まつ毛にボリュームを出したい女性におすすめの眉マスカラ

顔のイメージを多きく左右する「眉毛」。

今日なりたい顔のイメージにあわせて、眉毛の描き方も使い分けちゃいましょう!

今回は、キュート顔、美人顔、それぞれに合わせた眉毛の描き方とおすすめの眉マスカラを紹介していきます。

「あなたは毎日眉毛の描き方を変えていますか?」

リップやアイシャドウは色や塗り方を変えていても、眉毛はワンパターンという人も多いのではないでしょうか。

例えば、メイクは可愛い系なのに眉毛だけ美人系にしてしまうと、眉毛だけ浮いてしまってもったいないですよね。リップやアイメイクに合わせて、眉毛の描き方を変えるだけで、一気に垢抜けますよ!

キュート系のメイク、美人系のメイク、それぞれに合わせた簡単な眉毛の描き方をご提案していきますね。使うアイテムは、アイブロウパウダー、アイブロウペンシル、眉マスカラの3点です。

キュート顔&美人顔、眉毛の描き方をご紹介

①キュート顔メイクに合わせたふんわり眉

顔をキュートに見せるには、ふんわり眉が鉄則です。

アイブロウパウダーを中心に使います。

まず、眉毛の形に沿って、眉尻から少しずつパウダーを乗せていきます。このとき、パウダーを眉尻にはしっかりと、眉頭に向かって薄く乗せていくのがポイントです。

眉尻~眉頭に向かって、色の濃さをグラデーションにすることで、今っぽい眉になりますよ。眉毛が薄い人は、眉尻にだけアイブロウペンシルを使ってもかまいません。

ただし、眉尻は短めに仕上げた方がカジュアル感が出て、可愛く見えますよ。仕上げに眉マスカラをさっと塗りましょう。

②美人顔メイクに合わせたしっかり眉

美人顔に近づけるためには、眉毛はある程度しっかりと描くことが重要です。

まず、アイブロウペンシルを使って、眉頭を除いた眉毛の輪郭を描いていきます。このとき、眉が細くなると古い雰囲気になってしまうので、ある程度太さが出るように眉の形を調整していきます。

ペンシルで輪郭を描いたら、アイブロウパウダーで輪郭の中を埋めるように描いていきます。このとき眉頭を濃く描いてしまうと眉の印象が強くなってしまいます。

眉頭は濃くならないように気を付けましょう。仕上げに眉マスカラを塗って完成です。

先にペンシルを使って眉の輪郭を作ることで、理想の眉の形をつくりやすくなるので、眉メイクが苦手な人でも描きやすいはずですよ。

眉マスカラを塗るときのポイント

眉マスカラを塗るときは、2段階にわけるときれいに塗ることができます。

  1. まず初めに、眉毛の毛流れに逆らって眉マスカラを塗ります。こうすることで、ムラなく眉マスカラを塗ることができます。
  2. 次に、眉毛の流れに沿って眉マスカラを塗ります。毛流れが整い、きれいな眉毛に仕上がりますよ。

眉マスカラは、髪色より少し明るい色を選ぶようにすると、垢抜けた雰囲気になるのでおすすめです。

眉毛の描き方を変えるだけで、顔の印象ががらっと変わります。今日の予定や気分に合わせてメイクを変える人が多いと思いますが、メイクに合わせて眉毛の描き方も変えてみましょう。より自分のなりたいイメージに近づけること間違えなしですよ。

おすすめの眉マスカラ

第4位 ヘビーローテーションのエクストラボリュームマスカラ

マスカラを塗るとダマになってしまう、1本1本がきれいに仕上がらない、こんな経験がありませんか。ダマになってひじきのようなまつげになってしまうことも。

ダマの悩みを抱えている方におすすめが「ヘビーローテーションのエクストラボリュームマスカラ」です。ダマを防ぎながらまつげにボリュームを与えます。

おすすめポイント

ボリュームタイプのマスカラはダマになることがあります。バサバサと重たい印象のまつげになってしまうし、1本1本のまつげが美しく仕上がりません。

エクストラボリュームマスカラは、ボリュームを与えるけれどダマになりにくいマスカラです。ボリュームポリマーを配合することで、ダマにならずにボリュームアップを実現しました。

