髪にもスキンケアにも使える馬油の効果がすごい!人気のクリームと使い方を解説

年齢を重ねるとシミやしわ、たるみなど肌の悩みが増えてきます。それを解消しようとするとあれもこれもとスキンケア用品も増えていきます。肌のお手入れに時間もかかりますしお金もかかります。そして悩みを解消しようとどんどん化粧品を増やしていくと、お肌を甘やかしてしまい、その結果肌本来が持つ保湿機能やバリア機能などを低下させてしまう可能性があります。そこでたくさんの肌の悩みに対応できるアイテムを探しました。

そのアイテムを取り入れシンプルなお手入れで済ませるのをおススメします。

おススメするアイテムは「馬油」です。

馬湯とは名前の通り「馬の油」です。

想像すると、

“うえぇぇぇ・・・”

となりますが、実は体に優しく保湿効果に優れた成分がたっぷり含まれているのです。

馬油とは、

馬のたてがみやお腹の脂肪などを火にかけて煮立たせ、不純物を濾過したものです。約4000年前の中国騎馬民族の時代から使われているそうで、日本には約400年前に伝わったと言われています。

昔から馬油は民間治療薬として広く知られています。たとえば火傷、切り傷、あかぎれ、肌荒れ、痔などです。アトピーやニキビなどの治療薬としても処方されています。馬油は私達にとってとても大切な皮脂に最も近い成分の自然な油脂である事です。皮脂には肌のキメを整え、潤いを保ち、外部からの刺激から守る大切な役割りを果たしています。馬油は肌の角質層まで浸透し不足する脂質を補いお肌を健やかに保ちます。

馬油の特徴

馬油自体はべっとりしています。ですが肌に塗るとすぐサラサラになってしまいます。これは強力な浸透力のせいで、人間の皮脂に非常に近い性質を持っているからです。そして素早く広がり表面に油膜を張ります。抗酸化作用、殺菌作用ですね。

馬油が最も用いられてきたのは火傷によく効くからです。馬油には炎症を沈め熱を取り去る作用があるからです。

馬油は少量でとてもよく広がります。広い範囲に素早く膜を作り保湿、保温され血液の循環を促進します。もし口に入ってしまっても問題ありません。食べられます。全く副作用は無いと言ってもいいぐらいです。

美容に関する効能はしわやシミ、ニキビや乾燥、冷え症や肌荒れ、湿疹、日焼け後の炎症、白髪、薄毛、細毛などです。

馬湯がなぜ人気なの?

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e3%80%80%e5%8a%b9%e6%9e%9c

馬油は様々な用途があるためすべての女性に知って頂きたい成分です。馬油は美容や健康に興味をもつ方をはじめ、多くの女性に一度は試してほしいアイテムです。

馬油を塗ることで肌に潤いを与え、小じわを軽減する効果があります。また、ニキビの改善、生理痛、抜け毛や冷え性にも効果があります。

皮膚病の改善にも効果があるとされています。またやけどの痛みを取り除き、傷跡を残さない効き目もあります。

さらに、化粧かぶれ、おむつかぶれ、床ずれ。その他に、しもやけ、ひび、あかぎれにも効果抜群です。水虫、かゆみ、虫さされにも効きます。

痛みの効果では、打撲、打ち身、捻挫、むち打ち。腰痛、神経痛、膝の痛み、頭痛にも効き目があります。

その他に不快な症状の効果として花粉症、中耳炎、風邪、ぜんそくにも効果があります。

馬油は様々な用途に使用することができるため、薬のような存在として活用できます。

馬油の使用方法

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e5%8a%b9%e6%9e%9c

馬油の使用方法は症状によって多少異なります。

  • 顔の小じわに使用する際は手の平で額から頬、あごにかけてなでおろします。
  • 水虫は足を洗った後、皮膚が柔らかくなったところにたっぷりとすり込みます。
  • 打ち身や捻挫は患部を冷やしてから塗ります。花粉症は鼻の中をきれいにしてから塗ります。
  • 中耳炎では耳の中、後ろ、鼻の中に塗ります。ぜんそくには胸と肩、背中の3カ所に多めにすり込むように塗ります。

私の使い方

私が実践している事の一つに洗顔があります。

ティースプーン一杯弱分の馬油を乾いた掌の取り顔全体に伸ばします。汚れを綺麗に落とし優しく洗顔します。ティッシュで優しく落としてから洗い流します。軽く拭きとり(水滴が少し残る程度)いつものスキンケアをします。

