おしゃれなメイクとは?差し色アイメイクの方法とおすすめカラー(色)

どんなシーン、年齢、顔タイプにも合うオシャレな差し色メイクについて紹介します。

例えば、会う人や、どこに出かけるかなどで、メイクやファッションを決めたり選んだりすることは少なからずあるかと思います。

  • 相手の趣味や好みに合わせるという方
  • 自分の個性を出しつつ、相手に不快感を与えないように意識する方
  • 自分の好みを取り入れつつ、出先で浮かないように気をつけてファッションを選ぶ方

など、シーンを彩ることと配慮は身だしなみに表れます。

以上のように色々なシーンに適した色々なメイクやファッションがありますが、毎日同じメイクやファッションも味けないですし、どこかで「変化をつけたいな」と思ってきますよね。

しかし変化をつけたいと思っても、変に自分を主張しすぎたメイクやファッションも時に相手に間違った印象を与えてしまいます。加えて困るシチュエーションは、初めての相手や大勢の人が集まる場所、普段馴染みのあまりない場所や人です。

「いつもどおりのメイクでいいのか・・・?」

「浮いてしまうのか・・・?」

などと検討がつきません。あまりにも薄化粧だと失礼になることもありますし、もちろん濃すぎるとそれも問題です。

そんなシーンにぴったりなのがシーンを選ばず、年齢や顔のタイプも選ばず、個性も加味した「差し色メイク」です。

差し色メイク

ファッションで差し色はよく聞きますが、メイクで差し色はあまり聞き馴染みのないという方も多いのではないでしょうか。

例えば、黒が多めのコーディネートに赤いストールやバッグなどを取り入れたファッションは「赤を差し色にしている」ファッションになります。全身ブラックのコーディネートに赤を用いることで色を足し、黒も引き立てるという効果が期待できるというものです。

また、白が多めのファッションに緑を用いるといったようなやり方もあります。黒にグレーや赤にピンクなど同系色よりも、離れた印象の色を持ち込む方が効果としては印象が強くなります。

差し色を用いることで、全身を同系色でまとめるよりもおしゃれに見えますし、小技が効いているような印象を演出することができます。

メイクにもこの差し色を取り入れることで、センスの良い、シーンを演出することができます。人の顔の大半をしめるのは肌色です。そこに眉や瞳などの色が入ってきます。

多くの女性に好まれているブラウン系のメイクは肌色・茶色を基準としたメイクになります。

ここであえてブラウン系の色でメイクするのではなく、緑や赤など普段使わない色を選んで見ましょう。

アイシャドウひとつでも良いですし、カラーペンシルなど発色がいいものを選んでひとつでいいので準備します。ファンデーションなどのベースメイクが完了したら、選んだ色のアイテムで目の周りに色を置く部分を決めます。

ここで上まぶた全体をたっぷり彩るという普段のメイクとは違うやり方にします。

それ以外でも、目尻のみしっかりと色をのせる。もしくは下まぶたに色をおく。目頭だけに色を載せてみるのもオススメです。

ポイントは、目の周りで一点パーツを選び、色をしっかりと発色させることです。

目はとても目立つ部分なのでしっかりと発色してくれれば範囲は狭くても印象はバッチリです。あとは眉やリップなどを普段よりも控えめに整えて完成です。

目に印象がいきがちなのであまり眉やリップを濃くすると顔のバランスが難しくなります。顔に一色用いることでオシャレでセンスの良い印象を与え、その色の持っているパワーの恩恵に授かれます。その日のファッションに合わせて色を選ぶのもオススメです。

関連記事:

簡単に印象チェンジ!2018年おすすめのハイライトメイクのやり方

2018.01.12

2018年人気アイブロウ色はピンクカラー!おすすめアイブロウメイクの仕方も

2017.08.08

【2018年おすすめのプチプラカラーアイシャドウ】使い方や引き方のコツも

2017.02.04

【2018年おすすめのカラーアイライナー】人気の色、使い方や引き方のコツも

2017.01.10

【自分に似合う色やメイクは?】どの季節の肌色かパーソナルカラーを知ることが大事!

2016.06.09

スポンサーリンク