まだビューラー派?マツエクで長いまつ毛に!カールの種類や口コミなど

メイク

自分のまつ毛にコンプレックスをもっている人は多いのではないでしょうか。

本数が少ない、なかなか生えてこない、下向きでマスカラが塗りにくいなどの悩みです。

アイメイクを綺麗に仕上げるには、長くて太いボリューム感のあるまつ毛が欲しいですよね。

そんな悩みを解消できのがマツエクで、まつ毛にエクステンションを付ける美容技術のことです。ヘアサロンで髪にエクステンションを付ける技術がありますよね?似た感覚で、まつ毛の量を増やしたり、デザインを変えるなど、プロの手によって理想的なまつ毛が手に入るのです。

美しい目元を作るマツエク

顔の中でも、目元はその印象を強く相手に与えるものです。その中でも一際目立つのがまつ毛の存在。綺麗で美しいまつ毛は目元をぱっちりとしたものへと導いてくれると言われています。

そんなまつ毛を手に入れるためには、いくつか方法がありますが、その中でもまつ毛エクステの利用者は多いです。まつ毛エクステとはどのような美容方法なのでしょうか。

まつ毛エクステとは、人工のまつ毛を自分のまつ毛に一本一本くっつけて、まつ毛のボリュームを増やす方法です。こちらはグルーと呼ばれる接着剤でまつ毛とまつ毛エクステを接着させます。接着剤を利用して自分のまつ毛を増やしているので、たとえメイクを落としたとしても、目元の印象が変わらないという特徴があるのです。

まつ毛エクステを使うことによって、メイク時間が短くなることが予想されます。これは、マスカラなどを使ってまつ毛のボリュームを増やす必要が無いからです。

このような時短メイクに役立つアイテムは、忙しい朝などで有効にその存在感を発揮します。そのため、働いているOLや育児に忙しいお母さん世代などの間で重宝されています。

また、まつ毛エクステは自分の好みのまつ毛をデザインすることができます。まつげの太さや長さ、さらにはカールの付け具合も思うがままです。自分のまつ毛では人それぞれあるクセが付いているため、自分の好みのまつ毛を作るのは難しいです。

仮に好みのまつ毛を手に入れたとしても、それをキープするには大変な手入れが必要になります。このようなまつ毛を手に入れると、人は顔に自信を持つことが出来ます。何故なら、メイクを落としても目元の印象は変わらないからです。どうしても、すっぴんになると印象が変わってしまうことがコンプレックスになりがちなので、ノーメイクでも自信が持てるまつ毛エクステは心の支えにもなる存在と言えるでしょう。

まつ毛エクステを利用する際に気をつけたいポイントとしましては、マスカラの使用です。

まつ毛エクステのボリュームを増やすためにマスカラを使用すること自体は良いのですが、防水加工のマスカラを使うとまつ毛エクステにダメージがかかってしまいます。ウォータープルーフのような落ちにくいマスカラではなく、落としやすいマスカラを使うようにしましょう。

お店でエクステ専用のマスカラも販売しているので、それを試してみるのオススメです。また、普通のビューラーを使うとマスカラが折れてしまう恐れがあります。そうすると、本来のカールに戻すことが出来ません。

美しいカールを保つためには、ホットビューラーの使用が良いとされています。これは、まつげの下から持ち上げるタイプのビューラーで、エクステが折れる心配がなく、まつ毛の形が崩れてしまうこともありません。自分のまつ毛でない美容アイテムだけに、使用方法には十分気をつけましょう。

まつ毛をパッチリとさせたいのであれば、まつ毛エクステがオススメです。ノーメイクでも目元の印象が映えるので、時短メイクになるだけでなく、自分好みの目元を作り出すことが出来ます。しかし、使用方法を誤ると、負担がかかってしまったり、本来の働きをしなくなってしまいます。使用上の注意には気をつけてください。

マツエクで長いまつ毛に!

