【30代40代の引き算メイクのやり方とは】アイメイク,リップ,チークの方法

メイク

30歳を過ぎて隠したい肌トラブルがたくさんあるからといってどんどん化粧の上塗りをしていませんか?

いくら隠したいからといって、どんどん化粧を濃くしていくとひと昔前のメイク感がでて余計に老けてみえます。

そんな30代になってどんなメイクをしていたらわからない!今までのようなメイクをしてたら若作りしてる感がしでてしまう!と悩んでい人にお勧めしたいのが「引き算メイク」です。

どこか一箇所だけメイクを引き算するだけで、今流行りの抜け感メイクの完成です。

引き算メイク=薄メイクと思っている方も多いですが、どこか一箇所メイクを引くだけで、あとはしっかりメイクをしても抜け感のあるナチュラメイクに見せる技です。

「消して手抜きではありません!」

引き算メイクをする上で一番最初にすることはベースメイクの見直しです。

シミ、シワ、クマなどを隠したくてどんどんファンデーションを上塗りしていませんか?上塗りは隠したいものをただ浮き立たせるだけです。ファンデーションは厚く塗れば塗るほどヨレて肌を汚く見せます。ファンデーションは薄く、隠したいものはコンシーラで!これが基本です。

30代40代のための引き算メイク

年々、ナチュラルメイク、すっぴん風メイクという言葉が浸透していますよね。でもナチュラルやすっぴんというと、手抜きメイクでもOKと勘違いをしてしまいがちです。それらの言葉の代わりに「引き算」と置き換えれば、メイク方法の違いが分かりやすくなります。

つまり、定番となったナチュラルメイクの極意とは、最低限のメイクで最大限の魅力を引き出すことなのです。引き算メイクができるようになれば、手間も時間も、そして肌の負担も減らせるので、ぜひマスターしておきたいですね♪

引き算メイクは化粧崩れしない!

顔にコンプレックスがある人ほど、メイクに時間をかける「足し算メイク」をする傾向があります。

ファンデーションを厚塗りして、アイラインで目を囲み、つけまつげを装着して、マスカラを大量に塗るなどです。チークやアイシャドウもたっぷり塗って完成する頃には、小一時間かかってしまうこともあります。

このような足し算メイクは芸術的ではありますが、本来の自分の美しさを活かせる方法とはいえません。

何よりも、これほど濃いメイクをすると肌に負担がかかり、化粧崩れを起こしやすいのが難点です。ですが、引き算メイクは厚塗りしないので、化粧崩れの心配もなく、1日中快適に過ごすことができます。メイクに時間がかかってストレスが溜まっている人は、引き算メイクをしてイライラを回避しましょう。

引き算とは、「ポイントメイク」

引き算メイクを実践する前に、まずこれまでのメイク方法について整理してみましょう、

最も長い時間をかけてメイクしていた箇所には、こうなりたい!という願望が隠れています。

ベースなら肌を明るくみせたいとか、アイラインやマスカラなら目を大きく見せたいなどです。でも、気になる箇所を変えようと必死になると、不自然な印象になるので逆効果なのです。

引き算メイクの基本は、あれこれと手を加えるのではなく、ポイントメイクだけに抑えることです。徹底するところを1箇所だけに絞り、他は簡単に済ませるようにすると、すっきりとまとまったメイクに仕上がります。

足し算メイクと引き算メイクの違い

①長所を引き立てる足し算メイク

まず重要なことが自分の良いところを活かすメイクです。

よくメイクしている人は他の人のメイクの真似をしてメイクしている方が多いですが、これではうまくいきません。なぜなら、人によって長所が違うからです。

例えば目が二重の人は目を引き立たせるメイク方法が必要です。あまりいじりすぎず、ナチュラルにして、濃くしすぎないことが重要です。たまに目がぱっちりなのにカラコンを入れている方やアイライナーやマスカラを使いすぎて濃くし過ぎている方がいます。

これではもったいなく、せっかくの良いところが台無しになってしまいます。他にも唇がちょっとぷっくりしていている方はラメの入った口紅やリップを利用するなど唇を引き立たせるメイクが必要です。

