のっぺり、のっぺらぼう、平たい顔を化粧で美人に!小顔立体感メイクのやり方

メイク

ぱっちり二重、立体的な小顔。

うっとりするような美しさを放つモデルさんたちは、今やハーフモデルさんたちばかり。でもこれを読んでいる現実の女の子は平たい顔族の純ジャパが大半のはず。(私も実際のっぺり、しかも丸顔の一人です・・・)

平たい顔族の私でもあんな風に可愛くなりたい。

やはりいつもメイクで重要視しがちなのは、ホリを描いたり目元をぱっちり見せること。

でも、ちょっと待って!

目元バチバチのマスカラはもう古い。

リキッドでがっつりアイラインなんてもう遅れてる。

周りを見渡せば、いつの間にか攻めすぎない「抜け感メイク」が流行っているではありませんか!ついこないだまでやっていアイメイクは、もはやバブル全盛期ばりの過去の産物となっていました。

今の流行りは断然、「ヌードな質感」と「血色でつくる立体感」!

いわゆる韓国メイクです。

むしろ欧米人の顔に寄せるのではなく、アジア人の良いところをメイクで引き出してあげるイメージ。やりすぎない陰影の付け方と、アジア人になじむアイメイクが肝心だと気付いたんです。

たしかにメイクって盛り過ぎると老けて見えるし、肩肘張り過ぎてて逆に垢抜けなくなるんですよね。客観的に今までの自分のメイクを見返し、反省しました・・・。

そこで今回は、いま私がはまっている抜け感あるのにシレッと盛れてる「ヌードな立体感メイク」をご紹介します!

何と言っても、女は肌。肌が瑞々しく綺麗なら顔の造形は差し引いても3割増しです。

私はチークレス派です。ただでさえ丸顔が、チークで膨張するのが嫌なので。

頬と額の、高い中央部だけコントロールカラーのピンクやパープルをベースに仕込み、自然な立体感のみで最小限にしています。この時、輪郭にまでカラーを伸ばさないことが重要です。

そのあとクッションファンデをつるんと乗せたら、凹凸感を際立出せるため、Cラインと鼻筋にハイライトをのせます。私はクリーム状のハイライトを指で叩き込んでいます。パウダーより仕上がりに統一感が出て好きです。

最後にシェーディングですが、髪の生え際・エラの角・顎骨の裏側にパウダーを薄く重ねていく程度です。あまり入れ過ぎると、髪の毛を結った時に首との差が出てしまうので注意なのと、鼻筋に入れるのはどうしてもがっつり感が出てしまうので抜け盛りメイクの場合はやりません。

アジア人のベースメイクは、影を付けるよりは、光で頬骨が張っているアラを飛ばしたり、鼻筋を飛び出して見せたりすることの方が重要だとプロのメイクさんもおっしゃっていました。

②立体感のある小顔ヌードメイクのやり方

次に「血色でつくる立体感」です。

じゅわっとした色味が流行り。ヘルシーなリップは、人の顔の印象を大きく左右します。実はリップがメイクの印象を決めていると言っても過言ではありません。

この時、血色っぽいレンガ色や紫っぽいブラウンをラフに塗ることで、もとからそういう血色のような色素薄い感じの顔を演出できます。そうする事で、肌全体の透明感や華奢なイメージも演出できるのですごくオススメです!

顔が大きく見えてしまう原因の一つに凹凸がないと言う事が挙げられます。凹凸がなくのっぺらぼうに見える顔は、どうしても、同じ顔の大きさ同士で比べても凹凸がある人、ない人で比較した場合、ない人の方が大きく見えてしまうのです。そんなの不平等ですよね。

そこで、顔の大きさが気になる人にお勧めなのが顔に立体感を作る小顔メイクなのです。メイクで顔に立体感を作るだけで顔自体、小さくする事ができなくても十分に小顔を演出させる事が可能です。

小顔メイクを行う事で目を大きく見せる効果を得る事ができます。同じ大きさの目でも顔の面積を小さく見せる事で比較対象が異なり結果的に目を大きく見せる事が可能になるのです。

また、顔が小さいだけで小柄に見える傾向もあり、実際、同じ体重、同じ身長の人でも顔が小さい人の方が全体的に小さく見える効果があります。そのような事から、メイクで小顔にすると言う事は様々な効果を期待する事ができると言えるのです。

立体感のある小顔メイクの方法

立体感のある小顔メイクのポイントは、ズバリ、Cゾーンです。

Cゾーンとは、眉の下から目尻、黒目の下を結んだ場所を指します。日本人の場合、どうしても、ここの部分が凹んでいる事が多くなります。その為、海外の人のように小顔に見せる事が難しくなってしまうのです。

そこで、このCゾーンを中心にメイクする事で凹みをなくし、結果、立体感のある小顔に仕上げる事ができると言えるのです。

方法は、まず、普段通りにファンデーションを塗ります。

その後、ハイライトを眉下からアイホール、そして目の横のCゾーンにブラシで軽く乗せていきます。

その際に使用するブラシは、斜めにカットされたもの、もしくは、自分で斜めにカットしたものを使う事をお勧めします。そうする事で、骨格にフィットし自然な形で乗せていく事が可能です。

おすすめのブラシです↓

ファンデーションブラシの使い方とパウダーファンデーションに合うブラシ

2016.07.15

そして、ハイライトの後にアイメイクやチークをのせ、ハイライトを和らげていきます。

この際のハイライト選びのポイントは、粒子の細かいパールを選ぶ事です。そうする事で自然な形でメイクする事ができます。また、カラーは白よりもベージュに近いものを選ぶ必要があります。

立体感のある小顔メイクのポイント!

小顔メイクの場合、どうしても、フェイスラインを気にする人が多くなります。もちろん、フェイス周りも小顔メイクには重要なポイントです。しかし、今回のようなCゾーンも忘れず注意する事で、一気に顔全体に立体感を生み出す事が可能になります。

その際のポイントとして、普段はラメやパールは少し控えたものを選び、反対にパーティーなど華やかなメイクが必要になる時は、ラメやパールを強調し、立体感+華やかな目ものと演出する事をお勧めします。

以上が小顔メイクの方法となります。

小顔メイクとは、顔自体を小さく見せるというよりも立体感によって顔を小さく見せる事も重要なポイントとなります。その為、今回のようにCゾーンに重点をおいたメイクを行う事で、顔全体に凹凸を付ける事ができ、結果的に顔を小さく見せる効果を得る事が可能になってくると言えるのです。

ハイライトや立体感メイクの人気関連記事:

簡単に印象チェンジ!2018年おすすめのハイライトメイクのやり方

2018.01.12

【簡単!小顔リンパマッサージのやり方】即効で顔が小さくなる方法

2017.04.22

【2019年おすすめシェーディングパウダー】小顔のメイク方法も

2017.01.06

スポンサーリンク