おしゃれでかわいいだけじゃない!紫外線UVカットの日傘の選び方

多くの女性が愛用している日傘。その名の通り、雨を避けるために使用する雨傘ではなく、日の光を避ける為に使用する傘になっています。最近では、様々なデザインのものも販売されており、また、色も豊富になっている日傘。

その分、どんな日傘を選べば良いのか迷うと言う人も少なくありません。

日傘をさす効果は、何も日焼け対策だけではありません。日傘をさす事で日陰を作る事ができ、その分、少しですが涼しく過ごす事が可能になります。直射日光を避ける事ができるだけでも、体感温度は、かなり、違ってきます。その為、日傘をさす事で熱中症対策も行う事が可能になるのです。

正しい日傘の選び方

では、日傘を購入する際、何に注意し選ぶと良いのでしょうか。

まず、UVカット加工の有無を必ずチェックする事が大切です。日傘で日焼け対策を行う場合、必ずUVカットされた日傘を選ぶ事をお勧めします。

しかし、このUVカット。実は寿命があるんです。UVカットというものは、日傘の記事に薬品を加工しているものとなります。その為、どうしても、使う事で劣化してしまうのです。その寿命は2年から3年ほど。その為、UVカットを十分に活かした日傘を使用する為には、3年を目途に買い替える必要があるのです。

その他、日傘選びを行う際、「黒が良いのか?白が良いのか?」など色で悩む事も多いかと思います。

その場合、少しでも紫外線カットを気にするのなら、やはり、黒がお勧めとなります。黒の方が日傘本体で紫外線を吸収しやすく、その結果、肌を紫外線から守る効果が高いと言えるのです。ただし、この場合、UVカットされた日傘ならば、特に色を気にする必要はありません。黒でも白でも同じ紫外線対策効果を得る事が可能になります

また、生地の質においては、厚いものの方が紫外線対策効果を高める事が可能です。しかし、この場合、重くなる場合もあり、使い勝手が悪くなってしまう場合もある為、注意が必要です。

内側の色が重要!

日傘選びを行う際、どうしても、外側の色ばかり気にしてしまいがちですが、実は内側の色も重要になります。紫外線と言うものは上からだけではありません。アスファルトなどからの照り返しにも十分な注意が必要だと言えるのです。その為、日傘の内側の色にも注意が必要。出来れば、白ではなく、黒を選ぶ事で、照り返しによる日焼けを防ぐことも可能になります。

以上が正しい日傘選びの方法です。最近では、デザイン豊かな日傘もたくさん販売されています。その為、目移りしてしまう事も少なくありません。そんな時は、UVカットの有無を確認し、その上で色や形を選んでいく事をお勧めします。

その際、出来ればレースで穴の開いたような日傘はお勧めできません。穴が開いている場合、そこから紫外線が入り込む可能性は非常に高くなっている為、日傘本来の役目ができない事が十分に考えられるからです。

<<楽天で3番人気の日傘>>

 

<<楽天で2番人気の日傘>>

 

<<楽天で1番人気の日傘>>

 

日傘をさしても、うっかり日焼けをしてしまう部位は「手」です!

ボディケアには熱心な女性でも、意外に怠っているのがハンドケアです。取り敢えずハンドクリームさえつけていれば大丈夫と思っている人が多く、知らない間に手だけ老けてしまい慌ててエイジングケアをしなくてはならない状態になってしまいます。

普段からフェイスやボディと同じ様にケアしていれば、いつまでも若々しく美しい手を手に入れることができます。

冬場はあからさまに手が乾燥して皮膚が荒れるのでハンドケアとしてハンドクリームを塗りますが、夏場はただでさえ暑く、手も手汗などでベタつくからとクリームすら塗らない方も居ます。しかし、手は顔以上に毎日ダメージを受けています。

なぜなら、ずっと手袋をつけている訳ではありませんから、常に紫外線を浴びています。顔同様に、手が紫外線を浴びてしまうと、シミやシワを作ってしまうのです。そして、毎日の手洗いや洗い物などで水に触れる機会が多いので、その度に水が肌の上で蒸発して潤いを奪ってしまいます。

