まつ毛が上がる!使いやすい!おすすめのビューラーランキング2018

メイク

アイメイクをする時にビューラーでまつ毛を綺麗にカールすることが出来ないと、アイメイクが綺麗に仕上がりません。

アイメイクは綺麗にカールされているまつ毛があってこそ、美しい仕上がりになります。そこで今回は、まつ毛を綺麗にカールすることが出来る、おすすめのビューラーのメイクアイテムを紹介します。

ビューラーの種類

ビューラーには種類があります。

まつ毛全体のもの、部分用、ホットビューラー、スプリングが入ったものなどありますが使い心地の好き嫌いがあるので好みに合ったものを選んでください。

海外製のものはカーブがキツイため目が大きめの人や彫りの深い人向き、一方日本メーカーのものは比較的カーブが緩く多くの人に合いやすくなっています。

ドラッグストアなどでは購入時に中身が開けられないことが多いので上から覗いてみてカーブがどの程度か見ながら買うと失敗が少なくなります。

合わせた時に目の幅を全てカバー出来るか、横幅もチェックしましょう。

またゴムの硬さにも違いがあり、柔らかいゴムはナチュラルなカーブを作り、硬いゴムだとクルッとキツ目のカーブもつけることができます。ナチュラルかしっかりか、仕上がりの好みで選んでくださいね。

クルンとしたまつげを作るビューラーの使い方のポイント

顔の印象を大きく左右するアイメイク。とくにまつげの長さは重要です。まつげがクルンとカールして長く見えると、目が大きく見える効果があり目力がアップします。

「でも、もともと目が小さいし」「まつげが短い」そんな悩みを抱えている方もいるかもしれませんが、目を大きく見せることはできます。もともと目が小さくても、まつげが短くても、メイクの仕方で目を大きく見せられるのです。

目を大きく見せるために活用するものがビューラーです。普段ビューラーを使っていますか。面倒だからと使っていない方もいるのではないでしょうか。また、使っていたとしても上手に使えていないということも。

そこで、クルンと上向きまつげを作るビューラーの使い方を紹介します。

人はまつげまでを目の幅と認識をします。そのため、もともと目の大きさが小さくてもまつげを長く見せれば、目そのものが大きく見えます。

まつげを長く見せるマスカラもありますが、マスカラを使う前にまつげそのものの土台を整えることが大切です。マスカラでまつげを長く見せるだけでなく、ビューラーを使ってまつげを上向きにさせておくと、よりまつげが長く見えます。

また、ビューラーでまつげを上向きにしてからカールキープ力のあるマスカラを使うと、作ったカールが持続しやすくなります。

使い方

軽くあごを上げます。こうすると目が伏せがちになりアイラインが平たくなるので、ビューラーのフチと目元を合わせやすくなります。

アイラインとビューラーのフチを合わせてまつげを挟んだら、まつげの根元をカールさせます。5秒ほどキープをします。このときに力を入れ過ぎないようにしましょう。力を入れるとまつげの負担が増えて、切れ毛や抜け毛の原因になります。

根元、中央、毛先に向かって少しずつビューラーを動かしてカールさせていきます。3段階使いすることがポイントです。

下まつげにもビューラーは使えます。ビューラーの向きを逆さにして、まぶたを挟まないように下まぶたを下に引っ張り、まつげの根元を優しく挟みます。上まつげと同様に2,3か所に分けて使います。部分用のビューラーで支柱がないタイプを使うと、短く細い下まつげにも上手にビューラーを使えます。

ポイント!

ビューラーはまつげの根元からカールさせるものなので、まつげの根元からカールさせられるように目の形にフィットしたものを選びましょう。

日本人女性の平均的な目の大きさは、縦10mm、横30mmといわれています。一般的なビューラーは33mm~39mmで展開されているので、自分の目の大きさに合ったものを選んでください。

ビューラーは消耗品で買い替えが必要です。毎日使った場合は、2年くらいで買い換えるとよいでしょう。ゴムは2~3か月に1回買い替えることが目安です。支柱がぐらついたり、カールがうまく作れないようになったら、ビューラーの買い替え時です。

また、フレームに汚れがついているとまつげにも汚れがついてしまうし、そのまま使うとまつげが切れてしまうことがあります。使うたびにウェットティッシュで拭いておくと清潔に使えます。

ビューラーを上手に使えば、クルンとカールしたまつげに、そして目が大きくみえます。ビューラーを使うのなんて面倒くさいと思っていた方も使ってみてはどうでしょうか。

一重・奥二重の方におすすめのビューラー

一重や奥二重さんはまぶたが邪魔でなかなか、まつげが上手く上がらない…という方が多いのではないでしょうか。じつは、私もその一人。友人からはよく「化粧してるのかよくわかんないね(笑)」と言われることもしばしば…。

せめて、まつげがハッキリ上がってくれればな~と思い、色んなビューラーを試してきました。

今回はおすすめのビューラーのタイプと使い方をご紹介します。

日本人女性の目の形にフィットする…というようなビューラーがいくつか販売されているので、そういったタイプのものがおすすめです!

