【辛い時こそ笑顔でいる!】嘘でも笑顔で明るい気持ちになる方法

つらいときに笑顔でいるためには

人生生きていたら辛い事にぶち当たる事は絶対にあります。もちろん家の中にいれるなら落ち込んでいても良いのですが、外に出たり仕事をしている時は落ち込んでいる表情を見せるわけにはいきません。辛いですが、それでも働かなくてはならないのです。それはとても大変な事です。では、負の感情のときはどうやって明るく振舞えば良いのでしょうか?ここでは、その方法を紹介します。

明るい気持ちになるには?

笑顔 苦しい

辛い顔をしていては周りの人たちも怖くて近寄って来ませんし、挨拶もしにくいです。そのため辛くても明るくいるのは、とても大事な事ですし、少しでも早く元気になるにはとても大切です。ですので、少しでも元気になりたければ、明るくいた方が絶対に得です。

負の感情のときはまず、嘘でも良いから笑顔になってみましょう。そのためには、家にいる時ならお笑い系の番組を見たり、明るい話を聞いたりすることがオススメです。もし、外で誰かと話す機会があるなら面白い話をしたり、誰かが話している時は輪(わ)に入ると良いです。最初はそんな気分にならないかもしれませんが、笑っているうちに徐々に元気が出てくるはずです。

また笑顔になると周りの人たちが寄ってきたり、明るい話をしてきたりポジティブな反応が返ってきます。顔が暗いと人が寄り付かなくなったり、暗い話ばかりになってしまうので、ちょっとでも面白い事があるなら笑ってください。明るい話をしているうちに暗い気分も明るい気持ちになってくる事でしょう。

時間があるなら自分が好きなことに没頭するのもオススメです。これも没頭しているうちに暗い事は忘れてしまいます。そうすればどうでもいいやと思えることもあるので、自分の好きな事をする事も大切です。

笑いと表情筋でいつまでも元気で若々しく★

女友達 ママ友 付き合い

皆さん、毎日笑っていますか?

「ナチュラルキラー細胞」ということばを聞かれたことがあるかと思いますが、この細胞は私たちの体内にあるがん細胞やウイルスを退治してくれる、ありがたい存在です。笑うことで善玉の神経ペプチドが体中に流れ出し、ナチュラルキラー細胞の働きを活発にします。

毎日、職場での人間関係や子育てなど、私たちの周りにはストレスがいっぱいです。でも、ただ笑うことで健康で若々しくいられるのら、こんなに楽なことはありませんね。

笑いと表情筋がもたらす効果と方法

笑顔 方法

前述したように、笑うことで、ナチュラルキラー細胞が活性化し、免疫力を高めますが、それだけではありません。声を出すことで、横隔膜や背筋を鍛え、若々しい体を維持します。また、笑顔になることで、リフトアップ効果を高めます。しかし、瞬間的に笑顔になるだけではだめです。お顔の若々しさを保つためには毎日の表情筋運動が重要なのです。

朝起きたらすぐに鏡を見ます。そして鏡に向かってほほえみかけます。昨夜嫌なことがあった人も疲れている人も、気持ちはなくても笑顔をつくるのです。ほら、胸のところが明るくなるのを感じるでしょう?体と気持ちは密接につながっています。嬉しいと笑顔になりますが、逆もあるんですよ。笑顔になるといい気持ちになれるんです。人間の体って不思議ですね。

それから口を細くして「オー」と言いましょう。おなかの中から空気と声を外に出します。そして表情筋運動を始めましょう。まず、軽く口を閉じニコッと口角を上げます。次に5秒かけて口を右上に引き上げます。その状態を5秒保った後、5秒かけてゆっくりと元に戻します。筋肉はゆっくり時間をかけないとつきません。左も同じようにします。次は口を5秒かけてひょっとこにします。そして5秒保つ、5秒かけて戻すをくり返します。

今度は目の周りです。しっかり目をつぶり、顔のパーツを中心に寄せ、5秒後にぱっと顔をおもいっきり開きます。この時、眉を上げる、目を丸くする、頬を上げるを意識しましょう。この顔が一番若々しく明るい顔ですよ。

次に眉をしっかりと上げて目を5秒かけてつぶり、その状態を5秒保った後また5秒かけて元に戻します。慣れていないと眉のところが痛くなりますが、それは表情が固くなっている証拠です。毎日やることで表情を柔らかくしましょう。これでお仕事に行ったら明るい雰囲気が漂い、周りまで明るくしてくれることでしょう。朝から時間がなかったら、トイレに行った時など、ちょこちょことやることをおすすめします。

私は58歳ですが「笑顔がいいですね。」とよく言われます。ショッピングに行ってふと窓に映る自分の顔を見ると、あごのラインが細くて明るいですよ。笑顔でいることで、物事も明るく捉えることができます。人生はまだまだこれから。笑顔で若々しく明るい毎日を過ごしましょう。

以上の方法が合わない人は以下の方法もおすすめです!

