オイリー肌(脂性肌、テカる肌)のメイクの順番とプチプラファンデ、下地、コンシーラー、フェイスパウダーを紹介

メイク

オイリー肌の皆さん、夏は崩れやすく、冬は乾燥しているのにTゾーンだけテカテカ…そんな風になりがちではないでしょうか?

私も同じくオイリー肌で悩んでおります。最近私はプチプラ研究をしており、その中でマリリンさんの以下の動画↓

を参考にすることで、段々と崩れにくくテカりにくいメイクができるようになってきました。

今回はそんな私の使用しているプチプラで崩れにくい肌作りを紹介致します。

脂性肌にオススメなメイク

ずっと暑い日が続いていますね。この時期に困るのは、顔のテカリだったりしませんか?

朝バッチリメイクをしたのに、夕方にはドロドロになっていたり、ひどい時にはお昼に崩れているなんていうケースも…。こちらでは、そんなお悩みを持つ方にオススメのメイク術をご紹介します。

ステップ①:洗顔とスキンケア

まずはスキンケアからなのですが、ちょっと意外に思われた方もいらっしゃるかもしませんね。実はメイクの中で、この工程がかなり重要なんです。

基礎化粧品でしっかりとお肌を整えてあげると、とってもメイク持ちが良くなります。

まずは洗顔から行いますが、表面についた汚れを落とすことが目的なので、洗顔フォームは使わないで水洗いをします。これでは、肌のベタつきが取れないという方は、洗顔後に収れん化粧水もしくは拭き取り化粧水を使います。

こちらでの注意ポイントは、必ず顔が濡れている状態にすることです。一旦顔を拭いてしまうと、そこから肌の水分が飛びやすくなってしまいます。

また、収れん化粧水や拭き取り化粧水を使用するときは、肌の汚れをとったり、油分を整えてあげる為なので、必ずコットンを使用して下さい。

その際に、ヒタヒタになるくらいにしてあげると肌への負担が少なくなりますよ。

次は普通の化粧水をたっぷりと肌に染み込ませてあげます。この時には、出来れば手を使ってあげると均一に塗り込む事が出来ます。

勿体ないからといって、少量にしがちですが、水分を補ってあげる役目なので、手の平から溢れそうなくらいの量がベストです。少し安めの化粧水を用意すると、気兼ねなくたっぷり使えます。

化粧水を塗り終わったら、美容液と乳液に移ります。

顔がベタつくからと避けがちですが、しっかりと伸ばしてあげると程よいツヤ感が出ますので、欠かせません。

これでスキンケアは終了です。

ステップ②:ファンデーションを使わない私流のメイク方法

いよいよメイクにと移りたいところですが、ここでもポイントが一つあります。

肌に基礎化粧品が馴染むまで待ってあげることです。

すぐにメイクに取り掛かると、テカリの元になりますので気をつけて下さい。

肌に馴染んできたら、まずは下地からです。下地は、皮脂をコントロールしてくれるアイテムを使用します。これは、肌のテカリやすい部分にのみ使用します。気にならない部分に使用すると、返ってトラブルのもとになりやくなってしまいます。

また、同時に赤みやくすみなどが気になっていたら、カラーコントロールも出来るアイテムがオススメです。赤みにはブルーやグリーン・くすみにはピンクやパープルを使用してみて下さい。

下地が終わったら、ファンデーションに移るのですが、基本的に使用しません。

使用するのは、少量のリキッドコンシーラーと、赤いリップかクリームチークを用意して下さい。

使う箇所は目の下、涙目袋の箇所周辺に、赤のリップ・クリームチークを塗った後に、コンシーラーをスポンジで軽く馴染ませてあげるのみです。

他の箇所はパウダーのみで仕上げていきます。

これではカバー出来ないのでは、と不安になるかもしれないのですが、トラブルにあった下地を使用していれば、意外にも目につかなくなります。

この後は、普段通りのお気に入りのメイクをして下さい。

この方法に変えてから、ほとんど化粧直しをしなくて済むようになりました。

いつもパンパンだった化粧ポーチは、リップとパウダーくらいしか必要としていません。

ファンデーションも必要な箇所にしかつけていないので、肌への負担がとても軽くなったと感じています。

ご紹介した内容はいかがでしょうか?

スキンケアをしっかりしてあげる事と、肌トラブルにあった化粧品を選んであげると仕上がりに差が出ます。

まだまだ暑い日が続きますので、気になっている方は是非試してみて下さい♪

オイリー肌(脂性肌、テカる肌)のメイクとコスメのアイテム

①化粧水、乳液

化粧水と乳液は絶対に欠かせません!!

もし抜いている方がいらっしゃいましたら安いもので結構ですので必ず塗り込むようにして下さい。化粧水、乳液をしないと、夏だとベースが整わないので荒れやすく、特にこれから始まる冬には乾燥の原因になります。

私はどちらもロート製薬の「肌ラボ白潤プレミアム」を使用しています。高い基礎化粧品はたくさん使用できず結果肌が荒れるので、私の性格上は安めのものを使用しています。

<<ロート製薬のAmazon公式ショップ>>


関連記事:2018年人気の化粧水をまとめました!

30代,40代の混合肌、脂性肌(オイリー肌)におすすめ化粧水ランキング

②化粧下地

顔全体に塗る化粧下地は花王SOFINAの「Primavista皮脂くずれ防止化粧下地」を使用しています。これは脂が浮かないようにしてくれる優れものです。乾燥肌の方には向きません。

 

Primavistaの後はマリリンさんの動画を参考にしコーセー「Visee Tゾーンマットキープ」という部分用化粧下地を使用します。少量で十分ですので米粒大を目安に目元、ニキビ跡、Tゾーンに塗ってください。

 

関連記事:2018年人気の化粧下地をまとめました!

30代,40代の脂性肌(オイリー肌)に人気!おすすめ化粧下地ランキング

③コンシーラー

私はニキビ跡が多いのでコンシーラーを使用します。

ファンデーションの前につけるとコンシーラーが落ちやすいので、私は後にしています。使用しているのは資生堂の「スポッツカバーファウンデイション」です。少量で伸びやすいのでおすすめです。

 

関連記事:2018年人気のコンシーラーをまとめました!

ファンデの代わりに!自分の肌色に調整できる人気コンシーラーの口コミ

④フェイスパウダー

最後にブラシで顔中満遍なくフェイスパウダーを乗せます。私が使用しているのはマリリンさんと同じくパルガントンの「シアトリカルフェイスパウダー」です。

 

他にもおすすめはcan makeの「マシュマロフィニッシュパウダー」です。どちらも肌を綺麗に見せてくれます。

 

関連記事:2018年人気のフェイスパウダーをまとめました!

オイリー肌(脂性肌)の顔におすすめ!ベビーパウダーを使ったメイク方法

以上で肌作りは終了です。

化粧下地が2種類塗られているので、土台がしっかりします。またコンシーラーは崩れにくい優れものです。フェイスパウダーはお値段のわりにしっかりと肌を滑らかに見せてくれます。

オイリー肌でかなりメイクが崩れやすい方は、ご自分のメイク方法や化粧品を見直し、その都度上記を参考にして変更してもらえたらと思います。特に化粧下地は大事なので、しっかり塗り込むようにして下さい。

オイリー肌の根本的な改善も必要ですが、すぐには出来ませんので、なるべく上手く付き合っていけたらいいですね!お互いに頑張っていきましょう。

スポンサーリンク