【ハイドロキノンのシミ効果を実感】おすすめハイドロキノンクリームと使い方

鏡を見て、最近シミが増えてきたなと感じたら、メイクを厚く塗るようになります。

しかし、厚塗りしてるだけでは何の解決にも繋がりませんし、濃いメイクは毛穴に汚れがつまりやすく、さらに汚肌の原因となってしまいます。気になるお肌のトラブルは隠すだけではなく、直接お肌に働きかけてトラブルを解決し、綺麗にしたいですよね。

ここでは、そんなお肌について悩みをお持ちの女性に向けて、効果的なクリームをご紹介します。少しでも参考になればと思います。

レーザー以外の方法でも、シミを取ることができる!

シミ取りの場合、特に皮膚科での治療方法となるとレーザー治療が主な方法となっています。しかし、このレーザー治療の場合、痛みや肌に与える悪影響などが気になり、なかなか、踏み出す事ができないと言う人も少なくありません。

そんな皮膚科で行うシミ取りですが、実は、薬を使った方法もあり、レーザー治療に抵抗のある人には、お勧めの方法です。

薬を使ったシミ取りの効果

人によっては、レーザー治療よりも薬の方が効果を実感する事ができる場合もあると言われています。レーザー治療とは違い、皮膚科で処方してもらう薬を塗ったり、飲んだりする事で、少しずつシミを取る事ができる治療方法。レーザー治療のように1回、2回の治療で取りきる事は出来ませんが、使い続ける事で、シミを除去する事が可能になってきます。

薬を使ったシミ取りの方法

皮膚科で処方してもらえる薬は、主に塗り薬のハイドロキノン軟膏とトレチノイン軟膏。場合によっては、内服薬としてビタミンC誘導体やビタミンE、L-システインやトランサミンの処方もあります。

どれをどの程度処方されるかは人によって異なる為、医師の診察が必要となります。

まず、外用薬のハイドロキノン軟膏の場合、一般的なシミ取り薬にも多少、配合されているものの、処方されるハイドロキノン軟膏の場合、非常に高い濃度となっています。その為、ハイドロキノン軟膏の効能である漂白効果も非常に高く、シミを漂白し取り除く事が可能になっています。

また、同じく外用薬のトレチノイン軟膏においては、肌のターンオーバーを改善させるために欠かす事ができない薬となっており、この2つを併用することでシミ取りを行う事が可能になっています。

これらの使用頻度などにおいては、必ず医師の指示を守り使用する事が大切となります。

実際、同じ皮膚科でのシミ取り治療でもレーザー治療ではなく、薬を使った方法を選んだ人の感想としては、「レーザー治療に比べ、数か月と言った時間がかかって大変だった。」と言う声が多くなっています。

しかし、治療期間が必要なものの一定の効果はあるようで「半年ほど、薬を塗り続ける事で、シミがわからない程度に消えた!」と言う声が多くなっています。基本的に1クール3か月ほどとなっている為、2クール治療を行うことで効果を得る事が可能になります。

以上が同じ皮膚科でのシミ取りでも、レーザー治療ではなく薬を使った治療方法となります。市販のシミ取り薬では、ほとんど期待通りの効果を得る事ができないシミ取り。しかし、皮膚科で処方される薬の場合、濃度が高く、シミ取りの効果を得る事は可能となります。ただし、濃度が高い分、使用方法に注意が必要となる為、医師の指示を必ず守って使用する事が大切です。それを守らない場合、肌荒れなどの副作用の危険性が非常に高くなってしまいます。

ハイドロキノンでシミを撃退しましょう!

人それぞれ様々な肌悩みがありますが、その中でもシミに悩んでいる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

世の中にはたくさんのホワイトニング化粧品が販売されていますが、ホワイトニング化粧品の多くは、紫外線を浴びてしまった後メラニンがシミへと変化するのを防ぐ効果はあるものの、実はすでにできてしまったシミやソバカスを薄くしたり消す効果は持ち合わせていないのです。

いくら値段が高い化粧品を使用していても、肝心のシミを消す効果がなければ意味がありませんね。しかし、すでにできてしまったシミに効果がある成分が存在しないわけではありません。