②短所を隠す引き算メイク

また良いところを引き立たせるメイクをすることも重要なのですが、自分の短所を隠すメイクをすることも重要です。

例えばシミやクマ、ニキビなどは女性にとって天敵です。

これは明確な弱点となってきますので、ここはコンシーラーなどを利用して重点的に隠します。他にも一重や目の小さい方は目を強調させるメイクにするなど弱点は徹底的に隠しましょう。

私は以前まで、このようなメイク方法を利用せず、他の人のメイクやテレビや雑誌などを参考にして結構濃い目のメイクをしていましたが、イマイチ周りの反応が悪かったです。そこでメイク方法をガラッと変えて、このメイク方法を22歳くらいから導入しました。そしたら周りの目が特に男性の方から連絡が良く来るようになりました。周りからもキレイや可愛いと言われることも多くなり、自分に自信がついてきました。

しかし問題点が一つありました。

当時の彼氏は、このことについて快く思っていませんでした。よく昔連絡をとってきた複数の男性からはしょっちゅう連絡がきて、やましいことはなにもないのに、あらぬ疑いをかけられることが多々あり、そのことで何度もケンカし、別れそうになりました。あまりメイクをうまくし過ぎると別の悩みがでてきてしまいますので、ご注意ください。

以上をまとめますと、自分の顔の長所、短所を正確に把握し、長所を生かし、短所を隠すメイクをすることが一番あなたにあったメイク方法になります。

雑誌や芸能人と似せたメイク方法をしても上手にいきずらいのは顔の長所、短所は人によって異なるからです。今一度自分自身の顔に合ったメイク方法を見つけてみましょう。きっとあなたの意中の男性も落とせるはずです。

強調したいパーツを1つだけ決めるのがポイント!

顔のパーツのうち、どこを強調したいのかが分かれば、ポイントメイクがやりやすくなります。

例えば、目の印象を強くしたいのなら、眉やチークの印象は弱めにして、唇に注目させたいなら、アイメイクは薄くしたほうが際立ちます。

目立たせたい箇所を1つだけに絞り、他は手を加えないようにするのが、引き算メイクを成功させるポイントです。

ひと昔前に流行った「ギャル風メイク」は、整形メイクともいわれ、足し算メイクの象徴でした。今はナチュラルメイクが主流で、過剰に手を加えるのではなく、活かしたいパーツだけに重点をおきます。

自分の顔の長所に目を向けることで、メイクの質が上がりますから、引き算メイクは美への近道といえるえでしょう。ナチュラル、すっぴん風メイクのやり方で悩んでいる人は、まず引き算メイクを試してみると、意外と簡単に解決できますよ。

引き算メイクのやり方

ではさっそく引き算メイクをしていきます。

①ベースメイク

実践法として、まずは洗顔をして化粧下地をのせる前に、

・ふき取り化粧水
・化粧水
・乳液
・日焼け止め

をきちっと毎日することです。

ふき取り化粧水は、コットンに含ませ優しく顔に当てていくことで、化粧水と乳液の入りが良くなり、メイクが自然になじむようになります。

日焼け止めについては、化粧下地やファンデーションにUVとPAが入っている商品も多くありますが、下地の前に日焼け止めをしっかり塗ってカバーされるのをお勧めします。

また夜、洗顔の後には日焼け止めの代わりに美容液を付けることで、翌日お肌がふっくらする効果を期待できます。

化粧下地

化粧下地は、赤みを抑えたい方は薄いブルーのものがお勧めです。

リキッドファンデーション

リキットファンデーションは、商品をお肌の上にあててみて、やや明るいお色がお肌に合います。手の甲に置いて大きめのブラシで取り、馴染ませてからお顔にのせて下さい。スポンジで顔にポンポンとファンデーションを馴染ませていくと、ファンデーションが厚くなりにくいです。

