【50代美肌女性に聞いた美容食べ物】納豆、ヨーグルト、アボカドの効果

高齢なのに美肌の女性に聞いたこと

何才になっても美肌の人っていますよね。

男女関係なく美肌の人はそれだけで若く見えますし、綺麗ですし、羨ましいですよね。

誰しも美肌になりたいと願うからこそ、美白化粧品や美肌に効くサプリなどが商品が開発され販売されるわけですが、美肌の人に何かしてます?って聞くと「何もしていない」って答える人が多いと思いませんか?

本当は隠れて何かしているのでは?なんて思ってしまいますか?

でも、美肌の人って本当に何もしていないっていう人の方が案外多いです。私の周りの美肌の人もそ高級化粧品を使っている風でもなく、エステに通っているわけでもありません。

単にに美肌の人は普段からの食生活が良かったのです。

かつて、50代を過ぎている超美肌の方に「どうしたらそんなに肌が綺麗でいられるのですか?」と聞いたことがあります。

その答えは・・・

「納豆、ヨーグルト、アボカドよ」と笑顔で言われました。

納豆、ヨーグルト、アボカドが持つ美肌力

50代の美肌のご婦人はにっこり笑って「昔から毎日納豆、ヨーグルト、アボカドを食べるように心がけているのよ。」と私に教えてくれました。

もしかしたら、エステや化粧品など他にも沢山気を使っているかもしれないと尋ねてみましたが、普通の女性と同じようなお手入れをちゃちゃっとしているだけで、特別なことはしていないと言われていました。

納豆が美肌に良い理由

美肌 納豆

納豆には以下の栄養素が含まれています。

  • 大豆イソフラボン:美肌ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする
  • 納豆キナーゼ:血液をさらさらにする
  • ビタミンB群:細胞の再生を促し、皮脂の分泌を抑える
  • アルギニン:成長ホルモンの分泌を助ける
  • 粘液多糖類:腸内環境を整えるビフィズス菌を増やす
  • ポリグルタミン酸:ヒアルロン酸の10倍の保湿力をもつ

大豆イソフラボンは肌のコラーゲンを増やしたり、肌に潤いとハリを与える働きをします。納豆キナーゼは、大豆を発酵させることで生まれる納豆特有のにネバネバ成分「ムチン」という食物繊維の主成分で、コレステロールを下げたり、血液をサラサラにする働きがあります。そのため、皮膚の血行も改善し、美肌効果も得られるわけです。

またアルギニンは、成長ホルモンの分泌を助ける働きがあります。この成長ホルモンの分泌は眠りについてから約2時間後に始まります。そのため夕食に納豆を食べることで、効果的に成長ホルモンの分泌量を増やし、正常な肌のターンオーバーを助けます。

納豆 美肌

ある統計によると、「納豆を全く食べない人」は「2~3日に一度は納豆を食べる人」に比べると、心筋梗塞になる確率が3倍も高いというデータが出ています。また、大豆イソフラボンはさまざまながんの予防作用があることもわかっています。

大豆製品を摂ると確かに肌がプルプル

納豆といえば大豆からできているのですが、大豆といえばきな粉です。

お餅にまぶしたり、牛乳に溶いたりしてきな粉も美容食として優秀です。脂質も含んでいますが、栄養がしっかり摂れるため、翌日肌がもっちりプルプルすると実感する方も多いのではないでしょうか。大豆イソフラボンなどで有名になりましたが、大豆の力って健康だけでなく美容にも大きい効果があるのですね。安価で手に入りますし、買って損はありません。納豆が嫌いな方はきな粉で大豆を摂取するという方法もありですね♪

美肌に必要な女性ホルモンを出しつつ、食品で補う

美肌のためには女性ホルモン(エストロゲン=大豆イソフラボン)。これは言わずと知れたことですが出すと言ったって目に見えるものでなし、いつどれぐらい出ているかなんてわかるわけではありません。

ワクワクしたり、いい恋愛をしたり、ストレスのない生活を送ったり、運動をしたり・・・そういうことで女性ホルモンは発生するのですが、それだけでなく食品からも女性ホルモンに似た働きをしてくれる納豆。となれば、積極的に摂って美肌効果を上げていきたいですね!