女性が笑顔で過ごせることは、実践しようとしてもなかなか難しい部分があります。悩みがあると笑顔にならず、いつもイライラしたり心が重く感じることもあるなど悩みを抱えている女性も多くいます。日頃からちょっとした工夫をすることで、その悩みを解決することができます。

まず日常生活においてイライラしたり、不安になることなど沢山の要素があります。例えばお子さんがいる場合は、子供の進学や就職。自分自身の老後の生活や親の介護など様々なことが積み重なって、心が辛くなったりしんどくなったりします。まずは、その重荷を取り外すことが必要になります。原因がわかっているようでしたら、解決策を考え実行するなど、止まるのではなく少しずつ動くことが重要になります。

なかなかアイディアが浮かばないようでしたら、近場をウォーキングすることでリフレッシュすることができます。家に閉じこもっているのではなく、少し外に出てリフレッシュすることも必要です。外に出ると四季を感じ、季節の花をウォーキング中に発見することもできますし、色々と体感することができ発見もあります。

笑顔になりたいと思っているようでしたら、無理やり笑顔になる必要もなく、自然のまま居心地良い場所をみつけることで回避することができます。

友人と話したり、好きな音楽を聴きながら散歩したり、読書するなど脳をリラックスすることは重要になります。ずっと緊張している状態が続いていると顔もこわばってきますし、ネガティブな発想になるためポジティブな気持ちで過ごすことが重要になります。自分へのご褒美を準備して過ごすことで、だいぶ気持ちもリラックスするようになりますし、癒しを準備しておくと良いでしょう。
美容院など女性は好きですし、定期的に行きイメチェンしたり、好きな化粧品を購入してメイクを変えるなどちょっと普段と違う雰囲気に過ごしてみることも必要になります。

女性が元気に笑顔になるためのポイントは、自分の気持ちに素直になることは大切です。無理していると、どこかで崩れてしまいバランスが乱れてしまいます。体を動かすことも有効的なため、ウォーキングをするようにしました。ウォーキングしていると草花を見かけたり、シーズンの花を楽しんだり発見できるので日常生活が充実します。犬の散歩をしている方と挨拶したり、ちょっとしたコミュニケーションが取れるのも楽しみの一つになります。
自然と笑顔が出るようになるので、普通に過ごすことが大切になります。

女性は笑顔でいることで、素敵な雰囲気になりますし、運を呼ぶこともあります。無理して笑顔を作らなくてよいので、自然な感じで過ごし、日常生活の中に気分転換できるようなウォーキングをちょっと取り入れていると今まで気づかないことが発見できたり、新たな楽しみ方を知る機会になります。

明るく振舞う注意点

しかし、注意点もあります。それは、あまり笑顔になりすぎない・笑顔になろうとずっと無理をする事です。辛いときに明るく振舞っているというのはすごく大変な事です。ですので、明るくいた方が良いといっても、一日中笑顔でいたり、人と会ったりする必要はありません。あまりに長い時間笑顔になっていると、いつも笑っていなくてはいけない状態になり非常に疲れます。

ですので、人と会う場合は時間を決めましょう。辛いときは心が疲れているものです。そういう時は休み事も必要なので。笑顔のときと休むときのバランスが非常に重要です。この二つのバランスを心がけましょう。

まとめ

笑顔 辛い

このように、辛いときに明るく振舞うには明るい環境にいることです。もちろん一人で家にいるときは必ず明るくなくても良いです。しかし、外に出て誰かに会うときはいつまでも暗い顔でいるわけにはいきません。ですので、ちょっとでも早く明るくなるために、外に積極的に出て笑顔でいる事を心がけましょう。

しかし、休息も必要なので両方のバランスを取りながら生活していく事が非常に重要になります。自分が楽しいと思えることを考えて元気になってください。

スポンサーリンク