そばかすをメイクで消す!隠す!カバーするやり方とコンシーラー,ファンデーション,化粧下地

メイク

自分の顔にコンプレックスを感じる人は多いかと思います。例えば、私の場合「そばかす」というコンプレックスがあります。

目立つくらいのそばかすがある人は少なく、そういう人が少ないことで、必要以上にそばかすがあることが気になります。さらに、周りに同じような人がいないことで、どうすれば良いのだろう・・・と余計に悩むこともあります。

そのような女性たちに向けて、ここでではメイクにより、そばかすをカバーし、外出時そばかすを気にしなくなる方法を紹介します。

そばかすは女性であればメイクで隠すことが可能です。適切なやり方をすれば、メイク後の自分の顔を見て、そばかすが気にならなくなる状態になっているのです。

これまでそばかすが気になって、人前や周りの目を気にすることが多かった私ですが、これらのメイクを取り入れてからコミュニケーションが取りやすくなり、このメイクは私にとって大きなメリットでした。

さらに、それによりメイクがもっと楽しくなり、「極めてやろう!」という気持ちも生まれました。

以下のそばかすを消すメイクをマスターすることで、その人の人生にとって大きな意味を持つと言えます。

そばかすを消す、隠す、カバーするメイク方法

そばかすができてしまうとセルフケアでは改善が難しいといわれています。いろいろなスキンケア化粧品を試したけれど効果がなく、あきらめてしまっている方もいるのではないでしょうか。

「しかし!そばかすはメイクで隠すことができます」

そばかすをカバーするには、ちょっとしたコツが必要なのです。

そばかすで肌が暗い印象になってしまう、自分に自信が持てない、そばかすさえなければもっと肌がきれいになるのに。こんな悩みを抱えていませんか。

そばかすは広い範囲にできることが多く、シミのように濃くならなくても意外と目立ってしまいますよね。そばかすをなくすために、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなど美白効果があるスキンケア化粧品を使っている方もいると思います。しかし、そばかすはセルフケアでは改善が難しいです。

しかし、改善が難しいからとあきらめないでください。メイクのコツをつかめば、そばかすを目立たなくできます。そばかすを上手にカバーできれば、肌が明るい印象になるし、肌がきれいになれば気持ちが明るくなったり前向きになることでしょう。毎日のメイクも楽しくなるはずです。

メイク方法

肌のアラを隠すというとファンデーションやコンシーラーに力を入れてしまいがちですが、化粧下地はベースメイクの仕上がりを左右する重要なアイテムです。化粧下地に手を抜かないようにしましょう。

そばかすをカバーするためには、密着力が高い下地を使用します。

適量を手に取り出したら、両頬・額・鼻・あごの5か所にのせて、顔の中心から外側に向かって広げます。最後にスポンジで軽く押さえて密着させます。

ファンデーションは肌に密着しやすいリキッドタイプやクリームタイプがおすすめです。化粧下地と同じように使用をします。

目立つそばかすはコンシーラーを使ってカバーします。ペンシルタイプはピンポイントで使いやすいので、気になる部分にだけ使えて重宝します。軽い力で一つずつ塗っていきましょう。

最後にフェイスパウダーで仕上げます。フェイスパウダーをのせることでファンデーションやコンシーラーの密着力が高まり、メイクのもちがよくなります。

ポイント

化粧下地やファンデーションを選ぶ際には密着力を重視します。肌身ピタッと密着をすることでそばかすが隠れやすくなるし、メイク崩れを防ぐことができます。
色が浮いてしまわないように、コンシーラーはファンデーションよりもやや暗い色を選びます。ペンシルタイプのコンシーラーを使う際には、グリグリと押し付けないようにしましょう。

使う順番ですが、リキッドタイプのファンデーションを使う場合はファンデーションの後、クリームタイプやパウダータイプのファンデーションを使う場合はファンデーションの前にコンシーラーを使用します。

フェイスパウダーを使用する際には、肌をこすらないようにしましょう。強い力でこすってしまうとベースメイクが崩れます。

そばかすをメイクでカバーするにはコツがあります。化粧下地の選び方に気をつけたり、コスメの使い方をちょっと意識するだけです。メイクのコツをつかんで明るい肌を目指しませんか。

アイテム

そばかすを隠すメイクのポイントとしては、メイクアイテム選びが重要です!

