【銀のスプーン(シルバースプーン)を磨く意味】心を磨く

忙しく時間に追われる毎日を過ごしていると、気が付いたら内面がボロボロになっていた。

辛すぎて、内面が傷ついていることさえも気が付いていない方もいることでしょう。

そんな状態にあなたもなってはいませんか?

女性の美しさは内面からにじみ出てきます。心が安らぎに満ちていると、表情にもそれはでてきます。

なにより、安らぎを人に与えてあげれるようになり、その美しくなったオーラは人へと伝わってゆきます。

イライラとし、曇った表情をしてばかり。他人の顔すらしっかりと見る余裕のない状態ならば、ぜひ体磨きの前に心磨きを行ってみてはいかがでしょうか。

銀のスプーンを磨く意味

銀のスプーン

まず用意していただきたいものは、常に肌身離さず持っていられるような銀のスプーンがおすすめです。

昔から英国では、銀のスプーンは幸運の象徴でした。それを持っておくことにより、あなたには幸運が近づいてきます。
そして、銀のスプーンを柔らかい布で磨くこと。それはあなた自身のこことを磨くことへとつながります。

ゆっくりと、落ち着いた空間で磨いてみましょう。時間をかけてゆっくりとゆっくりと。スプーンからうつるあなたはどう見えますか?その時に浮かぶ思いをゆっくりと考えながら、何度も何度も磨き続けましょう。

黙々と同じ作業をしていると精神が統一されてきます。

何も考えないのもいい。自分の悩みにとことん向き合ってみるのもいい。

とにかく、悩みや心の曇りをぬぐい取るように、きれいに磨き続けることが重要です。

そして、一番大事なことは、これを磨くことにより、自分の心が内部の奥底から磨かれて美しくなっていくと信じることです。

信じる力は、時に大きなパワーを発揮します。疑って何かをするよりも、信じるだけで物事が大きく変わるのであれば、信じてみたほうがいい。

これをするだけで心が磨かれる。そう自分自身になんども言い聞かせ、自分の行動を深く信じてみてください。

すると、自分を信じれるという素敵な力が内面の奥底からわいてきます。

内面を濁す原因は、自分を信じ切れていないところからでてきます。自分の行っていることが正しいと信じることで、自分を信じ、自信がわいてくるのです。

自分に自信のある女性は、実に美しい。

自分の行動、今思ったこと、行っていることは正しいのだと信じる気持ちこそ、内面の美しさなのです。

銀のスプーンを磨いてください。

心を落ち着かせ、悩みに向き合ってみてください。そして心が乱れ始めたら、自分を信じるようスプーンを握りしめてみてください。そして、それをぬぐうよう、再び磨いてください。

何もしない、何も考えない瞑想とを心の休息だとすれば、精神を統一させてスプーンを磨くという行為は心のストレッチとなります。

自分自身を見つめるよう、スプーンにうつる自分を見つめ、心をみつめ、そして自分の内面を美しく磨いてゆきましょう。そして、その力を信じてみましょう。かならずあなたは内面が輝く美しい女性へとなることができます。

スポンサーリンク