インスタ映えするおすすめメイクは「ドールメイク」アイテムややり方

メイク

インスタ映え確実のドールメイクを紹介します。

インスタ映えしたい女性たちに今最もオススメなのが「ドール風メイク」です。その名の通り人形のような雰囲気のメイクで、主な特徴は、

  • ふさふさのまつげ
  • ぱっちり大きな瞳
  • ぷるんとしたリップ
  • 陶器のような白肌

です。ナチュラルメイクが主流になりつつある最近ですが、敢えてばっちり作り込んだメイクをすることで周りの子と差をつけちゃいましょう!

ドールメイクに必要なコスメとやり方

まず一番最初に手に入れたいのが、陶器肌に見せるためのカバー力が高い下地やファンデーションです。

普通のメイクだと何層も重ねるのはやりすぎに見えますが、ドールを目指すなら下地からしっかりと塗った方がより完成度が高くなります。

カラーコントロール

オススメは肌をワントーン明るくしてくれるカラーコントロールタイプの下地です。

  • 赤みが強い方は、ブルー・ラベンダー・グリーン、
  • 逆にくすみがちな方は、ピンク系のお色を選ぶと肌の色が均一になり、ファンデーションが綺麗に乗ります。

カラーコントロール下地は一見肌に塗るには抵抗を感じる色のものが多いですが、似合う色を適量使えば肌がグッと綺麗に見えます。

⇒参考記事:コントロールカラーの色の効果やおすすめ選び方と人気プチプラブランド

リキッドファンデーション

次にファンデーションですが、陶器肌を目指すならしっかり毛穴を隠しつつツヤ感のあるリキッドファンデーションがオススメです。

色は肌に合う色を選ぶのも大切ですが、白さ優先でワントーン明るく見える色を選ぶとよりドール感がアップして素敵です。

リキッドファンデーションは肌質によって合う合わないがハッキリ出るので、自分に合った商品を探しましょう。

脂性肌の方は油分をコントロールしてくれる機能があるもの、乾燥肌の方は潤いを保ちクレンジングで落としやすいものを選びましょう。

リキッドファンデーションはオイルクレンジングでないと落ちないものが多いですが、乾燥肌の方には油分を削ぎすぎてしまうオイルクレンジングは不向きです。出来るだけマイルドなクレンジングで落ちるリキッドファンデーションを選びましょう。

仕上げにお好みでパウダーをはたいてもいいでしょう。パウダーもカバー力の高いものを選ぶとさらに毛穴レスな肌に近づけます。

⇒参考記事:ツヤとカバー力が完璧!乾燥肌も崩れないプチプラリキッドファンデーション

マスカラとまつげ美容液

次に必要なのは長くふさふさのまつげを実現させるマスカラ&まつげ美容液です。お金に余裕があればまつエクをするのが理想的かつ手っ取り早いですが、自まつ毛でも十分ふさふさにできます。

コツはきちんとビューラーでまつ毛を上げることと、マスカラを塗る前にマスカラ下地を塗ることです。

最近ドラッグストアなど身近な場所でも見かけるようになってきたマスカラ下地ですが、いまいちメリットがわからない方もいらっしゃるのでは?

実はマスカラ下地は単なる下地ではなく、まつ毛をより多く長く見せる「プレマスカラ」的な効果があるのです。下地を塗った直後はあまり変化を感じませんが、マスカラを重ねると違いがよくわかります。是非一度試してみてきさださい。

<<Amazonで一番人気のマスカラ下地>>

<<楽天で一番人気のマスカラ下地>>

 

⇒参考記事:

一番おすすめ!ヒロインメイクの第3のマスカラとは?口コミ

お湯で落ちる!にじまない!おすすめで人気のマスカラブランド

センイ成分不使用のオペラマイラッシュアドバンストマスカラの口コミ

まつ毛が上がる!使いやすい!おすすめのビューラーランキング

30代女性におすすめしたい人気のつけまつげランキング

【安い!取れない!つけまのりはこれ】つけまつ毛接着剤はディーアップで決まり

まだビューラー派?マツエクで長いまつ毛に!カールの種類や口コミなど

【効果があると口コミ評価が高い!】おすすめまつ毛美容液ランキング

アイメイクが落ちない人必見!落ちるアイメイク専用クレンジング

赤シャドウ

この2点を抑えれば十分ドール風になりますが、さらにクオリティを上げるなら挑戦したいのが「赤シャドウ」メイクです。

ここ数年流行の赤シャドウはドールメイクにもばっちり映えます。いつもより大胆に、アイホール全体に広げた後目のキワをブラウンやブラックのシャドウで締めるとぱっちり大きいけどどこかアンニュイなドールアイになります。

いつものメイクにちょっと一工夫するだけで簡単に、インスタ映えするドールフェイスになれます。あなたもアンニュイな可愛さをアピールすればインフルエンサーになれるかも?

⇒参考記事:【誰でも簡単にできるアンニュイメイクの方法】下地、アイメイク、リップがポイント

スポンサーリンク