これ優秀!2018年の人気リップティントランキング

肌ケア

2018年人気のリップティント6選

リップティントは、韓国ブランドのものが種類や数が豊富ですが、国内メーカーのものも増えています。使い方も普通のリップグロスのようなものでくちびるに直接ONするものから、パックのように塗って剥がすティントパックというものもあります。はっきりした色味のものが多いのでグラデーションに使ったりするのにおすすめです。

①キャンメイクのリップティントシロップ

まずおすすめしたいのは、「キャンメイクのリップティントシロップ」です。

このリップは落ちないシロップ状のリップカラーで、潤うのにべたつかないので付け心地が抜群です。普通はつけて時間が経つと色が落ちてしまうのですが、このリップはつけて時間が経つとさらに発色が鮮やかになり、唇に色が定着します。また、飲んでも食べてもしっかりと色が残るので落ちないリップが欲しい人にピッタリです。

<<キャンメイクのAmazon公式ショップ>>

②OPERA(オペラ)のリップティント

リップメイクは得意ですか?口元がばっちりきまるとメイクの完成度が高まって、美しさが増しますよね。しかし唇はよく動くし、飲みもをや食べ物をとるとメイクも崩れがちです。

口紅は塗るときにはみ出すと目立つし歯につくこともあるので、扱いが難しく感じてしまうこともあります。グロスはベタベタして落ちやすかったり、リップメイクは何かと悩みが多いです。

オペラのティントオイルルージュはご存知ですか?

まるで口紅とグロス両方の良いとこどりをしたようなリップです。口紅がもつ発色はもちろん、ティントなので色持ちがよく、オイルベースなのでツヤ感も持続します。5色展開で仕事でもプライベートでも活躍してくれるカラーがそろっています。

1本1500円とプチプラですが、ゴールドのケースに高級感があるので一見プチプラには見えません。

色つや持続!顔色をよく見せたいときにもおすすめ!!

何度も塗りなおしを行わなくても、長時間きれいな発色を保ってくれるので安心です。朝のメイク時に口紅とグロス両方使う方は、ティントオイルルージュ1本で済むので時短にもなります。

このリップのすごいところは発色の良さだけではありません。リップメイクはつけ方や色の選び方によって厚化粧をしている印象を与えてしまうことがありますが、ティントオイルルージュを使うと唇そのものが色づいているような質感が出ます。

一般的なレッドやピンクが苦手な方は「03アプリコット」や「05コーラルピンク」が特にお勧めです。主張しすぎない、口元を華やかに見せてくれるカラーです。

リップメイク主役の秋冬メイクもこのリップ1本でばっちり決まります。

朝一本塗るだけでOK!乾燥時はリップやグロスがあれば便利かも。

実際に使用してみたところ、朝塗ると夕方までずっと発色が持続しているように感じました。基本的にはオイルのおかげで潤いが保てているのですが、唇があれているときや冷房や暖房に長時間当たると少し乾燥が気になり、上からリップクリームを指でつけて、乾燥を防ぐようにしています。

ティント処方のおかげで発色は保てているので、冷房で飛んでしまったツヤ感をリップでプラスしました。

口コミ

オペラはほかにもシアカラーリップという商品を展開しています。リップティントよりさらにツヤ感が欲しい人はこちらもおすすめです。色は10色展開とリップティントより多く、レッド系ピンク系とさらに選択肢が多いので活躍の場が広そうです。

実はオペラティントオイルルージュはネットで「花嫁リップ」として話題になりました。鮮やかな発色と、色の選び方で大人らしさとかわいらしさを演出できるところが純白の花嫁さんをイメージさせるのでしょうか。

婚活中、恋活中の方はもちろんですが、ポーチに忍ばせておくだけで女子力アップできそうなリップですね。

秋冬は唇の乾燥が気になってきますが、オペラリップティントを使用すれば長時間、理想の唇を維持できます。リップメイクに悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。