ヨーグルトが美肌に良い理由

ヨーグルト 美肌

女性にとってお肌のコンディションは気分を左右するくらい重要ですよね。つるんとしたむき卵のような肌だと気分は晴れやかですが、現実はニキビや肌荒れに悩む毎日・・・。

化粧水をあれこれ変えてみたり、パックをしたり、エステに行ったり等、肌にはたくさん気を使っているはずなのに一向に肌の調子が良くならない。しかし、それは全て外からのケアだったりしませんか?

実は美肌に必要なのは、体の中の調子を整えることでした。そこで明日からでも始められる簡単な方法が「ヨーグルトを食べること」なのです!

ヨーグルトには以下の栄養素が含まれています。

  • 乳酸菌・・・腸内環境を整える
  • ビタミンB群・・・細胞の再生を促し、皮脂の分泌を抑える
  • カルシウム・・・胃を健康な状態にする、リラックス効果、イライラ解消
  • メラトニン・・・快眠作用
  • たんぱく質・・・肌のキメを整える

ヨーグルトの美肌効果

大腸が食べ物のカスや老廃物で汚れていると、汚れた血液が全身をめぐります。毒素を含んだ血液は毛穴の皮脂と結びつきニキビを引き起こすのです。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌が含まれています。これらは、腸内の悪玉菌を追いやってくれる上に便通が良くなります。腸がきれいだと肌も必然的にきれいになるのです。

また、イライラして自律神経やホルモンバランスが崩れると、肌のターンオーバーが乱れ角質が溜まりニキビに繋がってしまいます。ヨーグルトに含まれるカルシウムはイライラを抑える効果があります。

タンパク質は皮膚を形成する大事な栄養素です。これが不足すると、新陳代謝が上手くいかなくなり肌が老化しくすみやたるみのもととなります。特にダイエットをしている女性は食事制限から、タンパク質が十分に摂取できていません。ヨーグルトはタンパク質が豊富に含まれている上に低カロリーなので、ダイエット中こそ取り入れたい食材と言えますね。

そしてヨーグルトに含まれている「ビタミンB2」。これは脂肪燃焼に必要な栄養素と言われています。カロリーが低くお通じも良くなる上に、脂肪燃焼の手助けにもなるなんてダイエットに最適で

これからの季節インフルエンザなどの風邪が心配ですよね。ヨーグルトは免疫力をアップさせる効果があります。忙しい女性は休みたくても簡単には休めませんから、免疫力をあげてウイルスに強いからだを作りたいものです。すね。

ヨーグルトの摂取頻度と量

美肌 ヨーグルト

低カロリーなうえに美肌効果もあるヨーグルトですが、1日3食食べるのはやめましょう。食べ過ぎると腸への刺激が強いので下痢になってしまいます。推奨量は1日100gと言われていますので気を付けましょう。

そしてできるならば毎日続けて食べることをお勧めします。増えた善玉菌が腸にとどまるのは2~7日。排泄と同時にどんどん出て行ってしまいますので、積極的に取り入れていきましょう。ヨーグルトは塩を入れて食べると、カルシウムの吸収が良くなります。食物繊維が豊富な野菜や果物(バナナ、キウイ、りんご、ドライフルーツなど)と一緒に食べると、整腸作用が高まります。さらに、欲を言えばキノコや海藻などの副菜も摂れば一日の栄養バランスは整います。

正直、こんなにも女性にとってうれしいこと尽くめの食べ物だとは思いませんでした。ヨーグルトは今や種類も様々で味のバリエーションも豊富です。またプレーンヨーグルトであれば果実のソースやジャムとも合います。グラノーラやコーンフレークとともに食べると腹持ちも良く、これなら無理なく飽きずに続けることができそうですね。美肌を目指す女性はぜひ取り入れてみましょう!

アボカドが美肌に良い理由

「食べる美容液と言われている!?アボカドで美容と健康を手に入れよう!」

いきなりですが、皆さん、アボカドは好きですか?