マツエクとは、まつげエクステの略語で、エクステなどと呼ばれる事もあります。既に生えているまつ毛にまつ毛のエクステを装着することで、まつ毛全体の量を増やす方法となっており、基本、マツエク専門店で行ってもらうものとなります。

マツエクをする事で得る事ができる効果は、何と言っても、目をパッチリ大きく見せる事ができる効果です。今まで、マスカラなどでまつ毛のボリュームをアップするしかなかった人でも、マツエクをする事で、面倒なマスカラなしで、目をパッチリ見せる事が可能になります。

また、基本、ナチュラルメイクやすっぴんでいるような人でも、マツエク一つしておけば、すっぴんとは思えない可愛さを演出する事も可能になります。

まつ毛に悩みがあると、マスカラやアイライナーを使って、ついつい重ね塗りしてしまうものです。

濃いアイメイクをすると、クレンジングの時に負担がかかり、ますますまつ毛にダメージを与えてしまうことになります。でも、マツエクで本数を増やし、さらにカールをしてもらえば、手間暇かけてアイメイクをしなくても済むのです。人によっては、目元のメイクだけで数十分かけることもありますから、まつ毛が完璧であれば時短メイクに繋がります。

エステサロンや、まつげ専用サロンで施術

マツエクの施術は、エステサロンかマツエク専用サロンで施術が受けられます。

数年前まで一般的には浸透していなかった技術ですが、今では施術できるサロンが増えて、気軽に受けられるようになりました。施術内容は、まずカウンセリングを受けて、自分のまつ毛の状態や悩みを相談します。希望するデザインに応じて、エクステの本数やカラーを決めて、まつ毛の間を埋めるようにして装着していきます。

マツエクの種類

一言でマツエクと言っても、かなりの種類があります。長さや太さも様々で、その上、まつ毛のカール具合も、自分好みのものを選ばなければいけません。その他、カラーバリエーションが豊富でブラックやブラウンと言ったカラー以外にもブルーやグリーンなどと言ったカラーの中から選ぶ事も可能になっています。

そして、最後に決めなければいけない重要なポイントが何本のマツエクを付けるかと言う事です。一般的に可愛く見えるまつ毛の本数は、100本から120本程度と言われています。ただし、この本数は、あくまでも平均的な本数です。目の幅は、人によって個人差がある為、その目の幅にも、まつ毛の本数を合わせていく必要があります。目の幅が短ければ、本数は少なく、反対に長ければ、本数は多くなると言う事なのです。

その他、自然な形でまつ毛をボリュームアップさせたいのか?それとも、はっきりマツエクをした感じにさせたいのかと言う事でも、本数は違ってくる為、必ず、担当者と納得のいくまで確認する事が大切になります。

このようにサロンにもよりますが、デザインやカラーバリエーションは豊富で、なりたいまつ毛にほぼ完璧に近づけます。

  • ナチュラルCカール(くるんと上向きな自然なまつ毛)
  • ドーリーDカール(しっかり上向きな人形ぽいまつ毛)
  • ゴージャスJカール(きっちり上向きな華やかまつ毛)

色は自分のまつ毛に近いカラーを選び、より自然に見せるのがポイントです。本数は100本~140本くらいが最も美しく、普通よりも圧倒的なボリューム感を演出できるので驚きの変化です。

「マツエクの持続期間は約1~2ヶ月間です。」

気になるマツエクの持続期間ですが、だいたい2週間くらいからカールが弱くなり、1~2ヶ月間くらいが限度です。アイメイクをしている場合は、もっと期間が短くなることもあります。できるだけメイク落としで負担をかけないようにすることが、マツエクを長持ちさせるコツです。施術の相場は、1回あたり約5,000~10,000円くらいで、本数によって差があるので、事前のカウンセリングで確認しておきましょう。

一度マツエクの施術を受けて、理想の目元が実現すると、キープさせるために通い続ける人が多いです。付けまつげやマスカラでは及ばないほど、自然で美しいまつ毛になれるからです。多少の費用や通う手間がかかっても、完璧なまつ毛を求めるリピーターが続出していますから、今後も人気が高まっていきそうですね。

マツエクの口コミ

メイクの中でも、特に重要だと言われるものの1つに目元が挙げられることがあります。確かに、目は顔の印象に大きく影響を及ぼします。そのため、アイメイクに重点を置いている人も少なくありません。