手もダメージを防いで補う

日差しが強く紫外線が気になる時期に外出する場合、必死に顔やボディに日焼け止めクリームを塗って、いつものコスメも紫外線を防止できるタイプに替えて、帽子をかぶって日傘をさして…という方も少なくはありません。

しかし、肝心の手はそのまま日傘をさすという過酷な状況にさらされているのです。紫外線から手を防いで、水からのダメージを軽減し、受けたダメージをクリームで補うことで、手を綺麗に保つことができます。

朝に日焼け止めクリーム、寝る前にハンドクリームを使いましょう

手は顔以上に紫外線をよく浴びていますから、先ずは紫外線から防ぐ為の日焼け止めクリームが必要です。

よく手を洗う方は石鹸で落とせる日焼け止めタイプの物を選び、手を洗う度に塗り直すと効果的ですね。手洗いの際、トイレなどに設置している乾燥機で乾かすよりも、水分をしっかり吸収して肌に対するダメージが少ないガーゼのハンカチで拭き取るのをおすすめします。

1日の終わりは、受けたダメージを補うために、必ずハンドクリームを塗ります。

忘れがちな指の間、指の一本一本を丁寧に塗りながら、揉みほぐす様にマッサージをすると、血行も良くなり一石二鳥ですよ。

関連記事:

海やプールでも完全対策!顔と体におすすめプチプラ日焼け止めランキング

手のシワや乾燥が気になる女性に人気のハンドクリームランキング

日焼けして手荒れがひどい時は、ステロイド軟膏

手荒れが酷く余りにクリームがしみる場合は、ステロイド軟膏で一度治し切ってからスタートすると安心です。この時は合成界面活性剤が特にしみるので、洗い物をする時に気をつける必要があります。

また少々面倒ですが、手荒れからシミやシワを作らないために、ゴム手袋して洗うか、手に優しいタイプの洗剤に買い換えるなどして、ダメージを与えないようにしましょう。

いつも酷使している手は、知らない間に沢山のダメージを受けています。突然手にシミが現れるのもほとんどが紫外線からの影響だと言われているのです。適当にハンドクリームだけを塗るのではなく、顔と同じ様に日焼け止めクリームで防いで、しっかりと水分を吸収し、マッサージをしながらハンドクリームを塗ることを続けると、いつまでも若々しく美しい手を維持できますよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第(2)類医薬品】フルコートf(5g)
価格:844円(税込、送料別) (2017/7/25時点)

 

サングラスで目の紫外線対策も!

顔には日焼け止めを塗れるので日焼け止めで紫外線対策をできますが、目には日焼け止めを塗れないので、目の紫外線対策をしていない方は多いのではないでしょうか。

目に入る紫外線を防いでくれるものがサングラスです。ファッションでかけるサングラスとは違い、紫外線を防ぐためのサングラスには選び方にポイントがあります。では、どのようなサングラスを選んだらいいのでしょうか。

紫外線の目への影響を知ろう

目から入った紫外線は目にダメージを与えて、充血、眼精疲労、ドライアイなどを招くことがあります。さらに、白内障や翼状片など眼病のリスクを高めるともいわれています。紫外線は目の不調や病気につながるのです。

目から紫外線が入ると紫外線が強いと脳が判断をして、メラニンを生成して体を守ろうとします。目から入った紫外線の影響で、肌のメラニン生成が促されて日焼けを引き起すこともあります。

<<サングラスの選び方>>

帽子や日傘でも目に入る紫外線をある程度はカットできますが、上から降り注ぐ紫外線だけでなく、地面からの反射や横からも紫外線が目に入ってきます。そのため、帽子などを使用するだけでなく、サングラスも活用をすると良いでしょう。目に入る紫外線の9割をサングラスでカットできるといわれています。

サングラスを選ぶときのポイントは紫外線カット率です。紫外線カット加工がされているサングラスを選んでください。

なお、色が濃いからといって紫外線カット効果が高いわけではありません。色が濃いと瞳孔が開き、紫外線が目に入りやすくなります。また、見えにくくて目が疲れてしまいます。実際にかけて目が疲れにくいものを選びましょう。