さらに、カールを持続させる働きも。カールポリマーが皮膜を形成してカールを長時間持続させます。

皮脂、汗、涙でにじみにくいのにお湯で落とせるタイプです。洗浄力の高いクレンジングによるまつげへの負担が軽減します。パンテノール、アミノ酸系トリートメント成分を配合。まつげに潤いを与えて、メイクしながらまつげケアに。

カラーはリッチブラックです。

使い方

カールを作る場合は、あらかじめビューラーでカールを作っておくことをおすすめします。まつげの根元、中央、先端の3か所にビューラーを使います。

ブラシにマスカラ液を含ませ、ティッシュで余分なマスカラ液を落とします。容器の中で液だまりを落とすとマスカラが乾いてダマになる原因になるので、余分なマスカラ液はティッシュで落としましょう。

まつげの根元にブラシを押し当ててまつげを持ち上げるようにしながら先端に向かって塗布します。目尻や目頭はブラシを縦に持つと塗りやすくなります。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ダイヤモンドカットしたようなカクッとしたデザインのパッケージです。コームではなくブラシなので塗りやすいです。濃い黒でしっかり色がつきました。私のまつげは非常に寂しくて自まつげで外出することがほとんどないのですが、ひと塗りで伸びるしボリュームが生まれました。これには驚きました。薄い付けまつげを使ったような仕上がりで、これならつけまつげなしでも外出できそうです。そして、1日中にじまず、カールが続きました。
  • ボリュームと長さに満足しています。ダマにならずに短時間でメイクできてボリュームが生まれて、忙しい朝に使いやすいです。崩れにくいようにも感じます。また、カール力も十分満足でき、1日経っても少し下がったかな程度でした。コンパクトサイズの容器でポーチに入れても邪魔にならず、持ち運びに重宝しそうです。お湯で落とせるところも助かります。
  • ボリュームマスカラはダマになるものが多いのですが、このマスカラはきれいにセパレイトされつつ、長さを出してくれて感動しました。お湯で落とせるマスカラにありがちなカールが下がるということはなく、にじむこともありません。朝塗ったときのような状態が長時間続きます。

ボリュームマスカラでダマになってしまうことがありませんか。そんなときに、ヘビーローテーションのエクストラボリュームマスカラがおすすめです。

マスカラがダマになる悩みを抱えている方をサポートします。ボリュームを与えてつけまつげなしでもよいようなまつげに仕上げます。

<<Amazon>>

第3位 DHCのボリュームアップマスカラEX

まつげの3大悩みといわれているものが細い・少ない・ハリやコシがない。この3つの悩みにアプローチ、ボリュームアップ・カールキープ・ウォータープルーフ・トリートメントの4つの機能を備えたマスカラが「DHCのボリュームアップマスカラEX」です。

マスカラだけで目元の印象は変わります。

4つの機能

DHCのボリュームアップマスカラEXは、ボリュームアップ・カールキープ・ウォータープルーフ・トリートメントの4つの機能を備えたマスカラです。

マスカラ液にはボリュームアップ成分がたっぷりと含まれています。液含みがよくまつげ1本1本に塗布できるブラシを採用。この組み合わせによってまつげのボリュームがアップ。最大588%ボリュームアップを実現しました。

カールを固定させるカールフィックスポリマーを配合。上向きカールまつげをキープ。最長12時間カールが持続します。

汗や涙に強いウォータープルーフ。にじみから徹底的に守ります。最長12時間つけたてのような美しさを持続させます。

3つのトリートメント成分、パンテノール・シルクプロテイン・オリーブバージンオイルを配合。まつげの傷みを補修・保湿し、使うほどにハリ・コシ・潤いのあるまつげに近づくことが期待できます。