メイクのやり方というよりは、何を使ってメイクをするか?で、そばかすをどの程度隠せるかが決まるのです

そばかすだけに限りませんが、肌にある何かを隠したいときには、肌に密着して離れないアイテムを使用するべきで、それは液状のどろっとしたアイテムになることが多いです。

例えば、ファンデーションで言えばクリームタイプのものがおすすめで、パウダータイプのファンデーションと比べても、肌に定着しやすいです。

しかしクリームファンデーションだけでは完全には隠れないケースもあり、そのときにはコンシーラーを使うと良いでしょう。

ただコンシーラーの色のチョイスの仕方が重要で、使ったファンデーションと比べて、ちょっと暗い色を選んでいきましょう。なぜなら、明るい色を使うとコンシーラーを使った箇所が目立つ可能性があり、不自然になりやすいですからです。

以上の2つは、そばかすを隠すという基本的なメイク術ですが、これである程度は目立たなくなります。

最後にポイントとして、そばかすを隠すためのメイクを実践するときには、最後にフェイスパウダーを使って調節するようにすると良いです。これを使うことで、ファンデーション、コンシーラーを使用した後の顔全体の色むらがほとんどなくなるので、全体的に違和感のある顔には感じられないようになります。

そばかすが隠れても、色むらがあるとどうしても気になってしまいますので、そこへの配慮を最終的にしていくというのを注意点として知っておいてほしいです。

そばかすというのは自分の顔の中で、非常に頭を悩ます部分ですよ。メイクで隠すことができるのは多くの方が知っているかと思いますが、「完全に隠れるか?目立たないか?」というのはメイクで使うアイテムによっても変わるのです。

そこを知っておくだけで、かなり違ってきます!

濃いそばかすはスティックタイプのコンシーラーでカバー

色が濃くて目立つそばかすやシミも、スティックタイプなど、カバー力の高いコンシーラーを上手に使うことで隠すことができます。

コンシーラーのなかで特にオススメなのが、クレ・ド・ポー ボーテのコレクチュールヴィサージュです。このコンシーラーは、伸びと肌なじみがよく、また、くずれにくいので、付けていることが分からないような自然な仕上がりになります。

しかもカバー力が高いため、濃いそばかすやシミ、ほくろまでも隠してくれます。

色の濃いそばかすやシミが多いと、肌が汚く見えて悲しいですよね。でも、このコレクチュールヴィサージュを使うと、初めからそばかすがなかったかのような自然で均一な肌になるのです。

そばかすをカバーするためには、まずは化粧下地をしっかりつけることが大事です。

カバーマークのコンシーラー兼ファンデーション

高いカバー力を持つファンデーションでシミ、そばかす、くすみなどをカバーすることができます。しかし、厚塗り感が出て隠していますという感じがしてしまうことが珍しくありません。

隠していることを気づかせたくない、そんな方には「カバーマークのブライトアップファンデーション」がおすすめです。カバーしていることに気付かせない部分用ファンデーションです。

特徴

ブライトニングパウダー配合で小ジワやキメを整えてツヤを与えます。

カラーバリエーションは4色で、ブルーベース用とイエローベース用が用意されています。厚塗り感なくカバーするためには、肌に合った色を選ぶことが重要です。独自のカラーバリエーションでクマ、シミ、ニキビ跡などを厚塗り感なくカバーします。

朝メイクしたときにはカバーできても、時間が経つとメイクがヨレてシミやシワなどが目立つことがありませんか。時間が経つと表情の動きによってメイクと肌の密着力が低下をしてしまい、メイクがヨレてしまうのです。

ブライトアップ ファンデーションは、ライトフィットオイル配合で表情の動きにもフィットをします。抱水性に優れた保湿成分を配合しているので、みずみずしいツヤのある肌が持続します。

ブライトアップ ファンデーションはスティックタイプの部分用ファンデーションで、直接塗っても肌になじんで崩れにくいです。忙しい朝でも楽にメイクができます。

SPF33・PA+++で紫外線から肌を守ります。

ヨレない、乾燥しにくい、カバーする、理想的な仕上がりを叶えてくれるファンデーションです。

使い方

クリームファンデーションやリキッドファンデーションを使用している場合はファンデーションの後、パウダーファンデーションを使用している場合はファンデーションの前に使用をします。

ブライトアップ ファンデーションを中指で温め溶かしながら適量をとり、気になる部分にトントンと叩き込むように塗布をします。塗った部分と塗っていない部分の境目をぼかします。こするとカバー力が落ちるので、トントンと叩き込むように使ってください。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • これまでプチプラなコンシーラーを使っていたのですが、肌が乾燥したり、ヨレてシワが目立ったり、ファンデーションの色となじまなかったりしました。このファンデーションは乾燥せず、しっかりクマを隠してくれます。毎日使用しているのですがなかなかなくならないのでコスパがよいです。
  • 目の下にクマと赤いアザがあります。赤いアザは「どうしたの?」といわれるくらい目立つものなのですが、これを使うとアザに気づかれることがありません。クマもカバーできます。そして崩れにくいです。少量しか使わないのでなかなかなくなりません。