はじめて使った時に「え?こんなに変わるの!?」と驚きました。目の形やまぶたの厚みは人によってそれぞれなので、きちんと自分の目にフィットし、効果的にまつげを挟めるものを選ぶのが重要です。

私は資生堂の愛ラッシュカーラーを愛用しています。エクセルのビューラーも同じくらい使いやすいのでご自身に合うものを探してみてくださいね。

ビューラーの使い方も大切!

目の形にフィットするビューラーを用意したら、使い方にも注意してみてください。

顎を少し上げてビューラーを当てるのがポイントです。

一重さんは、まつげの根元から直角に強めに当てましょう。まぶたが被ってしまう根元を立ち上げることでまつげがかなり上がります。目じりが上手く上がらないのであれば、目じり専用のビュ―ラーもおすすめです。

奥二重さんは、まつげの根元は優しく挟む程度にして、まぶたが被っていない中央や毛先をしっかり上げることでうまくまつげを上げることができます。

どちらも、力が入りすぎていたり、ビューラー本体が劣化していると切れ毛などのトラブルを起こしますので注意しましょう。

どうすればまつげを上げて魅力的な目元になれるか…と考えたときに、「パッチリアイメイクをしている人のまねをすればいい!」ともともと二重でパッチリした目のお友達が使っているのをマネしたりしていました。が、当然私の目とタイプが違うので、全然効果が出ず「おかしいな~」と首を捻るばかり。

ですが、自分の目にフィットするビューラーに出会ってからは劇的に変えることができました!たまに上げすぎで気持ち悪いかも?と思うことも(笑)お洋服や靴と一緒で、メイク道具も自分の体に合うものが良いんだな~ということを改めて感じました。

私はアイプチしてもすぐ一重に戻てってしまうかなりガンコな一重の持ち主ですが、ビューラーを変えただけでかなり変わることができました。まつげが思うように上がらない…とお悩みであれば、ぜひビューラーを変えることを検討してみてくださいね。

使ってみよう!理想のカールを作る作るおすすめビューラー

メイクアップ時のビューラーの効果は、ビューラーを使う事で下がったまつ毛を自然な状態で上向きにしてくれる所です。その状態をマスカラでキープする事で目元が大きくなりメイクアップが一層華やぎます。

アイメイクをしない日、ビューラーだけを使っても顔の印象が随分変わる大切なアイテムです。しかし正しい使い方をしないとまつ毛が切れてしまったり負担をかけて痛めてしまう原因になります。

正しく使えば美しいセパレートのまつ毛を手に入れることができ、後から塗るマスカラも楽になります。

第1位 エクセルのスプリングパワーカーラーN

スプリングが入っているので無駄な力が入らずまつ毛に優しいビューラーです。バネの効果でテクニックいらずで根元からきっちり綺麗にカールしたまつ毛に仕上がるので時間がない朝に大活躍します。

まず1つ目のビューラーは、エクセルの「スプリングパワーカーラーN」です。この「スプリングパワーカーラーN」のビューラーは、ビューラーと言えば!というくらい有名で人気のある商品です。

形は持ち手の部分がゴールドで出来ていて、普通のスタンダードなビューラーとは少し違っていて変わっているデザインをしています。このゴールドの持ち手の部分が、意外と持ちやすく使いやすいです。

そして肝心のカール力も抜群で、まつ毛に挟んでワンプッシュツープッシュすると、まつ毛が綺麗に上がってカールされます。変にまつ毛が上がり過ぎることも無く、まつ毛が全然上がらないということも無いです。とても使いやすくまつ毛を綺麗に上げることが出来るビューラーです。

間違って瞼も挟んでしまった!ということもほとんど無いので、痛い思いをせずに安心して使うことが出来ます。

それからこのビューラーはまつ毛も抜けにくいです。ビューラーに付いているゴムも半透明なので、そこも普通のビューラーとは違い何となくお洒落で良いです。お値段も1個800円で1千円しないので、買いやすいです。この「スプリングパワーカーラーN」は、私が1番目におすすめしたいビューラーです。