これでかなり乾燥が緩和され肌の透明感が増しました。

朝は化粧崩れなど気になりますからほんの少量の馬油を(耳かき一杯分程度)手のひらで化粧水と混ぜて顔につけます。首にももちろんつけてその後たっぷりの化粧水を付けます。そうすると化粧水のいい成分が浸透しやすくなるんです。

唇にも薄く延ばしています。乾燥が改善しますよ。

髪の悩みがある人にはスカルプケアにもお薦めです。シャンプー前に適量頭皮につけてマッサージ、そのまま湯船につかりいつも通り洗髪をします。毛先の乾燥が気になるならドライヤーの前に少量の馬油を毛先に付けると良いですよ。

ちなみに姉は馬油を小じわに塗って使用していますが、目立たなくなるくらい小じわが軽減したと話しています。職場の人からもしわがないと言われ羨ましがられているそうです。

私の友人の使い方

私の友人は傷跡に馬油を使用しました。指ですくい取った時、こってりとした馬油の感触に驚いたそうです。少し塗っただけなのに馬油の油が溶けてすぐに量が多くなりました。家族からはすぐ溶けて広がるから少しずつ量を見ながら塗った方がいいと言われました。

馬油を塗り続けて数日後、市販の薬では効果が見られなかった傷跡がなくなったそうです。数か月も傷跡が消えなかったためもう無理だろうと思っていましたが、馬油のおかげで傷跡がなくなりました。

馬油には身体の多くの症状に効果があるため女性の美容と健康の味方になります。女性に一本は持っていただきたいおすすめの商品です。しわにも効果があるため高い化粧品を複数購入するよりも、色んな用途に使える馬油はおすすめです。

私は親戚から馬油をもらいましたが、通信販売で購入したと聞きました。一本1500円程と話していました。一人で馬油を使用すれば毎日使っても半年くらいは持つそうです。

低価格で高純度の物がドラッグストアなどで簡単に手に入ります。どんな肌質の人でも比較的安心して使えます。これからの美容ケアに取り入れてみてはいかがですか。

馬油の効果まとめ

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e5%8a%b9%e8%83%bd

①浸透力

馬油は人間の皮脂に似た成分なので、肌に馴染みやすいです。初めて馬油を使用する方は、塗った直後はべたつく感じがありますが、しばらくするとびっくりするほどサラサラになり驚きます。

普通の油の場合、毛穴の奥に入ろうとすると表面張力が発生するので、奥に空気を残したまま皮膚の表面を覆うだけです。ですが、馬油は毛穴の奥のミクロの隙間にまで入り込んで空気を追い出し、そこにしみ込んでいきます。さらに馬油は人間の皮膚の温度で融解します。これも皮膚の奥まで浸透しやすい理由です。

②抗菌、抗酸化

前述したように、馬油は肌の奥深くまで浸透します。そして馬油は肌に潜在する菌を吸い込みます。一度吸い込まれた菌は二度と馬油から逃れることなく消滅します。そのため皮膚炎症や化膿といった病気を防ぐことができるのです。また空気中などのミクロ単位の隙間から発生する菌の居場所を無くすほど浸透するので、外部からの菌の侵入や、肌の酸化を防ぐ役割もあります。肌の炎症にも効果的とされています。

この殺菌作用は細菌を肌の奥にまで入り込ませない様にバリアとなるので、肌荒れを起こしにくくなると言われています。また、症状の程度にもより日数がかかる場合はありますが、細菌性の皮膚病にはほぼ完全な治癒効果があるそうです。ニキビに効果があるのも、ニキビの原因がアクネ菌などの菌によるものだからなのです。

③シミやくすみ、アトピーに効果的

まず、馬油には血液の循環を良くし、代謝を上げる効果があるといわれています。それにより、肌のターンオーバーを助け、シミやくすみなどの肌トラブルを回避・改善します。

これは皮膚の皮下組織にまで浸透した馬油が血管を刺激し、血管が拡張させて血行が良くなる為だそうです。また、皮膚を馬油で覆うことで肌の保湿性や保温力が高まって血液循環がよくなるという考えもあります。