最近、美容愛好家や化粧品メーカーから大注目されている、シミを薄くしたり、消したりしてくれる効果のある成分があります。

それが、「ハイドロキノン」という成分です。

今回はこのハイドロキノンについてご紹介したいと思います。

ハイドロキノンの効果

先ほどもお話しましたように、ハイドロキノンには、シミを薄くしたり、消したりしてくれる効果があり、「肌の漂白剤」と呼ばれることもあります。

ハイドロキノンは主にクリームに配合されており、ハイドロキノンクリームという形で販売されていることが多いです。最初はごく一部のサロンや医院でしか手に入らなかったのですが、最近では扱うメーカーも増え、以前よりは手に入れやすくなりました。インターネットでも販売されており、気軽に手に入れることができます。ハイドロキノンクリームをシミが気になる箇所へ塗りこむことで、シミが徐々に薄くなっていき、最終的には目立たなくなるのです。

ハイドロキノンの使用方法

ハイドロキノンクリームは、一般的には、化粧水のあとに使用するだけで良いとされています。しかし、折角使用するならば、より効果を得られるように、ひと手間かけてお手入れすることをお勧すすめします。

洗顔後、化粧水をつけた後、シミに対してこんもりとするくらいハイドロキノンクリームを乗せましょう。そして、パックをするように暫く放置し、数分経ったのち、お肌の中へと塗りこみましょう。これだけで、ハイドロキノンがシミへ働きかけてくれる効果が高まります。

ハイドロキノンに刺激を感じない方でしたら、その後、乳液やその他のクリームを塗り、更にハイドロキノンクリームをシミ部分に重ね塗りします。そうすれば、時間差でハイドロキノンが肌に浸透し続け、シミへのアプローチが長く続きます。ハイドロキノンをきちんとシミへと届けることがポイントです。

ハイドロキノンを使用する際の注意点!

ハイドロキノンクリームはメーカーによって配合されている濃度が様々です。

先ほどお話したように、ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも言われています。それほどハイドロキノンは効き目が強い成分ですので、あまりにも高濃度だと肌への刺激になってしまうことがあります。だいたい、1~4パーセントのものが多いのですが、不安ならば、低い濃度から使用をはじめることをおすすめしますまた、主にシミのある部分にだけスポット使いで塗布しましょう。

さらに、ハイドロキノンは紫外線を浴びると赤くなったり、かえってシミができやすくなったりするため、ハイドロキノンを使用する場合は、必ず日焼け止めを塗ることが大切です。ハイドロキノンは、ずっと使用していると肌が慣れ、効き目が弱くなってしまいます。2ヶ月使用した後は使用を一旦止め、1ヶ月休ませ、また2ヶ月使用する・・・を繰り返すのが良いでしょう。

こう見てみると、ハイドロキノンはかなり扱いにくい成分であるように思えるかもしれません。しかし、とても効果のある成分ですので、シミに悩んでいる方は使ってみる価値は必ずあります。

以上、シミを薄くしたり、消してくれる効果がある「ハイドロキノン」についてご紹介しました。ハイドロキノンはシミに対する最終兵器です。使用する際の注意点が多く、使い方も特徴的であるため、少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れればいつものお手入れに簡単に取り入れることができます。ハイドロキノンは、シミに悩んでいらっしゃる方の救世主になってくれることと思います。長年の悩みとお別れするため、ハイドロキノンを使いこなしてシミを徹底的にやっつけましょう!

以下、2017年大人気の2つのおすすめバイドロキノンクリームを紹介します。

  1. アンプルールのバイドロキノンクリーム
  2. プラスナノHQのバイドロキノンクリーム

の順です。

1.アンプルールのラグジュアリーホワイト「ハイドロキノンクリーム」がおすすめ!

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%bc%e3%83%a6%e3%80%80%e5%8a%b9%e8%83%bd

美しく白い肌を作るために具体的に何から始めれば良いのか?と言うと、

シミやそばかすを目立たなくするには、ハイドロキノン配合の美白クリームを、シミやニキビ跡に直接塗って、色素沈着を薄くしていくことが最も効果的とされています。

「肌の漂白剤」と謳われるほど、美白効果のあるハイドロキノン。

このハイドロキノン、実は、

  • イチゴ
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ブルーベリー

などの食べ物に含まれている成分なのです。

ハイドロキノンの美白力とは?