まったりとした、とろけるような食感のアボカドはとても美味しいですよね!アボカドは、美味しいだけでなく、「森のバター」と呼ばれるほど、私たちの健康に役立ってくれる栄養素がたっぷりと含まれています。ギネスブックに「世界一栄養価が高い果物」として認定されているほどです。

さらに、ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんも、アボカドの素晴らしさを著書やメディアで強く訴えており、「食べる美容液」と言い切られています。

3つ目の美容の食べ物として、アボカドの栄養素や美容や健康に対する効果についてご紹介したいと思います。

アボカドの健康・美容効果

アボカドには健康にも美容にも素晴らしい効果を発揮してくれる栄養素がたくさん含まれています。

アボカドに含まれている主な栄養素とは、ビタミンEを主としたビタミン類や、カリウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラル類です。

ビタミンEは、「若返りのビタミン」とも言われており、抗酸化作用が強く、美容においてアンチエイジング効果がバツグンです。血流を良くしてくれる作用もあるので、冷え性にも効果があります。また、ホルモンバランスを整えてくれる作用もあり、妊活をしている方々の間では「着床ビタミン」と呼ばれているほどです。

カリウムは浮腫みを防止し、体の巡りをよくしてくれます。

マグネシウムは便通を良くする作用があります。アボカドは食物繊維も多く含まれているため、お通じに悩んでいる方にはもってこいです。アボカドは「食べるバター」と呼ばれるほど脂質が多いのですが、この脂質は不飽和脂肪酸であるため、体内に蓄積されにくく、むしろ悪玉コレステロールを低下させてくれる働きもあります。

このように、アボカドは健康にも美容にも素晴らしい効果をもたらしてくれる、スーパーフードなのです。

アボカドの食べ方

アボカドは未熟だと固くて美味しくないですし、熟しすぎていると茶色くなりこれも美味しくありません。

程よく熟しているものを選びましょう。皮の色が黒っぽく、ヘタが少しだけ浮いているものが美味しいアボカドの選び方の基準です。

美味しいアボカドを選んだら、あとはお好きなように食べるだけです。サラダに加えても良いですし、パンにサンドしたり、乗せたりしてもおいしいです。そのままお醤油をつけて食べても、マグロのトロのようで美味しいですよ。1日に半分ほどを目安に食べて下さい。

アボカドを食べる際の注意点

アボカドはカットした後は、どんどん茶色く変色していきます。体に害はありませんが、見た目が良くないので、カットした後はレモン汁を振りかけておきましょう。変色を防ぐことができますよ。

また、アボカドは脂肪分が多いため、カロリーは高いです。いくら肉類など他の脂質よりも太りにくいとはいえ、やはり食べ過ぎには気をつけましょう。

以上、アボカドの素晴らしい健康・美容効果をご紹介しました。筆者もアボカドが大好きなのですが、アボカドを食べるようになってから、お肌が艶やかになりハリが出て、そしてきめ細かくなりました。さらに風邪も引きにくくなったと感じています。美味しくて、健康にも美容にも良いアボカド。ぜひ、毎日のお食事に取り入れてみて下さいね!

納豆×ヨーグルト×アボカドを食べる!

最後に、Twitter上にあった納豆、ヨーグルト、アボカドを食べるレシピや組み合わせを紹介します。

まとめ

年を重ねても美肌である50代の女性からの言葉から、日々食べる食品の大切さを学びました。

納豆やヨーグルトと一緒にドライいちじく、きな粉もおすすめです。

またその他にもカルシウムは牛乳から、ビタミンは季節の果物からと意識して毎日の生活の中で摂取するようにしていきましょう。季節の果物というのはスーパーに行けば、旬の果物コーナーで山積みになっているので、知識などなくても自然と身についていきますし、安くておすすめのものが旬なんだとわかってくると思います。

美肌にはまずは体内からきれいにすることが大切です。一緒に美肌になる食生活を心がけて頑張っていきましょう。

【ドライいちじくの効果、効能、栄養を解説!】美容食のドライフルーツがすごい

【恋をすると女性はきれいになる!?】アイドルの片思いでも若返る理由は?

スポンサーリンク