しかし、まつ毛のメイクはなかなか難しく、自分の思い通りのデザインを作るのに時間がかかります。また、化粧を落としたときに印象が変わってしまうことを心配する声も聞こえます。

メイクの時間を短縮出来て、化粧を落としても印象が変わりにくい、理想のまつ毛を作り出せるアイテム。まつ毛エクステとは、どのような美容アイテムなのでしょうか。目元のオシャレに興味がある方は必見の記事となっています。

まつ毛エクステはその太さやカールのかかり具合、長さなどを自分で選択することが出来ます。そのため、思い通りの印象を作り上げることができます。

また、化粧をしなくても、目元の印象をそのままキープすることができるので、忙しい朝でも時短メイクが可能です。化粧をして作り上げたものではないので自然感があり、ナチュラルな雰囲気を醸し出すことも出来ますし、仕上がりを思い通りに作ることが出来るのも魅力的です。

まつ毛エクステを付ける際には、まずテープワークから始めてみましょう。

これは、接着剤がしたまつ毛につかないようにサージカルテープを貼る作業のことです。また、ツイーザーが頰につかないようにする効果もあります。テープワークが終わったら、まつ毛に付いている汚れやアイメイクをしっかりと落としましょう。

ここで汚れなどが残っていると、エクステのつきが悪くなります。

汚れを落とし終わったら、いよいよ少量です。ごく少量の接着剤をくぐらせたエクステンションをまつ毛に装着します。

このときに毛周期が違うまつ毛に装着してしまうと、まつ毛が抜けてしまう可能性があるので中尉が必要です。装着し終わったら、しっかりと乾燥させて、テープを剥がせば装着完了です。装着後はしっかりと固定するまで出来るだけ目元は濡らさないようにしましょう。

濡れてしまった場合は、すぐにドライヤーで乾かしてください。ビューラーやオイルクレンジングなどのまつ毛に負担がかかる行為も厳禁です。

まつ毛エクステはまつ毛に装着しているので、まつ毛の生え変わりによって脱落してしまいます。そのため、ある程度の日数が経つと、エクステがちぐはぐになってしまいます。この際のメンテナンスはサロンでの施術がおすすめです。1ヶ月に一度くらいのペースでサロンに通うことで、美しいまつ毛を保つことが出来ます。

長さや太さ、カールのかかり具合など、自分の思い通りのデザインを選択することが出来るまつ毛エクステ。こちらは時短メイクに役立つことや、すっぴんでも印象が変わりにくい、自然な可愛らしさを演出できるなどの特徴を持っています。

まつ毛エクステを付ける際には、テープワークから始まり、汚れを落とす前処理、装着、乾燥という手順を踏むことになります。装着した直後は、完全に固定していない可能性があるので、濡らさないように注意しましょう。また、まつ毛の生え変わりのシーズンによって、まつ毛エクステが取れてしまいます。そのため、定期的にサロンに通ってスタイルを整えましょう。

マツエクをする際のポイントとしては、マツエクの場合、自分のまつ毛に装着すると言う事。その為、今ある自分のまつ毛の本数以上のマツエクを付ける事は出来ません。

また、自分のまつ毛に装着していくと言う事で、そのまつ毛が抜けてしまえば、自然とマツエクも抜けてしまいます。その為、まつ毛のボリュームを維持するためには、定期的なメンテナンスが必要になります。少しでも長持ちさせたいと思う場合は、担当者と相談し、抜けそうなまつ毛にはマツエクをしないなどと言った工夫も重要です。

以上がマツエクの方法や種類となります。マツエクを行う理由は、人それぞれ。中には、ブライダルエステの一環として、涙を流してもマスカラが取れる心配の内容にマツエクを行う人もいます。そのような場合は、ドレスに合うよう、華やかな本数のマツエクを行う事がお勧めです。

このようにTPOに合わせて本数を選ぶ事ができる点も、マツエクの楽しみ方の一つになっています。

まとめると。

アイメイクやアイシャドウなど、メイクにおいて目元は大きな意味合いを持つ部位です。そのため、目のメイクに力を入れる人が多いです。そんなかでも、綺麗なまつ毛はパッチリとした顔の印象を買えると言われています。