<<オペラのAmazon公式ショップ>>

③色落ちしないディアダーリンのオイルティント

女性がメイクをする時に、一度は悩むのがリップの色落ちではないでしょうか。

私の場合、朝出掛ける時のメイクでは最後にリップを塗るのですが、大学に着く頃にはもう既に色落ちし始めていました。大学に着いたら、まずはリップを塗り直すという朝のルーティンワークが出来上がっていました。そして、お昼を食べた後も、一つの講義に出た後も化粧室に行って塗り直していました。「リップを塗るだけならいいかな」と、時々化粧室に行かずにその場で鏡を見ながら塗り直すこともありましたが、どちらにしても面倒なことに変わりはありません。でも、リップの色落ちはすごく気になるんですよね。

そこで、ついにリップの塗り直しが嫌になったというのと、偶然ネット上で色落ちしないとオススメされていたリップを見つけたので、近所の店舗に買いに行ってみました。「エチュードハウス」という韓国コスメの「ディアダーリン オイルティント」というリップでした。

私はメイクは好きですが、ブランドに詳しいかと言われればそうではなく、エチュードハウスは初めて聞いたブランドでしたし、韓国コスメを試してみるのも初めてでした。早速購入した次の日に使ってみると、本当に色落ちしなくてビックリしました!

ご飯を食べたり飲み物を飲んだりした後は多少色落ちはしますが、それでもリップを塗っていると分かる程度には色が残ります。私の場合は朝リップをつけて、お昼にもう一度塗り直したら、後は帰宅までそのままです。「同じリップでもここまで違いがあるんだ」と身をもって知りました。

口コミ

リップの色も8種類とたくさんあって、店頭では「グレープフルーツ」の色が人気なのか売り切れていました。私は実際につけてみて、「アプリコット」の色が自分に合っていたのでその色にしました。リップをつけた直後はアプリコットの香りがして、ちょっとリラックスできます。現在使用中ですが、「もう少し明るい赤の色でも良かったかもしれないな」と感じて、もう一種類何か違う色を買おうかなと考えている程度にはお気に入りです。

また、私は乾燥肌で肌が弱いので、常にリップクリームが手放せません。このリップだけだと唇がちょっと乾燥して、微妙に突っ張るような、ヒリヒリする時があります。そんな時は、市販のリップクリームを塗った後に、このリップを使っています。リップクリームを塗ったから色落ちするということもなく使えているので、唇が乾燥してリップが使い辛いという人も使いやすいリップだと感じました。

毎日のリップの塗り直しが面倒だなと感じている方には、「エチュードハウス」の「ディアダーリン オイルティント」というリップはかなりオススメです。価格も1000円以内なので、試しに買ってみるには痛くない値段です。発色も見本の通りで、かなり鮮やかに唇が彩られます。店頭で実際につけてみて、自分に合った色を見つけられれば、更に素敵な自分になれるでしょう。

<<エチュードハウスの楽天公式ショップ>>

 

④サクラヴェールのリップティントでほんのり桜色の潤い唇に

食べたり飲んだりすると口紅やリップが取れてしまい、お直しが必要になりますが、頻繁にお直しするのは面倒に感じませんか。かといって、そのままにしておくのも美しくありません。

食べたり飲んだりしても落ちにくいティントタイプのリップスティックが、「パラドゥ サクラヴェールリップ」です。ほんのり桜色のぷるんとした唇に導きます。

潤って長持ち

ティントとは「染める」という意味です。ティントタイプのリップクリームは、発色がよく落ちにくい特徴があります。そのため、食べたり飲んだりしても、一般的なリップクリームよりは落ちにくく長持ちしてくれて、時間が経って鏡を見たときも色が残っています。

サクラヴェールリップは、鏡なしでも塗れるティントタイプのリップスティックです。サクラエキス配合で、唇に潤いを与えてくれます。リップはほんのりと桜色で、唇に塗ればほんのり発色をします。潤いとツヤ感のある唇に近づきます。

