こんなやり方で!?ナチュラルなのに可愛い印象になる一重メイクの仕方

メイク

ぱっちり二重に憧れる!そんな一重さんにおすすめのナチュラルメイクをご紹介致します。

二重さんにはない一重さんだからこそできる!おすすめメイクで思い切りオシャレを楽しんでみてくださいね。

一重さんは”カラー使い”を工夫することで、二重の方よりもすっきりとした印象でふんわりメイクに仕上げることが出来ます。一重だからアイメイクを楽しめない…なんてお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

まずは一重さんの中でも「すっきりタイプ」と「ぽってりタイプ」の二種類があります。

すっきりタイプ

まぶたが全体的に薄く爽やかな印象がありますが、凹凸がないので全体的にのっぺりとした印象を持たれることが多いです。ただこうしたすっきりタイプの方は、メイク映えするのが特徴です。

目元の腫れっぼたさを気にすることなくアイメイクを楽しむことが出来ます。アイシャドウの使い方や色選びを工夫することで、すっきりさんはメイク映えする女性らしいふんわりとした印象をつくることができます。

ぽってりタイプ

そして全体的にまぶたが厚く、ぽってりとした目元のぽってりタイプの方はアイラインをしても、まぶたにくっついてしまったりまつ毛が上を向いてくれずマスカラが上手に塗れない…といったお悩みをお持ちの方も多いと思います。

こうしたぽってりタイプの方は、コツさえ掴めば立体感のある素敵な目元を演出することができます。タレ目を逆手にとってタレ目メイクに挑戦してみましょう。

ただしどちらのタイプの方にも共通していえるのが、以下の点です。

それは、目全体を囲う囲みメイクや、アイラインを太く引きすぎないことがポイントです。

全体のバランスをみて自然な仕上がりになっているか細かく確認する必要があります。

すっきりタイプのアイメイク

それではタイプ別に詳しくみていきましょう。まず、すっきりさんタイプはまぶたのくぼみに濃いめのブラウンカラーをのせていきます。

これだけで二重ラインのような線を演出できるので目がより大きく見えます。一重さんはブラックカラーよりも自然な仕上がりになるブラウンカラーを使うとナチュラルで可愛らしい印象になります。

ぽってりタイプのアイメイク

そしてぽってりさんタイプの方には、ブラウンカラーよりも全体をすっきりと見せてくれる淡いブルーカラーがおすすめです。

アイホール全体に隠しブルーをのせることで重たい印象からすっきりとした印象に仕上げてくれます。またぽってりさんは、まぶたの下の涙袋にハイライトカラーをいれることで全体のバランスが整い、立体的で大きな目元に仕上げてくれます。

潤んだ瞳で可愛らしく女性らしい目元になります。

タイプ別でこんなに違うのです!

いつも使っていたカラーを少しだけ明るめに、ブラックカラーを使っていた方はブラウンにチェンジ、ぽってりさんタイプでも淡いブルーカラーを入れることで全体的にすっきりとした印象になります。

もし今までのメイクがなんとなくやぼったい印象になっていたとしたら、是非ブラウンカラーと淡いブルーカラーを取り入れてみてください。

目を大きくするために囲みメイクやラインの引きすぎに注意すれば一重さんでも素敵なナチュラルメイクを楽しむことができます。是非、その日のスタイルや気分に合わせてナチュラルメイクを楽しんでみてください。

可愛い目に涙袋は欠かせない!

目の下にぷっくりとある涙袋。この涙袋があるとないでは目元の印象が全然違い、ガラッとかわります。中には涙袋を作るためにヒアルロン酸を注射してプチ整形する人もいるほどです。

涙袋とはどんなものか、涙袋があると何が違うのか?涙袋を自分で作ることは出来るのかを紹介します。

ところで涙袋とはどんなものなのでしょうか?

涙袋とは目の下にあるぷっくりとしたふくらみを意味します。このふくらみは眼輪筋という筋肉で出来ていて、別名「ホルモンタンク」とも呼ばれています。涙袋は生まれつき発達している人もいれば、ほとんど発達していない人もいてかなり個人差がある部位です。

ぷっくりとした涙袋は目を大きく見せ、女性らしく可愛らしい印象に見せてくれます。また、涙袋があるだけで目元に立体感が出ますので若々しく小顔効果もあるのです。ですが、涙袋がないと悩む女性もとても多いのも事実。

そんな涙袋ですが、涙袋がなくても諦めるにはまだ早いです。涙袋は意識して眼輪筋を鍛えれば涙袋を作るトレーニングになります。

ですが、筋トレだと効果を実感するのにはとても時間がかかってしまうため、いちばん簡単なのはメイクで涙袋を自分で作ってしまう方法です。自分で簡単に出来る涙袋メイクの作り方をコツを紹介します。

涙袋メイクの方法

涙袋メイクの方法のコツは光と影の陰影にあります。それをメイクで作っていきます。

作り方はとても簡単です。

ステップ①:まず、涙袋を作りたい目の下の部分に薄く白いアイシャドウをつけていきます。最初はラメ入りではなく、マットタイプのシャドウを使うのがコツ。次に使うアイシャドウとアイライナーのノリをよくするために塗ります。シャドウの色は白または薄いピンクを使用してください。