まつ毛の印象を変えるものとしてまつ毛エクステが挙げられますが、これにはどのような特徴があるのでしょうか。

そもそも、まつ毛エクステとは、人工まつ毛を自分のまつ毛に1本ずつ接着させるものです。これはグルーと呼ばれる接着剤を使用してまつ毛を増やします。

メイクを落とした時でも自分のまつ毛に人工まつ毛を直接接着しているため落ちることがありません。そのため、仮にすっぴんになったとしても目元の印象があまり変わらないという特徴があります。

①まつ毛エクステのメリットとして挙げられるのは、まずメイクの時間が短縮出来るという点です。

まつ毛の手入れはメイクにおいて重要なポイントとなりますが、まつ毛エクステを付けていることで、その時間が省略できます。このことで、たとえ忙しい時間帯の朝であっても、他のメイクに集中することが出来るのです。

②また、エクステなので、自分のまつ毛を思う通りに仕上げることが出来ます

長さやカールの具合、まつ毛の太さなどを自分で調節出来るので、理想のまつ毛が手に入ります。さらに、化粧をときだけではなく、すっぴんにも自信を持つことが出来ます。

前述した通り、理想のまつ毛は目元の印象を華やかにさせます。そのことによってコンプレックスが払拭することが出来るのです。人は自信を持つと、その表情が生き生きと輝きます。そのため、まつ毛エクステをすることによって、目力だけではなく、全身から魅力を振りまくことが出来るでしょう。

では、まつ毛エクステを付けるときに注意すべきポイントとはどのようなものがあるのでしょうか。

第一に、ウォータープルーフ仕様のマスカラは使用しないようにしましょう。まつげエクステはマスカラを使用しなくても目元にボリューム感を与えることが出来るという特徴がありますが、さらにボリューム感を出したいときにはマスカラを合わせて使えます。しかし、このときウォータープルーフなどのエクステに負担がかかるマスカラを使うのは避けてください。

化粧が落ちにくいという特徴があるウォータープルーフのマスカラですが、これは使用しないで、まつ毛エクステ専用のマスカラを使うことで負担が軽減されます。また、ビューラーを使うときにはホットビューラーを使用しましょう。

普通のビューラーを使うと、せっかくのまつ毛エクステが折れてしまう可能性があるからです。折れてしまったまつ毛エクステは元に戻すことが難しいです。ホットビューラーはまつ毛の下から持ち上げるという特徴を持っているため、エクステが折れにくく、形も綺麗に仕上げてくれます。

まつ毛エクステは、目元のおしゃれにとって大切な意味合いを持っているアイテムです。朝は忙しいからメイクをする時間が無いといった悩みを持っている人には是非試して欲しい逸品であると主に、なかなかまつ毛のスタイルが決まらないという人も、理想の形を探しやすいという特徴もあります。使用する際にはまつ毛に負担がかからないマスカラやビューラーを選びましょう。

自分でマツエク!?セルフマツエクもあるんです

小さい頃から目が小さいことが大きなコンプレックスだった私が、あるアイテムを使い始めたことでみんなに見せたくなる”デカ目”になれました。

そのアイテムとは「セルフマツエク」セット。

マツエクを自宅でそして自分で施術するためのアイメイクキットです。

マツエクと言えば、専門サロンに行って2時間ぐらいの施術を受けなくてはならず、費用も5,000円以上かかるので、なかなか足を運ぶ決心ができませんでした。でもネットを見ていたら、たまたま通販で手に入るマツエクキットを発見!自宅にいながら好きな時間にアイメイクができると知ってすぐに注文してみたのです。

キットには、マツエクサロンで使っているのと同じ器具と、エクステと接着剤などが入っており、これだけでサロンと同じアイメイクができます。しかも説明書はDVDになっているため、テレビで再生しながらエクステの装着が可能です。

1回目のアイメイクでは、エクステを付ける角度の調整などに手間取りましたが、2回目からはサクサク施術を進めることができました。しかも理想を超えるデカ目になれちゃったのです!

下向きのまつげは、強いカールが付いたエクステのおかげで、直角に近いぐらいグイッと上向きになりました。これによってまつげが目にかからなくなったので、太陽などの光が黒目に反射して、絵にかいたようなキラキラの目元に!