日本でハイドロキンの美白効果が知られ始めたのはここ最近の話ですが、海外では昔からシミやそばかすの治療薬として使われてきました。特に、アメリカではシミ・そばかすの治療といえばハイドロキノンというくらい一般的に知られており、ポピュラーな存在です。

日本では2001年まで薬事法により、医師以外は取り扱うことができなかったため、普及していませんでした。

日本では効果が強力なので、2001年の薬事法改正(ちなみに現在の薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」という長い名称に変わっています)まで医師の処方箋が必要で、化粧品に使うことはできませんでした。

どのくらい強い効果を発揮するのかと言うと、シミの予防成分として有名な

  • ビタミンCの約10倍、
  • βアルブチンの約100倍

もの含有量があります。

「なぜ他の成分よりもハイドロキノンは美白力が強いのか?」

⇒その理由は、「シミに直接働きかけるから」です。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンそのものを減らしてくれる効果があり、また、メラニンの生成を抑制する効果もあります。そのため、シミの除去の他、抑制するためにも使用する事ができるのです。

その作用は、シミ専用の消しゴムと例えられる程に、シミを消す力が抜群なのです。

また、ハイドロキノンの効果が発揮される症状としては、シミそばかすをはじめとし、茶色っぽくて、ぼんやりとしたシミである肝斑や年齢肌に表れやすい老人性色素斑などにも効きます。さらにニキビ跡や傷跡などから色素沈着してしまった炎症後色素沈着などにも効果的と言われています。

逆に効果があまり期待できない症状は、

  • 太田母斑
  • ほくろ
  • 生まれ持った大きなシミ
  • イボのシミ

などが挙げられています。

ハイドロキノンモノベンジルエーテルとは違います!

ハイドロキノンとよく間違えられる成分に、ハイドロキノンモノベンジルエーテルがあります。

名前が長すぎますね。わら

実はハイドロキノンモノベンジルエーテルは昔から日本でも使われており、ハイドロキノンと、メラニンの抑制に強い作用があります。

し・か・し!!

色素細胞に対する毒性が非常に強く、肌が真っ白になる不可逆性白斑を引き起こすことがわかり、化粧品への配合が禁止されました。この規制の際に、名前が似ているハイドロキノンも一緒に制限されたことが、日本では最近まであまりポピュラーになっていなかった大きな理由です。

念のために言いますが、ハイドロキノンには白斑の副作用はありません。

効果が表れるまでの期間は?

ハイドロキノンの強さと評判から「つけた次の日には肌がよみがえったように真っ白になる!」など、効果の早さを期待するかもしれませんが、そんなことはありません。

ハイドロキノンの効果が表れるまでの期間は、通常の目安として”2か月”だとされています。肌の状態や肌トラブルの内容により、中には2・3週間で、効果が実感する人もいます。

また皮膚科の治療では、

皮膚科でハイドロキノンを処方し治療を行う場合は、基本的には、2か月から3か月で治療を終了する事が多くなっています。その理由として、皮膚科で処方されるハイドロキノンは、濃度が高く肌への刺激が強い事が理由の一つとしてあげる事ができます。

そのため、皮膚科の医療方法のように、肌への影響を考え、3ヵ月をいったんの目途にして、一度肌を休ませてあげる事が必要となります。

ハイドロキノンは即効性のある成分ではありません。

起床後と就寝前に塗ることを日々継続していくことで、少しずつ肌に効果が表れてくるのです。肌のシミやそばかす、赤みや、皮がむけてきたりなどの肌トラブルを抱えたら、まずハイドロキノンを2ヵ月塗り続けることに専念し、徐々に変化してくる肌と向き合いながら、その後も継続していくかどうか考えるのがベストな選択と言えるでしょう。

「長期戦になりますが、効果のある成分がハイドロキノンです!」

アンプルールのラグジュアリーホワイトの口コミ

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

わずか1,890円でハイドロキノンが試せる!

前述したように2001年に薬事法が改正されて以来、皮膚科でなくても、ハイドロキノンを試すことが可能なのです。

その中でも最近、最も評判になってきているのが、

「アンプルールのラグジュアリーホワイト」

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

皮膚の専門家が開発した美白化粧品で、ハイドロキノンを含んだシリーズとして大人気です。

NHKの「きれいの魔法」という番組に出演している皮膚科医「高瀬聡子さん」が開発したアンプルールのラグジュアリーホワイト。ドクターズコスメの美白系シリーズでは定番の美容商品です。

主成分には、

  • 美白成分のハイドロキノン
  • 整肌成分の2種のビタミンC(水溶性と油溶性)
  • 保湿成分のセレブドロシド酵母エキスヒアルロン酸

が含まれており、透明感のある明るい肌に導く有効成分をたっぷりと配合しています。

ラグジュアリーホワイトにはシミを消す効果だけでなく、シミのできにくい美しい肌にするエイジングケアの効果も期待できます!