しっかりカバーすると厚塗り感がでて隠していることが気づかれてしまう、薄つきだとカバーできない。こんな悩みはブライトアップファンデーションがサポートをします。

独自のカラーバリエーションや特殊パウダーなどの働きで、気になるクマ、シミ、ニキビ跡をカバーするのに、厚塗り感がなく隠していることが気づかれにくいです。きっちっとカバーしたり、でも厚塗り感がでるのは嫌い、そんな方におすすめです。

<<Amazon>>

RMKのコンシーラーもおすすめ!

そばかすをカバーするのにおすすめのコスメが「RMKのペンシルコンシーラー」です。

そばかすはニキビ跡やくすみとは違って、点としてところどころにできますよね。小さいそばかすにはペンシルタイプのコンシーラーがおすすめです。ピンポイントで塗ることができるし、ペンシルタイプのコンシーラーは密着力が高い特徴があります。

RMKのコンシーラーは肌への密着力が高く、ピタッとフィットして細かいそばかすも自然にカバーをします。ウォータープルーフなので、汗、皮脂、水などに強いです。また、コンパクトなので持ち運びしやすく、メイク直しの際にも活躍します。

細かいそばかすが気になる方におすすめのコスメです。

そばかすひとつ一つは小さいですが、顔にできるそばかすは一つではなく、たくさんできていると目立ってしまいます。ところどころにできているだけでも、肌がくすんだ印象に。けれども、コンシーラーでしっかりとカバーをしておけば、均一に整った肌に近づきます。明るくイキイキとした肌に仕上がります。

使い方

ペンシルタイプのコンシーラーでそばかすをカバーするときのポイントは、厚塗りをしないことです。カバーするためにグリグリ塗りたくなりますが、厚塗りをするとかえって目立ってしまいます。ひとつ一つのそばかすに少量コンシーラーを塗っていきましょう。

口コミ

昨日デパートにて❤︎
ヒマな時間に店員さんにメイクしてもらったらそのまま欲しくなって買ってしまった〜〜
RMKは日本発のブランドだから日本人の肌に合うんだって!
カバー力に感動したからコンシーラーおすすめ(^^) pic.twitter.com/undiMkxj19

— 天埜うずめ (@uzume_amano) 2018年7月18日

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • 小さいそばかすをカバーするのに持ってこいのコンシーラーです。繰り出し式なので手を汚さずに使用できて、ずぼらな私にはピッタリです。一度塗っただけでもピンポイントでカバーできます。ひとつ一つのそばかすが目立たなくなるだけで、肌がもともときれいな人のように見られることが増えました。
  • ここまで細身のペンシルタイプのコンシーラーは、他にはあまりないと思います。コンパクトなのでポーチに入れても邪魔になりません。また、繰り出し式は削る必要がない点も便利です。やや硬めで伸びにくいので広い範囲のシミなどには向かないかもしれませんが、小さなそばかすはカバーできます。丁寧にカバーをしておくとメイクの仕上がりが違います。

小さなそばかすもカバーしておくだけで肌の印象は変わります。RMKのコンシーラーは、ピンポイントでそばかすに使いやすい特徴があります。ひとつ一つのそばかすをカバーして、明るい印象の肌に仕上げてみませんか。

<<Amazon>>

化粧下地もそばかすをカバーするのに大切!

化粧下地の付け方が適当だとコンシーラーやファンデーションが崩れてしまいます。

また、質のよい化粧下地を使うのもポイントです!

オススメは、「ソフィーナプリマヴィスタの皮脂くずれ防止化粧下地」です。この化粧下地は、皮脂を出にくくするので、暑い日にもメイクが崩れにくくなります。

リキッドファンデーション

次に、リキッドタイプのファンデーションを付けます。私のオススメは、「マキアレイベルの薬用クリアエステヴェール」です。

くずれにくく、カバー力もあり、さらに美白成分も配合されています。これだけでも、うすい色のそばかすやシミは隠すことができます。

そして、濃いそばかすやシミに部分的にコンシーラーを付けます。私の場合は、直接付けてから、指でトントンと伸ばします。まだ隠れてないなと感じたら、重ねづけしても大丈夫です。コレクチュールヴィサージュは伸びがいいし崩れにくいので、きれいに付けることができます。