口紅の下地として、リップクリームとして、グロスの代わりとしてなど、さまざまな使い方ができます。下地として使用すれば、口紅の色をきれいに見せてくれます。

香料は使用していません。

女性のバッグの重さは平均2.6kgといわれています。最も重いものがお財布、次の重いものがポーチです。できれば、お直しグッズはコンパクトなものにしたいですよね。サクラヴェールリップは、ポーチにスッキリ入るお出かけサイズです。ポーチに入れておけば、いつでもサッと使用できます。

使い方

乾燥が気になるときや、色が落ちてしまったときなど、いつでも使用できます。鏡を見なくても使用できる小さなスティックタイプなので、カバンに入れておけばいつでもサッと使用できて便利です。

塗るときには、横ではなく縦にリップを動かしましょう。唇のシワを埋めるようにすることが、上手に塗るポイントです。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 塗ってみたら、唇に当たる柔らかさに驚きました。乾燥してやや硬くなった唇に優しく塗れて、潤いを与えてくれます。グロスのようなテカリはなく、ちょうどよい具合に輝きます。プチプラでパッケージもかわいくて好きです。
  • ほんのり血色がよい唇に見せてくれて、ふっくらとします。塗ると唇の縦ジワが消えます。ベースとして使うものよかったです。敏感肌であわないものも多いのですが、これは大丈夫でした。
  • 血色をよくして色ずく感じで自然な色になります。血色が悪いので、ほんのりとよい色になって助かっています。肌が弱いけれど荒れないので低刺激だと思います。

ほんのり色ずくティントタイプのリップが、サクラヴェールリップです。

コンパクトでポーチに入れて持ち運びやすく、鏡を見なくても塗れるので、サッとお直ししたいときに便利なアイテムです。サクラエキス配合で保湿もしてくれます。リップクリームとして使ってもよいし、グロスや口紅の代わりとして使ってもよいし、口紅の下地として使えば色をきれいに見せてくれます。

⑤K-パレットのラスティングリップティントスティック

リップティントという、色が残りやすいリップ、ここしばらくずっと流行っていますよね。最近では、とあるメーカーのティントリップが限定を発売、即完売を繰り返しています。

適度なツヤあり、の色が長持ちするリップは現代女性のニーズに合っている、ということなのでしょう。今後もこのブーム、しばらくは続きそうな気がします。ツヤありのティントがこれからはどんどん増えそうな傾向ですね。

その大人気リップの人気の陰に少し隠れてしまっているのですが…実は結構スグレモノなティントリップがあるんです。色展開的に考えると、特に大人女性や働く女性におすすめ、かもしれません。

そのリップの名前は、「K-パレットのラスティングリップティントスティック」です。

ソニプラやドラッグストアで見かけたことある!という方も結構多いと思います。値段は1,300円(税抜)。一応プチプラの部類かな、というお値段です。色展開は、定番色が4色。それにプラスして限定色があったりしますね。今現在は売り切れのお店も多いですが、ローズベージュという色が限定で売られています。

つけてすぐよりも、少し時間が経ってからのほうが若干赤みが増す感じです。

細身だから輪郭がとりやすいのがうれしいですね。鏡を見てサッときれいに塗ることができます。飲食さえしなければ、ツヤとうるおいが長続きします。色残りはベッタリ、ではなく、ほのかに、寄りですね。自然な感じでツヤはなくなり薄くはなりますが、素の唇には戻らず血色が残る、そんな仕上がりです。

ちなみに、ツヤが薄れてもうるおいはかなり長持ちします。だからティントだと唇が荒れやすいから苦手…という方に一度試してみてもらいたいですね。

ビジネスシーンでおすすめなのは、01番のグラマラスベージュ。パッと見、かなり茶色寄りのベージュに見えるんですが、時間が経つと赤みが増してちょうどいい感じに。イメージで言うと、”デキる女”。かなり知的にキリッとして見えるのでおすすめです。