そして馬油は、角質層まで届く浸透力で肌内側のトラブルまで届き、肌の足りない潤いを補助することで乾燥を防ぎ、肌の血行を促進し肌のバリア機能を向上させます。これによりアトピーや炎症を防ぎ、解消することができるのです。

アトピー性皮膚炎になった肌は、極端にバリア機能が低下しています。すると外部からの刺激を受け続けるため、肌内部の水分を保持することが出来ずに乾燥し、かゆみや炎症が続いてしまいます。そしてそれらに伴って発生する活性酸素の影響で、肌はどんどんとダメージを受けていきます。このアトピーの肌に馬油を塗ると、肌の表面に油膜が出来るので、肌を刺激や乾燥から守ってくれます。そして、肌に浸透した馬油の成分が肌の内部で起こっている炎症を鎮め、新陳代謝を促し、肌のバリア機能が正常に行われるように手助けをしてくれるのだそうです。

④天然成分

馬油には化学作用が一切入っていないため、赤ちゃんにも使用できるほど肌に優しく、安全な成分なのです。

おすすめの馬油「ソンバーユ」と「馬油ナチュラルミルクローション」が人気!

%e9%a6%ac%e6%b2%b9%e3%80%80%e5%8a%b9%e8%83%bd

馬油の中でも最も有名なのがソンバーユです。小瓶に入っている乳白色のどろっとした液体で、保湿効果に非常に優れた商品です。他にも馬油ナチュラルミルクローションも安いと人気です。こちらも全身に使うことができるローションです。

これからの季節、何かと皮膚の乾燥が気になりますが、ソンバーユは入浴後、まだ濡れた状態の体に適量を塗りこむと、しっとりとした肌にすることができます。

馬油は人間の肌と相性が良く、しっとりとした潤いが続くので、乾燥肌の人にはもってこいのものになります。

馬油ナチュラルミルクローションはソンバーユよりもさっぱりとしたミルクローションで、ポンプ式になっていて、大きな容器に入っているので、たっぷり使うことができます。

%e9%a1%94%e3%80%80%e3%81%ab%e3%81%8d%e3%81%b3%e3%80%80%e3%81%97%e3%81%bf%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a6

ソンバーユや馬油ナチュラルミルクローションを使うと、肌がしっとりとして乾燥から肌を守ることができます。特にソンバーユはしっとりさがすごくて、そのまま使うよりも、濡れた肌につけるほうが効果的です。少量でも伸びが良いので、小瓶でもたっぷり使うことができます。

冬の寒い時期になると、油が固まって固形になりますが、使うときには心配は要りません。夏の間の暖かい時期にはトロッとした液状になっています。馬油ナチュラルミルクローションの方は白いローションで、さらっとしています。体全体だけでなく、顔にも使えるのでとても便利です。

使い方は簡単です

①ソンバーユの使い心地

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a6

ソンバーユは濡れた体に少量を伸ばすだけで肌がしっとりとします。馬油ナチュラルミルクローションはポンプから適量を出して、体全体に伸ばします。どちらかというと、ソンバーユの方が徹底的に乾燥肌に潤いを与えるというような感じで、馬油ナチュラルミルクローションはさっぱりとした感じです。カサカサした肌に塗るとしっとりとして潤いが与えられるので、これからの季節は何かと乾燥しますので、使い心地がいいと思います。

実際にソンバーユを塗ってみると、本当に肌がしっとりして、ガサガサしていた肌がすべすべになります。馬油ナチュラルミルクローションはもっとさらっとしていて、夏場の潤い補給に向いています。ポンプ式なので、衛生的で、必要な分量だけ出すことができるので、便利ですし、経済的でもあります。

かかとのガサガサにはソンバーユの方がしっとりとして向いていると思います。

ソンバーユは天然の油なので、人の肌にしっとりと馴染んで乾燥肌を守ります。

②馬油ナチュラルミルクローションの使い心地

%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a6%e3%80%80%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81

馬油ナチュラルミルクローションはさらっとしているので、べたつくのが苦手な人には向いています。しかし、それだけしっとりさは半減されます。しっかりと重ね塗りをすると潤いを得ることができますが、本当に乾燥肌でガサガサになっている人にはソンバーユの方が合っていると思います。

馬油ナチュラルミルクローションは無香料なので、何の匂いもなく、匂いに敏感な人でも使うことができます。

ドラックストアにも売っていますし、ネットからでも購入することができます。

スポンサーリンク