<<エクセルのAmazon公式ショップ>>

第2位 資生堂のアイラッシュカーラー

日本人の彫りに合わせた形状なので1つは持っておきたい基本のビューラーです。ゴムの硬さも柔らか過ぎないので太めのまつ毛でも綺麗にカールします。替えゴムが手軽にドラッグストアで買えるのもポイントです。長年使っていますが全く壊れないので耐久性もとても優れています。

そして2つ目のビューラーは、資生堂の「アイラッシュカーラー」というビューラーです。

この「アイラッシュカーラー」のビューラーは、有名なコスメ口コミサイトのビューラー部門で口コミランキング第1位に選ばれていて、とても人気のあるビューラーです。

形は普通のスタンダードなビューラーの形をしています。持ちやすくて、まつ毛を挟んでワンプッシュツープッシュすると、まつ毛が綺麗に上がってカールされます。ビューラーに付いている黒いゴムの質が良いので、まつ毛が綺麗に上がるのだと感じました。

先ほど紹介した「スプリングパワーカーラーN」のビューラーと同じように、変にまつ毛が上がり過ぎることも無く、まつ毛が全然上がらないということも無いです。

まつ毛が均一に綺麗に上がりカールされます。力を入れ過ぎてしまうと、まつ毛が抜けてしまうこともあるので、このビューラーを使う時は力加減を抑えめにして使うと良いです。そうすれば、まつ毛が抜けてしまった!ということも無いです。

資生堂から発売されているビューラーなので、質の高いビューラーです。お値段も資生堂の商品なのに意外と安く、1個800円と買いやすいです。

この「アイラッシュカーラー」のビューラーは、私が2番目におすすめしたいビューラーです。今の時代は色々なメーカーからビューラーが発売されているので、どれを使ったら良いのか分からなくなりますが、やはりビューラーは王道のものが一番使いやすくてまつ毛を綺麗にカールさせることが出来ます。なので今回紹介した2つのビューラーを使ってみて欲しいです。

まつげトリートメントと一緒に使うとさらにカール力アップの口コミ

今まで数々のビューラーを使用して来ましたが、一番使いやすくて何年も使用しているのは、資生堂のミニアイリッシュカーラーです。

このビューラーは部分用で、小さい作りになっています。この部分用ビューラーを、まつ毛全体に使う方法が自然にクルっと上がったまつ毛にするコツです。

普通の大きいビューラーを使うと「自分の目の形に合わないなと感じた事はありませんか?」

毛がカクっと角ばったりして。何だか気に入らなくて、二重に使えば使うほど変なまつ毛になってしまったりして。もうそうすると、濡らしても元に戻りにくいし、濡らすと他のアイメイクも取れてしまうし、最悪ですよね。

それに、「まぶたを挟んでしまい、痛い思いをした事はありませんか?」

私は何度もあります。涙が出てくる程痛くて、涙でファンデーションが落ちたりして、朝から嫌な気分になります。朝は時間との戦いですし。

部分用ビューラーを何年も使っていますが、一度もまぶたを挟んだ事はありません。それに、まつ毛の上がり方も調節出来るのでオススメですよ。ポイントを紹介します。

  1. 中央部分だけ挟み、思い切り高く上げる。
  2. 目尻の部分は、横に流れるように挟む。

これだけです。これだけで、元々クルッと上がっている様なまつ毛が作れます。街中で、全体的に人工的で不自然な上がり方をしているまつ毛をしている人がいると、ちょっと気になってしまいます。

まつげトリートメント

そして、このカールを維持するために付けるのがマスカラになりますが、マスカラよりもまつ毛トリートメントの使用をオススメします。

美容液配合のトリートメントは、まつ毛にも良いですし、きちんとカールを維持してもくれます。ベタっと黒いマスカラを付けていると昭和っぽいなと感じてしまうので、使うのなら色の付いたものを、その日の色味に合わせて使うのが良いのではないでしょうか。

まつ毛トリートメントを日々つけていると、本当にまつ毛が伸びて来ますよ。私も最初は半信半疑でしたが、本当に伸びて来るので手放せないアイテムになっています。

それに、毛量も増えて来ている気がしますし、汗を掻いても泣いても、絶対パンダになりません。もう10年近く使用しています。

私が長年使用しているのは、杉本彩さんが使用しているプレミアムアイラッシュエッセンスという商品です。途中、某大手メーカーの1000円くらいの物をドラッグストアで購入した事がありますが、それは全然効かないうえに、寝る時につけていると目が痛くなりました。

まつ毛エクステも良いですが、まつ毛が痛みますよね。それに、エクステが原因の感染症などの話題も聞くと怖くなります。何しろ、新しくまつ毛が生えてきてしまったら終わりですし。