ブラシはカーブタイプで目のキワにもフィット。まつげを根元から持ち上げます。カラーはブラックです。

使い方

ビューラーでまつげをカールさせます。汚れたビューラーを使うとまつげに汚れが付着し、マスカラがきれいに付着しなくなるので、清潔なビューラーを使用してください。

マスカラ液をブラシに含ませて、まつげの根元から先端に向かって持ち上げるように塗布します。落とすときには専用のリムーバーを使用してください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ブラシが固すぎないので塗りやすく均一にまつげに塗布できます。1日中カールがキープされるし、パリパリにならないところが好きです。近所に買い物に行くときでも、きちんとメイクをしている感じが出るので便利です。いろいろなマスカラを使ったけれど、これが一番のお気に入りになりました。
  • 安いから失敗してもいいやと思って購入をしたのですが、思っていた以上の商品です。ひと塗りでまつげにボリュームが生まれます。面倒くさがりで一度しか塗っていないのですが、手持ちの他のマスカラを二度塗りしたときに匹敵するような仕上がりです。安いマスカラを使うといつも真っ黒になるのですが、これは夜まで落ちませんでした。よい意味で裏切られました。
  • ダマにならない、パンダ目にならない、カールが下がらない、理想のまつげを実現してくれるマスカラです。特にカールがキープするところが気に入っています。ブラシは1本1本コーティングしてくれる感じで塗りやすいです。自然な大きな目に仕上げてくれました。お手頃価格なこともうれしいです。

ボリュームアップ・カールキープ・ウォータープルーフ・トリートメントの4つの機能が1つになったマスカラが、DHCのボリュームアップマスカラEXです。まつげが細い、カールが下がる、にじむ、傷んだまつげに悩んでいる方におすすめです。

目力のあるメイクに仕上げてみませんか。

<<Amazon>>

第2位 カリプソのフェザーマスカラボリューム

まつげにボリュームも長さも欲しい方におすすめのマスカラが「カリプソのフェザーマスカラ ボリューム」です。フェザーをモチーフにしたマスカラが、羽のようなふさふさボリューム&ロングまつげに導きます。

ボリュームと長さを演出する秘密

ボリュームと長さをまつげに出すためには、マスカラ液をしっかりとまつげに絡めることが重要です。しっかり絡めるために使うものがブラシです。

フェザーマスカラボリュームは、先端に向かうほど細い形状をした先細円錐ブラシを採用しています。

塗りにくい目頭、目尻、下まつげの細い毛もキャッチします。緩やかにカーブをしたブラシが目のカーブにフィットをします。繊細なファイバーがまつげに絡まり、羽のような軽いセパレイト感でまつげをきれいに仕上げます。重ねてもダマになりにくい仕上がりです。

ミツロウ、ウメ果実エキス、オタネニンジン根エキス、グリセリンなど11種類の美容成分を配合。メイクしながらまつげケアもできます。

汗、皮脂、涙に強いウォーターレジスタント処方できれいを持続させます。汗や皮脂には強くてもクレンジング不要でお湯で簡単オフ。クレンジングによるまつげへの負担が軽減します。

使い方

マスカラ液をブラシに適量含ませます。ブラシをまつげの根元からしっかりと当てて、まつげの先端に向かって塗ります。

カールをさせる場合は、マスカラを塗る前にビューラーを使用します。まつげの根元、中間、先端の3か所にビューラーを当てます。ビューらが汚れているとまつげに汚れが付着をして、マスカラ液がまつげに絡まりにくくなるので、ビューラーは常に清潔にしてください。

口コミ

口コミには以下のような声がありました。

  • ゆるくカーブをしていて先端ほど細きなっているブラシです。先端の細い部分を使うと細かい部分に塗りやすいです。ブラシのカーブが目のカーブにピッタリとして、まつげの根元から塗れました。繊維が入っているのですが、塗っていて繊維がまつげから飛び出すことがなく、マスカラがムラなくつきます。一度でボリュームを出すことができてダマにならず、重ねてもごわごわしません。ふんわり軽くてきれいなまつげです。
  • ボリュームというからにはコームに繊維がびっちりついているのかなと思ったのですが、案外普通でした。塗ってみるとまつげが今までと違います。バサーっと繊維を絡めたようなボリュームではないのに、しっかりパッチリした目元です。まつげの根元からボリュームを出してくれました。無理のない仕上がりです。
  • 塗りやすいブラシで一度塗るとボリュームがでます。繊細なファイバーが入っていて、ブラシの部分にぎっちりついていることがわかります。ブラシの長さや曲線がちょうどよく、目頭や下まつげにも塗りやすいです。もとが短くてスカスカまつげですが、二度塗りでボリュームのあるまつげに。1日中キープされていて、パンダ目になりません。

