、買うものはかなり減り、後悔もぐっと減るでしょう。物を買いすぎて困っているという人は、凄く我慢しているなと感じるくらいで丁度良いかもしれません。もしかしたら、もっと我慢していい人だっているかもしれません。

私は数年前、欲しいと思ったものを沢山買っていました。仕事のストレス解消=衝動買いみたいな感覚でした。1つ1つがそこまで高くない物であったので出来たことなのですが、実際その内の半分くらいは買わなくてもよかったなという商品ばかりでした。

そしてそれが嫌で、1年後の使用感を考えて買うようにしたら、失敗した買い物はほとんどなくなりました。その方法を取りれた以後に買ったものは、大切に使っていますし、使用度も高いものばかりです。

つまり、買って良かったと思えるものばかり!

まとめ

衝動買いをしてしまう

これまで衝動買いの癖が付いている人にとっては、苦渋の決断ばかりで疲れることがあるかもしれませんが、本当にその癖を止めたいのであれば、頑張りましょう!

色んなものを買って後悔している以上、選別するというのは大事です。少なくとも、私はこの方法を行ったことを後悔はしていません。むしろ、もっと早くやっておくべきだったと思っています。

買い物というのは人間にとって不可欠ですが、限度というものがあります。限度を超えてしまっては意味がありませんし、自分が苦しくなるだけです。そうならないよう、1年後のことをしっかり考えて買い物するようにしましょう。そうすれば、お金に余裕も出来ますし、精神的にも余裕が出来て、楽になることでしょう。

スポンサーリンク