サングラスに使われるレンズには、染色レンズ、偏光レンズ、調光レンズなどがあります。

  • 染色レンズには、グリーン、ブルー、ピンクなどさまざまな色のレンズがあります。カラーつきでおしゃれを楽しめます。
  • 変更レンズは水面のギラツキを抑える働きがあります。魚釣りなどアウトドアのときに適しています。
  • 調光レンズは紫外線が当たると色が変わります。紫外線が当たらない室内では無色、屋外では色が濃く変わってサングラスになります。室内、屋外両方で使いたい方に適しています。

以上のように目に入る紫外線を防ぐには、紫外線カット加工がされているレンズを選ぶことがおすすめです。

色が濃いからといって紫外線を防ぐ力が高いわけではないので、気をつけてください。色が濃いと見えにくくなってしまったり、瞳孔が開いて紫外線が入りやすくなります。視力が低い方は、紫外線カット加工がされているメガネやコンタクトレンズを使用するのもよいでしょう。

地上に降り注ぐ紫外線は曇りの日でも晴れの日の70%ほどはあるので、曇りでもサングラスをかけることがおすすめです。目から入る紫外線が肌の日焼けに影響を与えたり、目の不調や眼病を引き起こします。肌の紫外線対策だけでなく、目の紫外線対策も忘れないでください。

⇒楽天:紫外線対策用のUVカットサングラス人気ランキング

服装での紫外線対策も!

シミを作りたくない、美白をしたい、こんな方は日焼け止めを塗って紫外線対策をしっかりとしていると思います。しかし、紫外線対策は日焼け止めを塗ることだけではありません。衣服でも紫外線対策をすることができます。日焼け止めと併用することで、さらに万全な対策となります。

日焼け止めで紫外線対策ができますが、それだけでは防ぎきれないこともあります。

目には日焼け止めを塗ることができません。前述したように目から入った紫外線も日焼けの原因になります。紫外線が目に入ると体を守るためにメラニンの生成が促されるのです。また、日焼け止めは汗で取れてしまうこともあります。どんなにSPFやPAの値が高くても、取れてしまったら紫外線を防げません。

しかし、衣服でも対策をしておけば、目から入る紫外線を防いだり、汗で日焼け止めが取れたときも紫外線から守ってくれます。

紫外線対策のための衣服の選び方

紫外線を通しやすい衣服、紫外線を通しにくい衣服があります。

UVカット加工がされたものは、そうでないものに比べて高い紫外線カット力があります。UVカットの加工方法は2つあります。一つは、カーボンやチタンなどの繊維や日焼け止めにも使われる紫外線吸収剤を繊維に織り込む方法です。もう一つは、衣類となった製品に紫外線カット成分を付着させる方法です。後から付着させる方法は、洗濯をすると効果が減っていきます。

色によっても紫外線カット率が違います。紫外線が気になる夏場は白など涼しげな色を選ぶ傾向がありますが、もっとも紫外線をカットする色は黒です。UVカット加工なしの場合、黒は96%ほどカットしますが、白は42%ほどしかカットしません。

また、素材によっても紫外線カット率が変わります。UVカット加工されたものはもちろん紫外線カット率が高いのですが、ポリエステル、ビニロン、羊毛なども紫外線カット率が高い素材です。

織り方にも注目をしてみましょう。生地が厚く目がつまったものほど紫外線を防いでくれます。これに対し、麦わら帽子や網目が大きいレースなどは、織目のすき間から紫外線が通ってしまいます。

帽子はつばが大きいものほど紫外線を防いでくれます。つばが10cmの帽子は紫外線を70%ほどカットしますが、つばが30cmだと35%ほどしかカットしません。帽子はつばが大きなものを選びましょう。

<<注意点>>

日焼け止めだけ、衣服だけよりも、両方を使用した方が紫外線を防ぐ力が高くなります。シーンにあわせて上手に使ってください。洗濯ものを干す、ゴミ捨てをするなどちょっとした時間でも紫外線の影響を受けます。短時間外に出るときに日焼け止めを塗るのは面倒だと思うので、このようなときは帽子をかぶると良いでしょう。

紫外線から肌を守る方法は日焼け止めだけではありません。衣服でも紫外線を防ぐことができるので、日焼け止めと一緒に活用してみてください。

スポンサーリンク