さらにセルフマツエクをして驚いたのは、メイクが”超時短”になったこと。

毎朝ビューラーで地まつげにクセを付けて、アイライナーを引くといった時間のかかるメイクをしていましたが、この面倒なメイクが不要になったのです。しかもビューラーを使うたびに傷みがひどくなっていたまつげは、ハリやコシを取り戻し、心なしかツヤややかになってきた感じです。

セルフマツエクをして、初めて友人に会った時は、整形したと勘違いされて、ちょっと複雑な気分でした。でもそれぐらい大きなイメチェンができたうえに、つけまつげのように毎晩外さなくてもいいアイメイクに出会えたのは本当にラッキーでしたね。

セルフマツエクは実際にやってみると、本当にカンタンです。超不器用な私でも、2回目で思い通りの目元に仕上げられたぐらいですから!

手順もシンプルで、エクステにグルーという接着剤を付けた後、慎重に地まつげに付けて、乾くまで水や油分の付着、摩擦(手で擦るなど)を防ぐだけ。あっという間に、デカ目になれてしまいますよ。

またデザインが多様なのも、セルフマツエクのいいところ!

ボリューム重視の方は、多めのエクステを付ければOKですし、さりげないアイメイクが好きな方は、ナチュラルデザインのエクステを選べば、サロンに行かなくても理想の目元に早変わりです。最近は、芸能人やモデルの方もマツエクしているようで、もう少しデザインの特徴を覚えたら、自分も真似してみようかと思っています。

マツエクをしたら、ケアが面倒と思う方も多いようですが、実際にマツエクをして過ごしてみると、通常のアイメイクよりずっと楽です。メイクの塗り直しは必要ないですし、ビューラーを使った時のように、夕方になったらまつげが下がってくることもありません。

長い間、水分が付着しているとエクステが取れやすくなるのはネックですが、これもお気に入りのアイメイクを持続するためと思ってケアできるので、面倒に感じることはありません。

目が小さい、まつげが下向き、毛量が少ないという方は、ビューラーだと目元のダメージがどんどん大きくなってしまいますから、ぜひ、セルフマツエクキットを試してみてください。

自分でエクステを付けて、コンプレックスが解消された時の喜びは、メチャクチャ大きいですよ!

口コミ

<<Amazonで人気のセルフマツエクセット>>

<<楽天で人気のセルフマツエクセット>>

 

マツエクにはまつ毛エクステクレンジングがおすすめ!

まつ毛エクステをつけて、オシャレを楽しんでいる20代女子はたくさんいますよね。せっかくつけているまつ毛エクステ、長持ちさせたいなと思っている人は多いと思いますが、クレンジング選びを失敗してすぐにまつ毛エクステがとれて困っている女子もいます。

良いクレンジングを選んだとしても、洗顔後に顔をタオルで強めにゴシゴシと拭いてしまったり、熱すぎるお湯をまつ毛エクステにかけてしまうと、まつ毛エクステが長持ちしません。

できるだけまつ毛エクステを長持ちさせたいと思うなら、まつ毛エクステをつけていてもOKなクレンジングを選ぶこと、しっかり勉強してまつ毛エクステがとれるような行為はしないことがとても大切になってくるんですよね。

まつ毛エクステをつけている女子は、オイルフリークレンジングや、油分が少ないクレンジングを選んでいる人が多いです。

まつ毛にエクステを接着する時に使うグルーは、油分に非常に弱いと理解していますよね。オイルクレンジングを使うことで、まつ毛エクステがポロっと取れてしまう可能性が高いので注意しましょう。

様々なまつ毛エクステOKのクレンジングが販売されていますが、私が使ってすごく良かったと思うクレンジングをご紹介します。

ビーグレンの「QuSomeナノオフクレンジング」です。

このクレンジングは少し変わっていて、肌に優しいと言われている水クレンジング成分と、メイクや肌汚れがよく落ちると言われているオイルクレンジング成分の両方が配合されているハイブリッドクレンジングなんです。どんな感じなのかなと思って使ってみたくなりました。