ステップ②:アイシャドウを塗ったら次にアイライナーを涙袋の陰影をつけたい場所に塗っていきます。これは自分で涙袋の影を付けるメイクです。

アイライナーはより顔の陰影に近いブラウン系のアイライナーを使うのがコツです。ブラックだと濃すぎてしまうので陰影が不自然になってしまいます。またラインは細く塗り、塗るラインの場所は黒目の下と目尻近くに引いてください。目頭までラインを引いてしまうとただの疲れたクマになってしまうので注意してくださいね。

ステップ③:細くラインを引いたら綿棒でそっとなじまて陰影をつけていきます。馴染ませる時もラインが不自然に広がらないように気をつけてください。陰影をより自然に見せて立体感のある涙袋に見せるためにラメ入りのアイシャドウをのせていきます。色は白または薄いピンクを選んでください。

アイシャドウをつける位置は黒目の下、中心部です。下まぶた全体につけてしまうとギラギラになり不自然になってしまいます。

黒目の下に少しだけ付けると陰影がつき、ラメが煌めくとウルウルとした女性らしく可愛らしい瞳に仕上がります。

最近は、ドラッグストアなどでも涙袋メイクが簡単に出来るメイクグッズも販売しています。

チップタイプやライナータイプ、ラメとラインが一体になったものなど自分の使いやすいタイプを選べたり、キャンメイクなどプチプラ価格のメイクメーカーからも販売されていますので1本持っていると長持ちしてコスパもいいですしとても重宝します。

一重まぶたさんにおすすめのメイク道具と使い方

キリリとしたクールな一重まぶたも素敵ですが、やはり女性は思春期になると、アイドルのようなぱっちりと可愛い二重まぶたに憧れたことがあるはずです。

何を隠そう私も生まれながらのくっきり一重で、十代のころはそれをとてもコンプレックスに感じていました。

ちょうどアイプチが出始めたころだったので、学校に行く前に毎朝必ず二重をつくり、うまくいった日は一日ハッピーですが、うまく綺麗な二重がつくれなかった時は一日ブルーな気持ちで過ごしたものです。

時は流れて30代に突入した今、さすがにアイプチを毎日使ってまで二重まぶたにしたいという根性はなくなりましたが、逆に今は、中学生、高校生のころはできなかったメイクという魔法で、憧れのまぶたに近付けることができます。

ここで私のおすすめのメイク道具、メイク法をご紹介しましょう。

キャンメイク

主婦たるもの、おのれの化粧品にそう簡単に予算を割いてはいられませんので、私が使うメイク道具はすべてプチプラのものでまかなっています。

まずはアイラインとマスカラはキャンメイクのラスティングリキッドライナーと、ゴクブトマスカラスーパーブラックを使用しています。

アイライン

アイラインは上まつ毛の際だけでなく、下まつ毛の際もうまく囲ビジュアル系ロックバンドのようになってしまうので、特に下まつ毛の際にいれるラインは極細にするのがポイントです。

<<Amazon>>

マスカラ

マスカラは長いあいだ色々なメーカーのものを試し、理想のものを探す旅にでていましたが、ついに見つけたという感じでした。

多くの人に共感いただけると思いますが、一重の人はそのまぶたがまつ毛にかぶさることで、せっかくビューラーで必死に上げても、マスカラを塗った瞬間にまた下がってしまうという諸行無常が多々あるのです。

このマスカラはそんな悩みから解放してくれ、なおかつ、夜お風呂ついでにメイクを落とすときは、お湯でスルンと簡単に落ちてくれる優れものです。しかもお安いなんて、本当にこれに出会えてよかったと思うくらいです。

<<Amazon>>

ケイト

アイシャドウ

そして肝心なのはアイシャドウなのですが、ここはキャンメイクではなく、ケイトのヴィンテージモードアイズを使用しています。

私の場合、肌色に近い一番明るい色は使わないため、ひとかけも減らずに残ったままになります。

二番目に明るい色をアイホールに広く塗ります。その際、ブラシなどを使うよりも指の腹でのせるほうが綺麗に仕上がるような気がします。

次に、最も濃い色よりひとつ明るい色を、先ほど塗ったアイホールよりも狭い幅で塗ります。

最後に、一番濃いブラウンをアイラインに沿うようなかたちで塗ります。ここはさすがに幅が狭いので指では難しく、ブラシを使います。

そうすることで、まぶたに綺麗なグラデーションがうまれ、顔にあたかも彫りが深いかのような陰影ができます。

<<Amazon>>

これが一重まぶたの人のまぶたを二重まぶたに見せてくれるポイントです。目の周りに何となく影ができていることで、遠目から見ると目すら大きく見えてしまう効果があります。

もし一重まぶたでお悩みのかたは、まずは一度試してみる価値はあると思います。女に生まれたからには、メイクという最高の武器を巧みに使って、毎日を楽しく送りたいですね。

関連記事:

夜用,朝用,目を大きく,自然に見せるタイプ別!一重におすすめのアイプチ7選

2018.09.09

【一重の目を大きく見せるアイメイク方法】アイラインもアイシャドウも太めに引くのがポイント!

2017.06.04

スポンサーリンク