コンシーラー

コンシーラーは、白に近い明るめのお色を目の下に放射線状に縦に付け、スポンジか手で馴染ませてください。こうすることでハイライトにもなり、こなれた印象になります。また、年齢を重ねていくと、瞼にアイシャドーのお色が沈着しがちですので、アイシャドーを入りやすくする為に瞼にのせるのも効果的です。

この後、お肌に近いお色のコンシーラーをシミなどを隠したいところに入れます。

パウダー

そしてパウダーをのせますが、お顔全体にお面のように均等に付けるのではなく、顔の輪郭に近くなるにつれて薄くなるように意識してください。こうすることで、首だけが浮いてみえることを防ぎ、また中心がはっきりして見えるので、小顔効果があります。

①アイシャドウの色を減らす

ナチュラルなアイメイクにするコツはズバリ!引き算です。

引き算アイメイクをすることでメイクが濃すぎてケバい、目力があり過ぎてキツい、一昔前の濃いアイメイクみたいで古臭い…といったマイナスの印象を抱かせることがなくなり、年上の方にも好感度が高く、優しく清楚な雰囲気になるので異性から話しかけられやすくなり接客業をする上でも相手に好印象を与えやすくなります。

私はギャル世代なので以前は派手なアイメイクをしていたのですが、引き算アイメイクにシフトしていったところ、いろいろな方からメイクについて褒めて頂くことが増えました。

男性からは「透き通るような透明感のある感じだね。」と言われ、女性からは「目がキレイだね」と目そのものを褒めてもらえるようになりました!

引き算メイクと言ってもアイメイクをなしにするのではなく、おススメしたいのは「あくまでもコスメは使うけど全体のバランスを見て減らす」という方法です。

やり方

アイシャドウの引き算メイクのポイントとしては、単色アイシャドウをアイホール全体に薄く伸ばした後、二重の幅の部分のみもう一度指で伸ばすかチップで重ねグラデーションにします。

ラメの入ったものだと華やかな印象を与えるのでデートやパーティーなどのシーンでも活躍してくれますよ。

個人的には、ベージュやブラウン系のアイシャドウがおすすめです。またグラデーションにするために何重にも重ねるのではなく、使っても色は2色、もしくは単色の重ね塗りします。

そして、アイラインはブラウンで選びます。もし黒を使っている方でしたらブラウンに変えるだけで顔全体が柔らかい雰囲気になります。アイラインをひくときも目の際を自然な感じで、まつげの間を埋めるようにひいていきます。

目の下にひく時は黒目の下あたりに軽く引いてくだけでOK!

②マスカラはブラウンかクリアに変えてみる


二重の人がやってしまいがちなメイクなのですが、印象が強い濃いアイシャドウにブラックのマスカラを使ってしまうと目力が強くなりすぎてしまいます。

マスカラはつけなくても良いですが、やっぱりつけないと落ち着かない!という方は、ブラウンかクリアのマスカラがおすすめです。マスカラはメーカーによってブラウンの色味と発色が違うので、色々試して自分の目や雰囲気に合った色を探してみてください。

クリアマスカラというとメイク禁止の高校生が使うイメージをお持ちの方もおられるかもしれませんが、実は最近注目され度々アットコスメなど大手のコスメ紹介サイトでも取りあげられ以前よりすごく進化しているんです!

美容成分入りで育毛効果が期待できるもの、きちんとカールをキープし、ファイバー入りでより長く見せてくれるものなどなど…とっても優秀なのです!

何より自まつげのように見せてくれるので、不自然にならずナチュラルに二重の美しさを引き立ててくれます。

アイシャドウが濃いめの時だけクリアマスカラに変えてみるなど、全体のバランスをみて挑戦してみて下さいね。

②次は、口紅の引き算メークです。

口紅について、唇も年齢と共にお色がくすんできがちです。私はファンデーションを使う時に唇にものせています。こうすることで口紅の発色が良くなります。

口紅は、マットなものよりもツヤのあるタイプの方が生き生きとして見えます。また、2色使いをすることで唇をふっくらして見せることができます。

まず薄めのお色、弱い色味の口紅を塗り、上からティントやグロスなどツヤのある口紅をのせます。その際、口紅の中心に濃く色がのるようにすることで立体感を出します。

また、今までリップライナーで口の周りをしっかり囲んで口紅を塗っていませんでしたか?