マスカラなしで、透明のトリートメントだけだと少し物足りないな、という時は、つけまつ毛をカットして部分的に使うとゴージャスになりますよ。

トリートメントが効いてまつ毛が生えて来たら必要ないと思いますが、気合を入れたい時には、つけまつ毛を小さくスライスする様にカットして、目尻のまつ毛に合う長さの部分を付けると自然なので、つけまつ毛している事にも気付かれません。

私は、つけまつ毛の中央部分だけを目尻に使っています。これも、全体をそのまま使って付けていると人工的ですよね。

以上、自然にまつ毛がゴージャスに見える方法を紹介しましたがいかがでしたか。
トリートメントは効果が出るまでに時間がかかるので、すぐに使える方法ではありませんが、就寝時にも使えるので、夜だけ使うだけでもオススメします。

<<Amazon>>

<<楽天>>

 

ネット上の口コミ

<<資生堂のAmazon公式ショップ>>

第3位 シュウウエムラのアイラッシュカーラー

何度も挟まなくても一度で簡単に綺麗なカーブを作ってくれます。

ゴムが硬めなのでしっかりまつ毛を上げたい人に向いているビューラーです。ビューラーが苦手な人でもとても使いやすいですよ。

<<Amazon>>

第4位 マキアージュのエッジフリーアイラッシュカーラー

かなり浅めのカーブなので目尻などの細かい部分も綺麗にカールすることが出来ます。

根元ギリギリも全体を掴んでくれるので一度でしっかりカールします。見た目は黒でスタイリッシュなところも気分が上がりますよ。

<<Amazon>>

第5位 無印良品のアイラッシュカーラー

500円代とかなりのプチプラなのにいい仕事をしてくれます。

こちらも何年使っても落としても歪むこともなく壊れません。

持ち手が小さめなので旅行の時などに便利です。

ゴムが固めなのでしっかりカールが好みの人も満足の仕上がりになりますよ。

携帯用アイラッシュカーラーが話題です。

<<Amazon>>

第6位 マリーククヮントのアイラッシュカーラー

ご紹介する中では一番カーブが緩やかです。

資生堂でもカーブがキツくて合わない人、一重まぶたや彫りが浅めの人にはとてもおすすめですよ。

柔らか目のゴムでナチュラルに仕上がります。

ビューラー自体が軽くて指に負担がなく持ちやすいですよ。

<<Amazon>>

まとめ

毎日欠かせないコスメアイテムと言えばビューラーです。お人形の様にクルンと綺麗にカールしたまつ毛はみんなの憧れです。しかしなかなか上手くカールしなかったり、目の形に合ったビューラーを見つけられなかったり、カクカクと曲がってしまったり、なかなかテクニックのいるアイテムでもあります。

ビューラー選びに困っている人へ、日本人の目のカーブに合ったビューラーをご紹介しました。

正しい使い方は、

  1. 目を半分閉じたら鏡を顔の下へ持ってきます。
  2. 根元ギリギリまでまつ毛全体を挟みます。この時ビューラーがどうしてもカーブに合わない時は目尻を持ち上げて挟むと上手くいきますよ。
    根元は強めに、まつ毛を指先でセパレートさせて整えながら挟み3秒キープ、次に毛先に向けて半分ずらしたら角度を上向きにしながら先程よりも半分の力でまた3秒キープします。
  3. 最後は毛先、最初の3分の1程度の弱い力で3秒キープしてフィニッシュです。

ビューラーを上に引っ張って上げてしまいがちですが、まつ毛はとても刺激に弱いので挟んでキープを繰り返すのがコツです。

もう一つ大事なポイント、ビューラーのゴムはこまめに取り替えてください。

ゴムの劣化した隙間にまつ毛が挟まれてしまいカクカクまつ毛や抜け毛の原因になります。

下まつ毛にはテクニックいらずのホットビューラーがおすすめ、マスカラ後にホットビューラーを当てると短くて普通のビューラーでは挟みにくい下まつ毛もあっという間に綺麗にカールしてくれますよ。

以上、いかがでしたか?

ビューラーは形が様々、カーブに合ったものを使うと驚くほど簡単にカールすることが出来ます。ブランドや値段に左右されず目の形に合ったものを選ぶと長年買い替え不要の息の長い相棒になりますよ。

関連記事:

【効果があると口コミ評価が高い!】おすすめまつ毛美容液ランキング2018

【安い!取れない!つけまのりはこれ】つけまつ毛接着剤はディーアップで決まり

まだビューラー派?マツエクで長いまつ毛に!カールの種類や口コミなど

【歯間ブラシにマスカラを付ける塗り方が良い!】まつ毛を簡単に上手に塗ることができます

一重がつけまつげで二重にするおすすめの方法!メイクのポイントも紹介します

スポンサーリンク