カジュアルにキメたい時は、04番のジューシーレッドがおすすめです。ポンポンポンとラフにムラづけして指で輪郭をぼかしていくといいですね。中心部は濃く塗るようにすればグラデリップにも。唇にポッと赤みが差して、かわいらしい仕上がりになります。

K-パレットのラスティングリップティントスティックの色味が薄れてきた、と感じた時、上からまた再び塗りなおす、という方法もアリといえばアリですが、上から透明グロスを重ねるのもおすすめですよ。

ティントの色味が若干残っているので、グロスを重ねるだけでもぷるるんと弾むようなかわいらしい唇に。透明グロスをキラキラグロスにしてみたり、いろいろアレンジしてみるのも楽しいですね。

ちなみに、K-パレットは他のティント商品も…かなりおすすめなんですよ。特に使いやすいな、と感じたのは、ラスティングチークティントの02番。ピーチです。発色が強すぎないから、少しずつ色味を確認しながら足していけば、チーク初心者でも絶対失敗することはありません。

おすすめの方法は、人差し指、中指、薬指にチークを大胆にとって、ポンポンしながらのせる方法です。三本指を使えばいい感じの範囲につきますよ。色持ちもいいし、かなり使いやすい練りチークだと思います。

K-パレットのラスティングリップティントスティック、ラスティングチークティント、どちらもかなりおすすめです。時間がない時でも、ささっとつけるだけできれいに仕上がりますよ。

<<クオレのAmazon公式ショップ>>

⑥マキアージュのウオータリールージュ

水ベースのティントタイプのルージュが「マキアージュ ウオータリールージュ」です。

潤いがありながらもべたつかず、内側から発色するようなツヤのある唇を演出します。

資生堂初の「3層分離技術」

ウオータリールージュは内側からにじみ出るような自然な色ツヤがあるのですが、この秘密は資生堂初の技術「3層分離技術」を取り入れているからです。

一般的なルージュは、油分の中に色素、保湿成分、パールなどを含ませています。唇にのせると油分の層が覆うような感じになります。これに対し3層分離技術の場合は、水分の中にウォーターティントカラー、パール、保湿成分が配合されています。

唇の上にのせるとウォーターティントカラーが唇表面を染めて内側からにじみ出るように発色し、保湿成分を水分が唇を潤し、水とオイルが分離して潤いを逃がさずツヤのある唇に仕上げます。

一般的なオイルベースのルージュと違い、ウォーターベースのルージュだから内側からにじみ出る発色と潤い感があるのです。

6時間仕上がり持続データ取得済みで、長時間潤いとツヤのある唇を持続させます。保湿成分や油分が配合されていますが、べたつき感が気にならず軽い仕上がりです。

使い方

斜めにカットされているチップです。チップでぽんぽんとルージュを唇になじませてぼかします。上下の唇を軽くこすり合わせると、ツヤが生まれて落ちにくくもなります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 今まで唇が荒れてしまって、いろいろなルージュを試してきたのですが、これが一番合っていました。潤い感があって唇が荒れません。色持ちがよくて、つけたときのようなかわいい発色が続きます。
  • リップを塗らずに使用をしても唇が荒れることなく、むしろ唇がぷるぷるになります。発色がよいのですがきつすぎず、テカテカしすぎることもなく、ほどよいツヤが生まれます。色持ちがよくて、もともと唇がきれいな色のように見せてくれます。

みずみずしい仕上がりが好み、きれいな発色が好き、こんな方におすすめが、マキアージュ ウオーターリールージュです。

3層分離技術を採用しているため、一般的なルージュとは違って内側からの発色とツヤ感がでる特徴があります。潤いとツヤのある大人の唇に仕上げます。

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

関連記事:

ティントコスメの種類は?眉とリップのティントメイクの使い方や失敗談

2017.03.16

スポンサーリンク