まず口元を囲っていたリップライナーを使うのをやめてみましょう。リップラインを緩くするだけで、良い感じに抜け感が演出できます。

色味もコーラル系でふんわりナチュラルに、ベージュ系で上品な印象を演出できます。

べったりとしたもの口紅を選ぶのではなく、シアーのもので透明感を出しつつ発色が高いものを選んでみてください。今は塗るだけで抜け感を演出できるリップがたくさん発売されています。

参考記事:

【大人気のリップ、口紅ランキング】おすすめ5選!色は

落ちにくい!安い!人気でプチプラな口紅ブランドランキング

③最後に、チークの引き算メイク。

これは簡単です。手元のチークを見直してみましょう。

若い頃と同様にピンク系やレッド系のチークを使っていませんか?

これをベージュやオレンジ系にチェンジ!

これらだけで引き算メイクの完了です。

もし素肌感を強調したい場合は、しっかり色を付けるというよりも、ハイライトのような感覚で、薄いパープルやホワイト系を頬骨のやや外側にブラシで一刷毛し、
顔を動かすことで光を感じるくらいが良いでしょう。

私はメイクを上記のように変えただけで周りから「雰囲気変わったね!やわらかい感じになったよ」と言われるようになりました。

年齢とともにメイクも変えていかないと、とただの時代遅れの若作りになっていきます。

皆さんもどんどん引き算して抜け感のある旬顔を手に入れましょう!

口コミ

30代後半の筆者は、今まで雑誌でその時その時の流行りメイクを真似してきた世代でもあります。

眉毛だけでも細眉、太眉、困り眉毛。。。まさにメイクはイキモノと言えますね。

最近では様々なタイプのメイクが出ていて、どれが良いのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

私もその中の一人です。年齢と流行が移りゆく中で、どうやって「自分らしい自然なメイク」にしていけばよいか。。。

私なりに考え実践してきたことは、「素肌感のあるメイク」です。

それは年齢と共に足し算になりがちなメイクに引き算をして、素肌の美しさを引き出すメイクです。そうすることによって、透明感や肌のハリを持った、若々しいお顔を作ることができます。

上記で紹介できなかった眉毛に関しては、目の中心から目じりまでしっかり描くのではなく短めに、カーブを浅く、自然にまっすぐで短い眉のほうがしっかりメイクしてる感のないナチュラルなメイクになります。眉毛を書いた後でぼかすこともお忘れなく。

アイメイクのお色はお好みですが、ブラウン系や赤みのあるブラウンなど、主張しすぎないお色が合うかと思います。瞼だけでなく、下側にも薄く馴染ませるのがお勧めです。

以上が素肌感ある引き算メイクのポイントになります。

雑誌にSNS、友達などたくさんのメイク情報がある中で、どうやって理想のメイクを見つけていきますか。

私は、ドラマの女優さんのメイクを見たり、SNSでメイクを載せておられる方をフォローしてお勉強させていただいたりしながら、今のトレンドメイクやなりたいお顔の情報収集をしています。

また、デバートなどでプロの方にメイクをしていただくことも毎回新しい発見があり大切にしていることの一つです。

ぜひ実践してみて下さい。

関連記事:

大人30代40代女性におすすめの人気化粧品ブランド!プチプラアイシャドウ、マスカラ、アイライナー、ファンデ、リップ

2018.05.17

【若く見えるおすすめベースメイク】20代後半30代40代でも崩れないメイクのコツ

2018.04.04

マイナス5歳肌を手に入れる!20代30代の肌になりたいメイク方法

2018.02.08

【30代女性が若く見えるメイク方法】こんなやり方で若々しく若返るの!?

2017.03.28

【30代40代女性が若く見える方法】若い見た目になる髪型,食べ物,運動,化粧,服装

2017.03.25

スポンサーリンク