ここで紹介するトライアルセットの、

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液ゲル

すべてにハイドロキノンが入っています。

たっぷり7日分のホワイトケアで、自分の肌に合っているかじっくりと試すことができます。

トライアルセット購入後は、勧誘の電話はありません。たったの1,890円でハイドロキノンを試せるアンプルールは貴重です!ラグジュアリーホワイトは是非一度試してもらいたいシリーズです。

  • 集中美容液:3g
  • 化粧水:20ml
  • 薬用美白美容液:8g
  • 美容乳液ゲル:10g

⇒ホームページ:今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白

2.バカ売れ!プラスナノHQのハイドロキノンクリーム

こちらはスキンケアセットではなく、「シミ1点集中ケアクリーム」です。

すでに25万本も売れた人気商品となっています。

<<肌を整える成分にこだわりました!>>

  • ハイドロキノンクリーム4%配合
  • レスベラトロール(ポリフェノールの一種で肌のキメを整え、ツヤを与えます)
  • アスタキサンチン(製品の酸化を防ぎ、長期間上質な状態を保ちます)

使い方は、普段のスキンケア(乳液・クリーム)の後、シミやそばかすが気になる箇所にクリームを乗せるだけ!

⇒公式ホームページ:ハイドロキノン専門店



<<楽天にも公式ショップを展開しています↓>>

 

まとめ:輝く美肌を手に入れて、自信の持てる自分に生まれ変わる

お腹の冷え 症状 対策

顔にシミやそばかすが出来ていたりなど、何らかのトラブルを抱えていると、どうしても自分に自信が持てなくなります。そうなると、少しづつ人と関わるのがい嫌になったり、下を向きがちな生活を送るようになってしまいます。

他人から見られたくない、という気持ちが働いてしまい、恋や仕事も上手くいかなくなってしまいます。

しかし、美肌のために肌ケアの方法を変えたり、生活習慣を変える等の努力する事で、効果は少しづつ表れますし、確実に自分のお肌にも自信が持てるようになってきます。

他人に1番よく見られる顔にトラブルが少ないと、人と話していても、人から見られても、常に堂々としていられますし、そんな自信に満ち溢れたあなたは多くの人をも惹きつけるようになります。

「色白は七難隠す」と言われていますが、それ以上に人間関係にも大きな影響を与えます。

ハイドロキノンクリームはシミの元であるメラニン色素をつくるメラノサイトの働きを抑え、漂白効果を持つクリームです。美白効果には欠かせない成分なのです。

また、肌自体の乱れを整えて、少しづつ肌を肌本来の明るさに戻していくには、ピーリングがオススメです。ピーリングは古くなった角質を取り除き、一緒にメラニンも取り除いてくれます。古い角質が剥がれ落ちると、お肌は柔らかくなり、保湿効果も高まります。

少しづつ正常なターンオーバーに近付ける事で、肌本来の美しさを取り戻していきます。

ハイドロキノンクリームはそばかす肌でさえも効果が実感できると耳にします。そこまで強い効果でなくても、という人には、自分でも出来るピーリングで肌の汚れを取り除いていきます。これだけでも十分肌は白くなっていきますが、少々時間はかかります。一気にピンポイントでシミを取るなら、レーザー治療を行う方法もあります。

美しくて白い肌を作るためには、実際に出来てしまったシミに働きかけていかないと、なかなか白く戻る事はありません。自分でも出来る事を取り入れながら、同時に睡眠や食事にも気を付けながら、体の中から働きかけていきます。

美しいお肌を手に入れて、自信を持った毎日を送りたいですよね。

<<アンプルールのハイドロキノンクリーム>>

今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白

<<プラスナノHQのハイドロキノンクリーム>>

ハイドロキノン専門店



<<楽天にも公式ショップを展開しています↓>>

 


スポンサーリンク