ファンデーションより少しだけ暗い色を使うと色浮きしにくくなります。

最後にフェイスパウダーをパフでやさしくのせていきます。これにより、メイクが崩れにくくなります。

クレ・ド・ポー ボーテのコレクチュールヴィサージュは、口コミサイトでの評判もとてもいいです。「クリーミーで軽くよく伸び、肌なじみがよく自然とカバーしてくれる」「カバー力があり、大きな赤あざや濃いシミを、まるで最初からなかったかのように消してくれる」などといったものです。

質のよいコンシーラーを正しく使うことにより、濃いそばかすやシミもなかったかのようにカバーすることができるのです。

コンシーラ要らずも可能!?そばかすはファンデとパウダーでヨレずにカバーできる

顔にそばかすがあると、メイクをする時にどうしても「そばかす」をカバーしなくちゃ!と思い、多くの場合はコンシーラーである程度消してからファンデーションを付けます。

もちろん、このメイク方法は間違っていませんし、そばかすもカバーできるので良いのですが、デメリットとしてはコンシーラー部分がヨレてしまったり、そこだけファンデーションとの色が合わずに浮いてしまうことがあるのです。

そばかすはカバーしたいけれど、コンシーラーにはあまり頼りたくない!という方におススメしたいメイク方法をご紹介します。

粉ファンデーションとフェイスパウダーだけ

必要なアイテムはベアミネラルの粉ファンデーションとフェイスパウダーの二点です。

ベアミネラルは100%自然なもので作られているので、お肌が弱い方や敏感な場合でも安心して使うことができます。

この二点を使うだけで、そばかすが自然にカバーでき、メイクよれも最小限に抑えることができるのです。

ファンデーション

コンシーラーは必要ありませんが、注意したいのはファンデーションの色です

そばかすが目立つ方の多くは、人よりも色白であることが多く、心のどこかで「本当は色白なのにな…」という気持ちを持っています。

そこで本来はカバーするために選ばなければいけないのですが、私は色白です!という思いが強く、つい明るめのファンデーションを選んでしまうのです。

確かにトーンが明るくなれば肌も明るくはなりますが、そばかすの部分は濃い色なので、そばかすをカバーすることは難しくなってしまいます。

ベアミネラルの粉ファンデーションを選ぶときは、普段よりも一段階暗い色を選ぶと自然に隠すことができるのです。

自分が気に入っている美容液を顔全体に馴染ませて、これを化粧下地として使います。

<<Amazon>>

フェイスパウダー

次に軽くミネラルベール(フェイスパウダー)をブラシで顔全体にはたいて、粉ファンデーションも顔全体に行き渡らせます。

仕上げにもう一度ミネラルベールをはたくと、わざとらしさのない自然な肌の仕上がりを実感できるのです。

<<Amazon>>

私自身そばかすに悩んでいるうちの一人なのですが、コンシーラーを使うとそこだけ目立ってしまい、明らかにそばかすを隠しています!という不自然な仕上がりになるのが嫌でした。

ところがベアミネラルのファンデーションをフェイスパウダーを使うようになってからは、自然にそばかすをカバーできるようになりましたし、化粧直しも随分と楽になったのです。

そばかすはポイントごとに肌の色が違うので、まずそばかすを消さなければいけないと思いがちですが、ファンデーションの色をワントーン暗くして、フェイスパウダーで光を飛ばすことで、自然にカバーすることができますよ。

そばかすを目立たなくさせるおすすめパウダー

「フィニッシュパウダーでそばかすを自然にカバーします!」

そばかすがあるだけで気分が憂鬱になってしまうという女性は多いのではないでしょうか?でも、メイクアイテムやメイク方法によってはそばかすを上手くカバーすることが可能になります。

かく言う私も子供の頃からある両頬の細かいそばかすがコンプレックスで、今までにもカバー力のあるファンデーションなどを使ってカバーして来ましたが、しっかり隠れる一方で厚塗りの印象がなかなか取れずにいることに悩んでいました。

そんな時に友人が教えてくれたドラッグストアでも買えるプチプラコスメブランド、キャンメイクの『マシュマロフィニッシュパウダー』を試してみたところ、そばかすが目立たないようにカバーされた自然な仕上がりになり、それ以来このフィニッシュパウダーを愛用しています。

マシュマロフィニッシュパウダーは、メイクの仕上げ用として使えるだけでなく、化粧下地の後にファンデーション代わりでも使うことが出来ます。

私は厚塗りっぽくなるのを避けたいので、化粧下地+フィニッシュパウダーというシンプルなベースメイクで現在は落ち着きました。このパウダーを使うことで、気になるそばかすを自然にカバー出来るので、私のようにそばかすをカバーしたいけど厚塗り感は無くしたいと考えている女性にぴったりのメイクアイテムです。