これ一つで両方の良さを実感することができるなんて、とてもお得なクレンジングだなと思いました。

メイクをしっかりと落としたいけれど、洗浄力が強いとまつ毛エクステが取れてしまったり、肌が痛くなってしまうのではないかと思っている人もいますよね。ですが、QuSomeナノオフクレンジングは、メイクをしっかりと落とすことができてしかも肌に優しいクレンジングだというのです。気になりますよね。

QuSomeナノオフ クレンジングは、まつ毛エクステに優しいケラチンが配合されているので、安心して使うことにしました。

3プッシュのQuSomeナノオフクレンジングを手のひらにとって、顔全体に丁寧に伸ばします。そして優しく内側から外側に円を描くようにメイクとなじませてみました。その後はぬるま湯でしっかりと洗い流し、洗顔料を使います。

しっかりとメイクが取れていることを実感でき、さらにまつ毛エクステはずっと綺麗な状態を維持することができています。すごくいいなと思いました。使用後、肌がスベスベに潤っていると感動しました。短時間でスルスルっとメイクが落ちるので便利だなと感じましたね。

まつ毛エクステをつけて楽しんでいる20代女子で、まつ毛エクステが長持ちしないと不満を感じている人には、ビーグレンのQuSomeナノオフクレンジングがとてもおすすめです。新しいタイプのクレンジングですし、メイクがしっかりと落ちるのにまつ毛エクステは綺麗なままというのを実感できると思います。気に入るかもしれないので、一度お試しください。

<<Amazon>>

ホットビューラーがおすすめの理由!

10代や20代の若者だけでなく、50代でも多くの女性がマツエクをしている時代です。

女性にも男性にも好かれる理想の女性はぱっちりした目元の女性。そんな女性になるために、みなさん努力していますよね。

マツエクをすることで、すっぴんでもまるでメイクをしているかのような濃い目元を手に入れることができたり、朝のメイク時間が格段に短くなります。でも何より大変なのはメンテナンス。1~2か月ごとに通っていると、気づけば結構な高額を注ぎ込んでいたりします。

結婚式や友人との旅行など、大切なイベント前には贅沢をして可愛さを手に入れることはいいかと思います。

久しぶりに会っても可愛いなと思ってもらったり、初対面の方に気に入ってもらったり、お風呂でも可愛いなんて思ってもらえたら幸せですものね。ただし、絶え間なく継続してマツエクに通い続けることは、絶対に控えてください。一度しだすとやめられないという気持ちもわかりますが、思い切ってやける勇気も必要です。

これは友人のマツエク師に言われました。

目元に異物をつけることは眼球にとても傷をつけてしまうようで、できればしないほうがいいと笑いながらアドバイスをしてくれました。

一年間継続することは目にもよくないですし、自分自身のまつげも減っていってしまいます。もちろんお金ももたないので、私がおすすめするのはホットビューラーです。

低コストかつまつげもあまり痛めることはありません。使ったことがない方は、通常のはさむ形のビューラーとの違いがそこまであると疑ってしまいますが、全くの別物です。

メリット①

まず雨の日や梅雨の湿気でせっかくきれいにあげたまつげが下りてきてしまうという心配がありません。これはマツエクのような安心感ですよね。くるんとしたまつげが一日中続きます。

メリット②

次に、まつげが必ず丸くあがります。通常のはさむ形のビューラーを使うと少し角ばって不自然な上がり方をしてしまいますよね。ホットビューラーはそれをなくしてくれるのです。

また、マスカラをつけるにはやはり二度塗り、三度塗りが基本です。ホットビューラー、マスカラ、ホットビューラー、、、と繰り返しますと、間に渇くのを待つ時間が短縮されます。

あと一つ、可能であれは一緒に使っていただきたいものがマスカラ下地。マスカラ下地は白いものが多く、塗った後に色が残ってしまったり不器用な人だと使いこなせていない場合もあります。

なので、もし見つかれば、黒系、ブラウン系をおすすめします。

マスカラ下地のカールキープ効果とは?使い方とおすすめランキング

2018年8月3日

不器用な方でも失敗することなくつけることができます。マスカラ下地とホットビューラーをどちらも使用するようになると、もうマツエクなんて毎月のように通う必要はありません。