まつげにふさふさなボリュームと長さが欲しい方におすすめが、カリプソのフェザーマスカラボリュームです。

先細円錐ブラシが目頭、目尻、下まつげもキャッチし、繊維を絡ませてボリュームと長さのあるまつげに仕上げます。ウォータレジスタンス処方できれいも長続きします。

<<Amazon>>

第1位 メイベリンニューヨークのボリュームエクスプレスマグナムビッグショット

まつげにボリュームが生まれると目元がくっきりとした印象に。目元の印象が変わります。

まつげにボリュームを出したい方におすすめが「メイベリンニューヨークのボリュームエクスプレスマグナムビッグショット」です。ひと塗りでボリュームアップ、くっきり束感のあるまつげに仕上げます。

3つのおすすめポイント

①ビッグショットブラシ

まつげにボリュームを出すために、何度も重ね塗りをした経験がありませんか。急いでいるときは面倒ですよね。

ボリュームエクスプレスマグナムビッグショットのブラシは、先端は細く、中央はやや面が広くなっています。断面を見ると広い面と細い面があることがわかります。

面が広いのでマスカラ液をたっぷりと含ませることができ、ひと塗りでボリュームのあるまつげに。

細い面でまつげの根元から持ち上げるように使えば、カールしたまつげに。

ダマになりにくい毛足の短いブラシです。ボリュームを与えつつも、セパレートした美しいまつげを演出します。

②まつげをふっくら見せる

水溶性コラーゲン配合のまつげをふっくらと見せる独自のフォーミュラです。ダマなくふっくらみせて、くっきりボリューム感を演出します。

③にじみにくい

長時間にじみにくいマスカラです。パンダ目を防ぎます。にじみにくいのにフィルムタイプなのでお湯で落とせます。お湯で落とせばまつげの負担が軽減します。

カラーはブラックです。

使い方

ブラシにマスカラ液を含ませて、まつげを押し上げながら塗ります。ブラシの細い面でとかすように塗ると、ダマにならずセパレートされたまつげに。下まつげも同じように塗れば、くっきりとしたまつげに仕上がります。

口コミ

その他の口コミには以下のような声がありました。

  • ブラシが大きいのでマスカラ液をたっぷり含ませることができて、2~3塗りでまつげにボリュームが生まれました。ボリューム感に満足しています。漆黒の黒なのでデカ目効果があります。お湯で落とせるので楽チンです。いつもよりも目をパッチリさせたいとき、盛りたいときに使っています。
  • まつげが長くてそれなりに量もあるので、口コミでよいとされるマスカラを使ってもまつげが下がってきてしまいます。あきらめていたときにこのマスカラと出会いました。こちらは持ちがよくて下がってこないし、ダマになりません。もうこれ以外使えません。
  • もう4本ほどリピートしています。パッケージは印象的なデザインで、金色なので高級感もあります。朝にビューラーでカールを作ってから塗ると、よりまでカールが持続しています。ボリュームもあって、つけまつげがなくても満足したボリュームになりました。お湯で落とせるフィルムタイプですが、しっかり塗っているのでクレンジングを使用しています。

まつげが寂しい、もっとボリュームがあったらなと思うことがありませんか。そんな方には、メイベリンニューヨークのボリュームエクスプレスマグナムビッグショットがおすすめです。

独自のブラシはマスカラ液をたっぷりと含み、ひと塗りでボリュームをアップ。ブラシの細い面を使うとダマにならずにセパレートされた仕上がりに。

ボリュームのあるまつげに仕上げて目元を演出してみませんか。

<<Amazon>>

関連記事:

【眉毛のアートメイクってどうなの】期間・メンテナンス・失敗は?

今年流行り(トレンド)眉毛はハンサム眉!書き方やメイクのコツ

美しい眉毛を作るお手入れ方法と書き方・アイブロウメイクのやり方

【美しい眉毛を作る眉メイクのやり方】コンシーラーを使った意外なメイク方法とは

おすすめパウダーアイブロウと人気のプチプラアイブロウペンシルで自然な眉毛に!

眉毛にクリアマスカラ!?プチプラではセザンヌが人気!口コミや使い方は?

スポンサーリンク