使い方

メイク方法は簡単で、化粧下地を塗った後に付属のパフにパウダーを適量取り、ポンポンと軽く叩くように肌に置いて行くだけです。

ただこの時、あまり何度もパフにパウダーを取り過ぎると厚塗り感が出やすくなるので、薄くつけるイメージで行うようにしてみて下さい。そうすると、いかにも「メイクしてます!」という肌ではなく、血色の良いナチュラルメイクに仕上がります。

それなのに、そばかすは目立たないようにカバーされているので、その効果の高さが実感出来ます。

口コミ

マシュマロフィニッシュパウダーは、そばかすをカバー出来る力や自然な仕上がりになるクオリティの高いパウダーですが、約1,000円というコスパの高さもとても魅力です。ちょっと試してみようかなと考えている方も、手を出しやすい価格になっています。

そばかすはメイクによって無かったことに出来る肌悩みなので、せっかくなら上手なメイク方法と適したメイクアイテムでカバーしたいですよね。気になるそばかすをカバー出来れば、それだけ自分に自信が持てるようになるので、ぜひ自分に合ったメイク方法とメイクアイテムを見つけてみて下さい!

<<Amazon>>

関連記事:

プチプラなのに優秀!パウダーのおすすめブランドランキング

一日中化粧崩れしない人気フェイスパウダーとおすすめの使い方

そばかすを目立たなくさせるおすすめファンデーション

レーザー治療などをすれば気になるそばかすを消してしまうことができるといわれていますが、費用がかかりますし痛そう、本当に消えるのかな、デメリットもあるのではないかなど考えてしまい、なかなか施術を受けられないという人もいると思います。

1度綺麗になっても、再び出現してくる可能性もゼロではないといわれていますので、高い費用をかけて、また戻ったら嫌だなとも思いますよね。

そこで毎日のメイクでそばかすを目立たなくさせて綺麗なお肌に見せるというテクニックを使ってみるのはいかがでしょうか。

今すぐにそばかすを目立たなくさせたいという人にもぴったりの方法です。メイクだから失敗してもやり直しできますし、毎日続けることができますね。

美白コスメと併用してそばかすを目立たなくさせるメイクをすれば、だんだん薄くなっていく期待もできます。

では早速実践してみましょう。

まずは、色のついている化粧下地でベースを整えます。

お肌の色を均一にできるタイプがおすすめです。

ファンデーションと下地が一緒になっているアイテムでもそばかすを目立たなくさせることはできます。

そのほうが1回でベースが完成するので時短にもなりますね。厚塗りしすぎないのがポイントです。

おすすめなのは「リペアリキッドファンデーション」です。紫外線カット効果もある化粧下地です。

イエローオークルとピンクオークルの2色が展開されているのですが、この両方を混ぜて使う、部分的に色を分けて使うなどする方法も肌色を均一にしやすくなるのでおすすめです。

塗るときは、べたっと塗り広げるのではなく、気になる部分には軽くたたくようにトントンと塗っていくのが良いでしょう。

リペアリキッドファンデーションは、天然由来成分だけで作られているので毎日使っても安心のファンデーションです。微粒子成分が肌のデコボコもなくしてくれて、毛穴の目立たないお肌にしてくれます。

美容液のような保湿効果の高い商品なので、これ1本でもきれいに仕上がりそばかすも目立たなくなるのですが、できれば仕上げパウダーを使うのが良いでしょう。

仕上げパウダーは薄く色がついているものを使ってください。ファンデーションのもちも良くなりますし、肌の表面にベールがかかったように透明感がアップします。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • 最後にリペアリキッドファンデーションの口コミもチェックしておきましょう。
  • 肌にしっかり密着してくれて軽い仕上がりなのにしっかりカバー力もあります。お肌がきれいに見えます。
  • 重ねて塗っても厚塗りにならないのでとても使いやすいです。
  • 肌荒れしないので安心して使うことができます。保湿力がとても高いので夕方まで乾燥しません。
  • パウダーで仕上げておくとよりそばかすや毛穴が目立たなくなります。

口コミでも、きれいにそばかすがカバーできることやお肌への優しさの評価が高いです。

皆さんもぜひ使ってみてください。

<<楽天>>

 

関連記事:

ツヤとカバー力が完璧!乾燥肌も崩れないプチプラリキッドファンデーション

40代50代の毛穴シミを隠すと人気!おすすめファンデーションランキング

スポンサーリンク