どなたでもまるでマツエクのように長くてきれいなカールのまつげを手に入れることができるからです。

私も以前は長い間マツエクに頼って生きてきました。しかし思い切って辞めてみて、この方法を試してもう3年になります。友人にはマツエクしているんだねとよく言われます。まるでマツエクをしているようなまつ毛を作ることができているということです。

本当にお勧めですので、一度マツエクを辞めて試してみてください。きっと周囲にも褒められるはずです。

<<Amazonで一番人気のホットビューラー>>

<<楽天で一番人気のホットビューラー>>

 

マスカラでまつ毛をカールさせる方法もあるんです!

マスカラでまつ毛をクルンと上向きにする方法をご紹介します。

まつ毛を上向きにカールさせるために、ビューラーを使っている人って多いですよね。毎日ビューラーを使っていると、まつ毛が擦り切れてしまったり抜けてしまったり、知らず知らずのうちにまつ毛にダメージを与えてしまっています。

若いうちはダメージを受けても修復されますが、年齢を重ねてくるとまつ毛の修復力が落ちてきます。

気づいたらまつ毛が短くなって伸びなくなってしまったり、ボリュームのないスカスカまつ毛になってしまったり。パッチリした印象的な目元にするメイクができなくなってしまいます。

そんなことにならないように、今のうちからまつ毛にダメージを与えないようなメイクを心掛けたいものです。10年後の目元に違いが出ますよ。

まつエクをすればいいじゃない?という声が聞こえてきそうですが、できることなら自まつ毛で過ごしたくないですか?そこで、ビューラーを使わずにまつ毛を上向きにクルンとカールさせる方法をご紹介します。

①まず、マスカラベースを右目のまつ毛に付けます。

カールしやすくするためだけでなく、まつ毛をいたわる効果もあります。おススメなのはランコムのマスカラベース「オシィラシオン・パワーブースター」です。

電動なので、誰でもむらなく付けることができます。まつ毛を長く見せる効果もあり、美容液効果もある優れものです。

②そして次に、カールアップ効果の高いマスカラを付けます。

そして、マスカラが乾ききらないうちに、指の腹でまつ毛を持ち上げます。

ビューラーでまつ毛を持ち上げる要領で、ゆっくりと段階的にまつ毛をカールさせていきます。

③最後に、指でまつ毛の生え際を持ち上げてしばらく静止。マスカラが乾けば完成です。

右目のまつ毛を完成させたら、今度は左のまつ毛も同じように仕上げましょう。

まつ毛を指で押さえるときに余分なマスカラも取れますのでダマにもなりません。きれいなカールを作るのには少々コツがいります。

まつ毛の毛質によっても力の入れ具合やカールさせるタイミングが変わってきますので、何度か練習をしましょう。力を入れすぎるとまぶたにマスカラがべっとりついてしまいますので、注意しましょう。

ポイント!

ウォータープルーフのマスカラは乾くのが早くカールが付きにくいので、ウォータープルーフでないマスカラの方がきれいに仕上がりますよ。

ウォータープルーフでないと目の下にマスカラが付いてしまうという人は、目の下にフェイスパウダーを多めにはたいておきましょう。

肌表面の脂分を抑えておくと、マスカラが付きにくくなります。

マスカラは、ウォータープルーフではなく、お湯で落とせるタイプで、カールアップ効果の高いものが理想です。

おすすめは、ランコムの「ヴィルトゥーズドラマ」です。

カールが付きやすくてカールの持ちも良いですよ。ブラシがカーブしていて、まつ毛の根本からまんべんなくマスカラを付けるのに丁度良い形状をしています。マスカラを落とす時に力を入れて擦ってしまうと、まつ毛が痛みますので、優しく洗い落とすようにしましょうね。

10年後にも今と変わらないまつ毛をキープしていられるように、今からまつ毛をいたわりながらメイクを楽しみましょう。

関連記事:

お湯で落ちる!にじまない!おすすめで人気のマスカラブランド

【効果があると口コミ評価が高い!】おすすめまつ毛美容液ランキング

まつ毛が上がる!使いやすい!おすすめのビューラーランキング

スポンサーリンク